アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

ステロイド外用薬(medium〜weak)

<はじめに>
1.商品名に関して
最初に販売された先発品(商品名の前に☆)および後発品について掲載(添付文書で確認できたもののみ)しております。同一成分・同一薬効でも、製薬業者が異なるため、商品名が異なっておりますので、実用書などを読んでも、医師処方の薬品名が該当しない場合はこちらを参考にして下さい。
2.剤形(商品名のあとの括弧の中)
簡略化のため、記号で示しました。軟膏(O=Ointment)、クリーム(C=Cream)、ローション(L=Lotion、ソリューションも含む)
3.ステロイド外用薬全般に共通の副作用や使用上の注意点などは、説明の項を参照にして下さい。ここでは、その外用薬に特記事項がある場合で、主なもののみ列記します。副作用に関しては、その程度が強い場合には使用を中止し、医師に相談をして下さい。
(2006年2月上旬現在)


<実際に処方されるステロイド外用薬>
W)medium or mild(M:中程度)
一般名 吉草酸酢酸プレドニゾロン
商品名 ☆リドメックスコーワ(O・C・L)、スピラゾン(O・C・L)、ユーメトン(O・C)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、蕁麻疹、乾癬、虫さされなど 
副作用 刺激感を強く感じることがあります
特記 全身作用が少ない(全身性の副作用を回避するため、皮膚から吸収されると、すぐに弱い構造のステロイドに変化してしまうように設計されているため)
一般名 トリアムシノロンアセトニド
商品名 ☆ケナコルト−A(O・C)、クーペA(O・C)、ノギロン(C)、ノギロンV(O)、レダコート(O・C)、トリシノロン(O・C)、口腔内ケナログ(O)、オルテクサー(O:口内炎用)、アフタシールS(O:口内炎用)、アフタッチ(O:口内炎用)
効果・効能 ◇多くの湿疹や皮膚炎、かゆみ、蕁麻疹、乾癬、紅斑症、紅皮症、熱傷、虫さされ、円形脱毛症など
◇ケナログなどは口内炎
副作用 刺激感を感じたり、感染症などを生じることがあります
一般名 ピバル酸フルメタゾン
商品名 テストーゲン(O)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎(アトピー性皮膚炎、乳幼児湿疹、接触性皮膚炎、脂ろう性湿疹などを含む)、乾癬
副作用 刺激感や乾燥感を感じたり、発赤などを生じることがあります
一般名 プロピオン酸アルクロメタゾン
商品名 ☆アルメタ(O)、タルメア(O)、ビトラ(O)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、蕁麻疹、乾癬、紅斑症、薬疹、紅皮症、虫さされなど
副作用 刺激感を感じたり、感染症を生じることがあります
特記 局所抗炎症作用は酪酸ヒドロコルチゾン(ロコイド)より強い
一般名 酪酸クロベタゾン
商品名 ☆キンダベート(O)、キングローン(O)、キンダロン(O、L)、クロベタボロン(O)、パルデス(O・C・L)、ピータゾン(O)、ベタフルゾン(O)、ミルドベート(O)
効果・効能 アトピー性皮膚炎、乳幼児湿疹、湿疹や皮膚炎(顔面・頸部・腋窩・陰部)
副作用 刺激感やかゆみを感じたり、感染症などを生じたり、症状が悪化する場合があります
特記 全身性作用が少ない
一般名 酪酸ヒドロコルチゾン
商品名 ☆ロコイド(O・C)、アボコート(O・C)、プランコール(O・C)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎(アトピー性皮膚炎、乳幼児湿疹、接触性皮膚炎、脂ろう性湿疹などを含む)、蕁麻疹、乾癬など
副作用 症状が悪化する場合があります
一般名 デキサメタゾン
商品名 ☆グリメサゾン(O)、オイラゾンD(O)、デキサA(O)、デキサ・チョーセイ(O)、デキサメサゾン(O・C・L)、デキサメタゾン(O)、ビスオDS(O)、デキサルチン(O:口内炎用)、デルゾン口腔用(O)、歯科用アフタゾロン(O)、アムメタゾン(O:口腔用)、エースミン(O:口内炎用)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、かゆみ、乾癬、虫さされ
副作用 熱感や刺激感を感じることがあります
特記 同じ強さに属する、ヒドロコルチゾンの約25倍、プレドニゾロンの約6倍の抗炎症・抗アレルギー作用が認められています
一般名 デキサメタゾン+グリチルレチン酸(非ステロイド抗炎症剤)
+ピリドキシン(ビタミンB6)
商品名 ☆オイリッチ(C)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、小児ストロフルス
副作用 刺激感を感じることがあります

