アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

*掲示板に寄せられたアナフィラキシー体験談*

「アレルギー体質をもつ以上は、誰でもなりうるアナフィラキシーであること、命に関わる事態に発展しかねないこと」を知ってもらうためにも、身近で起こった体験談を掲載したいと思います。アナフィラキシーについての詳細は、こちらを参考にして下さい。

<原因となるアレルゲン>
小児では牛乳(ミルクも含む)(体験談1・5・7・8・12)・卵(体験談3・5・10・11)・小麦(体験談3・5・10・11)、魚の順に、大人では小麦・アニサキス(魚の寄生虫)・蕎麦・卵・エビの順に件数が多いようです。これ以外にアメリカでは主なアレルゲンとなっているナッツ類もアナフィラキシーを起こしやすい食品です(体験談6)。もし、少しでもアナフィラキシーを疑ったなら、周囲の人を呼ぶ、お子さんから離れない、救急車をすぐに呼ぶなどを忘れずに!


<体験談7> Dさんの息子さん
◇アレルゲン:卵白2、IgE(240) (3ヶ月)
          卵白5・ミルク3・チーズ4、IgE272 (8ヶ月)
          卵白4・卵黄2・ミルク3・チーズ3・IgE199 (1歳7ヶ月)
◇発症原因:粉ミルク(7ヶ月)

私自身は何のアレルギーもありませんが(表面上)、主人はアレルギー性鼻炎・小児喘息・アトピー性皮膚炎です。主人の姉もかなりひどく、乳幼児期に牛乳を1さじ飲ませて、意識不明になったことがあるそうです。うちの子がアナフィラキシーを起こした後に、義母から聞きました。

産院では生後3日目までは、何回もミルクを足していました。3時間おきに母乳を飲ませるのですが、あげる前後の体重を測定し、規定量増えていなかったら、その分ミルクを作って飲ませるという方法です。幸い、生後3日目から母乳がかなり出るようになり、完全母乳となりました。しかし、生まれて最初に口にしたものはミルクです。午後9時に生まれて、私が初めて母乳を与えたのは、翌日の昼過ぎですから、それまでは完全ミルクでした。その時点で湿疹はありませんでしたし、うんちの状態は新生児特有の水っぽい、びしゃびしゃうんちでしたので、特に、ミルクが駄目だとは思いませんでした。しかし、他の新生児と比べ、うちの子はよく泣いているなという印象はありました。私は「授乳中、牛乳を1日400ml飲みましょう」という指示をうけ、飲んでいました。

生後3週間で、顔の湿疹がひどくなり、病院(小児科アレルギー科)にかかるようになりました。さすがに、小さすぎるため、乳児湿疹かアトピー性皮膚炎かわからないので、3ヶ月になったら、血液検査をすることになりました。当時は食物アレルギーの可能性は何も言われず、私も無知なため、食べ物に思い当たりませんでした。3ヶ月の時点での結果は上記の通りです。医師からは、私が卵を完全に除去するように指示され、それ以降、卵だけは完全除去してきました。その後、湿疹は多少軽快しましたが、まだありました。

7ヶ月の時です。うちの子は産まれてからずっと夜中30分〜1時間ごとに起きて大泣きをするので、私もかなり疲れている時期でした。友人から「母乳だとお腹がすいて泣くんじゃない? 寝る前にミルクを足したら?腹持ちが良いよ」と言われたのを鵜呑みにして、夜寝る前にミルクをあげてしまったのです。3ヶ月の検査で、ミルクに反応はありませんでしたし、産院では飲ませていたこともあったので、ミルクアレルギーだとは思っていませんでした。午後10時頃、寝させようと思い、部屋を真っ暗にして(明るくしていたら、もっと早く異常に気づいたはずですが)、普通の粉ミルクをなんと150mlもあげてしまったのです! ごくごくと全部飲んで、さあ、抱っこのままで寝かせようとしたら、突然号泣をはじめました!!! 飲み終えた直後からです。部屋が暗いので表情が見えず、最初は単に寝ぐずりだと思いました。しかし、あまりの激しさに、何かおかしいと気づき、電気をつけてみました。すると、まず、顔中が紫色に腫れあがり、目も開かない状態です。耳は2倍ぐらいに腫れあがり、ぶよぶよになっていました。体も全身真っ赤で、ボコボコボコボコと大きな塊のような湿疹が浮かび上がり、足首も倍くらいにバンバンに腫れていました。象の足のようでした。大泣きをして、息もたまにとまりそうになりました。

