アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

保育園・幼稚園に関する体験談
誤食防止を考えた食事の様子

アレルギー・アトピーっ子が保育園・幼稚園に入園する際には、多くの不安がつきまといます。ここでは、多くの方の園選び、入園前後に行うこと、入園後の様子や実際に起こったトラブルなどの体験談を分野別にまとめてみました。それらをもとに、今後の園選びをする際に、少しでも安心して、お子さんを入園させることができるための参考資料となることを願っております。入園のための園選び・入園前後の話し合いなど、重要だと思われるポイントのダイジェスト版はこちらです。


<体験談1>
Yさん&息子さん(1歳1ヶ月)

最近、月に8日ほど一時保育をお願いしていた保育園で、アレルギーについてお話をしていたにもかかわらず、他の園児と同様に蒸しパン(小麦・卵・乳など)を食べてしまって、アナフィラキシーを起こしました。そのときは担当の先生がトイレに席をはずしたときに、パートの不慣れな先生がアレルギーのことを知らずに、蒸しパンを与えてしまいました。少量だったことと、嘔吐をして吐き出したため、点滴で落ち着きました。給食・おやつ時は普通の子は長机に6人掛け、2テーブルで食べているのですが、その事件以降、息子は2−3m離れて、教室の隅で飲食しています。アナフィラキシーを起こしたので、注意をしていただいているので、仕方がないですよね。それを目にしたときは、複雑な気持ちでした。みんなと同じようにはいかない子なんだ!と…

事情により、4月から(2ヵ月後)、上記の一時保育とは別の自宅に近い町営の保育園に入れる予定でしたが、園側との話し合いの結果、私の不安と事故を減らす方向で行くために、最初は一時保育が良いのではないかとすすめられました。慣れてきて大丈夫なら、席をあけておくので、そのときに入園をしても良いのではないかと… 園では、牛乳を飲みますが、牛乳でアナフィラキシーを起こすので、万が一、牛乳に触れた手をなめられたら…などと、いろいろ考えてしまって、不定期ではなく、他の子と同様、毎日通う方が良いように思ったりもしました。

現在、息子は仕事と保育時間の都合により、二つの園に通っています。上記の自宅近くの町営保育園は、食事の席も一時預かりなら、多くても2−3人ぐらいでの食事で、このメンバーで離れて食事をするので、保育士の先生も眼が届きやすいとのことでした。今年の1歳児保育(通常)は7名で少ないけれども、小さいので、万が一のことを考えての一時保育をすすめてくれたようです。もう1つは、4キロほど離れた誤食のあった保育園です。ここは約10人ほどのクラスに混ぜてもらっています。離れて食事をするのですが、おやつの時しか見たことがないので、食事風景を1度見学させてらもうことにします。はじめから、離れて食べていれば、こんなもんだと思ってくれるのかも? しばらくの間だけなら大丈夫かなと?

<体験談2>
Oさん&娘さん(2歳1ヶ月)

ちょうど1年前くらいから保育園に預けております。今の園では5人で1テーブルです。6人のテーブルもあります。娘の席は5人中、4人がアレルギーっ子で、1人はそのときにより変わりますが、かなり食事を上手にする子だそうです(こぼしたりはしないという意味?)。お休みの子がいると、アレルギーっ子専用のテーブルになります。4人のアレルギーっ子中、お弁当・おやつ100%持参はわが娘だけで、他の子は使ったり使わなかったりのトレイを100%使用しています(娘専用のトレイ)。「トレイ以外に落ちたものは食べない」という方針です。アレルギーっ子のテーブルということで、必ず保育士さん(正規:アルバイトではなく)がついて下さって、食事時に関しては、かなり安心をしています。

1度、保育士さんから、「月齢の高い子から、席を替えていこうかと思っています」という話もありましたが、誤食が怖いし、吸入・接触抗原もあるので、「できれば、今のクラスの間だけでもやめて欲しい」と申し入れ、受け入れてもらえました。娘のクラスは飛び切りアレルギーっ子が多いので(全17名中4人です)、その子達だけのテーブルができてしまうので、あまり参考にならないかもしれませんが、こういう例もありますよということです。
<体験談3>
Nさん&息子さん(3歳3ヶ月:1歳から入園)&娘さん(6ヶ月:4月(1ヵ月後)から入園予定)

息子は1歳から入園しました。娘も4月から入園予定で、同じ保育園です。息子は0歳、1歳代では、ごく微量でも厳しい症状がでたので、赤ちゃん用のテーブルがついた椅子を他の子から離してもらって食べていました。2歳代では、自分の食べられないものがわかるようになり、一人小さなテーブルで別に食べています。今のクラスには、他にアレルギーっ子がいませんので、息子1人です。昼食に牛乳はでないので、卵・乳などのアレルゲンが使われていないときの給食では、みんなと一緒に食べています。「今日はみんなと一緒の給食を食べた」と報告をする息子を見ていると、一人で食べさせることもかわいそうに思いましたが、どうも牛乳はまだまだ駄目みたいなので、しばらくは別席もやむを得ない感じです。

1歳くらいの子の給食風景というのは、自宅で見ているママには想像ができないくらいグチャグチャなものらしく、できる限り、人員の厚い体制で保育をしてもらえるようにした方が良いと思います。保育所の行事も1歳代ではまだわからないと思うので、最初の半年くらいは行事参加ができないことについては、心配がいらないと思います。参考までに、もっと厳しい対応が必要な子供(私が入っている保育連絡会に参加をしているお子さん)では、
◇園全体の給食に、基本的に、その子のアレルゲンを入れないこと
◇月に1回程度、アレルゲンを使用した給食を実施した時は、アナフィラキシーを起こす子は別室での給食、他のクラスメートはまた別の部屋で給食をします。その後、全員で手洗い・うがい・着替えをしてから、同じ部屋に合流するという対応をされているそうです。

上記の保育所は、もともと病院の付属保育所で、持病のある子の受け入れが、とても丁寧なことで有名な園です。なかなか、普通の園ではここまでの対応ができないと思いますが、手洗い・着替えを済ませてから、合流などというところは、うちでもまねさせてもらっています。


ご協力を頂いた方には、厚く御礼申し上げます。


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407