アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

注意すべき薬物
(牛乳アレルギー・乳糖不耐症がある場合)

<はじめに>
剤形(商品名のあとの括弧の中)は簡略化のため、記号で示しました。
錠剤(T=Tablet)、細粒(FG=Fine Granule)、顆粒(G=Granule)、微粒(GP=Granule Powder)、粉末・散(P=Powder)、ドライシロップ(DS=Dry Syrup)、シロップ(S=Syrup)、液(So=Solution)、カプセル(C=Capsule)貼付剤(Ta=Tape)、軟膏O=Ointment)、クリーム(Cr=Cream)、坐剤(Su=Suppositories)、スプレー(Sp=Spray)と略して表記します。

(2006年3月中旬現在)

<乳糖が含まれている製剤(牛乳禁忌の製剤は除外)>
乳糖は哺乳動物の乳汁から得た糖分のことです。乳糖は小腸粘膜内で酵素ラクターゼにより、ガラクトースとブドウ糖に分解されますが、まれに遺伝的に、この酵素が欠如している場合があり、これを乳糖不耐症と呼びます。特に、乳糖は乳児栄養の中心ではありますが、乳糖不耐症の場合は、乳糖摂取により、激しい下痢と成長不全を起こします。ほとんどの場合、乳糖不耐症は生後まもなく発症するのですが、牛乳が食事中にとり入れられることにより、幼児・小児時代、大人になってから現われたりする場合があります(乳糖を分解する酵素の活性は乳児期が一番高く、離乳に伴い、活性が減少するようです)。

牛乳アレルギーの場合、この乳糖自体がどの程度症状に影響するかはわかりませんが、乳糖精製過程において、微量の牛乳由来成分が含まれている可能性があるため、症状が強い場合は注意をして下さい。ただし、一般的には、処方薬で利用する精製乳糖にはほとんどタンパクが含まれていないとされているようです。
この乳糖を含む製剤は、2,400個以上です。すべて列記することは不可能なので、ごく一部のみの掲載としますので、ご了承下さい。

