アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

子どもの治療記録
娘が食物アレルギーと診断されて…(スキンケア・予防接種・治療法)

1.皮膚症状について
乳幼児期には、湿疹などの皮膚トラブルが多発します。我が家の場合は生後まもなくからおむつかぶれ(おむつをあてる部分にできる赤いぶつぶつで、ひどくなるとじゅくじゅくしてかゆみを伴う)に悩まされました。軽度ならともかく、油断するとただれてじゅくじゅくするところまですぐにいくのです。また、乳児湿疹(赤ちゃんの顔や頭などにできる湿疹)、脂漏性湿疹(頭や額、眉毛などにできる黄色いふけのようなものやかさぶた。低月齢の赤ちゃんに多く、かゆみはないとされている)も併発していました。

生後3ヶ月頃には耳切れが目立ち、かゆみも伴うので、よくかいて血を出すようになりました。これは後でわかったことですが、アトピー性皮膚炎(かゆみのある慢性の湿疹。顔や耳の後ろ、膝や肘の関節の裏などにでやすい)の症状の1つだそうです。この頃、食物アレルギー専門の小児科を受診し、生後4ヶ月はじめには食物アレルギー(ある特定の食べ物を食べたときに、湿疹・下痢・喘息などの症状をおこすこと)であることがわかりました。

夏になれば、汗疹(頭・首・背中など汗のかきやすいところにできる、かゆみのあるぶつぶつ)もよくできます。おむつかぶれでいえば、我が家ではカンジダ症(真菌症の一つ。体内常在菌であるが、体力の落ちたときなどに悪さをして、ぶつぶつができる。ひどい場合はかゆみを伴う)にもかかりました(1歳5ヶ月)。突発性湿疹(急に高熱が出て、熱が下がると同時に湿疹がお腹や顔などに出る、かゆみは伴わない)やウイルス性の高熱後(かゆみなし)に、お腹などが湿疹だらけになりました。うちの子は大丈夫でしたが、薬などによっても湿疹のできる場合があります。

顔の湿疹といえば昔からよくある乳児湿疹で、おむつかぶれにしろ、時間の経過(最低1年はかかるが…)とともに自然治癒するよと言われ、不安と心配は伴うものの、「時の流れか…」という思いもありました。しかし、母乳育児でしたので、自分の食べたもので少し赤くなったり、耳切れがひどくなり、アトピー(食物アレルギー)じゃないのという不安が大きくなった矢先に、その現実を突きつけられました。

自分の食事除去がはじまっても、すぐに治るわけではなく、その日の体調や環境(季節・温度など)によって、皮膚の赤みが増したり、湿疹ができたりします。当時、ほとんど知識がない私は、そのたびに「自分が悪いんだ」みたいな自責念でとても苦しめられました。食物アレルギーだったので、湿疹のたびに、「自分が口にした○○がいけないのかな??」とその不安ばかりで、ひどいときは抗原性の低いサツマイモまでもが原因ではないかと疑いはじめ、もう食べ物を口にするのが嫌になるほど、一喜一憂を繰り返していました。ただでさえ、多数の食品を除去していたのに、この疑念がますます自分を苦しめました。この思いがほとんどなくなったのは、湿疹がある程度治まり、子供自身の除去食解除が少しずつはじまった頃のように思います。

例えば、おまたや肛門のひだと周辺部が赤くなったとします。普通ならば、汗やおしっこなどで蒸れたりしてできる、おむつかぶれを疑います。しかし、食物アレルギーの場合は、おまたや肛門にも症状が出るし、すぐに症状が出なくても、その原因となる食べ物が含まれている便が肌に触れて出るときもあります。では、「この区別はどうやってするの?」と聞かれると、正直なところ、「食べ物によってできた可能性が高い」としか答えられません。顔にできた湿疹でも、かゆみがあまりない場合は、アトピー性皮膚炎によるものか、単なる乳児湿疹によるものかさえ、はっきりと答えられないのが現状です。それでも、子供の湿疹を見ると、とても辛くなるのです。

