アレルギー・アトピー

HOME TOP 掲示板過去ログ 母乳育児 レシピ集 ショップリスト

*掲示板に寄せられたアナフィラキシー体験談*

「アレルギー体質をもつ以上は、誰でもなりうるアナフィラキシーであること、命に関わる事態に発展しかねないこと」を知ってもらうためにも、身近で起こった体験談を掲載したいと思います。アナフィラキシーについての詳細は、こちらを参考にして下さい。

<原因となるアレルゲン>
小児では牛乳(ミルクも含む)(体験談1・5・7・8・12)・卵(体験談3・5・10・11)・小麦(体験談3・5・10・11)、魚の順に、大人では小麦・アニサキス(魚の寄生虫)・蕎麦・卵・エビの順に件数が多いようです。これ以外にアメリカでは主なアレルゲンとなっているナッツ類もアナフィラキシーを起こしやすい食品です(体験談6)。もし、少しでもアナフィラキシーを疑ったなら、周囲の人を呼ぶ、お子さんから離れない、救急車をすぐに呼ぶなどを忘れずに!


<体験談10> Gさんの息子さん2人
長男くん
◇アレルゲン:卵
◇発症原因:サラダについていたゆで卵
次男くん
◇アレルゲン:卵3・小麦3・大豆3・動物上皮4など
◇発症原因:パン(麦・大豆・卵入り)

◇◇◇ 長男くん ◇◇◇

私の子供は4歳と2歳で、とても元気な男の子ですが、生まれてすぐからの湿疹が出はじめて、その後、アトピーと診断されました。今では食物アレルギーも良くなり、除去食もほぼ解除になっています。2人とも生後半年過ぎに食べ物によるアレルギー反応を起こしました。次男は明らかなアナフィラキシーショックだったのですが、長男はショックとは言えないかもしれません。しかし、比較的強いアレルギー反応だったのでお話させて下さい。

長男がアトピーのかかりつけにしていた小児科の先生は、「低月齢の血液検査は正しい結果が出ないので、ごく少量を食べさせてみて、アレルギー反応が出たら、検査を検討しましょう」という方針の先生で、アレルギー反応を起こした時点では検査はしておらず、何にアレルギーがあるのかもわからない状況でした。

長男が生後6ヶ月を過ぎ、お粥などの離乳食をはじめていた頃、主人と子供の3人で、ちょっとした旅行に出かけ、帰宅する前に寄ったレストランでの出来事でした。サラダに盛り付けてあった、スライスのゆで卵。ドレッシングのかかっていない黄身の部分を選んで、耳掻き1さじ程の量を食べさせました。それは今回初めて食べさせる卵黄でした。旅行の思い出と無事に帰ってきたことで気を抜いていたのでしょう。食べさせた量をごくわずかにしたことは正しかったのかも知れないけれど、無謀でした。

食べた直後に子供がグズグズしはじめ、何でごまかしてもダメなほど、機嫌が悪くなりました。眠くなると、機嫌が悪くなる子だったので、時間も夜だったし、「お出かけの疲れで眠くなったのかな?」なんて普通に思っていました。すぐに帰宅するものの、機嫌は悪くなる一方で、早めにお風呂に入れて寝かせようと思って、服を脱がすと、お腹にポチポチと発疹がありましたが、その発疹はいつものアトピーの湿疹と区別が付かないほどのもので、何の疑いも持たずに、そのまま主人にお風呂に入れてもらいました。お風呂が大好きで、泣いても湯船につかると、泣きやんでしまう子でしたが、その時は何かいつもと様子が違い、ずっとギャーギャーと泣いて騒いでいたので、どうしたんだろうとは思いました。異常事態とまでは思わずにいたのですが、お風呂を出る頃にお風呂場に行くと、主人に「なんかおかしいよ」と言われて見たものは、体全体が真っ赤に腫れ上がった息子の姿でした。

そしてそのとき初めて「卵だ!!!」と気がつきました。お風呂から上がったのは、卵を食べて1時間後くらいだったでしょうか、間違いなく卵によるアレルギー反応でした。アレルギー反応が出たら、冷やさなくてはならないのに、よりによってお風呂に入れてしまった… 泣いて騒いでいる息子の体を急いで濡れタオルで、唇がブルブルするくらいまで無理矢理に冷やし続けました。しばらくすると、体の腫れはひき、赤みだけが残る程度にまで落ち着きましたが、「ショック症状でなく、肌に現れるアレルギー反応だけならば、慌てないで、様子を見て大丈夫」と先生に聞いていたので、ハラハラしながらも様子を見ることにしました。明日、病院で先生に見せようと思い、写真を2枚撮りました。



