アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

食事療法(除去食療法)

食物アレルギーの治療法の1つである食事療法(除去食療法)は、食物アレルギーにおける原因療法です。原因療法とは、アレルギー症状の原因となる因子を明らかにして、それらを生活環境からなるべく取り除く努力をすることでです。この原因をうまく取り除いてあげることにより、体内から健康な状態にもっていくことであり、治療法としてはもっとも重要だと考えています。
1.除去食療法
血液検査もしくは皮膚検査により明らかになった食物アレルゲン、もしくは検査では陰性であるが、実際に口にしたときに症状が出る素材に対しては、除去をすることが基本となります。除去食を行う上で、子どもの年齢、医師や栄養士の治療方針、または治療を実践する母親の性格や考え方によって、数種類の方法があります。また、除去を行う際、患児本人のみならず、授乳中の母親や家族(症状が重い場合)も除去食を行う必要性のある場合があります。

@完全除去(厳格除去)法・代替食品の利用
原因となる素材のみならず、それを含んだ二次食品(つなぎなどに使用した手作りや半調理品)や三次食品(市販・惣菜などの加工品や外食など)、また卵なら産みの親である鶏、牛乳なら牛肉までを含めて除去する方法です。なぜ肉類までと思われるかもしれませんが、検査では陰性でも、意外と大元を食べることで、症状が悪化したり、悪化はしないまでも改善に要する期間が長引く原因となっていることが多いからです(理由:ごく微量の共通抗原を含まれているため)。この場合、除去する品数が増えますので、単なる除去ではなく、代わりに栄養摂取ができる食品もしくは代替食品を積極的に模索することが重要となります。代替栄養をとらない除去食療法はおすすめしません。

一般的に、この方法は重篤の体質の方や症状が重い場合のみで良いのではと考えられがちですが、低月齢でアレルギーが判明した場合、例え、軽度の症状でも、この方法を選択することにより、症状の改善に要する期間が短くなったり、割と短期間の除去で除去解除の道にたどりついたり、今後の新たなアレルゲンの発生・アレルギーマーチの予防には効果的だそうです。特に、離乳期の乳児には、早期耐性獲得(自然寛界)を目指す上でも重要であると考えられています。

A不完全(部分)除去法(低アレルゲン化食品利用も含む)
症状が軽度の場合、アレルゲンとなる素材そのもののみを除去し、少量(つなぎ程度)含んだ二次食品・三次食品なら食べてもOKとする方法です。しかし、微量とはいえ、アレルゲンが体内に流入することは事実ですから、頻回・多量摂取を避けた回転法(こちらを参照)で摂取することをおすすめします。この方法は、上記@と異なり、母親の調理の負担や精神的ストレスが幾分か軽減されるので、多くの医療機関ですすめられる方法です。また、月齢の高いお子さんの除去では、乳児期と異なり、精神的ストレスが関与してくることも多いので、重い症状でない場合、こちらの選択をする場合が多いようです(特に、入園・入学後)。

上記で書いた厳格除去法のように、アレルゲンとなる食品を完全に除去できる場合は問題がないのですが、ミルク(ミルク育児の場合)や穀類などのように完全に除去をすることが難しい場合もあります。この場合は、低アレルゲン化した食品(ミルクを含む)を利用することになります。例えば、ミルクなら、アレルギー対応ミルク(参考)、米なら酵素処理・高圧処理を施したご飯(ケアライス、Aカットごはん)などです。

B抗アレルギー薬の服用をしながら、除去を行う方法
抗アレルギー薬である、インタール(食前に服用し、食物摂取によるアレルゲンの腸透過性の亢進を抑制&血中への移行の阻止)またはザジデンなど(食後に服用し、アレルギー症状の発症を予防)の単独もしくは複数の服薬を行いながら、アレルゲンとなる食品の除去を行う方法です。この方法は上記@、Aのどちらの除去法においてもよく利用されます。

まず、アレルゲン数が複数にわたる場合、完全除去が困難になる場合があります。また、アレルゲンの数が少なくても、母親の調理手間や精神的ストレスを軽減させたり、子供の精神的ストレス(入園・入学後の給食、友人とのお付き合いでのおやつなど)を軽減させることが目的で行われる場合があります。もちろん、完全除去をしている場合も含めて、抗アレルギー薬を長期服用することで、将来のアレルギーマーチ(喘息・アレルギー性鼻炎など)への移行を予防する目的で処方される場合も多いです。ただし、抗アレルギー薬を服用しながらも、できる範囲内でのアレルゲン除去は必要とされます。しかし、抗アレルギー薬の服用により、加熱をしっかりとしたアレルゲンとなる食物、もしくはアレルゲンを少量含む加工食品なら食べられることも多くなるので、この方法を選択する医師、母親が多いのも事実です。