だから、私のようにほんの少しのことで落ち込んでいると、これからの長い育児(特に、アレルギーっ子の場合)はできません。いつかは治る(症状が改善する)ものだと信じて、他のお母さんには頑張って欲しいです。

2.皮膚の手入れ(スキンケア)について
普段のスキンケアについて少し書きます。といっても、かなり大ざっぱな私ですので、手抜きは多いですが…

@おむつ交換
おむつ交換のたびに、便や尿をふき取った後、ぬるま湯で塗らした脱脂綿もしくは綿コットンまたは綿のガーゼハンカチで、お尻とおまたを拭いています。拭くというより、化粧水をつけるときのような感じで、ぽんぽんとしながら… その後は乾いた綿のガーゼハンカチなどで水分をよく拭き取ります。この場合も、こするのではなく、水分を染みこませるような感じで、肌を強くこすらないようにします(こすると、弱い皮膚をさらに傷つける可能性があるため)。

外出時にも、霧吹きなどを持って出かけて洗浄してあげるお母さんもいらっしゃるようですが、私はそこまでしていません。低月齢の時が症状が一番ひどかったのですが、その時にはあまり外出をしていなかったのもあります。ある程度、便数が落ち着いてくると、尿だけですので、数時間の外出なら大丈夫そうです。とはいえ、少し長くなると、おまたがほんの少し赤くなってしまいます。2歳になっても、このお湯拭きをしていましたが、たまに動きが激しいと、尿くらいならさぼることが出てきて、少し手抜きが多くなった頃に、カンジダ症を経験しました(反省♪)。結局、2歳半ばくらいまではお湯拭きをしていて、その後は、便の後のお湯拭きのみになりました。

あとはおむつ交換をまめにしました。母乳育児中は最低授乳ごと(昼夜問わず、最低でも約3時間おき)にしていました。しかし、母乳育児を終えると、夜中の尿の量が減るので、睡眠中はさすがにしていません。

A入浴
月齢が低い頃は、アトピコ石鹸(ツバキ油)を使っていました。そのうち、肌が強くなってきて、アトピタ石鹸ベビーソープなどに変更して、最終的に純植物性シャボン玉浴用に落ち着きました。石鹸の種類によっては肌に合わない場合があるので注意して下さい。肌にあえば、何でも良いと思いますが、シャボン玉石鹸なども好評のようです。ただし、牛乳アレルギーがある場合、ミルクを主成分とした動物性石鹸は使用しないで下さい。症状が改善しません。脂漏性湿疹や乳児湿疹がひどいときは、石鹸でよく洗ってあげた方が良いらしいです。低月齢の時は特に新陳代謝が激しいので、古い肌の成分をきれいに落としてあげることと、汚れ(汗・埃・ダニ・食べこぼしなど)が皮脂に紛れ込んでいるため、そのまま放置しておくと、傷口からそれらが侵入し、新たなアレルゲンとなる可能性があるからです。例えば、ジュクジュクができたりしての入院療法だと、普通の石鹸でゴシゴシ洗うことを必須とされるそうです(掲示板過去ログ:No.1No.2)。洗うときも、タオルやガーゼハンカチよりもお母さんやお父さんの手で直接洗うと、肌への直接刺激が少なくてすみます。

B夏場
汗が重要な問題となります。汗もができてかきむしると、とびひなどの原因にもなります。よく汗をかいたときには、シャワーをしてあげるとか、こまめに汗を拭き取ってあげます。特に外出時の汗が心配なのですが、濡れガーゼを持ち歩いて、拭いてあげるとよいそうです。この際、乾いたハンカチやガーゼはよくないそうです。汗を吸き取っても、汗の成分である塩分を取り除けないからだそうです。アレルギーっ子の場合、紫外線に弱いので、日焼けクリームをと考えがちですが、クリームによって肌荒れをしたり、湿疹などの原因にもなる可能性が高いので、やめた方が良いみたいです。もちろん、肌にあうものがあれば、使用には問題ありません。そして、日差しがまぶしい時間帯に外出をしないとか、外出をする場合は日よけガード(車やベビーカー)をつける、帽子をかぶるなどで気配りをした方が良いそうです。また、赤ちゃんの場合は、日の入る窓際で寝かせないなどの工夫も必要です。そのためには、遮光フィルムを窓に張ったりするのもよいかもしれません。紫外線対策の詳細は、こちらを参考にして下さい。

