アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

アトピー性皮膚炎

1.アトピー
アトピー体質とは、家系的にアトピー性疾患をもち、IgEを作りやすい体質のことをいいます。アレルギー症状のうち、遺伝的要素が高く、遅延型の側面が強いものをアトピーと呼びます。アトピーには、アトピー性皮膚炎、喘息、結膜炎などが含まれます。アトピーがあると、皮膚に痒みをもつことが多く、それを掻きむしり、皮膚表面が傷つくため、皮膚の正常バリア(異物の侵入を防ぐ)が壊れ、外部からのアレルゲン(細菌・ウイルス・埃やダニ・食物など)が侵入しやすくなり、アレルギーの症状を伴ってしまうことが多くなります。

そのため、アレルギー=アトピーではありません。アトピーの一部にアレルギーが関与していると考える方が無難です。これと同様に、喘息のすべてがアトピーが原因ではなく、喘息の一部がアトピーによるもの、また、乳児湿疹のすべてがアトピーはなく、乳児湿疹の一部がアトピーによるものと考えられます。そのため、乳児湿疹の場合は、簡単に治って再発をしない場合は、単なる乳児湿疹ということになります。

2.アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎とは皮膚(局所)にある異常のことで、全身性の食物アレルギーとは別物と考えられます。しかし、アトピー性皮膚炎の原因の一つに、食物アレルギーが関与していることも間違いではありません。この疾患は様々なメカニズムによって起こる慢性的な湿疹の集合体ですが、憎悪と寛解を繰り返し、痒みを伴います。また、患者の多くはアトピー素因をもっています(アトピー体質)。特に、顔面や四肢の関節(肘だと内側、膝だと裏側)を中心に認められます。さらに、この疾患では皮膚の生理学的・生化学的異常のため、皮膚の水分を保持することができず、皮脂の量的・質的異常が生じています。

アトピー性皮膚炎は乳幼児期によく発症します。乳児は皮膚もまだ充分に発育していないので、簡単に皮膚のバリアー機能が壊れる状態にあり、湿疹反応が生じやすい状況です。生後2−6ヶ月での発症がもっとも多く、1歳を超えて、もしくは入園時(4−5歳)、学童期・思春期でも発症します。最近では、成人をむかえて初めて発症するケースも多くなっているようです。特に、乳児期に良く認められる症状は、主に口周り、頬、首、体幹の湿疹(乳児湿疹と同部位)で、おむつかぶれや脂漏性湿疹を併発している場合もあります。1−2歳頃(幼児期)になると、顔面、体幹、膝の関節の裏側、肘の内側の湿疹、じゅくじゅく、耳切れが多く認められるようになります。ただし、脂漏性湿疹(主に生後1−2か月の頃にできる)はアトピー性皮膚炎ではありませんが、この疾患が治まると考えられる生後3−6か月頃に、アトピー性皮膚炎が併発してでてくる場合があります。また、症状がおまたに至るまで広がる場合がありますが、一般的にはおむつかぶれ(接触性皮膚炎の一つで、アトピー性皮膚炎とは異なる)との区別がしづらいです。小児期になると、乾燥時期である冬に症状が顕著になり、夏には目立たなくなる傾向が強くなります(これをアトピー肌と言う。鳥肌が立つような感じで、乾燥気味、ざらざらした感じの肌)。かきむしることで炎症がひどくなると、感染症(いわゆる、とびひ)などを起こすこともあるので、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎では、乳児期のよだれ、食べこぼし、石鹸、入浴剤、タオルなどの繊維による皮膚刺激が湿疹の出発点となります。それらの刺激物が湿疹反応の起爆剤となり、痒みをおこし、ひっかく原因を作ります。この皮膚障害により、様々なアレルゲンが皮膚を通過しやすくなり、体内に入ります。遺伝的に皮膚機能の異常は受け継がれることが多く、体質としてできあがていることあります。また、健康な皮膚は分子量が大きい分子を通過させません。つまり、分子量1000以下のものは皮膚を容易に通過しますが、それ以上の分子は皮膚を容易に通過することができません。しかし、アトピー性皮膚炎の場合では、分子量1万以上のダニ抗原などが容易に皮膚を通過し、皮膚刺激の原因となったり、アレルギー症状が生じやすい状態です。このように本来侵入しないものが侵入をすることにより、刺激性の皮膚炎を起こしたり、アレルゲンとなってアレルギー症状を引き起こしやすくなっているのです。そのため、アトピー性皮膚炎の子どもは、様々なアレルゲンに対するIgE抗体をもっていることが多いです(発症の有無にかかわらず)。乳幼児期から小児期(約3歳頃まで)は食物アレルゲン(卵・牛乳・大豆・小麦など)、また幼児・小児期(1−2歳以降〜)になると環境アレルゲン(ハウスダスト・カビ・犬や猫の上皮・花粉(スギ・ヒノキ・ブタクサ・カモガヤ・ヨモギなど)です。

