母乳育児Q&A

HOME TOP 母乳育児 ショップリスト 掲示板過去ログ アレルギー・アトピー

赤ちゃんの成長と発達

◇母子手帳にある、発育曲線ぎりぎり、もしくは下回っていることが多く、発育の心配もしくは母乳不足を指摘されました。授乳ごとに体重を測定していますが、少ない時は20mlも飲んでいません。やはり、母乳が足りないのでしょうか?
<体重増加のみが、「赤ちゃんの健康な発育の目安」ではないことを認識すること!>
一般的に、体重の増加のみが「赤ちゃんの健康な発育の目安」と考えられています。しかし、身長から大きくなる赤ちゃんもいれば、体重から増える赤ちゃん、バランスよく大きくなる赤ちゃんもいます。その発育の目安として、母子手帳に掲載されている発育曲線内にどうしても入らないといけないという考え方が常識のように受け止められています。しかし、周囲を見回すと、子どもでも大人でも、体格はばらばらです。太っている人、やせている人、普通の人、背が高い人、背の低い人などがいます。赤ちゃんにもこのような個人差があっても不思議ではないはずなのに、成長が順調かどうかを容易に判断するために、どうしてもその枠にはめようとする嫌いが生じるのです。

例えば、保健相談所やデパートなどでの育児相談、小児科での〇ヶ月検診で、「少し基準からずれているけど、この赤ちゃんは元気だから、大丈夫よ」と念を押したい保健師・医師・看護師・栄養士は少なからずいると思いますが、万が一、あとで何かトラブルがあった場合に、文句を言われても責任が取れないので、そのような基準にはめざるを得ないのが現状のようです。実際に後日、激しく文句を言いにくるママも多いようです。

でも、赤ちゃんのおしっこがきちんと出て(1日6回以上)、普段と変わりなく、元気に遊んだり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、離乳を食べたりしているのであれば、多少小さくでも大丈夫。赤ちゃんの個性の1つとして受け入れてあげて下さい。

<母乳不足感に教われないために、なるべく体重計の購入・レンタルをしないこと!>
体重が少ないことや母乳不足を指摘されると、ママの頭の中は「体重」と「おっぱいが足りない」ことで頭が一杯になります。そして、授乳ごとに体重計に乗せ、赤ちゃんの飲み具合で一喜一憂することが多いと思います。ママの食欲や食事量は1日の3食でも異なるように、赤ちゃんも異なるのです。本当にお腹がすいてたくさん飲むこともあれば、単におっぱいをくわえたいだけで、ほとんど飲まないこともあります。しかし、授乳ごとに体重を計るために、「さっきは100mlも飲んだのに、今は20mlしか飲んでくれない。母乳が出ていないんだ」などなど、不安が募るばかりで、お母さんの精神状態がもちません。そこで、体重計の購入やレンタルをなるべくしないことをおすすめします。そして、体重を量るのは、○ヶ月検診のときか、1ヶ月ごとにスーパーなどのベビーコーナーにある体重計で量ることで充分です。

特に、低月齢の赤ちゃんの場合は、1ヶ月あれば確実に体重は増えていると思います。でも、どうしても1ヶ月ごとでは我慢ができない場合は、1週間ごとがおすすめです。それでも気になる場合は、1回ごとではなく、1日トータルの授乳量を知る程度(毎日ではなく、週に2−3度程度)にとどめることをおすすめします。また、自分達が毎日同じ量の水を飲んだり、食べたりするのではないように、赤ちゃんも毎日同じおっぱいの量を飲むわけではありません。さらに、生後半年位から1歳くらいになると、体重の増加がわずかになる場合があり(おすわり、はいはい、つかまり立ち、たっちなどで、エネルギーを要するため)、成長に対する個人差が大きくなります。本当にわずかしか増えない子もいるので(身長は大きくなるが)、小まめに気にするのは生後半年(離乳食開始時期頃)位までで充分だと思います。

参考までに、1ヶ月検診までは1日平均30−50gの体重増加といわれていますが、これは主にミルク育児の場合です。母乳育児または母乳をメインとした混合育児では、もっと少なく、1日平均20−30g程度増えていれば充分だと考えられています。飲み具合や体重増加は赤ちゃんの体質によって異なりますので、他人と比べるのではなく、おしっこが1日6回以上出て、元気でご機嫌ならば、自分のお子さんの成長のペースを気長に見守ってあげる姿勢が重要となります。あくまで、成長の過程は1通りではありません。10組の母子がいれば、10通りの母乳育児があるわけで、型にはまらない育児を楽しんで下さい。

<発育曲線は「母乳育児による赤ちゃんの成長」を基準にしたものではないことを認識すること!>
赤ちゃんの体重の増え方は様々で、個人差が大きいものです。これはもともとの出生体重が、2500g以下の赤ちゃんもいれば、4000g前後の赤ちゃんもいるわけですし、飲み具合や体重増加は、赤ちゃんの体質や性格によっても異なります。特に、完全母乳で育てている赤ちゃんは小柄なことも多いです。もちろん、大きな子もいますが… 逆に、ミルク育児の場合は、割とふっくらとして大柄なことが多くなります。これはミルクが哺乳瓶から楽に飲めることが原因で、赤ちゃんは満腹になっても惰性的に口にしていることがあるからです。そのため、欲しい分(赤ちゃんが本当に必要とする量で、メーカーの規定量ではない)以上に飲んでいる可能性も否めません。そのため、ミルクオンリー、混合の赤ちゃんの方が母乳育児の赤ちゃんよりも大きくなる傾向があります。もちろん、母乳の場合でも、和食中心ではない食事であったり、甘いものや油脂類が多い食品をたくさん食べていると、糖分や脂肪分が多く含まれたおっぱいとなり、大き目の体格になる可能性もあります。

ところで、この発育曲線は完全母乳の子を標準として作られているわけではありません。すべての赤ちゃんの統計に基づいて、算出しているわけです。ミルクや混合の赤ちゃんはどうしてもたくさん飲むため、体重が増加しやすい傾向にあり、母乳育児の子より大きくなってしまいます。もちろん、個人差はあります。でも、指導する側は授乳方法の違いをほとんど考慮せず、ミルク育児に応じた指導をする場合が多く、当然のごとく「体重の増加が悪いから、ミルクを足しなさい」とか、「母乳出ていないんじゃないの?」と平気で言えるわけです。指導者側の母乳に対する認識(知識)不足であることが大きな原因ですが、そのために、体重増加に悩み、その指示を受け入れてミルクを足したりすると、ますます母乳の出具合が悪くなり、母乳育児ができなくなるという悪循環を導いているのです。だから、体重の増え方が極端に悪いとか、機嫌がいつも悪いなど、普段と異なる状況に陥らなければ、「体重の増加が悪い」、「標準曲線から外れている」というアドバイスは、できる限り聞き流しましょう!

<注意>
ただし、生後まもなくから著しく体重の増加が悪い場合は、他の原因が隠れている場合がありますので、必ず小児科を受診の上、発育上の問題がないかを確認してもらって下さい。


Copyright(c)2005 おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407