C爪
爪 かゆみでかきむしって、肌に傷をなるべく作らないようにするため、角が立たないようにチェックをしながら短めに切っています。おかげで少し深爪かも…

Dよだれ
授乳後や食後、飲んだり食べたものが口周りについていると、赤くなる原因になるので、水またはぬるま湯に濡らした綿ガーゼなどでこまめに拭き取ります。離乳食がはじまったり、歯がはえる頃には唾液も多くなり、よだれとして常にたらすような感じになります。同様に、こまめに濡れたガーゼで拭き取りました。

E髪の毛
月齢が進むと、髪の毛が長くなります。特に横の部分と後ろの部分ですが、毛先が頚周りに当たるようになると、むずかゆくなったらい、特に、夏場は汗がたまりやすくなって、汗疹などの原因になる可能性が高いです。女の子なら長く伸ばしてあげたいという気持ちもあるかもしれませんが、なるべくなら、特に夏場は頚周りに当たらないように心がけることが重要です。短く切るのが嫌なら、髪の毛をまとめて結んであげるなどの工夫をすると良いと思います。

Fしてはいけないこと
おむつかぶれや汗ものときにシッカロール(てんかふ、パウダー)をつけることです。尿や汗の成分でシッカロールがかたまり、そこに細菌が繁殖する原因を作ってしまうようです。それをかいてしまうと、とびひの原因にもなりえます。私たちが幼少の頃にはよくつけていたので、親がすすめたり、勝手につける場合があるかもしれませんが、最初から理由を述べてはっきりと断った方が良いと思います。知らず知らず、皮膚症状の悪化原因を作っていることになりますから… 

<参考>
詳細については、スキンケアの項を参照のこと。

3.医師(病院)選びと治療法について
@医師(病院)選び
アレルギー治療に関しては長い時間がかかりますので、やはりきちんとした治療と指導ができ、信頼ができる先生に巡り会えることが一番です。お母さん自身の問題もあります。例えば、こういう厳格な除去食などに耐えられないとか、先生との相性の問題などもあります。いくら良い先生に巡り会っても、お母さん自身に不信感があれば、長続きをしないなど問題点も出てくるからです。

小児科と皮膚科でも、治療方針が異なるので、どちらを優先するかにもよると思います。低月齢では、皮膚科では最初にやはり乳児湿疹を疑い、アレルギーの方は後回しでの治療が多いようです。低月齢でははっきりしないという理論があるからだと思います。だから、塗り薬(ステロイド軟膏を含む)優先で治療に入ります。一方、小児科では、先生の主な診療区分(内科なのか、アレルギー科なのかなど)でかわると思いますが、食物アレルギーを疑う場合が多いようです。だから、治療に塗り薬も使いますが、血液検査などを行って、食事指導から入ることが多いようです。可能であるならば、食物アレルギー専門の栄養士の先生と小児科または皮膚科の先生が提携をして、話が通じやすいところならば、なおさらGOODです。

ちなみに私の場合、助産院で食事療法を行っているアレルギー専門の先生を紹介していただき、その小児科で栄養面・生活面などみっちり指導していただきました。アレルギー専門の栄養士の先生もいますし、クリニックに隣接して、代替品を売っているアレルギー用食品のお店もあります(栄養士の先生が主催)。最初、除去食がはじまった頃は、正直なところ、逃げ出したい思いも多少(かなり?)ありました。しかし、一度頑張ると決めたので、何とか逃避をせずに頑張り、4歳10ヶ月現在、卵の非加熱品・牛乳や乳製品の一部・ゴマ・生魚や生肉を除去している以外は、ほとんど普通の生活となっています。見た目もアレルギー子とはまったくわからないと思います。

