アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

アレルギー緊急対応カードの作成例

アレルギー・アトピーっ子が入園・入学など社会生活を送る際には、万が一の場合を考えた緊急対応が重要となります。特に、重篤な症状があるお子さんの場合(アナフィラキシー・ぜん息など)、担任の先生のみによる把握だけでは対応が充分に行えない場合が多く、他の多くの先生方にもすばやく対応してもらう必要性があります。そのために、緊急時にどのような対応をするかを記述した、「アレルギー緊急対応カード」をかばんの隅に常時入れておいたり、多くの先生の目が届く場所(職員室や教室など)に張り出してもらうか、ファイリングしてもらうことが必要になると思います。また、突然の災害時に、親と離れ離れになるようなことがあるかもしれません。災害時ですから、贅沢はいえませんが、特にアナフィラキシー体質がある場合は、善意の気持ちが命取りになる可能性も否定はできません。そのためにも、こういう緊急カードを携帯しておくことも必要なのかもしれません。普段の生活においては、迷子対策や一時的に親族に預ける場合など必要になると思います。

これらの際に用いる資料の参考となる「アレルギー緊急カード」の作成例をご紹介したます。今後、入園・入学などを迎える多くの方々などの参考になるのではないかと思います。


<入園・入学用カード作成例>
<氏 名  ・ アレルギー緊急対応カード>   平成○○年○月○○日作成
生年月日 平成○○年○月○○日
身長・体重 ○○cm、○.○kg
血液型 ○型(Rh−)
アレルギー症状・吸入・接触により発症するために除去をしているもの
*食 物* (例)卵全般・牛乳・乳製品全般、小麦全般
上記を摂取後、約5−15分で強い症状が現れますので、完全除去をしております
牛乳・乳製品については、接触することのみでも蕁麻疹が出ます
*動 物* (例)ネコ
蕁麻疹が出るため、ネコとの接触を避けています
*その他* (例)ハウスダスト・ダニ
喘息様発作が現れるため、なるべく接触を避けています
寝具類は高密度シーツをつけて発症予防しております
現在の家庭内での服薬状況
内服薬 (例)
朝夕食後:ザジテン
発作時:セルテクト・ペリアクチン
外用薬 (例)
朝夕:ロコイド(患部のみ)
発作時:
(蕁麻疹など痒みを抑えるため):レスタミンコーワ軟膏
(症状が強い場合)リンデロン座薬
緊急連絡先
自宅住所 ○○区○○1−1−1
自宅電話番号 0000−0000
母・連絡先 (会社名・電話)○○物産・1111-1111 
(携帯)090-0000-0000
父・連絡先 (会社名・電話)○○商事・1111-1111 
(携帯)090-0000-0000
かかりつけ病院 ○○病院・小児科(担当医:○○医師)、カルテ番号
(住所・電話)△△区△△1−1−1・222-2222

*耳鼻科、眼科、外科、皮膚科など、
他のかかりつけもあれば、記入しておくこと
緊急時対応
搬送病院連絡先
○×総合病院・小児科(担当医:××医師)
(住所・電話)△○区△○1−1−1・333-3333
(診察券番号)4444
(アレルギーの会配布資料をもとに作成:承認済み)

<作成時の注意>
◇医師の服薬などの指示内容に変更が生じれば、随時、新しいカードと交換すること
◇上記はあくまで参考例ですから、お子さんの状況に応じて変更して下さい
◇医師に見せて、必ず間違いがないかを確認してもらうこと。医師の承認の有無により、預け先の態度が違う可能性があるため。特に、アナフィラキシーショックを起こす可能性がある場合は、医師の承認が重要になると思います。それ以外の方は、どこまで記載をする必要性があるかは、医師の判断を仰いで下さい
◇アナフィラキシーショック発生時には、救急車をすぐに呼んでもらえるようにお願いする旨を明記するとともに、アナフィラキシーの対処法(こちらの6.)などを添付しておくことも重要かもしれません。
◇お子さんの情報が掲載されておりますので、どこまで開示して、どこまで個人的にかばん内などにおさめておくのみかは各家庭で相談の上、ご判断下さい。
◇迷子対策として作られる場合、与えてはいけない食べ物などの明記と親の携帯番号程度にとどめ、フルネーム・住所・自宅電話番号などは防犯上書かない方がよろしいそうです。


情報提供を下さった☆さんには、お礼を申し上げます。少しでも多くの方の役に立つことを願っています。


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407