アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

子どもの治療記録
娘の栄養指導(0歳〜)

月齢 診察・処方薬・栄養指導内容 状態・特記
1ヶ月
(2001年
1月後半)
皮膚科受診
◇おむつかぶれ:ロコイド(ステロイド外用薬:希釈済み)とゲンタシン(抗生物質外用剤)を2週間使用して、早期改善を指示(1日2回)
◇乳児湿疹・脂漏性湿疹:コルテス(ステロイド外用薬:乳児湿疹)とプロペト(精製白色ワセリン)の使用と石鹸でよく洗うこと、1歳までは繰り返すとのこと
◇アトピーの心配はなし
◇おむつかぶれ:ただれができて、一部化膿手前(ひどい状態)
◇乳児湿疹:顔面部(頬・目の周囲を中心)
◇脂漏性湿疹:頭部全体、眉、耳たぶ
2ヶ月
(2001年
2月前半)
皮膚科受診
◇おむつかぶれ:改善傾向にはあるが、もうしばらく上記の外用薬を使用し、さらに、おむつ交換ごとにアンダーム・アズノール混合軟膏(非ステロイド外用薬)で皮膚の保護(肌をぬるま湯で拭いた後)
◇乳児湿疹:状態が少し落ち着いてきたので、コルテスは使用中止。プロペトを乾燥部位に使用のこと
◇おむつかぶれ:ただれはほぼなくなるが、すぐに赤くなる
◇乳児湿疹:状態がほんの少し落ち着く
◇脂漏性湿疹:状態はほとんど変化なし
◇顔の痒み、首周りの湿疹
◇この後、引越しがあり、準備などのどたばたで、診察を受けずに終了
◇ステロイド外用薬はただれが完全に治った時点で中止をし、ひどくなりかけた時にのみ使用することにした
3ヶ月
(2001年
3月下旬)
アレルギー科(小児科)受診(以後、受診と略記)
◇血液検査のための採血
◇耳切れ、顔の湿疹や赤み、脂漏性湿疹
◇おむつかぶれ:ときどき
◇耳や顔の痒み
4ヶ月
(2001年
4月はじめ)
受診検査の詳細
◇RAST:すべてスコア0、皮内テスト:卵白陽性、ハウスダスト擬陽性
◇肝機能値(GOT・GPT・LDH)が高いため、服薬指導:グリチロン(肝機能改善薬・抗アレルギー剤)・ペリアクチン(抗アレルギー剤)・ミヤBM(整腸剤)の混合処方薬を最低3ヶ月間服用
◇乳児湿疹・脂漏性湿疹:アンダーム・アズノール混合軟膏(非ステロイド外用薬)の処方
◇貧血傾向
同上
4ヶ月
(2001年
4月後半)
栄養指導(母親側の食事)
◇卵・卵製品、牛乳・乳製品の完全除去(代替品はEお母さん)を最低1週間試すこと
◇鶏肉・油揚げ・コンソメなどチキンエキス入りも除去
◇大豆・大豆製品は控えめ
同上 +
◇目の周囲の痒み
◇口周りなどの肌のかさつき(特に、顎)
4ヶ月
(2001年
4月末)
栄養指導(母親側の食事)
◇1週間の除去では顕著な効果が認められず、除去の継続決定。噴出し現象が起こりうるため
◇除去をすれば、治る可能性の方が高い
◇大豆・大豆製品・豆類(サヤエンドウ・グリーンピース・枝豆・黒豆などたんぱく質が多い豆類)を新たに除去
◇離乳食用と除去食用の調理器具を新しく準備
同上
5ヶ月
(2001年
5月前半)
栄養指導
(母親側の食事)
◇湿疹の改善が遅いのは、大豆系が原因かも。味噌、醤油、繊維質が多い豆類(茶花豆など大きな豆類)のとりすぎ
◇肉類は抗原性が低い兎、カンガルー、馬、鹿などに変更
◇鮭、ぶり、サバなど抗原性が高い魚介類よりも、抗原性が低い魚を食べること

(離乳食)
◇離乳食は6ヶ月より開始
◇抗原性が低い、旬の野菜を最低5種類準備し、回転で与える。
◇野菜スープを作り、毎日異なる野菜スープを1さじから与える。次の周期で2さじで、その後、裏ごし 
同上 +
◇膝裏の関節の赤み
6ヶ月
(2001年
6月半ば)
栄養指導
(離乳食)
◇穀類の開始:ケアライスから
◇カボチャ、サツマイモの開始。ただし、ジャガイモは除去(片栗粉を含む)

