アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

離乳の進め方(離乳完了期→幼児食)

<離乳完了の基準>
離乳完了とみなせる時期は個人差がでますが、お子さんの症状や食欲・進行具合に応じて考えると良いと思います。また、幼児食といっても、最初のうちは離乳完了期とほぼ変わりませんので、あくまでも目安程度に考えれば良いと思います。参考までに、完了の基準を示します。

◇3食をきちんと食べることができること
◇食べられる素材の種類が増えること
◇食べることのできる量が増えてくること

上記を満たしていれば、離乳完了だそうです。これは素材の大きさや硬さは関係ありません。歯の生える時期も異なりますし、今後お子さんの成長・発達にあわせて、徐々に大きいものや硬いものを食べることができていくのであれば問題ありません。味付けは基本的に離乳期と同様、薄味が基本であり、糖分・脂肪分のとりすぎには要注意です。また、この頃には好き嫌いも出てくると思います。口触りや味などの好みもありますが、その素材が体質にあわないため、体が本能的に拒否をしている場合もありますので、嫌がる素材を無理に与えることはやめましょう。

<幼児食>
幼児食に移行しても、食生活の基本は離乳期と同様です。和食中心、特にタンパク源の回転を忘れないこと、アレルゲンとなりやすい素材の頻回摂取は避けることなどが基本となります。また、お子さんの症状が落ち着いた頃、もしくは2−3歳頃で消化機能が発達をしてきた頃を見計らって、医師からアレルゲンの除去解除の指示が出るようになると思います。それらに関しては、必ず医師の指示を受け、除去解除の時期や方法を決めて下さい。ただ、除去解除の指示しかされていない方のためには、こちらを参考にして下さい。アレルギー予防の方は、体調の良い日を選んで、徐々にいろんなものを与えていって下さい。ただし、特定のタンパク源などを食べ過ぎない、連続させないという基本をなるべく心がけて下さい。下記に、幼児食のポイントを書きます。

1.穀類
<米>
アレルギー予防の方もしく穀類アレルギーがない方で症状が落ち着いているならば、低アレルゲン米や雑穀などの回転生活から、白米を中心とした生活に徐々に移行してもかまわないと思います。もちろん、予防的に回転を続けてもかまいません。雑穀が食べられるのであれば、雑穀との回転、もしくは白米に約1割ほど混ぜることで栄養補給(ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富)をすると良いと思います。また、雑穀麺を用いたり、雑穀を用いた手作りの蒸しパンやホットケーキなどを回転に入れても良いと思います。

<小麦>
アレルギー予防の観点から、なるべく毎日多量摂取にならないように配慮をします。小麦はなるべく国産のものを使用することをおすすめします(参考)。子供はパンや麺類を好みますが、毎回小麦を原料としたものではなく、上記で書いたように、雑穀を用いた蒸しパンや麺類などとの回転をおすすめします。米アレルギーがなければ、米を用いた乾麺や米粉を利用してもかまいません。腹持ちが良いので、おやつの必要回数が少なくなります。また、小麦は多くの食品のつなぎにも使われます。大豆醤油など調味料にも小麦は含まれています。小麦をある程度食べさせても大丈夫という確信が得られたなら、毎日でも構わないと思います。しかし、1週間トータルで見て、とりすぎないことを心がけます。今日は多く食べたなと思ったら、翌日は魚のソテーなどのつなぎ程度にとどめるようにすれば良いと思いますし、お酒のように休肝日ならぬ、小麦休養日を作っても良いかもしれません。

<そば>
そばは和食でもよく出てきますが、甲殻類やナッツ類などと同様、重篤な症状を誘発するアレルゲンです。そのため、アレルギーがまったくないのであれば、消化能力が大人並に近づくとされる3〜4歳頃まで、またアレルギーがあるのであれば、入学頃まではなるべく与えなくても良いと思います。大人になってからの発症例も多く、また一度発症すると、大人まで(一生の場合もある)引きずりやすい食品ですので、ご注意下さい。

2.肉類・魚介類・豆類および加工品
同じ素材でも、週に2日まで食べることができるようになりますが、なるべく中2日はあけた方が良いと思います。例えば、事情により連日摂取になった場合は、次回の利用を1週間後にするなど、適宜工夫すると良いと思います。また、牛肉や豚肉が食べられるようになります。牛乳アレルギーがある場合、牛乳の除去解除がはじまる前に牛肉の解除をはじめてもかまわないと思います(牛肉にも共通抗原が含まれるため)。いずれも、肉の部位を比較したときに、抗原性が低い「もも肉」のスープ1さじからはじめると良いそうです。詳細は鶏肉の除去解除法に従って下さい。また、豆類は枝豆、大豆など抗原性が高い豆類を徐々に取り入れていきます。また、大豆油の多い厚揚げや油揚げなどは、症状が出やすくなりますので、必ず湯通しをして、油抜きを忘れないようにして下さい。魚なども「医師の指示に従うもの」もトライできますが、大人からでもアレルギーになりやすいエビ・カニなどは消化能力が大人並に近づくとされる3〜4歳以降に、充分に加熱をして、ごく少量からはじめて下さい。重篤な症状が出る可能性が高い食品です。また、ご家庭内および親族に甲殻類のアレルギーの方がいるのであれば、入学頃まではなるべく与えない方が良いと思います。