翌日にはじんましんも嘘のように落ち着いてしまいましたが、念のために、アトピーのかかりつけの小児科を受診しました。先生に撮った写真を見せると、「完全にアレルギー反応。黄身がだめでも、白身が大丈夫な子もいるけど、念のため、しばらく卵は除いてみましょう」と言われ、4歳まで除去をしていました。


◇◇◇ 次男くん ◇◇◇

次男も長男同様に生まれてすぐから湿疹が出はじめたので、当時、長男のアトピーのかかりつけにしていた皮膚科の先生にお世話になりました。その先生は、「この子の肌の状態や、お兄ちゃんがアレルギー・アトピーということからも、やはり、アレルギーの確率が高いし、肌の状態もいいとは言えないので、離乳食は2ヶ月遅らせて、生後7ヶ月過ぎからはじめましょう」という指示を受けていました。でも、やはり、検査は低月齢の血液検査は正しい結果が出ないことが多く、どうしても必要な時に実施しましょうと、アナフィラキシーを起こした時点ではアレルギーがあるのか?アレルゲンは何なのか?分からない状況でした。湿疹も長男よりはるかに軽く、アトピーの症状もひどくなかったので、次男はアトピーでも軽い方なんだとずっと思っていました。

次男が生後6ヶ月、長男が2歳半くらいのある朝でした。長男にバターロールのようなパンを持たせ、洗濯など朝の忙しい時間を過ごしていた私に、長男が「ママ、○○(次男の名前)、パン食べた」と言いました。なにげなく聞き過ごしていましたが、その後から、次男がなぜかグズグズと機嫌が悪く、母乳を飲ませようとしても嫌がるし、おむつも濡れてない。結局は、長男の時と同じで、ぐずった時は眠いのかと勘違い… 何度か寝かしつけようとするものの、ずっと泣いていました。なんで今日はこんなに機嫌が悪いんだろうと、なんとかあやしながら過ごしましたが、お昼近くにオムツを替えようとすると、太ももが変に赤い。洋服をめくりあげると、おなかも胸もまだらに赤く、腫れ上がり、ポチポチと米粒・大豆粒くらいの盛り上がった湿疹が出ている… アレルギー反応だ!! パン、あの時、ほんとに食べさせたんだ!

長男がこの時の次男と同じくらいの頃に、同じ様なじんましんを起こした経験から、食物アレルギーの反応だとすぐに分かりました。長男の時は夜だったから家で様子を見ましたが、今回は昼間だったので、「診せておこうかな」くらいの気持ちで、いつもの皮膚科へ行くことにしました。バックにおむつと保険証・診察券などを放り込み、次男が食べたであろうパンの袋も入れました。

体を温めると、かゆみが増すので、ウェアの袖だけを通し、体をバスタオルでくるむようにして、チャイルドシートに乗せました。次男はオムツ換えの時から、ずっと1番ひどく泣き叫んでいて、車で15分程の病院に着く頃には、次男は眠っていました。車から降ろす時に、寝ぼけたようにボーっとしていたので、「眠ったばっかりだもん、眠いよね〜」なんて話し掛けたのを覚えています。待合室では眠らずに起きていましたが、どこを見つめる訳でもなく、おとなしく抱っこされていました。何気に、次男の顔を見つめると、唇の色が悪く、青い色になっていました。手の爪も同様。寒いのかな? ウェアのボタンをいくつか閉め、バスタオルでしっかりくるんで抱っこをしました。

<診察室で>
「たくさんはあげないと思うので、食べた量は少しだと思いますが、上の子がパンを食べさせてしまったらしく、その時からずっと機嫌が悪く、泣いていて… なのに、今はボーっとしていて。おかしいですよね」と説明し、最後に「唇、青くないですか?」と告げました。次男の体を丹念に診ていた先生だったけれど、私のその言葉で表情が険しくなり、その先生は同じ病院内の小児科の先生を呼んできました。ベットに横になった次男は、いつもならクルッと寝返りをするはずなのに、手足一つ動かさずに、ボーっと私の顔や先生の顔を眺めていました。