(母親側の食事)
◇離乳食が2回となり、肉類と魚類が食べられるようになると、母親側は徐々に除去解除(目安は10ヶ月以降)
同上
◇顔の赤みがかなり改善されてくる
◇脂漏性湿疹が完治
6ヶ月
(2001年
6月半ば)
皮膚科受診
◇おむつかぶれ:ロコイド(ステロイド外用薬:希釈済み)、アンダーム・アズノール混合軟膏(非ステロイド外用薬)の処方
◇ロコイドは常時使用しないが、おむつかぶれが悪化した時のために予備薬として欲しかったため(かかりつけ皮膚科の模索の意味もあり)
7ヶ月
(2001年
7月前半)
受診
◇湿疹がかなり改善されている
◇血液検査のための採血(アレルギー&肝機能)

栄養指導(離乳食)
◇湿疹がかなり改善されている
◇8ヶ月から2回食にすること
◇8ヶ月から、魚・肉類の開始。まずは、スープを最低でも2−3日はあけて試すこと(スープでも抗原性が高く、症状が出る可能性があるため)
◇野菜も少し抗原度が高い素材にトライして、種類を増やすこと
◇帰省中(お盆)は環境の変化を伴うので、新しい素材は試さないこと
◇8ヶ月が帰省中なので、蛋白源の開始は1ヶ月ほど遅らせてもOK。その代わり、穀物の摂取量を少し増やすこと。2回食への移行も同様。ただ、食欲によっては、帰省中に開始してもOK
同上
◇湿疹がかなり改善傾向にある
7ヶ月
(2001年
7月半ば)
受診検査の詳細
◇肝機能値:GPTはほぼ基準値付近まで低下、GOTとLDHは依然高値のため、服薬は続行
◇貧血治療開始:インクレミンシロップ(鉄製剤)の服用
◇アレルギー検査:RAST(すべて0)、皮内テスト(卵白陽性)
◇卵の除去解除は1歳過ぎに開始
同上
◇夏場なので、汗疹ができる(首の周囲、背中、お尻:腰の部分でおむつで隠れるところ)
◇汗も以外の湿疹がなくなる
8〜9ヶ月
(2001年
8〜9月)
諸事情で行けず 同上
◇痒みが減ったのか、掻く頻度が少なくなる(顔や首の部分)。目の周囲の痒みは以前と同じ
◇耳切れが再発(母親側の食事管理に気が緩んだため)
◇おむつかぶれもほとんどしなくなる(スキンケアに手抜きをすれば、すぐに再発)
10ヶ月
(2001年
10月はじめ)
栄養指導
(離乳食)
◇魚の種類を増やし、回転で毎日食べさせても良い。
◇白米からのお粥を週1で開始
◇小麦開始の前に大麦からトライ。お粥に少し混ぜるか、麦茶からでもOK

(母親側)
◇乳製品と豆類の除去解除。低アレルゲン化したヨーグルトや納豆などから週1で開始
◇肉類や魚類も、娘にあわせて種類を増やすこと
同上
◇耳切れは改善
11ヶ月
(2001年
10月末)
受診
◇血液検査のための採血(肝機能&貧血)
11ヶ月
(2001年
11月半ば)
受診検査の詳細
◇肝機能値:GPTは正常値、GOTは基準値より若干高い程度まで低下、LDHは高い数値だが、前回の半分にまで低下したので、服薬は中止となり、経過観察となる
◇貧血:血中濃度としては改善されたが、体内プールができていないので、服薬続行

栄養指導
(離乳食)
◇大豆製品の開始:豆腐を最初5gからはじめ、徐々に10g、15gと量を増やすこと(週に2回まで)
◇食事中心の生活に切り替えること(生活のリズム、おっぱい中心の生活からの脱却、昼寝が長すぎる、など)
◇3回食の開始:理想的な離乳食の時間帯は、午前7−8時、午後12−1時、午後6−7時
◇肌のがさつきが少なくなり、ドライ肌も解消し、かなり綺麗になる
◇たまに目の周囲が赤くなる程度
◇痒みは同上
◇おむつかぶれもほとんどしなくなる


<栄養指導>
1歳  ◇2歳  ◇3歳  ◇4歳


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407