すぐに夜間救急で、小児科のアレルギー科の医師がいるところを探し出し、向かいました。子供は大泣きを続けていました。家を出る前に、少しだけ嘔吐しました。病院に着いたのは午後11時過ぎでしたが、案の定かなり待たされました。今思えば、救急車で行くべきでした。それまではずっと号泣していましたが、突然大量のうんちを3−4回しました(下痢)。今までにないくらいの大量です。その後、すーと寝入り、湿疹もひきはじめました。私はこのうんちで悪いものをすべて出したので、最悪の事態は免れたのではないかと思っています(素人判断)。

医師に診察をしていただけたのは、午前0時過ぎでした。その時点では、体中のボコボコ湿疹と顔の腫れがなくなり、耳が多少腫れていて、足首も少し腫れているかな?という程度まで改善していました。医師も「原因はわからない」とのことで、症状が改善していることもあり、とりあえずザジテンシロップを1日分処方されたのみでした。その後、かかりつけの病院で検査をうけたら、上記の結果でした。それ以降、私が卵(鶏肉を含む)、牛乳・乳製品(牛肉を含む)、念のため、大豆と小麦も週に1回程度にとどめたところ、子供の湿疹はみるみるなくなり、今ではつるぴかのお肌になりました。現在は乾燥時期のため、多少かさついていはいますが…(1月)

上記のように、私のせいで大変なことになってしまいました。恥ずかしい限りですが、ここに公表させていただきました。今でも、「あの時、もし」と思うと、恐ろしいです。普通に考えても、初めてではないにしろ(生後2日間は飲んでいた)、突然粉ミルクを150mlもあげたら駄目ですよね… しかも、夜になんて… 反省と後悔することしきりです。


<体験談8> Eさんの息子さん
◇アレルゲン:牛乳4・カゼイン4・卵白0・小麦1・米1・大豆4 (以上、HRT検査結果)
◇発症の原因:ミルク(3ヶ月)、卵・乳・麦入り蒸しパン(1歳1ヶ月)

1度目は3ヶ月のとき、生まれた時に与えていた粉ミルクを何も考えずに久しぶりに飲ませて、アナフィラキシーを起こしました。この時点では、まだ、アレルギーのことを知りませんでした。

2度目は最近です。私は週に3日非常勤で働いているので、月に8日ほど、一時保育をしていただいた園での誤食が原因です。アレルギーについてお話をしていたにもかかわらず、他の園児と同様に、蒸しパンを食べてしまったために起こりました。息子の場合、お弁当・おやつを持参しています。そのときは、担当の先生がトイレのため、席をはずしました。その間に、おやつの準備が行われました。パートで不慣れな先生が息子のアレルギーを知らずに、蒸しパンを与えてしまいました。帰宅40分前のできごとで、即連絡をいただきました。帰宅後、アナフィラキシーがはじまりました。嘔吐し、全身に発疹が広がりました。食べた量が少量だったことと、吐き出せたので、点滴で落ち着きました。

その後、給食やおやつの時間、長いすに6人掛けの2テーブルで食べているのですが、うちの子は2−3m教室の隅で、飲食するようになりました。園でアナフィラキシーを起こしたので、注意をしていただいています。その場を目にしたとき、複雑な気持ちでしたが、皆とは同じにはいかない子なんだと実感しました。


<体験談9> Fさんご本人
◇アレルゲン:小麦(擬陽性)・オボムコイド(擬陽性)・花粉(ブタクサなど)
◇発症原因:食物依存性運動誘発性アナフィラキシー
        (小麦もしくはオボムコイド(推測)の摂取と運動&花粉の時期)

