アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

大豆アレルギーで除去する食品と代替食品

このサイトにおけるアレルギー治療の1つは、食事療法(除去食・回転食)を基本としていますが、「該当食品を単に除去するだけの、除去食療法」はおすすめしておりませんし、栄養学的にも、精神的にも良くないと思っています。そのため、それに代わる代替食品の使用をおすすめしており、食生活の楽しさを見失わず、栄養的にも、アレルゲンとなる食材ではなく、他の食材から補うことができるような、「素材選び」をモットーとしております。

初めての方は、代替食品の選択に戸惑うかもしれませんが、りんくで紹介しているショップでも購入可能です。


<除去する食品とその代替食品>
除去の程度は症状や医師の指示により異なると思いますが、重篤な症状が出る場合は、製造ライン上の微量混入まで注意をする必要性があります。あとは、下記の注意事項を参考にして下さい。

. 除去する食品 代替食品
1.そのもの・豆類 ◇大豆、枝豆、もやしなど
◇小豆、インゲン、グリーンピース、サヤエンドウ、落花生(ピーナッツ)、ソラマメ、とら豆、黒豆、緑豆、金時豆、茶花豆、おたふく豆、うずら豆など
◇大豆乳:ボンラクト
◇同じ豆類では、共通抗原があるため、小麦製品(麩など)、魚介類・肉類、海藻類、野菜類などを利用
2.調理・菓子・
2次もしくは3次食品
◇豆腐、焼豆腐、高野豆腐、凍り豆腐、豆乳、湯葉、納豆、おから、黄粉、油揚げ、厚揚げ、がんもどきなど
◇市販の和総菜全般(大豆醤油を用いているため):煮物・煮魚、タレ付焼き鳥、お寿司、佃煮、漬物など
◇味付け海苔、くん製やみりん干し、ふりかけなど
◇せんべいなど大豆醤油で味付けしたもの
◇ほとんどの缶詰、魚のオイル漬け缶詰(ツナ等)
◇餡・黄粉などを用いた和菓子(饅頭、おはぎ、餡蜜、みつまめ、羊羹、あんみつなど)
◇ココア、コーヒー、コーラなど
◇惣菜:ミートボール、コロッケ、フライドチキンなど
◇ピーナッツバター、チョコレート、ピーナッツ入りお菓子など
◇大豆油が混入をした油で揚げたスナック菓子(ポテトチップ、えびせん、揚げせんなど)
◇多くのベビーフード、インスタント食品など
◇オイルコーティングのドライフルーツ(レーズンなど)、輸入ナッツ類(ピーナッツ、アーモンド、松の実、カシュナッツなど)
◇豆類同士では共通抗原があるため、小麦製品(麩など)、魚介類・肉類、海藻類、野菜類などを利用
◇大豆不使用のアレルギー対応食品の利用または手作り
◇缶詰はノンオイル製品で、水煮(ツナなど)、ドライフルーツもノンオイルにすること
◇黄粉の代用には、キヌア焙煎粉が利用できます。また、チョコの代用にはキャロブを用いる場合が多いです。
3.調味料 ◇味噌、醤油、ソース類
◇大豆油:市販のサラダ油、コーン油、ごま油、ベニバナ油、菜種油
◇マヨネーズ、マーガリン、ショートニングなど油を用いた調味料など(大豆油混入のため)
◇和風ドレッシング(大豆醤油をの使用)など
味噌や醤油は雑穀や米などから作られたものがあります
◇亜麻の実油、オリーブオイル(海外製)など大豆油の混入していない商品(大豆油を含む商品と同じ製造ラインで作っていないもの)の使用
◇国産の油のほとんどに、約5ppm以内の大豆油が含まれているそうです。これは表示義務外で、抗酸化剤のことだそうです。
4.微量混入など ◇大豆系調味料や大豆油を含むと考えられる油脂類を用いた商品と同一製造ラインのもの
◇大豆油が混入している、もしくは混入の可能性があるもの:天ぷら油・ベニバナ油、米油、ベニバナ油、コーン油、菜種油、サフラワー(ひまわり)など
◇味付け海苔、出し昆布、春巻きの皮、肉まん、餃子など
◇冷凍野菜、カット野菜はほぐれやすくするために、オイルを使用
◇表示には充分に注意をすること
◇製造ラインについては、すべて表示があるとは限りませんので、重篤な症状が出る場合は直接製造会社に問い合わせること


<注意を要する食品表示>
アレルギーに関する表示は判断が難しいことがあります。詳細については、厚生労働省のアレルギー物質を含む食品に関する表示を参考にして下さい。また、惣菜や対面販売では記載をしていないものもありますので、不安な場合は必ず尋ねるようにして下さい。

タンパク加水分解物 植物性由来のもの(大豆・小麦・トウモロコシなどが使用されているため)
粉末状(植物性)タンパク 植物性由来のもの(大豆タンパク・小麦グルテンなどが使用されているため)
レシチン(乳化剤) 卵黄または大豆レシチン(大豆油)、小麦など


<注意事項>
1.軽度で除去を指示されない場合
◇調味料は長期熟成タイプのものを利用すると良いと思います。アレルゲンとなるタンパクがかなり分解されています。通常の市販品は化学的に発酵を早めているので、抗原性が高くなります
◇豆類なら、繊維質が多い茶花豆、金時豆など大き目の豆なら食べられる場合があります
◇食べて症状が出た場合には、必ず除去をすること

2.その他
◇鍋やフライパンには、以前使用した油や調味料がしみこんでいるので、新規購入をする必要性があります(100円ショップで充分)。


卵アレルギーで除去する食品と代替食品
牛乳アレルギーで除去する食品と代替食品
小麦アレルギーで除去する食品と代替食品
米アレルギーで除去する食品と代替食品
アレルギー対応レシピ集


<参考文献>
◇上田伸男編、食物アレルギーがわかる本、p156−160、1999
◇馬場 實、中川武正編、食物アレルギーの手びき改訂第2版、p99−129、2003
◇佐守友仁、アトピー増やしていこう「食べてもいいもの」、p76−81、1999
(これらの本の感想は、おすすめ内(上田・馬場ら佐守)にあります)


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407