余談ですが、出産・育児に関しては、産院をはじめ、母乳育児管理の助産師の先生、小児科と良い先生ばかりに巡り会えて、とても運が良かったと思っております。そのため、あまり今のところから引越はしたくないのが本音です。こればかりは会社の都合優先なので仕方がないですが…

A我が家が選択した治療法
私の場合、小児科での治療のメインは食事療法でした。湿疹がある部分に塗り薬は出ましたが、ステロイド外用薬は処方されず、アンダーム軟膏とアズノール軟膏(いずれも非ステロイド外用薬)の混合軟膏が出たくらいです。今のところに引っ越す前(生後1ヶ月頃)に、湿疹やおむつかぶれがあまりにもひどいので、皮膚科を受診しました。その皮膚科もきちんとした診療ができるということで紹介をしてもらいました。さすがに生後1ヶ月ということもあり、アレルギーという診断はおりず、乳児湿疹・脂漏性湿疹・おむつかぶれによる炎症くらいでした。その際は、ただれが出ていたこともあり、お尻とおまたの治療のために、希釈したステロイド外用薬(ロコイド)と化膿止め(抗生物質入り軟膏:ゲンタシン)、顔の湿疹にはステロイド外用薬(コルテス)、 脂漏性湿疹および乾燥部分には保湿剤(眼科用ワセリンで希釈したプロペト軟膏)を処方してくれました。症状が落ち着くと、すぐにアンダーム軟膏とアズノール軟膏(いずれも非ステロイド外用薬)の混合軟膏にかわりました(ステロイド外用薬の長期連続使用を避けるため)。その際、皮膚科で言われたのが、アレルギーは今のところ考えられないけど、1年くらいは湿疹やおむつかぶれは一進一退の状態が続くということでした。でも、おむつかぶれのひどいときは、やはりステロイド外用薬がよく効くのです。そのため、転居後も近所の皮膚科に行って、同じステロイド軟膏(ロコイド)をわざわざもらってきて、ひどくなったときに用いるための常備薬としてとってあります(あえてもらいに行く人は少ないかも…)。

私が厳格な食事制限を行っているので、旦那が少し心配になり、いろいろと会社の同僚や友人達から、アレルギーっ子の子育て情報を仕入れてきました。娘より症状が重い場合でも、厳格な除去食療法によるアレルギー治療をしているケースはありませんでした。さすがに周りから驚かれたようです。特に、自分たちの親世代にはあまり考えられないようです。一応、私がきちんと管理をしていることを最初から述べているので、食事に関しては余計な手出しがありません(させません)。口ではありますが、私たち世代になると理解があることが多いので、兄弟姉妹からはヘルプがもらえることもあります。

<厳格除去のメリット>
◇二次食品(加工食品)まで除去をした理由は、たとえ、ごく微量でも、アレルゲンとなる食物が体内に入るわけですから、アレルゲンがほんの少しずつでも体内に蓄積するので、症状の改善を長引かせたり、ひどいときは悪化の原因となる可能性が高く、除去解除への道のりが長くなるからです。
◇二次食品には、アレルゲンとなる食物以外に調味料や食品添加物などが含まれています。そのため、症状の改善が長引くときや改善傾向が認められないとき、アレルゲンとなる食物そのもののみが原因なのか、調味料や食品添加物などとアレルゲンとなる食物の組み合わせが原因なのか、もしくは調味料や食品添加物などその他のものが主な原因であるのか判断ができなくなるからだそうです。特に、食品添加物に過敏症を起こす場合も多く認められます。
◇メインのみ除去の場合や産みの親(卵は鶏・牛乳は牛肉)を除去しない場合、代替食品や回転食を行わないなどの場合、次のアレルゲンが出たら、そのときに新たに除去を加えれば良いという考え方らしいのです(親の負担が軽くなるため)。アレルゲンとなるものによっては、年齢が上がると、子ども自身がその味を覚えてしまい、代替食品が使用できなくて、除去が困難になったり、1歳を過ぎてくると環境アレルゲンなども加わる可能性が高いので、除去食だけでは対応できなくなる場合が多いので(対症療法への道となる)、最初からしっかりと除去をし、耐性がついてきた頃に除去解除をすることが、今後のアレルギーの再発や新たなアレルゲンの発生を予防する最適の方法のようです(親の負担は大きいですが…)。
◇低月齢からの厳格除去は、割と早めに除去解除になるケースが多いようです(個人差はありますが…)。