発症した日は、2000年11月中旬くらいのことでした。あまり天気が良くなく、確か曇りで、少し肌寒かったように覚えています。主人を送り出してから、1人で朝食(ご飯・アジの干物・納豆・お味噌汁(具は覚えていません))をとった30分後くらいに、ランニングに出かけました。距離にして、約3キロくらいの道のりを、初日ということもあり、ゆっくり目に走りはじめました。最初は何事もなく走っていたのですが、折り返し地点に着いた頃から、様子が少しおかしくなってきました。時間にして、約15分くらい経過していました。

まず、はじめに喉の奥が強烈に痒く、花粉症の時の感じをマックスにした状態になりました。それと同時に、瞼が痒くなってきました。「あれっ?」と思いましたが、「たぶん、ブタクサの花粉かな? そのうちに治まるだろう」などと軽く考えながら、そのまま進んでいきました。ところが、治まるどころか、喉はひたすら痒く、瞼も次第に痒みを増していくので、ごしごしと手でこすりはじめてしまうほどでした。こすった瞼はだんだん腫れあがり、同時に、お尻、太ももの内側、二の腕など体中が痒くなり、そのうち至るところ、浮腫ででこぼことなりました。その頃から、息は苦しくなり、心臓はどっきどきしていました。さらに、目がかすみ、徐々に視野が狭くなっていきました。

その当時、5ヶ月だった娘が家で寝ていましたので、「とにかくたどりつかなくては…」との思いから、家路を急ぎました。もちろん、こうなると走るどころではなく、歩くのがやっとで、息は絶え絶え、しかも意識も朦朧としていきました。早朝だったということもあり、唯一すれ違ったおじさんは、たぶん私の顔がバンバンだったのでしょう、化け物を見るような目で声もかけてくれませんでした。助けて欲しかったのに… そんな症状が続きながら、なんとか家にたどり着き、救急車で搬送してもらいました。病院に到着後、点滴を打ってもらい、症状はおさまりました。ただ、その後5日間くらいは、顔はお岩さんのように、バンバンと腫れたままでした。これがそのとき体験した一部始終です。

もともと、ほんの少しアトピーがありました。当時は慣れない育児で疲れていたと思います。ただ、現在も症状の軽いものを発症しています(危機感がまったくなし?)。その後、だんだん症状は軽くなりましたが、今までに5回以上、同様の症状を経験しています。いずれも軽く、しばらくすると、治まる程度のものです。やはり、状況は9月から2月くらいの期間のみで、食事(ファミレスやファーストフードなどが多いかも)をとった後、スポーツ(サーフィン)をするなど、体を動かしたりするときです。ひどい時は、娘を抱っこして、しばらく歩いただけで、発症をしたこともありました。

点滴を受けた病院では、アレルゲンは特定した方が良いと言われたので、他の病院へ行ったのですが、あまり熱心に調べてくれず、よくわからないけど、ただ命に危険があるからと薬を処方してくれたのみでした。その後、下の子を妊娠中に、小麦などを口に下だけで、喉の痒みなどが出たので、別の某大学病院へ行きました。しかし、妊娠中で詳しく検査できないということ、検査は泊りがけで、何となくモルモットにされそうという自分勝手な考えと、症状が落ち着いてきたので、病院へは行かなくなってしまいました。

そんなこんなで、「食物依存性運動誘発性アナフィラキシー」ということにたどりついた現在でさえ、はっきりとしたアレルゲンはわかっていません。たぶん、小麦かオボムコイド(卵白に含まれるタンパクの1つ)が原因かなと推測しています。病院での検査結果は陽性ではなく、擬陽性です。

こちらのサイトに出会えた日も、実は少し症状が出たので、きちんと調べたいなとの思いからでした。今から考えると、本当にとても恐ろしいなと、少し大げさですが、生きていて良かったと思います。冗談抜きにして、あの時、意識がなくなり倒れていたら、死んでいたかも…と考えることもしばしば。


アナフィラキシーに戻る
体験談No.1に戻る
体験談No.2No.4&&体験談No.5体験談No.6へ進む


ご協力を頂いた方には、厚く御礼申し上げます。
今後も多くの方の参考のために、ご協力をいただけると、ありがたく思います。投稿はHNが他の方と重ならないことをご確認のうえ、掲示板にて随時受け付けておりますので、よろしくお願いします。


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407