<娘の治療:厳格除去法を選択した理由>
◇栄養士の先生の指導方針ではありますが、アレルゲンとなる素材そのものを食べなくても、たとえば、部分除去法では、微量ながらもアレルゲンが体内に入るわけですから、症状の改善を長引かせたり、ひどいときは悪化の原因となる可能性が高いからです。そのため、除去解除への道のりが長くなるそうです(RAST値の低下もしくは陰性化しづらい、皮膚検査で陰性になりにくいなど)。
◇二次食品または加工品(三次食品)には、アレルゲン以外の素材、または調味料や食品添加物など様々なものが含まれています。そのため、症状の改善が長引くときや改善傾向が認められないとき、アレルゲンとなる素材そのものが原因なのか、または他の素材、調味料や食品添加物などとの組み合わせが原因なのか、もしくはアレルゲンとなる素材が原因ではなく、他の素材、調味料や食品添加物などが主な原因であるのか判断しづらくからだそうです。特に、食品添加物などに症状が起こしやすい場合、添加物などの種類が多すぎて、検査により特定しづらいのが現実問題です(主なものはできるかもしれませんが…)。
◇不完全除去法を指示もしくは選択させる場合は、次のアレルゲンが出たら、そのときに新たに除去をすれば良いという考え方らしいのです。つまり、将来的な予防法というより、現時点でのある程度の予防と負担の軽減化を目的としたものだからです。アレルゲンとなるものによっては、年齢が上がると、子ども自身がその味を覚えてしまい、代替食品の使用ができなくて、除去が困難になったり、1歳を過ぎてくると環境アレルゲンなども加わる可能性が高いので、除去食だけでは対応できなくなる場合が多いので(対症療法への道となる)、アレルゲンとわかった時点から、しっかりと除去をし、体の内面から耐性がついてきた頃に除去解除の方向にもっていくことをすすめられたからです(早期発見・早期寛界を目指して…)。
◇低月齢時に厳格除去をすることで、将来のアレルギーマーチの予防をするため。

<参考>
◇除去食療法のメリット・デメリット・注意点については、こちらを参照
◇除去する食品・代替食品については、こちらを参照
◇除去食を長続きさせる秘訣については、こちらを参照<


2.除去食の効果と除去解除
上記にも書いたように、アレルゲンとなるもの、その可能性が高いものは除去をすることが最も重要です。また、除去中には、その食物にかわるもので栄養摂取(例えば牛乳のカルシウムなら、小魚・緑黄色野菜・海藻類などを積極的にとるなど)を考えるとか、代替品の模索(牛肉・鶏肉なら、兎肉・鹿肉・馬肉など、調味料(大豆からできた醤油や味噌など)なら雑穀からできたものなど)をうまく活用することが大切です。その上で、体重・身長増加に配慮しながら、最低でも半年から1年間(症状の程度により、2−3年間)をめどに除去します。除去解除の目安は、血液検査のスコアが低下または陰性化、もしくは皮膚検査で陰性であるか、HRT法でのスコアが低下もしくは陰性化すること、症状が落ち着いていることなどから判断することになると思いますが、医師との相談が必ず必要です。

一般的に、除去効果はすぐには現れないので(除去をはじめるまでの期間のアレルゲンの体内への蓄積の排泄や皮膚症状などの改善は、数日では無理)、数週間〜数ヶ月経過して(少なくとも3−4ヶ月かかることは珍しくありません)現れることが多いので、長い目で取り組む必要があります。この場合、なるべく二次食品・三次食品までを含めた完全除去法が、症状の改善の判断がしやすくなると思います。除去中は、アレルギー検査(血液検査や皮膚検査、HRT法)を約3−6ヶ月ごとに行い、検査値の改善もしくは症状の改善などが認められたら、次に経口負荷試験を行います(週に1−2回から開始)。喘息、蕁麻疹、アナフィラキシーなど明らかなT型のアレルギーと考えられる症状や遅発・遅延型反応が認められなければ、徐々に食べる量を増やしていくことになります(最初は週に2回を限度とする)。この詳細に関しては、除去解除の方法を参照して下さい。 

除去解除後は安心してすぐに通常の食生活に戻ると、食物アレルギーの再発の危険性が高くなります。そのため、除去解除後も、長期間の経過観察と食生活の管理が必要となります。その経過観察中に、食べる量を徐々に増やす、食べられる最大量を検討する、卵や牛乳・乳製品などはほとんどの加工品に使用されているといっても過言ではないので、どの程度コンスタントに毎日食べられるかなどを検討します。また、季節変化がアレルギー症状の発現に大きく関与しています(冬の乾燥時期など症状が悪化しやすい時期、カビが浮遊しやすい梅雨から夏の時期、または花粉の飛ぶ時期など)。その時期にアレルゲンとなる食物を食べても、症状に変化がないかを検討していくことも必要とされます。これには除去解除後、最低でも約1−2年くらいの期間を必要とします。