◇他、詳細については、豆知識(食物アレルギー:治療法)と豆知識(除去食)の項を参照のこと。

4.アレルギー検査について
アレルギーを調べる検査には2種類ありました。血液検査と皮膚検査です(参考)。血液検査ですが、通常の採血を行い、生化学的検査と総IgE抗体の量を調べるリスト(RIST)、アレルゲン(抗原、つまりアレルギーの原因となる物質のこと)特異抗体であるIgEを確認するラスト(RAST)という検査をしました。RASTでは、埃・ダニ・ミルク・卵白・ジャガイモ・小麦・羽毛・大豆・ゼラチンを調べました。皮膚検査は、血液検査の結果に基づいて行うのですが、抗原となる物質を直接腕の皮下に注入(注射)していきます(皮内テスト)。そして、15分後に赤みの広がりとぷくっと盛り上がった部分の大きさを測り、アレルギーの判定をします。この検査では、ミルク・埃・ミカン・卵白・ネコを調べました。この抗原の選択は先生により異なると思います。血液検査よりも皮膚テストの方が高感度のようです。そのため、血液検査で反応があると、明らかにその物質に対してアレルギーがあるといってよいそうです。とはいえ、100%ではないのが現状です。特に、皮膚テスト。やはり、異物を皮下に直接注入するわけですから、体調が少し悪いと過剰に反応することもあります(たいてい、体調がよいときに検査しますが)。あと検査で反応が陽性だったから、そのアレルゲンと出会ったときに、必ず湿疹や下痢などのアレルギー症状がでるわけではないようです。逆に、まったく陽性反応が出なくても、特定のアレルゲンのみ湿疹や下痢などアレルギー症状が出る場合があるので注意をしないといけないようです(参考)。

ちなみに子供は卵白とハウスダスト(6ヶ月〜)、スギ花粉(2歳〜)、ダニ(2歳10ヶ月〜)、ゴマ(3歳8ヶ月〜) に陽性反応が出ました。生後6ヶ月くらいにならないとアレルギーかどうかわからないといわれますが、我が子は血液検査は生後3ヶ月末にはじめて行いました。アレルギー検査をしたのは、生後3ヶ月と6ヶ月、2歳1ヶ月、2歳10ヶ月、3歳8ヶ月、4歳8ヶ月というように、定期的に半年から1年単位で行っております(参考)。

アレルギー体質の子供は肝機能に異常があることが多いので、そのチェックもしました。うちの子供はGTP・GOP・LDHの数値が異常に高く、生後4ヶ月から1歳前くらいまで肝機能改善薬(グリチロンを主体とする薬)を毎日服用しておりました。除去食解除がはじまる前には、ようやくほぼ正常値に戻り(LDHはまだ高いが)、薬の服用は中止となりました。ただ、母乳育児をしていることと、私が貧血気味なため、子供も軽い貧血ぎみ(ぎりぎり正常値くらい)で鉄剤(インクレミンシロップ)の服用は2歳を過ぎるまで続きました。

5.予防接種について
予防接種のうち、麻疹やインフルエンザなどはその予防接種液(ワクチン)を作る際に、卵を用いてウイルスを増殖させています。そのため、ワクチンには若干の卵成分が含まれている可能性が高く、食物アレルギー、特に卵アレルギーをもつ子供への接種の場合は要注意です。この他にも、すべてのワクチンには、何らかの動物性タンパクをはじめ、抗生物質や安定剤 などが入っているので、それらに過敏性がある子供には要注意です。