遺伝率は核家族化が進み、昔と家族体系が異なってきているため、調査はしづらいそうですが、約30−60%と考えられています。ちなみに、ある報告では、親にアレルギーがない子供のアレルギーとなる確率は約14%、片親にアレルギーがある場合は約20−40%、両親にアレルギーがある場合は約40−60%となっています。そのため、親にアレルギーがある場合、2−3人子供がいれば、そのうちの1人以上にアレルギーが出ることになります。また、片親のみがアレルギーの場合は、父親よりも母親の影響が大きいようです。これは妊娠中の体内感作が原因の1つとして考えられ、統計的に、割と低月齢から発症する場合が多いようです。

3.皮膚刺激を与える因子
皮膚に容易に刺激を与えるものすべてが因子となります。各個人により、刺激となる原因は異なります。下記に1例を示します。
◇食事:乳幼児期における食べこぼし
◇環境:動物(猫・犬・兎・鳥など)の毛・羽・上皮、ハウスダスト、カビ、ダニ、室内建材、花粉(スギ・ヒノキ・ブタクサ・カモガヤ・ヨモギなど)、泥、砂、日光(特に紫外線など)、乾燥など
◇生活面:衣類や寝具の繊維類、石鹸(シャンプー・リンスも含む)、入浴剤、食器洗剤、洗濯用洗剤(特にすすぎ残し)、おもちゃや絵の具など子供の遊ぶ素材など

これらの因子にはアレルギー的側面を有するものと、非アレルギー的側面を有するものがあります。
◇アレルギー的側面:食物、動物(猫・犬・兎・鳥など)の毛・羽・上皮、ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉(スギ・ヒノキ・ブタクサ・カモガヤ・ヨモギなど)など、免疫系に異常をもたらす(IgE抗体を産生しやすい)因子
◇非アレルギー的側面:ストレス(夫婦仲が悪い・就学における人間関係など)、感染、外傷、日光(主に紫外線)、乾燥、温熱、発汗、かきむしり、ドライスキンなど、皮膚に生理的機能異常をもたらす因子

4.アレルギーマーチ
乳幼児期の頃は、食物アレルゲンが原因によるアトピー性皮膚炎になる場合が多いです。そして、幼児・小児期になると、食物アレルゲンに対する抗体価(IgE値)が落ち着いてくる(または数値が減少してくる)のですが、それと同時に環境アレルゲン(ハウスダスト・カビ・花粉など)に対する抗体値が上昇してきます。特に、年齢が上がるにつれ、これらの吸入抗原に反応する傾向が高くなり、呼吸器系など他の臓器への移行が認められるようになります。症状も膝やひじ、眼の周りや頬の湿疹などから、小児喘息やアレルギー性鼻炎などへと症状が変わります。これがアレルギーマーチと呼ばれるものです。ただし、アトピー性皮膚炎と小児喘息やアレルギー性鼻炎は併発することも多く、その併発率は約20%程度です。

