アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

スキンケア

1.スキンケアの重要性
皮膚に湿疹やじゅくじゅくがあると、その部分に痒みが生じて、かきむしることがほとんどです。このかきむしって、傷口を作ることで、皮膚の正常な機能であるバリア(異物の侵入を防ぐ)が壊れて、食べこぼしによる食餌アレルゲやハウスダスト・ダニ・カビなど環境アレルゲンなどの侵入が起こり、もともとのアレルギーの有無にかかわらず、新たなアレルギー発生の原因となります。また、細菌感染がおこり、皮膚状態がさらに悪化という悪循環がおこる可能性も高いので、掻かないような対策をとり、皮膚の炎症を早く改善させる必要性があります。最近、ドライスキンという言葉をよく聞きます。ドライスキンとは皮膚がかさつきやすく、皮膚の一番外側にある角質層に含まれる水分量が減少していることが原因です。そのかさつきのため、皮膚のバリア機能が障害されて、様々な刺激に過剰に反応をしたりする可能性が高いことをいいます(敏感肌・皮膚過敏症)。この場合は、特に保湿が重要な役割を果たします。

2.実際のスキンケア
a)皮膚を清潔に保つこと
外からの様々な刺激(汚れ・汗・垢・埃・ダニ・カビ・砂など)が皮膚につき、皮脂に紛れ込みます。この刺激の中にはアレルゲン的なものも多いことから、皮膚についた汚れをまず落とすことが重要です。入浴時に、肌に合う低刺激性の石鹸(シャボン玉浴用や純植物性、アトピコなど)で汚れなど充分に洗い落とします。ただし、タオルなどでごしごし洗うと、患部が傷つく原因にもなるので、手でしっかりと洗うこと。石鹸成分が残ると、皮膚刺激になるので、よく洗い流すことが重要です。また、高い温度での入浴は、痒みが生じる原因となりますので、38度前後の少しぬる目の入浴をおすすめします。もし、入浴後、体がほてり、痒みが出る場合は、出る直前にさらにぬる目のお湯にぬらしたガーゼハンカチなどで体を一度拭いて熱をとってあげると良いと思います。夏場は冷たいおしぼりでもOK。入浴後は、石鹸により皮脂が洗い流されるので、必ず乾燥(皮脂を補う意味でも)に対するスキンケアが必要(ワセリン・亜鉛化軟膏など油脂を含んだ外用薬や保湿剤を塗ること)で、体が温まっているうちに薄く延ばしながら塗るとよいと思います。また、食事や授乳時、こまめに食べこぼしをふき取ってあげることも重要です。

b)皮膚の健康をとり戻すこと(皮膚の正常機能を維持するために)
炎症があれば、ステロイド外用薬などを利用して、皮膚症状の改善を早期に目指します。それがおさまると、非ステロイド軟膏外用薬や保湿剤のみ(アズノール軟膏・アンダーム軟膏・ワセリン・亜鉛化軟膏・尿素含有軟膏など)で皮膚症状の更なる改善と健康状態を維持する必要があります。すべての外用薬がすべてのお子さんに適しているわけではないので、医師との相談により、お子さんに適した外用薬や保湿剤を処方してもらうことをおすすめします。上記でも書きましたが、入浴後、体の温まっているときに、これらの外用薬を皮膚表面に薄く延ばしてあげると、より効果的です。

c)その他
@室内の清潔をなるべく保ち、適温と適湿度を維持すること。特に、冬場は乾燥に注意をすることが重要です。
A洗濯時、石鹸などの刺激性が低く、界面活性剤がなるべく入らない洗剤を使用すること。蛍光漂白剤や柔軟剤は論外だそうで、残留洗剤をなるべく少なくするため、すすぎを充分にすること。通常より1回くらい多い方が良いそうです。
B過剰な紫外線にあたらないこと。特に、初夏から秋口にかけての紫外線の強い時期。
C夏には冷たいおしぼりなどで押さえるように汗をこまめにふき取ること。特に、外出時はおしぼりなどを忘れないようにして下さい。汗は乾いたガーゼハンカチで拭いても、周囲に汗の成分(特に塩分など)を周囲に広げるだけで、逆効果の場合がありますので、ご注意下さい。衣類をこまめにかえることも重要です。
D爪を短目に切り、新たなかき傷を作らないように心がけること。また、寝る際に、手にミトンなど着用したり、肌の露出部分を少なくするために、長袖のパジャマを着せるなど、皮膚炎症部の保護をすること。ただし、かかないためにと、手を縛ったりは絶対にしないこと。体が充分に動かせないストレスがたまり、新たな症状を起こす原因となります。
E痒みの強そうな部位には、冷やした木綿のさらし、もしくは保冷剤をさらしなどに包んだものなどを当ててあげること。また、止まらないくらい掻いてしまったときは、軟膏による処置を行い、冷蔵庫保存しておいたおしぼりタオルで湿布をします。体が温まって掻いている場合が多いので、冷やすことにより、痒みを抑えることにもなります。
F掻くことをやめさせるために、親が爪を立てずに、やさしく掻いてあげること。ただ、月齢や年齢が上がるにつれて、子ども自身の精神的影響も考慮して、傷がひどくならない程度なら掻かせてあげることも必要になる場合もあります。
G皮膚をなるべく傷つけないために、爪を短く切ること
H寝はじめの痒みは皮膚温の上昇が原因なので、敷布団の上に冷やした濡れタオルなどを入れたビニル袋や冷えた水が入ったペットボトルなどを置き、その上に1枚肌に優しいものを敷いて寝させること。もしくは扇風機やうちわなどで少し風を送って、からだを冷やしてあげること。そのため、寝る直前には、入浴をしないこと。
I冬場でも、室内温を高めに設定しないこと。18〜20度くらいが理想的。
J目の周囲などデリケートな部位を掻かせないために、例えば、肘関節周辺の衣類と腰周辺の衣類を大きな安全ピンなどでとめてしまうこと。手は固定されず、自由に動くけど、顔まで届かない位置が理想。これは赤ちゃんには有効だとは思います。
K夜や昼寝時、痒みがひどい場合は、ミトンをすること
L痒みの強い部分はチュビファースト(包帯型)を検討してもよいかもしれません。
M香辛料など痒みを増進させる食事、アレルギーがある場合はアレルゲンとなる食品および加工品を避けることも重要。リノール酸などの油脂類を多く摂取しないこと。授乳中の場合は、母親も避けることになります。
N環境要因が痒みの原因となっていることもあるので、環境整備をすること
O髪の毛が首筋に当たらないようにすること。特に夏場は汗などと重なり、ちくちくしたり、痒みを増大させる原因となります。
P肌にやさしい、刺激の少ない衣類にすること
Q痒みがひどい場合は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの利用も検討すること(医師処方)


<参考>
◇スキンケア・痒み対策の実践(詳細)編はこちら
◇スキンケア用品・寝具など取扱いショップリストはこちら


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407