3.野菜類・果物類・海藻類
<野菜類>
野菜の回転も理想的には3−5日ごとの回転ですが、食事量が増え、大人とほぼ同じ内容のメニューで食べるようになると、冷凍小分けストックでは間に合わなくなります。また、少人数家族だと、多数の野菜を常備することは保存場所やコスト的にも不可能です。その解消法の提案です。もちろん、厳密にやりたい方や保存場所など困らない方は、今まで通りの回転法で行って下さい。症状が落ち着いてきた場合には、仮性アレルゲンで症状が出やすいものやあくの強い野菜類に注意をするだけで、あとは各家庭に応じた方法でやられると良いと思います。

◇半分入れかえ法
1日に使用した半分の野菜は翌日にも使用し、半分を入れかえる方法です。具体例として、冬野菜4種類を用いた「5日回転法もどき」を示します。

半分入れかえ法
日目
食材例 白菜 白菜 チンゲン菜 チンゲン菜 キャベツ キャベツ 白菜
小松菜 小松菜 春菊 春菊 ほうれん草 ほうれん草 小松菜
大根 カブ カブ 長ネギ 長ネギ 大根 大根
カボチャ ブロッコリー ブロッコリー 人参 人参 カボチャ カボチャ

◇気軽なやり方(なんちゃって法)
生協などの宅配を利用されている方は、毎週届く野菜の種類が異なるように注文します。玉ねぎやイモ類などの常温常備野菜は除きます。その週はある程度同じ野菜が続くこともあるでしょうが、翌週は別の野菜となるので、週ごとの回転に近くなると思います。また、冷凍パックで購入できる野菜(里芋・モロヘイヤ・ほうれん草・小松菜など)や常温常備野菜は上手く回転をしながら、冷蔵野菜にくわえると良いと思います。

<果物類>
果物も一度に食べ過ぎないように注意をすると良いと思います。毎日与える必要はありません。果物には糖分が多いので、過剰摂取はイーストコネクションの原因となります。また、果物アレルギーも増えていますので、お子さんの症状や体質にあわせて、適宜摂取すると良いと思います。冬の時期は体を冷やしやすいので、なるべく午前中の摂取にするか、他の時間帯では充分に加熱をして食べるなど(ジャム・蒸しパンなどの材料として)の工夫をすると良いと思います。

<海藻類>
海藻類は食物繊維が豊富で、ミネラルが豊富です。アレルギー・アトピーっ子の腸内環境を整える素材の1つとして、栄養的にも便利な素材です。なるべく積極的に食卓にあがるように心がけると良いと思います。一般的に、抗原性の低いものが多いので、同じ素材が週に3−4日となってもかまわないそうです。もちろん、ワカメ、ひじき、昆布、海苔など種類がありますので、少しでも回転を心がけると良いと思います。

4.アレルゲンとなりやすい食品の摂取と除去解除に向けて…
<卵・卵製品>
固ゆで卵を用いて、卵黄、卵白を含む全卵の解除となります。週に2回ずつ与えながら、最終目標は1個食べられることです(入園・入学後の最大量)。その後、週に2回ずつコンスタントに食べるのですが、どの程度の量をコンスタントに食べても症状が出ないかを確認します(〜1個以内:無理に1個を与える必要はありません。お子さんの症状や体質に合わせて下さい)。これが終えると、二次食品に入る前段階となります。充分に加熱した固ゆで卵そのものでは症状が出ない場合でも、調味料を加えたり、調理法を変更したり、小麦などと混ぜることで症状が出る場合があるからです。一般的には、卵の含有量の少ない加工品から除去解除の指示が出る場合が多いのですが、万が一、症状が出た場合、卵そのものに出たのか、卵以外の素材や添加物に出たのかが判断できないためです。そのため、卵+油、卵+塩、卵+砂糖、卵+出汁と手間はかかりますが、ひとつひとつ調べます。それと同時に、蒸す、焼く、煮るなどと調理形態の違いによる症状への関与も検討します。ただし、加熱は充分にすることが重要です。それを確認後、大丈夫な調理形式と調味料を用いて、二次食品(つなぎなど料理として用いた食品)の除去解除に入ります。お好み焼き、ハンバーグ、茶碗蒸し、フライや天ぷら(ドーナッツなども含む)、パンケーキなど小麦や肉類・野菜類との組み合わせなども少しずつ食べられるか様子を見ていくことになります(最初は週に2回まで)。その後、ある程度卵が食べられるようになれば、魚卵やウズラ卵などを充分に加熱して、少しずつ与えてみると良いと思います。卵・卵製品の除去解除法はこちらを参考にして下さい。ただし、アレルギーのわかっている方は、医師の指示に従って、解除の時期・方法を決めて下さい。ここで書いたのは、あくまで、アレルギー予防としての進め方です。

