アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

保育園・幼稚園体験談
食事の関与する行事への参加は?

アレルギー・アトピーっ子が保育園・幼稚園に入園する際には、多くの不安がつきまといます。ここでは、多くの方の園選び、入園前後に行うこと、入園後の様子や実際に起こったトラブルなどの体験談を分野別にまとめてみました。それらをもとに、今後の園選びをする際に、少しでも安心して、お子さんを入園させることができるための参考資料となることを願っております。入園のための園選び・入園前後の話し合いなど、重要だと思われるポイントのダイジェスト版はこちらです。


◇幼稚園や保育園に通っているお子さんは、食事がからむイベントが多いと思います。そういう場合はどのようにしていますか? 休ませていますか? それとも、別のものをもっていきますか? 
<体験談1>  K1さん&娘さん(3歳7ヶ月)

小麦・卵・甲殻類・魚・果物の大半・ダニ・ハウスダストなど、多くのものにアレルギーがあります。園では、アレルギーっ子はうちの子だけです。うちの子の園でも、昨日はひなまつりイベントがあり、桜餅が出ました。桜餅なら食べられそうな気もしたのですが、原材料をきちんと見ていないものを食べさせたくはなかったので、結局、自分でおやつを作っていくことにしました。お弁当も作るので、朝から桜餅を作る時間がなく、「米粉・タピオカ粉・豆腐・砂糖・アレルギー用イチゴジャム」で、白とピンクのお団子を作って、かわいいピックにさして持っていきました。

子どもが帰宅後、先生に毎日書いていただく連絡帳を見ると、「今日はおやつにかわいいお団子が入っていて、〇〇ちゃんは大喜びでした。お母さんの心遣いには、私たちは本当に頭が下がり、思わず涙が出てきました。お母さんの愛情、ちゃんと〇〇ちゃんに届いていますよ!」と書いて下さっていました。同じ形のおやつはできなかったけど、この言葉を聞いて、とても嬉しく、私も涙が出てきました。日頃のおやつの時間は、アレルギー用のお菓子を持参し、皆と違うものを食べています。イベントの時だけ、サンドイッチもどきを作ったり、ドーナッツを作ったり、ゼリー(寒天)を作ったりしています。

今回の「ひなまつり」でのおやつのように、自分で作らないといけない時は、私が前の日から、「明日はみんな桜餅っていうおやつを食べるみたいなんだけど、〇〇ちゃんはまだちょっと無理みたいだから、ママが〇〇ちゃんの食べられる、かわいいお団子を作ってあげるね〜」と言ったりして、皆と少し違うおやつになることをわからせておきます。その子の性格にもよるかもしれませんが、皆と違うものを食べていることにはだんだん慣れてくるような気がします。うちの子も初めてのお友達の誕生日会の時に(30人くらい)、皆と同じケーキが食べられなくて悲しくなり、しばらく黙り込んで、泣きそうになったことはあったのですが、「〇〇ちゃんのケーキはスペシャルケーキで、みんなより大きいんだよ〜 ほら、見てごらん! みんなには内緒ね」と言ったら、納得して食べだしました。それ以降は、自分のものは「特別!」と逆に喜んで食べています。みんなに取られる心配もなく、自分だけのお菓子を食べられるのも良いみたいです。

私はできる限り、イベントには参加させて、子どもにはいろんなことを経験して欲しいと思っています。イベントがあった日は、帰宅後、幼稚園での出来事を話してくれたり、歌を教えてくれたりします。本当に楽しそうに… 子どもなりに我慢していることも多いと思うけど、楽しいこともたくさんあると思います。


<体験談2>  Sさん&息子さん(5歳・2歳)

近所のアレルギーっ子をもつママさんたちと集まった時も、このことが話題になりました。結論からいうと、やはり、子どももそれぞれ性格があるようで、一概には言えないですね。うちの子の場合は、まずそういうことはありません。1度だけ、園で号泣したのは、お餅つきのとき。私が代わりのものを用意せず、「黄粉だけ食べていい」と私が本人に言ったため、本人が食べたがってしまったのですが、先生が食べさせてくれなかったので、泣きわめいてしまったそうです。まあ、先生の判断はもっともなわけですが…

それ以来、幼稚園に行く前には、きちんと本人に説明をしています。もちろん、代わりのものを持たせて、「〇〇は痒くなるから、今日は幼稚園でケーキが出ても、食べられないけれどいい? 代わりのホットケーキはあるよ。休んでも良いけど、どうする?」と聞きます。うちの子は「幼稚園に行く!」と言うので、園にそのまま行かせています。性格もあるだろうし、年少→年中→年長になるに従って、子どもの性格も変わると思います。まだ、年少のうちは理解が難しいかもしれませんが、子どもにきちんと話すことも大切かなと思います。今は理解ができなくても、絶対に理解できる時がくると思います。といいながらも、そういうことにめげずに幼稚園に行く息子が、私はどうしても不憫に思えて、幼稚園を転園させようかと考えました。しかし、本人に言ったところ、「幼稚園を変わるのは、絶対にいや!」と拒否されました。でも、下の子はあまりそういう行事がない幼稚園に行かせようかと思案中です。


<体験談3>  Yさん&息子さん(2歳1ヶ月)

一時保育ですが、保育園に通っています。園での給食は難しいということで、お弁当もできるだけコピー食を持参しています。おやつもなるべく同じようなものを用意して持っていきます。本当、難しいですよね。今回のひな祭りの雛あられはとてもシンプルで、もち米・てんさい糖のみで作られたものを見つけたので、それを持参しました。他の子はとてもカラフルだったのかな? 担任の先生からは、特に何の連絡もなかったのですが… 息子はまだ2歳なので、これから皆との違いに泣ける時期がくるのかもしれませんね。