2人の先生は心音や呼吸音を聴診器で聞いて、数人の看護婦さんは血圧や脈を測り、そして小さな指先には何かの数値を計る測定器が取り付けられました。バタバタとした診察室の雰囲気に驚いて、一緒に連れてきた長男が診察室の隅で泣いていました。小児科の先生が慌てたように、「急いで○○病院(近くの総合病院)に行って下さい。食物アレルギーのショック症状を起こしています。どこまで進行するか分からないから、急いでね。救急センターの方に連絡を入れておくから。今は、呼吸音も心音も問題はないけど、進行すると、呼吸困難になったり、死んじゃうこともあります」

<総合病院で>
長男の手を引き、紹介状を手に、総合病院の救急受付に急ぐ。すぐに点滴をということで、次男を血液検査の係りの人に預けるが、針がなかなか入らないらしく、大騒ぎ。点滴と同時に、アレルギー検査用に採血を行いました。先生は「大変でしたね。今日はお泊まりをして、様子を見ましょう」と。点滴をしている間は、ずっと抱っこでした。点滴が終わるまでの4時間、次男の小さな指先につけた脈拍?を測る測定器の数値が大きく変わる事があったら、すぐに声をかけて下さいと言われましたが、何事もなく、次男もずっと眠ったまま、長い長い4時間が過ぎました。何度か先生や看護婦さんが様子を見に来てくれるが、点滴が半分くらい終わったところで、顔色も戻り、肌の色も良くなって、点滴が終わると、先生に「状態も良よさそうなので、入院しなくて大丈夫」と言われて、帰宅しました。

パンに含まれていたのは、小麦・豆乳(大豆)・米。この中のどれかに強いアレルギーがあるだろうとのこと。検査結果が1週間ほどで出るので、それまでは離乳食を延期し、検査結果を見て、よく考えて、ゆっくり進めていきましょう、と言われる。次男に強いアレルギーがあったことよりも、朝ご飯を長男と一緒に食べてあげなかった事、2人の息子から目を離していたことにものすごく反省して、帰宅後に「はる、パン食べたね」と自分が弟にパンをあげたんだよと誇らしげに話していた長男に対して、私は怒ることはできませんでした。

<検査結果>
ショック状態を起こした時から1週間後、血液検査の結果が出ました。

結果は、
IgE 98.0
卵・小麦・大豆・動物上皮の4項目がクラス3以上で、陽性。

これらの数値はものすごく高い訳ではなく、この数値でショック状態を起こすとは思えない数値かもしれません。でも、数値が高くない子でも強いアレルギー反応を起こすこともあるそうです。次男が食べたと思われるパンには、「小麦・大豆・卵」が含まれていました。長男は自分が食べたいパンを次男にあげたのだから、そんなにたくさん食べさせなかっただろう、大きなパンでは飲み込むこともできないだろうから、次男が食べた量は、大きくても硬貨くらいだろうと先生方も思ってはいたものの、そんな少しの量で、あれ程の反応が出たということから、数値の値に関係なく、卵・小麦・大豆そのものと加工品の除去をするように指示されました。少量のアレルゲンを摂取しただけであの反応では、加工品まで除去しないと怖いということだった。正直、ものすごくショックでした。卵・小麦・大豆そのものの除去ならば、何とかなったかもしれないけれど、しょうゆや味噌などの調味料までも除去となると、我が家の食生活もガラリと変わってしまいそうで、何をどうすればいいのか迷いながら暮らしていました。

また、次男がパンを食べたのは遅くても朝の9時頃、正午にじんましんに気がつき、病院に付いたのは1時ごろだったと思います。食べて数分後に症状が出るタイプではなく、遅発型ではないかと思います。


アナフィラキシーに戻る
体験談No.1No.2No.3に戻る
体験談No.5体験談No.6に進む


ご協力を頂いた方には、厚く御礼申し上げます。
今後も多くの方の参考のために、ご協力をいただけると、ありがたく思います。投稿はHNが他の方と重ならないことをご確認のうえ、掲示板にて随時受け付けておりますので、よろしくお願いします。


Copyright(c)2005− おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407