5.治療法
◇炎症がある場合:ステロイド外用薬が一般的に用いられる
◇炎症がない場合やドライスキン:普通の外用薬(ワセリン・亜鉛化軟膏・親水軟膏・アズノール軟膏・尿素含有軟膏・吸水軟膏など)とスキンケアの併用
◇その他:民間療法、温泉療法など

どの治療法がアトピー性皮膚炎に効果があるとは必ずしも言えません。つまり、特別な治療法がまだ確定されていないのです。特に、民間療法、温泉療法などは良くなる人もいれば、逆に悪化する人もいるので(むしろ、悪化する場合が多いようです)、冷静な面をもって評価することが必要です。つまり、アトピー性皮膚炎の自然治癒はほぼ考えられないので、適切な治療(炎症がひどい場合は、薬物療法、あとは原因をみつける原因療法)やスキンケアが必要となります。その結果、健康な皮膚状態に長期間持ち込めることができれば、治癒の可能性が高いと考えられます。

結局、シンプルライフを目指し、悪いと考えられる因子をなるべく取り除き、スキンケアにより皮膚の正常化(皮膚レベルでの健康)を保つことが重要です。特に、湿疹がある場合は外用薬(ステロイドもしくは非ステロイド)を、痒みがある場合は抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の内服による治療が必要となります。もし、内服薬の使用に戸惑い、かゆみをとらないでいると、炎症部位をかきむしるので、皮膚症状がさらに悪化する場合が多いので、これらの薬の使用は治療の基本となることが多いと考えられます。どうしても薬の使用に不安になる場合は、信頼できる医師を選び、納得のいく説明をしてもらうことが大切です。しかし、ステロイド外用薬や抗アレルギー薬などばかりに依存しないことも重要となります。ストレスをコントロールすることやスキンケア、原因除去を考慮しない治療はありえないので、くれぐれも薬依存にはならないように…

6.アトピー性皮膚炎における、食事に関する注意点
食物アレルギーが原因となる場合は、まずアレルゲンの除去が必須となります。その際の主な注意点は、食物アレルギー除去食の項を参照にして下さい。一方、食物アレルギーが原因でない場合は、バランスのとれた食事を心がけ、なるべく多くの食物を回転して食べる回転食をすることが、新たなアレルゲンによる皮膚炎の発症を予防します。また、香辛料(カレー粉・唐辛子など)は体を温めるので、痒みを増強させる原因となりますので、なるべく避けることをおすすめします。痒みがなければ、適度に使用することはOKです。

7.アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患(食物アレルギーなど)の予防法
a)基本的な予防
◇アレルゲンの排除:アレルゲンとなるものに触れさせないこと(体内に入れないこと)、入ったアレルゲンを排出させること。つまり、食物アレルギーなら、その食品の除去、花粉症なら花粉の除去(マスク、帰宅時うがいをする、手洗い・洗顔慣行、洗濯物や布団を外に干さないなど)など
◇免疫系の機能を高めること:離乳食期に食物繊維の多い海藻類や野菜、雑穀(稗、粟、キビなど)などの積極的摂取により、腸管の免疫系を高めること、過剰な抗菌グッズをやめ、適度に外遊びをさせるなどにより、正しい免疫システムを獲得をさせること
◇スキンケア:スキンケアの項を参照のこと

b)精神面における予防
◇精神安定:親の心が子供に映るので、心になるべくゆとりを持つこと(子供に不安な心境をなるべく見せないこと)、平安を保つこと(夫婦喧嘩をなるべくしないことなど)、日常の出来事に一喜一憂をせず、心を落ち着けて対応できるようになるとが、克服への第一歩となる。親子(特に、患者である子ども自身)がストレスをためると、症状が悪化する場合がほとんど
◇ストレス解消:食事制限の場合、食べ物から気をそらす配慮。赤ちゃんや乳幼児ならなおさらスキンシップや笑いあえる環境作りをすること、特に母親だけで問題を背負わず、父親もしくは両親などの協力を得ること(理解をしてもらうことが大切)

