母乳育児Q&A

HOME TOP 母乳育児 ショップリスト 掲示板過去ログ アレルギー・アトピー

授乳中の食生活

◇母乳育児で、牛乳・乳製品が良くない理由は?
牛乳・乳製品はカルシウム補給のために、積極的な摂取をすすめられます。しかし、これらを産前からとりすぎていると、おっぱいの基底部(おっぱいを作る細胞が集っているところ)がゴリゴリした感じになっていることが多いようです。つまり、おっぱいが作られはじめた頃から詰り気味となる傾向が高いようです。そのため、母乳育児開始早々から、母乳が出づらいなどのトラブルの原因となる場合が多いようです。また、アレルギーの原因となる主な食品の1つです。アレルギー体質ではない赤ちゃんでも、お母さんが牛乳・乳製品を毎日たくさん摂取することにより、母乳から移行して、湿疹がひどくなったという話をよく聞きます。もちろん、牛乳アレルギーのあるお子さんをもつ場合は厳禁です。

ところで、現代の日本人は牛乳および乳製品のとりすぎだそうです。牛乳に含まれる乳糖を分解できる処理能力が、大人で約400ml/日だそうです。それは大人における最大値(限界値と考えて良い)なので、すべての人がこの量を処理できるとは限りません。しかし、牛乳はカルシウムがたくさん含まれているので、骨粗鬆症の予防に効果があるなどとして、大人でも1日限界量をとっている人は少なくありません。しかし、牛乳・乳製品を口にすることでお腹がごろごろしたり、下し気味になる人は、たいていこれらの分解能力がほとんどないようです。それにもかかわらず、上記の指導で、無理してもとるため、未消化のものが体内に入り、赤ちゃんのアレルギーの原因となったりしているようです。

さらに、保健相談所の指導では、1日〜400mlの牛乳・乳製品を子供にとらせましょうと指示されます。そうでなくても、最近の子供(幼稚園児や小学生など)は平気で1L以上がぶがぶ飲んでいます。もちろん、親の頭に牛乳を飲めばカルシウムなどの栄養分がたくさんとれて、成長にもっとも良い飲み物という考え方が定着しているからだと思います。本来、牛乳は仔牛を育てるための母乳であり、1年で人間の数倍の体格に育てないといけないための栄養成分組成比になっているので、脂肪分が高濃度など、本来のヒトの母乳とは異なった組成比となっております。だから、個人差が大きいものの、体がある程度大きくなるのも納得できるものかもしれません。しかし、大人の処理能力の2−3倍を毎日子供が飲んでおり、この処理できなかった乳糖などが体で悪さをして、アレルギーやその他の疾患の原因となりうるのです。また、脂肪分カットの牛乳があるとはいえ、過剰摂取は肥満・高脂血症など生活習慣病の原因にもなりうるのです。最近は子供にも生活習慣病がじわじわと増えていますので、妊娠中・授乳中および乳幼児への牛乳の摂取には充分注意をし、嗜好品という捉え方をして、とりすぎには充分注意をして下さい。

<注意>
◇牛乳をたくさん飲むと、鉄欠乏性貧血の可能性が高くなると言われています。これは飲みすぎると、腸管粘膜が何らかの原因で傷つき、微量出血を起こすからだそうです。だから、乳幼児に牛乳や乳製品を飲ませはじめて、便に黒いものが混じっている、お腹がごろごろしたり、下痢っぽくなる時、嫌がるときは無理に飲ませない方が賢明です。

◇牛乳をたくさん飲むと、カルシウムが多く吸収できるように思われがちですが、実は、小松菜・小魚類など食事から吸収できる量と大きく変わらないことがわかってきておりますので、カルシウム不足を心配される方は、野菜や魚類から摂取するように心がけて下さい。
→牛乳と小松菜・小魚類とのカルシウム吸収率の比較は、こちらを参考♪
→カルシウムの摂取についてのポイントは、こちらの過去ログを参考♪


Copyright(c)2005 おでびびはうす All rights reserved.
Templates by 0407