母乳育児(赤ちゃんの成長と発育(体重増加)

1.母乳のみで育てているが、体重の増加が悪いと指摘された場合

◇体重増加のみが「赤ちゃんの健康の目安」ではないことを認識しましょう!
身長が先に伸びる赤ちゃんもいれば、体重が先に増える赤ちゃん、バランスよく大きくなる赤ちゃんがいると思いますが、一般的に、体重増加が「赤ちゃんの健康な成長の目安」のように考えられています。そのため、母子手帳に掲載されている発育曲線の標準内に入っていることが順調という考え方にとらわれがちになりますし、そのように指導を受けることも多いと思います。

でも、良く考えてみませんか? 周りを見回して下さい! 体格なんてばらばらでしょう。太っている人ややせている人、背の高い人や低い人などがいます。標準や普通の体格って、個人の価値観によることも多いと思います。赤ちゃんにも、このような個人差があっても不思議ではないはずなのに、成長が順調かどうかを容易に知る目安が欲しいために、どうしても枠にはめようという嫌いが生じるのです。

例えば、保健相談所やデパートなどの育児相談や小児科での○ヶ月検診で、「少し基準からはずれているけど、この赤ちゃんは元気だから大丈夫よ」と言いたい保健師、医師、看護師はたくさんいると思いますが、万が一、あとで何か問題があった場合に、文句を言われても責任が取れないので、枠(基準)にはめざるを得ないのが現状のようです。実際に後日、激しく文句を言いにくるお母さんもいるようです。

赤ちゃんのおしっこがきちんと出て(おむつをかえるごと:目安は最低1日6−8回)、普段と変わりなく、元気に遊んだり、泣いたり、笑ったりしている限りは、多少のずれがあっても大丈夫。ただし、体重が極端に減ったり、元気がなくなり、ぐったりしている時は、迷わずに受診をしてください。

参考までに、発育曲線ですが、母乳のみで育てている子を標準として作られているわけではありません。すべての赤ちゃんの統計です。ミルクのみや混合の赤ちゃんは母乳のみの赤ちゃんより、どうしても体重が増加しやすい傾向にあります。でも、指導する側は授乳方法による違いをほとんど考慮しないし、母乳育児に対する正しい理解がない場合もあるため、「体重の増えが悪いので、ミルクを足しなさい」とか、「母乳が出ていないんじゃないの?」と指導を受けてしまうばあいがあります。そのため、体重増加に悩み、その指示を受け入れて、ミルクを足すと、ますます母乳の出具合が悪くなるという悪循環に陥る場合もあります。

成長の過程は1通りではありません。10組の母子がいれば、10通りの母乳育児があるわけですし、ミルクや混合育児もあるわけです。枠にはまりすぎない育児を心がけてください。


◇なるべく体重計を購入・レンタルしないようにしましょう!
赤ちゃんの体重の増え方を気にしすぎて、授乳ごとに体重計に乗せることは、なるべくやめましょう。赤ちゃんは本当にお腹がすいてたくさん飲むこともあるし、単におっぱいをくわえたいだけで、あまり飲まないこともあります(自分達の食欲や食事量が1日の3食で異なるように…)。授乳ごとにはかると、「さっきは100mlも飲んだのに、今は20mlしか飲んでくれない。母乳が出ていないのかな?」などなど不安が募るばかりで、ママ自身の精神状態がもちません。そのため、なるべく体重計の購入やレンタルをせず、○ヶ月検診のときか、1ヶ月ごとにスーパーなどにあるベビーコーナーで、体重をはかることで充分だと思います。

赤ちゃんの体重の増え方は、個人差が大きく、様々です。これはもともとの出生体重が、2500g以下の赤ちゃんもいれば、4000g前後の赤ちゃんもいるわけですし、飲み具合や体重増加は、赤ちゃんの体質によっても異なります。特に、母乳オンリーで育てている赤ちゃんは、小柄な場合が多いのかもしれません。ミルクのみの場合は、割りとふっくらとして、大柄の子が多いように思います。これはミルクが哺乳瓶から楽に飲めることと、赤ちゃんは満腹になっても惰性的に口にしていることがあるからです。そのため、欲しい分(赤ちゃんが本当に必要とする量で、メーカーの規定量ではない)以上に飲んでいる可能性も否めません。そのため、ミルクオンリー・混合の赤ちゃんの方が、母乳のみの赤ちゃんよりも大きくなる傾向があります。もちろん、母乳の場合でも、あっさりとした食事を心がけていない場合は、糖分や脂肪分が多く含まれ、大きめの体格になる可能性があります。