c)食事面における予防
◇食事内容の見直し:食物アレルギー:食生活の改善の項を参照のこと
◇食べ物を選ぶこと:良い素材(低農薬・無農薬・遺伝子組み換えでない食物や旬の野菜、食品添加物の少ない加工品など)の選択、食物アレルギーを克服するまで、アレルゲンとなる食物をなるべく食べさせないこと、不適切な離乳食・幼児食を与えないこと。つまり、なるべく手作りをする、ベビーフードのみに頼らないこと、早期から卵や牛乳・乳製品など抗原性の高い食物を与えないことなど、肉類より魚介類・穀類・食物繊維の多い野菜・海藻類、雑穀などを多く食べること
◇風邪などの疾患により、体力が消耗しているときや必要最低限で抗生物質を使用する場合:消化の良い食事を心がけ、抗原性の高い食物・仮性アレルゲンとなる食物・除去解除になったアレルゲンとなる食物を食べさせないこと。未分解のまま体内に入る可能性が高くなり、新たなアレルゲンを作る原因となるため
◇アトピー性皮膚炎では、意外と遅延型(食べてから数時間後から数日後)で発症している場合(隠れ型アレルゲンとなっている場合)が多いため、アレルギー検査を受けても陰性であることがよく見受けられます。そのため、原因となる食品をすぐに見つけられないのですが、経過を書き出してみると、意外と見つかる場合も少なくありません。症状がなかなか改善しない場合には、食物・生活日誌をしばらく記録することもひとつの方法かもしれません。そのため、食事には関係ないと言われた方でも、回転食・和食・同じ食品の多食をやめることをおすすめします。

d)生活面における予防
◇衣類:皮膚に痒みを覚えるような繊維類を避ける。購入したらなるべく1度は洗濯をしてから着衣。乳幼児の場合、特に母親は自分の着ている毛糸のセーターなどで、子供のドライスキンを刺激して悪化させる場合があるので注意をすること
◇洗濯:汚れが皮膚の炎症部位に悪影響を及ぼすため、洗濯は重要。ただし、残留洗剤には注意。すすぎを充分に行い、蛍光漂白剤や柔軟材などを使用しないこと
◇入浴:ガーゼハンカチやタオルではなく、手でなるべく洗うこと、湿疹部をごしごしと洗わないこと(悪化させる原因となるため)、石鹸を用いて、アレルゲンや汚れを充分に落すこと、石鹸成分を充分に洗い流すこと、薬用石鹸は刺激性が高いので、低刺激性のものを選ぶこと(肌にあうかどうかは、個人により異なるので、試供品で試すことも重要)、洗髪はシャンプーの刺激性が高いので、石鹸で充分。もし使用するなら、なるべく体につけないように注意をし、充分に洗い流すこと、熱すぎるお湯に入らない(38度位。通常より少し低め)、湯船につかって痒みが増すとき、シャワーにとどめること、または入浴後、少しぬる目のお湯に浸したガーゼハンカチなどで体を拭き、熱をとること、入浴後のスキンケアを行うこと
◇寝具の手入れ、住環境の整備など:ダニをアレルゲンにしないためにも、寝具の手入れを充分すること(布団を干す、掃除機をかける、シーツなどをこまめに洗濯することなど)、部屋の風通しを良くすること、畳の上にじゅうたんなどを敷かないこと、掃除をこまめにすること(特に部屋の隅や隙間のある家具の下や脇)。家をは少なめにして、埃を減らすこと
◇部屋の温度や湿度:暖房や加湿器の使用(特に、冬。温度や湿度が低いと、肌が乾燥するため)、冷房の使用(特に、夏。蒸し蒸しした部屋では、発汗により痒みが増すため)
→これらの詳細は、こちらを参照!


<参考文献>
西岡 清、アトピー性皮膚炎テキスト改訂第2版、南江堂、2000年
(この本の感想はおすすめの本内にあります)


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407