母乳育児Q&A

HOME TOP 母乳育児 ショップリスト 掲示板過去ログ アレルギー・アトピー

授乳一般

◇友人の結婚披露宴に参加することになりました。どのようなことに注意をしたら良いですか?
◇友人の結婚披露宴に参加することになりました。しかし、アレルギーで除去食を行っています。参加は見合わせた方が良いですか?
低月齢での参加は、ママ側の体調が完全に回復をしてからが無難です。産後1〜2ヶ月未満は、ご自分の体のためにも、赤ちゃんのためにもやめた方が無難だと思います。

披露宴に参加する場合、まず問題となるのが参加時間と授乳です。披露宴だけなのか、式から参加するのか、はたまた二次会などにも参加をするのかということです。いずれにせよ、3−4時間ごとの授乳もしくは搾乳を行わないと、おっぱいがパンパンに張り、痛みを伴ったり、しこりや白斑などの原因となります。もし、お子さんを会場に連れて行けるのなら、休憩中など時間のあいまをみて、授乳を行います。「会場に連れて行く=同席」ということではなく、会場周辺で旦那様など家族の方と待機ということです。ホテルなどでは、更衣室などで授乳可能ですし、当日宿泊予定がある場合には部屋での授乳も可能です。もしくは、車でこられているなら、車中でもOKでしょう。また、会場まで赤ちゃんを同伴できない場合には、搾乳をきちんと行います。

次に、披露宴の食事内容が問題となります。和食もしくは和洋折衷なら、油脂類の少ないメニューも多いと思うので、食べられるものを中心にいただきますが、フランス料理など油脂類が多いメニューの場合には、できるだけ避けて、歓談中心になるようにします。日頃、トラブルを起こしやすい人は特に注意が必要ですし、デザートのケーキ類などは論外です。披露宴の想い出が乳腺炎とならないような楽しみ方をして下さい。万が一、トラブルが多く、食事への配慮が多大に必要な場合、下記と同様に、ホテル側と直接かけあうことで、授乳に配慮したメニューに変更してくれるところも増えているようです。

<アレルギーのため、除去食実施中の方>
披露宴での食事法にはいくつかの選択があります。まず、本当に食べられるものだけを口にして、ほとんど食べないことを決意して、歓談を中心に楽しむようにすること、もしくは増えてきたアレルギーに配慮して、最近では除去食に対応してくれるホテルなどが増えてきました。そのため、あらかじめホテル側と交渉してみることをおすすめします。この場合、友人を介することは誤解を生む原因となりますので、必ず友人の許可を得た後、担当者もしくはシェフの方と直接電話もしくはメールで相談します(後者の方がおすすめ)。完全な除去食は無理でも、ある程度の対応はしてくれると思います(卵や乳製品そのもの、およびマヨネーズヤソースなど調味料の除去、生を避けるなど…)。それでも症状が不安な方は、あらかじめ医師に相談の上、インタールおよびペリアクチン、セルテクトなどの抗アレルギー・抗ヒスタミン剤を処方してもらいます。それを披露宴開始後から服用させて、次の授乳にのぞみ、除去中の食事摂取に対する精神的ストレスやお子さんの症状を軽減させる方法がありますので、お子さんに応じた方法を選んで下さい。他の注意点は上記と同様です。


◇職場復帰が決まりました。すぐに断乳すべき?
◇職場復帰が決まりました。授乳を続けることは出来ないでしょうか?
職場復帰後も授乳を続けることは可能です。そのため、すぐに断乳を試みる必要はありません。昼間は昼食時間、休憩時間などの合間をみて、2〜3回搾乳を行い(職場と保育園などが近くて、昼休みなどに通える場合は直接授乳をすることもOK)、母乳は帰宅後から出勤前までに4〜6回授乳を行います。また、休日は欲しがるだけ飲ませてあげます。最初はおっぱいが張ったりして辛くなることもあると思いますが、徐々に昼間張らずに、夕方以降、赤ちゃんの要求に応じて、生産されるおっぱいになっていくと思います。そのため、職場復帰の生活リズムに慣れること、おっぱいの辛さを少しでも重ならないようにしたい場合は、復帰前の保育園への一時預かりなどを利用して、早めにその体勢になるようにしておいた方が良いのかもしれません。また、昼間の授乳を中止してまもなくは搾乳だけになりますから、おっぱいがたまります。そのため、乳腺炎やしこりなどのトラブルを起こさないとも限らないので、おっぱいが落ち着くまで、食生活には充分に配慮し、食事・水分量を控えめにし、辛くなりそうな時は、葛根湯の服用をしたり、ジャガイモ湿布をするなどの早めの対処をすると良いと思います。

どうしても職場復帰後の授乳が辛いと思う場合は、お子さんの体調もあるので、復帰前1ヶ月くらいに、断乳を行う方が良いかもしれません。どうしても断乳後は体調を崩しやすくなりますし、保育園入園後しばらくも同様です。断乳もしくは入園によるストレスによる体調悪化が重ならない時期の断乳をおすすめします。また、授乳を決意したものの、仕事の内容などによっては、授乳が辛くなるかもしれません。その場合は、入園後の生活が落ち着く約1〜2ヶ月後の断乳をおすすめします。いずれにせよ、一旦断乳をしてしまうと、後戻りはできませんので、悔いの残らない選択をされると良いと思います。


Copyright(c)2005 おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407