うちの子供の場合は集団接種のツベルクリンとポリオ以外はかかりつけの先生のもとで行ったので、予防接種前には必ず皮内テストをして、アレルギー反応を起こさないかどうかを調べてくれました。皮内テストは、皮下にほんの少しワクチンを入れて、赤くなる大きさによって接種可能かどうかを判断することです。集団接種以外の予防接種はすべてです。だから、とても安心でした。また、接種後2日間は、副反応を抑える(軽減する)ために抗アレルギー薬として、ザジテンドライシロップ(1歳まで)、セルテクトドライシロップ(1歳以降)を処方してくれました。やはり、アレルギー反応や副反応の可能性が高い予防接種だけでなく、すべてのものを調べてくれるという点ではとても信頼できるクリニックです。もし、調べてくれない場合は、自分で申告をしてみるのも良いと思います。ただ、症状がほとんど出なくなった4歳頃からは、抗アレルギー剤の処方は特に希望しない限り、なくなりましたが…

<参考>
◇詳細は、予防接種の項を参照のこと。

6.代替食品について
私が通っているクリニックでは、除去食品にかわる代替食品を必ず紹介してくれます。厳格除去をしているため、代替食品がないと、栄養面で問題があるからかもしれません。しかし、かかりつけの病院によっては、特定の食品のみ除去で、代替食品の指示がない場合もあると思います。また、代替食品が欲しいけど、近所にお店がない場合も考えられます。最近は自然食品のお店がデパートに入っていることも多く、少しはそういうところで購入することもできます。また、通信販売をしているショップやアレルギー食品を取り扱っている生協もありますので、それらを利用すると良いと思います(参考)。

余談になりますが、代替食品には稗・粟・きびなどの雑穀でできた醤油や味噌があります。麦や米が駄目な人用に、粟や稗などの雑穀も販売されています。最近は自分の健康に気を使う人が増えているので、たまに、そういう調味料を使ったり、米に粟や稗などの雑穀を混ぜて炊くのもビタミンや鉄分などの補給になりますので、健康食品としての利用価値も大いにあります。

7.アレルギーマーチの心配と今後について
食事管理がまだまだ続いておりますので、治療中の段階です。入学する頃までに、いろいろな食品を食べられるようになればいいかなと思っています。しかし、卵や小麦アレルギーのある子供は、将来、ダニ・ハウスダスト・花粉などの環境アレルゲンを原因とするアレルギーにもなりやすいようです。2−3歳頃から、それらの数値が高くなるようです。現に、娘は2歳の検査で、スギ花粉、2歳10ヶ月の検査でダニとハウスダストに陽性反応が出ましたし、4歳からはスギ花粉に反応するようになりました。

アレルギー症状は、最初、アトピー性皮膚炎などとして皮膚などに現れ、それがおさまった頃には、呼吸器系(アレルギー性鼻炎や小児喘息など)に症状が移行することが多いようで、これをアレルギーマーチ(抗原と発症する臓器が発症時期を異にして、次々と変化すること) というようです。毎日ではありませんが、私なりに掃除をしておりますが、やはり、将来がとても不安です。旦那が小児喘息だったということもあります。今から心配をしても…と言われれば、何も言えませんが、不安症の私にとっては、風邪による咳でもとても不安になります。旦那は「自分が経験者でどのように対応すればいいかわかっているので、びくびくしなくていいよ」と言いますが、未経験の私は「万が一、旦那が仕事の時に…」などと思うと、やはり不安で不安で…(娘は呼吸器系のうち、咳がすぐに出るので…) もう毎日が早く良くなることと、アレルギーマーチがありませんようにと祈る日々です。

しかし、このような不安を抱いてばかりの生活は、少しも楽しくありません。適度に気晴らしをしながら、アレルギーはいつかは治るから、親が焦らないようにじっくりと心構えをもって育児に励むようにしようと思っています。同じような思いのお母さんやご家族の方、いろいろ育児の不安はつきませんが、お互い励まし合いながら(この言葉が良いのか悪いのかわかりませんが・・・)頑張りましょうね。


◇「娘の食物アレルギーがわかるまで…」に戻る
◇「最初の栄養指導(授乳中の母親の食事制限)」に続く
◇「栄養指導の全記録」は、こちら


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407