薬効 調整用製剤
商品名 乳糖(P)
注意 薬局で調剤の際、服薬しやすいように乳糖を混ぜる場合があるようです。例えば、錠剤の服用が困難な方のために、錠剤を砕き、乳糖を混合して、粉末として処方する場合など
薬効 止しゃ剤(下痢止め)、整腸剤
商品名 アンチビオフィルス(FG)、ガスシリコン(T)、キョウベリン(T)、クラレット(C・FG)、ナイスタール(FG)、ハロップ(T)、ビオラクチス(P)、フッセン(C)、ベルテッサ(C)、ミロピン(C)、ビオスミン(P)、ビオフェルミン(P)、ビオフェルミンR(P・T)、ラクスパン(P)、ラクボン(P)、レベニン(P・C)、レベニンS(P)、ロスポリア(T)、ラックビー(P・FG)、ラックメロン(P)、リーダイA(T)、ラックビー微粒(FG)、ミヤBM(FG)、ロペミン(C・FG)、ロペラン(C・FG)、ロペミック(C)、塩化ベルベリン(T)、ナイスタール(FG)、ガスコン(P)など
薬効 抗生物質
商品名 アセオシリン(C)、アプテシン(C)、メリシン(T)、センセファリン(C)、L−キサール(G)、アモキシシリン(C)、アモペニキシン(C)、コリマイシンS(P)、サマセフ(C)、シンクル(C)、シンセペン(T)、ジスロマック(T・小児用C)、セフィーナ(C)、ダラシン(C)、トミロン(T)、ソルシリン(C)、タイセファコール(C)、ドルセファン(C)、バストシリン(C)、バナン(T・DS)、ビクシリン(DS)、ビフラマイシン(T)、ミノスタシン(T)、ホスマイ(C)、ミノトーワ(T)、ユナシン(T)、リカマイシン(DS)、ラナセマイシン(T)、リファンピシン(C)、リンコシン(C)、ロイコマイシン(T)、ワイドシリン(FG)、硫酸ポリミキシンB(T)、ハリゾン(T)など
薬効 去痰剤、鎮咳去痰剤 
商品名 ムコダイン(T・FG)、ベラミトール(T)、アンキソール(T)、アントブロン(T)、アンブロン(FG)、カルブタン(T)、グリンクール(T)、コフチミ(T・DS)、コフメジン(T)、シスダイン(T)、セルマキール(T)、ゼンブロン(T)、ダイオリール(T)、ビソポロン(T)、フルペンA(T)、ブイロムコサール(T)、プルスマリンA(T)、ブローミィ(T)、ポノフェン(T)、ミタソルバイド(T)、ムコブリン(T)、ムコセラム(T)、ムコソレート(T)、レベルボン(T)、ムコサール(T)、ビソルボン(FG・T)、エフェドリン(P)、ムコソルバン(T)、ムコトロン(T)、アスベリン(T・DS・P)、フストジル(T)、ブロチン(P)、リン酸コデイン(P)、リン酸ジヒドロコデイン(P)、レスプレン(T・FG)、ヒドロコデイン(P)など
薬効 気管支拡張剤
商品名 アス・タージス(T)、アトック(T)、アロテック(T)、テオドールG(T)、テオドール(T)、インパール・P(C)、イノリン(P)、スタビント(G)、セキナリン(T)、セレベント(R)、タウナス(DPI)、チルミン(T)、テオスロー(T)、テオロング(T)、テルダン(T)、フルタイド(D)、フレムフリン(T)、ブリカニール(T)、ブロンコリン(T)、プロカプチン(T)、ベネトリン(T)、ベラチン(T)、ホクナリン(T)、ポルボノール(T)など
薬効 抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤
商品名 ヒベルナ(P)、アギール(P)、アリメジン(T)、アルサス(T)、アレルギン(P)、キノトミン(P・T)、サンクミン(T)、ネオマレルミンTR(T)、タベジール(T・P)、ヒスタール(P・T)、ヒベルナ(T)、ヒスタリジン(T)、ピレチア(T・FG)、ピロラール(T)、プロコン(P)、プロダミン(P)、ベナ(T)、ベネン(T)、ペリアクチン(T・P)、ホマダモン(T)、ホモクロミン(T)、ホモクリシン(T)、ホモマレルミン(T)、マルスチン(T)、マレラミン(P)、マレルミンF(T)、マレイン酸クロルフェニラミン(S・P)、アコレート(T)、アスモット(T)、アゼプチン(T)、アゼン(T)、アデコック(T)、アプラチン(T)、アムゼント(T)、アレギサール(T)、アルジキサール(T)、アレゲイン(T)、アレジオテック(T)、アレジオン(T)、アレトン(T)、アレルオフ(T)、アレルロック(T)、イワトミド(T)、エバステル(T)、エピナジオン(T)、エルピナン(T)、オキサトーワ(T)、オキサトミド(T)、オザグレル(T)、オキロット(T)、オノン(C)、ケトテン(DS)、キプレス(T)、クラリチン(T)、ケタス(C)、コバテクト(T)、シングレア(T)、ジルテック(T)、ジスロン(T)、スパクリット(T)、スプデル(C)、セシリノール(C)、セドリプス(T)、セルテクト(T)、ソルファ(T)、タツモール(T)、デルトーマ(T)、ドナメン(T)、バイナス(T)、バリアック(C)、ビフェルチン(T)、ヒシレタン(T)、ピナジオン(T)、ベガ(T)、ペペシン(T)、ブレクルス(FG)、ブロニカ(T・G)、メデジオン(T)、ペミストメルク(T)、ペミラストン(T)、メラボン(C・DS)、モナソサール(T)、ユピテル(T)、ラスプジン(T)、リザベン(FG)、リザラスト(FG・C)、塩酸アゼラスチン(T)、塩酸エピナスチン(T)、ネオレスタミンコーワ(T)、ポララミン(T・P)、メフテクト(T)、ライセルテック(T)、レスタミンコーワ(T)、レスタミンAコーワ(P)など
薬効 ワクチン製剤
商品名 麻疹用(ビケンCAM、はしか生ワクチン)、おたふくかぜ用(おたふくかぜ生ワクチン、乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン)、A型肝炎用(エイムゲン)、風疹用(乾燥弱毒生風疹ワクチン)、狂犬病用(組織培養不活性化狂犬病ワクチン)
薬効 代謝異常症特殊粉乳
商品名 フェニルケトン尿症用(雪印新フェニルアラニン除去ミルク、雪印新ペプチドロフェ)、メープルシロップ尿症用(雪印新ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク)、ホモシスチン尿症(雪印新低メチオニンミルク)



<参考文献>
医薬品医療機器情報提供ホームページ:添付文書情報、独立行政法人医薬品医療機器総合機構


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407