私は息子にはイベントにどんどん参加して欲しいと考えています。私には幼稚園の餅つきやクリスマス会は、とても楽しい思い出になるからです。食べられないものがあることだけ見ると、辛い思いをさせるのではないかと思うのですが、一緒に歌やお遊戯をすることはとても楽しい思い出になるだろうと思うのです。でも、いつも正しいのかな?と悩んでいます。クリスマス会や餅つきなど参加できるものはしていますが、アナフィラキシー(牛乳・卵)を起こしたことがあるので、危険だと感じた時はお休みです。保育園に通って、いつも思うことは、担任の先生(園)の受け入れ態勢で、ぐんと変わってきます。親子と園で、良い関係を作っていきたいと思います。もう少し、アレルギーについての認知度が上がると良いのですが…


<体験談4>  Sさん&娘さん(4歳)

うちは代わりのものを作って持たせています。イベントは、前々から「〇〇日は△△だから、楽しみにしてね〜」と先生が言っているらしく、「休ませる」なんて言ったら、うちの子は暴れますね。お友達ができれば変わるんじゃないかな〜と思います。うちの子も最初の頃はいろいろ文句を言っていましたが、最近、文句を言わなくなったなと思ったら、お友達のおかげだったようです。以前は、決められた席で、どうも相性の悪い子と食べていたようで… 今は自由に座って食べられるので、好きなお友達と食べているようです。このお友達は持たせたお菓子を「〇〇ちゃんも同じだね(笑)」と一緒に喜んでくれるらしいです(笑)。そんなに心配しなくても良さそうです。


<体験談5>  K2さん&娘さん(2歳8ヶ月)

私もあらかじめ子どもに予告しておくことが大事だと思っています。「同じものは食べられないけど、その代わり、お母さんが一生懸命作るからね」という、その辺がポイント! また、お店にしろ、保育園・幼稚園にしろ、社会にアレルギーを認識してもらうには、まず親が初めの一歩を踏み出さなくてはいけないので、行事の際は、担任の先生によく打ち合わせてもらったり、食べ物持参で、こっちの本気を伝えることは今後につながると思います。


<体験談6>  Tさん&娘さん(4歳1ヶ月)

うちの娘は年少で、元気に幼稚園に通っております。それにしても、「どうして??」と言うくらいに、お菓子やパンケーキを楽しむようなイベントがしょっちゅうあります。ちなみに、明日も年長さんのお別れ会で、マドレーヌを食べるそうです。当然ながら、うちの子は食べられないので、代わりに家からお菓子を持参しています。娘の場合は、何でもいいから食べられるだけで嬉しいようですので、毎回持参しております。それでも、やっぱり他の子達と同じものを食べられる時は、より一層嬉しいらしいです。


<体験談7> Dさん&息子さん(3歳:入園直前)

息子が4月から幼稚園に入園します。幼稚園では、食事がからむイベントが多いと思います。実は、昨日児童館で、ひなまつりイベントがあり、参加者はひなあられを食べました。たぶん、うちの子は食べてもアナフィラキシーは起こさないと思うのですが、あえて、入園練習のため、ヒエコロコロと似たようなお菓子を持参して食べさせましたが、周りと違う状態に悲しくなってしまったようで、30人くらいの前で号泣! もうすぐ4歳ですが、まだまだ理解というか納得ができないのですね… 子どもの性格によって異なると思いますが、うちの子がちゃんと理解できるまで、イベントを休ませる方があっているのかなと思ったりしました。入園に当たって不安です。

まさか、うちの子があんなに泣くとは思っていなくて、どうやら、同じそそぎ口から出た雛あられをみんなと一緒に食べたかったらしいです。でも、慣れだと思います! 逆に、保育園のように早い段階で、自分も周りの子も「食の違い」に慣れる環境はいいなと思いました。魚でアナフィラキシー経験者なので、魚系の行事は無理だと思いますが、それ以外の行事だったら説明をして、行きたかったら行かせ、嫌なら休ませようと思いました。本人の意思が一番ですね♪ うちの子も食べることが多いイベントの中で、何とか頑張って欲しいものです。この3年間(ほとんど4年)、社会との食に関してのかかわりがなかったので、まずは私が頑張らなくては…と思います。児童館での号泣経験は、とても考えさせられた良い経験となりました。ちなみに、私が子どもだったら、自分だけの手製の弁当だったら、嬉しいタイプなので(案外人と違う待遇が好きな派)、今回の子どもの心がわかりませんでした。食に対する欲がすごいのと、人と同じということが気になるみたいなので、案外てこづりそうです。

上記の体験談を読んで、「あなたの弁当だけ特別!」作戦、事前の行事参加・不参加確認は、本当に参考になりました。また、幼稚園側がやさしい対応をしてくれるように頑張らないといけないと思いました。そして、アレルギーを認識してもらうために、「親がはじめの一歩を!」はすばらしい言葉です! ネガティブに受身的に休ませるよりも、いつかはぶつからなければいけない壁なのかもしれないと思い、本気で努力しようと思いました。


<体験談8> K3さん&娘さん(4歳:入園直前)

お菓子関係では、妙に気合が入ってしまう娘です。うちもきっとイベントには出すと思います。後半に生まれた(10月生まれということ)年中組からのスタートだから、そう思うのかもしれませんが、職場復帰するまでは、なんとかもどきを作ったり、加工品を持たせたり… 泣いてしまったら、抱きしめてやりたいから、親も一生懸命考えて代替えを持たせて、子供も頑張って、それでも悲しくなってしまったら、それは仕方がないと思います。1つずつ乗り越えていくしかないと最近思っています。


ご協力を頂いた方には、厚く御礼申し上げます。


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407