母乳育児Q&A

HOME TOP 母乳育児 ショップリスト 掲示板過去ログ アレルギー・アトピー

母乳育児と離乳食・幼児食の進め方

◇生後2(〜5)ヶ月になりました。医師・保健師・栄養士・周囲の友人や家族から、野菜スープや果汁を与えるように言われたのですが、テレビやネットで生後半年までに与えると、将来便秘の原因になると聞いたのですが、どちらが正しいの?
◇離乳開始前に、果汁や野菜スープを与える必要がありますか?
◇離乳開始には、スプーンの練習が必要だと思うのですが、果汁や野菜スープが駄目なら、どうすれば良いのですか?
◇生後2(〜5)ヶ月になりました。果汁(野菜スープ)を与えはじめましたが、嫌がって飲んでくれません。どうしたら飲んでくれるのですか?
一般的に、離乳食の準備(母乳やミルク以外の味慣らし)として、生後2ヶ月頃から果汁や野菜スープ、生後4−5ヶ月頃から重湯を飲ませることを勧奨されますが、まったく必要ありません。まだまだ消化器官が未熟な時期ですし、口にした果汁そのものが原因で、果物アレルギーを発症する例が増えています。特に、果汁は早くても生後6ヶ月以降がおすすめで、果汁・果物はできるなら離乳後期頃以降にはじめて与えるくらいで充分です。また、果汁・果物には意外と多くの果糖が含まれております。糖分の過剰摂取が腸内細菌のバランスを乱し(悪玉菌であるカンジダの増殖原因となります)、将来の便秘などの原因となります。また、アレルギーの疑い、もしくはアレルギーがある場合、アレルギーを発症させる原因の1つ、もしくは現在の症状を悪化させたり、穀類アレルギーの発症につながること(イーストコネクション)もありますので、ご注意下さい。

そのため、この時期は母乳・ミルクで充分ですが、どうしても与えたい場合は、スプーン練習を兼ねて、湯冷まし(搾乳母乳もしくは、ほうじ茶や番茶)程度にとどめ、赤ちゃんの状態を充分に観察しながら与えると良いと思います。特に、母乳育児の方は、母乳のみで充分です。これは母親の食べるものにより、母乳の味が変化するためです。

赤ちゃんが嫌がる場合は、母乳以外の味を嫌う場合と、体質にあわないものを本能的に察知して嫌がる場合があります。まだ、低月齢ですし、赤ちゃんが嫌がる場合は、無理に与えないようにしましょう。それでも、どうしても与えたい場合は、必ず加熱をしてからにしましょう。また、ごく少量をかなり薄めたもので良いと思います。生で与えたり、たくさん与えることにより、上記の腸内細菌のバランスを乱す原因となるほか、体を冷やす作用があるため、便の状態が変化をしたり、夜泣きなどが増えたりする原因となります。特に、キウイ、メロン、バナナなどアレルギーとなりやすい果物はできるだけ避けることをおすすめします。


◇アレルギーの疑い、もしくはアレルギーがあるのですが、離乳開始は5ヶ月でも大丈夫ですか? 遅らせた方が良いですか?
◇アレルギー症状はありませんが、家族にアレルギーの人がいます。離乳開始はどうしたら良いですか?
アレルギーの疑い、もしくは家系にアレルギーの方がいる場合は、生後6ヶ月以降の開始をおすすめします。消化機能が未熟な早期から、離乳食をはじめると、食べ物が小さく分解されないまま、消化管を通り、血液中に出るため、食物を異物として過剰認識し、アレルギー反応が出やすくなるからです。

重湯から離乳食をはじめることが一般的ですが、最近は米にアレルギー反応を示す赤ちゃんが増えています。そのため、できれば野菜スープ(野菜1種類から作ったもの)から開始することをおすすめします。通常の指導では、同じ食材を数日間1さじずつ増やして与えますが、アレルギーの観点からはNGです。「毎日続けて同じものを与えないこと、同じものを多量に与えないこと」がアレルギー予防の原則です。そのときには何の異常がなくても、ある日突然ということもありえる時代ですので、ご注意下さい。詳細は、アレルギー・アトピー予防のための離乳の進め方を参考にして下さい。


Copyright(c)2005 おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407