母乳育児(母乳と虫歯の関係についての悩み)

母乳と虫歯についての関係

1歳を越えて(または歯の崩出後)、夜間授乳を続けていると、保健師さんや歯科衛生士さんから、虫歯になりやすいから、断乳をすすめられた人も少なくないと思います。でも、食事管理に注意をし、3時間ごとの授乳を続けている場合は、母乳中の糖分・脂肪分の濃度が低いため、虫歯になる可能性はとても低いそうです。しかし、夜寝るときだけの授乳や授乳間隔の長い人の場合には、虫歯の原因となる可能性が高くなります。なぜなら、古い母乳には脂肪分・糖分が濃縮されているからです。それが歯、特に、上顎前歯の裏側に吸着して、虫歯の原因になるのですが、これは寝る前のミルク・果汁・食事(おやつも含む)についても同様です。

寝る前の歯磨きは重要ですが、嫌がる場合には、食後に湯冷ましなどを飲ませることにより、予防できると思います。また、食後の湯冷ましは、コップまたは茶碗などの容器で飲ませることをおすすめします。月齢が低い場合は、前歯のみ生えていることがほとんどです。ストローで飲ませても、直接、喉にいくだけなので、歯をゆすぐ目的をほとんどなさないからです。また、ハミガキをしてあげる場合には、特に上顎前歯の裏側が虫歯となりやすいので、丁寧に磨いてあげると良いと思います。また、下顎前歯はよだれが多い子の場合、自浄作用があるので、虫歯になりにくいそうです。

(参考)
下の子(息子)の3ヶ月検診で、口腔内pHのチェックをされました。息子の口腔内pHは酸性に傾いているため、虫歯になりやすいので注意してくださいと指導を受けた経験があります。上の子(娘)の時はチェックを受けたことがないので、単純に比較はできませんが、子育て数年後を見ると、娘は入学時まで虫歯はなかったものの、息子は虫歯が数本できていました。息子の場合は、歯磨き粉をつけるのが苦手で、歯磨き粉をつけなくても、歯ブラシも簡単にしかさせてくれなかったことも原因のひとつだとは思いますが、本来もっている口腔内pHも関係あるのかなと思ったことがあります。唾液が多いと、唾液が弱アルカリ性で自浄作用があるという話もみたことがありますので、唾液がたくさん出たり、唾液の質が良いと、虫歯予防のひとつになるのかもしれません(なかなか難しいことかもしれませんが…)。

母乳育児Q&A

授乳全般についてのQ&A
赤ちゃんについてのQ&A

母乳育児に役立つショップ

お願い

お気に入り登録は、サイトのトップにして下さい。
トップ以外のページはアドレスが変更になる可能性があります。

アレルギー生活改善総合研究所(楽天市場店)
アレルギーヘルスケア (もぐもぐ共和国商品、ケンコーコム取扱)
タカキヘルスケアフーズ
ミニヨン手作り工房カワムラ
楽天市場
楽天ブックスTOP
【日本最大級】楽天トラベル
ベビー&キッズ - ケンコーコム





母乳育児・目次に戻る

TOPに戻る