<牛乳・乳製品>
ヨーグルトからはじめ、週に2回ずつ与えながら、最終的に1個を食べられること目標とします。続いて、牛乳となります。牛乳は週に2回、100mlずつ飲むことができるようになることを目標とします。その量がコンスタントに飲んでも症状がでないのであれば、入園・入学後の最大量とされる200mlを飲むことができるか確認をします。普段は1回に100mlを飲むことができれば充分です。牛乳を終えると、チーズ(スライスチーズが1枚)、生クリーム(約10g程度)が食べられるようになれば良いと思います。牛乳とチーズの順は逆になってもかまわないと思います。その後、週に2回ずつ、牛乳・乳製品をコンスタントに摂取し、症状がでないのであれば、二次食品(つなぎなど料理として用いたもの)の除去解除に入ります。この場合も、卵と同様、調理法、素材・調味料との組み合わせで症状が出ないかどうか確認をします。牛乳・乳製品の除去解除法はこちらを参考にして下さい。ただし、アレルギーのわかっている方は、医師の指示に従って、解除の時期・方法を決めて下さい。ここで書いたのは、あくまで、アレルギー予防としての進め方です。

<最終的に…>
卵や牛乳・乳製品は、素材そのものとしてのみならず、多くの食品のつなぎとして料理に用いられています。次の目標は卵・卵製品および牛乳・乳製品を同じ日にとっても大丈夫か(例えば、朝食にヨーグルト、昼食に卵など)、または同じ食事の中に利用しても大丈夫か(例えば、朝食に卵と牛乳など)を検討します。皿に、卵と牛乳・乳製品が同じ調理品の中に入っても大丈夫かということも確認する必要があります。また、子供の成長につれ、週に2回のみ口にするということは不可能に近くなってきます。特に、入園・入学後の給食、お友達の家に行く、自分で食品の購入をすることができるなど、親の関知しない場所で食べる機会が増えてくると思います。そのため、今後は食べることのできる回数を1週間単位で考えていくことになります。まず、週に2回食べていた時のトータル量を1週間に食べることができる最大量とみなします。ある日に多く食べたなと思えば、翌日はつなぎ程度にとどめたりするような工夫が必要となってきます。特に、給食で出る場合は、家庭では料理に用いないなど、ご家庭でのルールを作ると良いと思います。ここで重要なのは、1度(1日)にたくさん食べ過ぎないことを心がけ、成長に伴い、量を徐々に増やすことなどにもトライし、入園・入学後には他の子と同じ給食を一緒に食べられることを目標とします。とはいえ、「回転をしなくても良い」ということではありません。食べられるようになっても、食生活が大きく乱れたり、暴飲暴食をしては、もとの木阿弥です。そのため、あくまでもお子さんの症状や体調にあわせて、食生活の基本はお忘れなく! また、アレルギーのある場合、除去解除後も、体調や症状の程度などにより、少量しか食べられないこともあるかもしれませんが、少量しか食べられないことを悲観するのではなく、少量でも食べることができるようになった喜びを親子で見出せるといいですね。

<食品添加物・調味料>
食品添加物に関しては、なるべく摂取しないのが理想的です。しかし、除去解除項目が増えてくると、外食(レストランやファーストフード、スーパーの惣菜など)の利用回数が増えてくると思います。もちろん、毎日体内にとり入れることはよくありませんが、「ハレの日」と「ケの日」を決め、「ハレの日」のみ普段のご褒美代わりに、そういうものを利用することも可能だと思います。あくまで、お子さんに症状が出ないという条件付ですが… そのためには、自宅ではなるべく手抜きをせず、出汁は自分でとります。調味料はできるだけ良い素材で作られた砂糖、塩、トマトケチャップ、油脂類(マヨネーズなども含む)、香辛料(カレー粉・コショウなど)、醤油や味噌類など、お子さんの症状と体調にあわせて用い、普通の家庭の料理を家族みんなで楽しむことができることが理想的です。


離乳食の基礎知識アレルギー予防のポイント
離乳準備期離乳初期離乳中期離乳後期離乳完了期

<参考>
除去食対応&アレルギー予防用レシピ(離乳食・幼児食&母乳育児中の方用)
食物抗原強弱表(東京医大方式食物抗原強弱表)
◇娘の日々の離乳食〜幼児食の内容「進め方」&内容(育児日記)
 ただし、当時知識がほとんどなかったので、大目に見て下さいね。
◇息子の日々の離乳食の内容:「進め方」&「内容(育児日記)


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407