1ヶ月検診までは、1日平均30−50gの体重増加といわれていますが、これは主にミルク育児の場合です。母乳育児または母乳をメインとした混合育児ではもっと少なく、1日平均15−20g程度増えていれば充分だと考えられています。特に、低月齢の赤ちゃんの多くは、1ヶ月あれば体重が増えていると思います。どうしても1ヶ月ごとで我慢ができない場合は、1週間ごとがおすすめです。それでも気になる場合は、1回ごとではなく、1日トータルの授乳量を知る程度(毎日ではなく、週に2−3日程度)にとどめ、自分の不安が大きくなりすぎないようにしてください。

赤ちゃんの飲み具合や体重増加はひとりひとり体質によって異なります。それは、私たち大人の食欲が毎日、毎食同じでないことと同じです。特に初めての育児では育児書などマニュアルの枠にとらわれがちですが、多少の増減には目をつむってください。

また、生後半年位から1歳くらいになると、おすわりやはいはい、つかまり立ち、たっちなどの活発な動きにエネルギーを要するため、体重増加がわずかになる場合があります。成長に対する個人差も大きくなります。身長は伸びても、本当に微量しか増えない子もいるので、こまめに気にするのは、生後半年(離乳開始時期頃)くらいまでで充分だと思います。ちなみに、うちの子は1歳前から1歳半くらいまでほとんど体重が変化しておりません(参考)。

赤ちゃんの成長は不安になりがちですが、他人と比べるのではなく、おしっこが1日6回以上出て、元気でご機嫌ならば、自分のお子さんの成長のペースを気長に見守ってあげる姿勢が大切になります。


◇その他
雑記で紹介しましたが、最近の研究では、母乳育児を最低6ヶ月以上続けることで、子供の肥満の防止(生活習慣病の予防)につながるという報告があります。もちろん、成長期の食事内容に大きく依存していることはいうまでもありませんが、きちんとした母乳育児をしていれば、体の引き締まった子供になる可能性が高いのです。だから、体重の増え方が極端に悪いとか、機嫌がいつも悪いとかいうのでなければ、「体重の増加が悪い」、「標準曲線から外れている」という発言は、なるべく聞き流しましょう!

2.成長のパターン

体重増加のみが成長の目安と考えている医師、保健師が多いのは事実です。もちろん、育児中のお母さんたちも同様です。しかし、成長は体重のみではなく、身長のことも考える必要があります。そのため、ミルクや母乳をたくさん飲んだからといって、必ずしも体重のみが急激に増えるわけではありません。

成長のパターンには、「体重のみが増加する時期」と「身長のみが伸びる時期」の2つの山があります。体重が増加する時期には、身長の伸びが停滞し、逆に、身長が伸びる時期には体重増加は停滞する傾向にあるようです。そのことを考慮せずに、体重が増えないから、母乳が足りないんだと思い込み(または指導され)、ミルクを足している場合が多いと思います。

しかし、体重増加の停滞期に、いくらミルクを足しても、赤ちゃんの体重はほとんど増えず、脂肪細胞を増やすのみです(この細胞数の増加が、肥満の原因とされています)。そのため、おしっこがきちんと出て、体調が良い、元気で笑顔で遊んでいるなら、体重が多少増えなくても、問題がないそうです。これは、その赤ちゃんなりの成長をしているからです。

だから、成長が悪い(体重が増えない)と指摘をされたから、すぐにミルクを足すのではなく、あくまでお子さんの状況を見て判断するようにしてください。そうしないと、せっかく出ている母乳が出なくなる原因となったり、ミルクを増やし、母乳の回数を減らすことで、質の低下を招く最大の原因となります。

母乳育児Q&A

授乳全般についてのQ&A
赤ちゃんについてのQ&A

母乳育児に役立つショップ

お願い

お気に入り登録は、サイトのトップにして下さい。
トップ以外のページはアドレスが変更になる可能性があります。

アレルギー生活改善総合研究所(楽天市場店)
アレルギーヘルスケア (もぐもぐ共和国商品、ケンコーコム取扱)
タカキヘルスケアフーズ
ミニヨン手作り工房カワムラ
楽天市場
楽天ブックスTOP
【日本最大級】楽天トラベル
ベビー&キッズ - ケンコーコム





母乳育児・目次に戻る

TOPに戻る