X)weak(W:弱い)
一般名 プレドニゾロン
商品名 ☆ビスオクリームA(C)、プレドニゾロン(O・C)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、かゆみ、薬疹、中毒疹
副作用 刺激感を感じたり、感染症などを生じることがあります
特記 同じ強さに属する、ヒドロコルチゾンの約4倍の抗炎症作用が認められています
一般名 プレドニゾロン+クロラムフェニコール・硫酸フラジオマイシン(抗生物質)
商品名 ☆ハイセチンP(O・膣O)、クロマイ−P(O・膣O)
効果・効能 湿潤・びらんなどがある、または細菌による二次感染を併発している、多くの湿疹や皮膚炎(脂ろう性湿疹なども含む)、熱傷、湿疹様変化を伴う膿皮症
副作用 刺激感を感じたり、接触性皮膚炎や発疹などを生じることがあります
一般名 酢酸ヒドロコルチゾン
商品名 ☆コルテス(O・C)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、かゆみ、乾癬、虫さされ
副作用 刺激感を感じたり、発疹などを生じることがあります
一般名 酢酸ヒドロコルチゾン+硫酸フラジオマイシン(抗生物質)+塩酸ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)
商品名 ☆強力レスタミンコーチゾンコーワ(O)
効果・効能 湿潤・びらんなどがある、または細菌による二次感染を併発している、多くの湿疹や皮膚炎(脂ろう性湿疹なども含む)、かゆみ、じんましんなど
副作用 感作される可能性があるので、充分に観察を行い、万が一感作された兆候(かゆみ、発赤、腫脹、小水疱、丘疹など)が認められたら、すぐに使用を中止すること
一般名 ヒドロコルチゾン+大腸菌などの混合死菌(局所感染防御のため)
商品名 ☆エキザルベ(O)
効果・効能 湿潤・びらんなどがある、または細菌による二次感染を併発している、多くの湿疹や皮膚炎(脂ろう性湿疹なども含む)、熱傷、術創
副作用 刺激感を感じたり、発疹などを生じることがあります
一般名 ヒドロコルチゾン+クロタミトン(鎮痒剤)
商品名 ☆オイラックスH(O)
効果・効能 多くの湿疹や皮膚炎、かゆみ、虫さされ、乾癬、小児ストロフルス
副作用 熱感や刺激感を感じることがあります
一般名 ヒドロコルチゾン+塩酸オキシテトラサイクリン(抗生物質)
商品名 ☆テラ・コートリル(O)
効果・効能 湿潤・びらんなどがある、または細菌による二次感染を併発している、多くの湿疹や皮膚炎(脂ろう性湿疹なども含む)、熱傷
副作用 熱感や刺激感を感じることがあります。また感作される可能性があるので、充分に観察を行い、万が一感作された兆候(かゆみ、発赤、腫脹、小水疱、丘疹など)が認められたら、すぐに使用を中止すること


<眼軟膏>
a)効果・効能
通常は、眼科で外眼部・前眼部の炎症部位に用いられます。投与経路は点眼です。しかし、皮膚科領域では、眼の周囲における湿疹や皮膚炎、炎症、痒みの治療に用いられます。本来が点眼用であるため、乳幼児が無意識に手でこすって目に入った際の安全性を配慮していると考えられます。
b)副作用(点眼で用いた場合)
◇軽度の副作用:眼に刺激感を感じる場合があります。
◇重大な副作用:連用により、数週間後から眼内圧亢進や緑内障が現われることがあるので、定期的に眼内圧検査をすることが必要です。また、角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌の感染症を誘発する場合や、長期連用により後嚢白内障が生じる場合があります。

#これらの副作用は、あくまで点眼による場合であり、皮膚科領域で、眼の周辺部(瞼への使用は避けた方が無難)に塗布する場合は、上記の副作用はほとんど心配ありません。ただし、刺激感を感じたり、発疹などが生じる場合は、使用を中止してください。特に、2歳以下の乳幼児への使用の際は、なるべく眼に入らないように配慮してください。

一般名 デキサメタゾン 
商品名 ☆サンテゾーン眼(O)、D・E・X眼(O)、デキサメサゾン眼(O)
一般名 プレドニゾロン
商品名 ☆プレドニゾロン眼(O)
一般名 酢酸プレドニゾロン 
商品名 ☆プレドニン眼(O)、酢酸プレドニゾロン眼(O)
一般名 リン酸ベタメタゾンナトリウム+硫酸フラジオマイシン(抗生物質) 
商品名 ☆眼・耳科用リンデロンA(O)
効果・効能 フラジオマイシン感染による、外眼部・前眼部の炎症が激しい部位
副作用 長期連用により、下垂体・副腎皮質系の機能が抑制される場合があります
特記 リン酸ベタメタゾンナトリウムには抗炎症・抗アレルギー作用が認められています

前ページに戻る

<参考文献>
医薬品医療機器情報提供ホームページ:添付文書情報、独立行政法人医薬品医療機器総合機構
◇中川武正、詳しくわかるアレルギーの薬、p124−130&148−149、法研、2003年
 (この著書の感想はおすすめの本内にあります)
アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2005


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407