3.除去食に関する疑問
@除去食の効果が出るのはいつ頃?
多くの方は除去をはじめると、すぐに効果が現れることを期待しますが、顕著な効果が出るためには、個人差がありますが、早くても1ヶ月、一般的には最低2−3か月はかかります。その数ヶ月の間には、症状が改善をしたと思ったら、悪化をしたり、また改善して、悪化して…という状態を繰り返します。しかし、最初は改善期間と悪化期間が同じくらいだったのにも関わらず、徐々に改善している期間の方が長くなることで、悪化している期間が短くなり、最終的には、改善している状態が続くようになります。ただ、改善したからといって、悪化しないわけではありません。アレルゲンに接触をしたり、体調の具合、天候や気圧など環境因子によっても、大きく左右される場合が多いので、普段の除去食に配慮するのみならず、環境整備やスキンケアなどを怠らずにする必要があります。

A除去を開始したのに、症状が悪化したり、スコアが上昇するのはなぜ?
除去を開始すると、症状が改善するものと考えがちです。しかし、症状が少し改善をしたかなと思ったら、すぐに悪化する症例が多く多く見受けられます。これには次の可能性が考えられます。
<過敏状態である場合>
除去食を開始して数週間後に、今まで大丈夫だった食品ですら、食べると症状が出る場合があります。これは除去を開始したことで、それまでに働いていたアレルギー抑制機能が働かなくなったからだそうです。そして、これが本来の過敏状態を示しているとされています。しかし、さらに、除去食を継続させることにより、アレルゲン摂取で障害を受けていた腸などの組織のダメージが取り除かれ、正常な機能を果すようになります。

乳幼児では、月齢とともに免疫機能が徐々に整ってきますので、アレルギー反応を自ら抑えることができるようになります。つまり、乳幼児では、ある一定期間はこの除去食を続けることで、アレルゲンの消化能力の上昇や免疫反応の成熟を待ち、自然寛界を目指すのです。ただ、上記で書いたように、除去開始により、過敏状態となることが多いため、食物アレルゲンの血液検査におけるRAST値は数ヶ月間上昇する場合が多いようです。しかし、1歳前後を頂点として低下する傾向が見られます。もちろん、これには個人差がありますが、長くても2歳前後を境に徐々に低下する傾向が多いようです。ただし、低月齢からの除去ではなく、乳幼児での途中からの除去の場合は、この過敏性が強い症状として現れることがあります。これは今まで食べ続けたことにより、常に何らかの症状が出続けている状態で、著名な反応として現れていませんでしたが、除去することにより、その常に反応している状態ではなくなりアレルギー反応が顕著になるから出そうです。ただし、スコアの上昇に関しては、上記で書いた以外に、接触・吸入などによるアレルゲンの体内流入もしくは環境因子などの影響によっても上昇することの方が多いので、ご注意下さい。 

<皮膚再生過程(噴出し現象)である場合>
除去開始後、症状が改善したと思ったら、以前より悪化する現象は一種の反跳現象であり、あたかも、これまでたまっていた毒素がいっせいに噴出した状態になるので、「噴出し現象」と呼ばれ、「皮膚の再生現象のはじまり」でもあるという捉え方です。一時的に改善した症状が汁を伴うような皮膚炎(悪い状態)が再燃し、約1−2週間の嵐が来たような状態になり、その嵐が通り過ぎると、皮膚が次第に乾燥し、ほとぼりが冷めて、最後に皮膚が剥げ落ちて、健康な皮膚が再現することだそうです。この噴出し現象は年齢により異なるそうで、乳幼児では3−4日、学童では約1週間、成人では約2週間だそうで、健康な成人における皮膚の再生が約28日なので、病的な皮膚の再生には2倍以上の早さで改善が進むそうです。これを考慮すると、乳幼児は成人の4倍くらいの改善速度をもち、全身型の重症例でも約半年くらいで改善してくるようです。また、この噴出し現象は回数を重ねるにつれ、憎悪する程度が軽減し、剥げ落ちる皮膚の量も減り…という改善・憎悪の状態を繰り返しながら改善していくのだそうです。ただ、この現象は除去食をはじめた人すべてに起こるわけでもないらしく、完全除去の場合がほとんどで、不完全除去では現われないことの方が多いようです。


<参考>
上田伸男編、食物アレルギーがわかる本、p156−160、1999
永田良隆ら著、アレルギーの人の食事、p97、1990
(これらの本の感想はおすすめ内(上田永田)にあります)


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407