みゅーちゃんの育児日記
2ヶ月−1
2001年1月28日(61日) <ようやく2ヶ月>
ようやく今日で2ヶ月。でも、私はちょっと疲れ気味なのか、米や本など少し重い物を持ったためか、子宮のあたりに違和感を覚える。おりものが少し茶褐色になっているし。まだ完全に産後の体調が戻っていないんだろうな… 旦那は結局24日から今日の朝まで同じ部屋で寝てくれた。夜中私が授乳で何度か起きているけど、ほとんど気にせずに寝れるらしい。確かにいつ見ても大いびきだものね。でも、「明日は出張があるからその準備をする」と言って、今日は別の部屋で寝るようだ。やはり、ずっとは駄目なのかな? ほとんど起きないといっても、気付いているようだから、疲れるのかな? 

2001年1月29日(62日) <母乳のみで育てられる予感?&ジムで機嫌が回復!>
ミルクを足さない日が今日で22日続いている。なんかこのままずっと母乳で大丈夫そうな予感がちらほら…(今までの最高記録だし) マッサージから1週間大丈夫だったし、なんとかあと1週間がんばれそうな気もする。ファイト!と、少し気を抜いたら、夜中目覚ましをとめて寝ていた。前回の授乳から4時間30分も経っていた。でも、みゅーちゃんはすやすや状態。腹持ちが良くなっているのね。おっぱいの張りが心配だったけど、思っていたほどぱんぱんでなく助かる。あと、今日は授乳が8回ですんだ。いつも9−10回だったから。授乳間隔も平均3−3.5時間と落ち着いてきたようだ。最近、授乳しているとき、みゅーちゃんと目が合うと、飲みながらにこっと笑ってくれる。おっぱいから口を離して、声を出して笑うこともある。些細なことだけど、母親しか味わえないことだと思うと、なんかちょっぴりうれしい。ところで、私はいつも午前中寝ていることが多いので、午前7時30分起床をして、生活リズムを整えることにする。とはいえ、旦那の出勤の頃はまだ夢の中なんだけどね。

午後7時の授乳の時、みゅーちゃんの鼻先にまだ赤い傷が… 自分でひっかいたらしく、左手の服に血が付いていた。今着ている服は同じサイズでも若干小さくて、すぐに服の先から手が出てしまうので、慌てて爪を短めにカットした。お願いだから、顔に傷をつくらないで! 午前中、掃除のためにみゅーちゃんを隣の部屋に連れていき、ベビーラックに置いたら、猛烈に泣き出した。困って、毛布を畳の上に敷き、その上に寝かせて、ジムを置いてあげた。いつもはいったん泣き出したら止まらないのに、今日は機嫌が良くなり、そのまま1時間くらい一人遊びをしてくれた。メリーを目で追ったり、たたいたり、手足をばたばたしてとても喜んでいた。こんなこと初めてだったので、とても嬉しかった。

2001年1月30日(63日)<産後初の金融巡り>
昨日に引き続き、夜中に目覚ましをとめて寝ていた。やはり、睡眠不足の影響かな? どうも一度に3時間連続寝ることを体が要求しているようで、また4時間も授乳間隔をあけてしまった。今はおっぱいの調子がよいから助かっているけど、悪いときは最悪だよね。

今日は風のない暖かい1日だったので、みゅーちゃんを連れて、銀行と郵便局に行った。産後初めての金融巡り。でも、やはり大変だ。あまり頻繁にいけそうもない。旦那に頼むしかないかな? みゅーちゃんは郵便局でぐずりだして、ちょっと困ったけど、少しあやしたら、寝てくれたので、ほっとした。帰宅して1時間後、お風呂に入れようと思って、おむつをみたらまっ黄黄状態。びっくりした。よく寝ていたので、おむつを見ずに寝かせていた私が悪いんだけど。あと、お尻が広範囲で真っ青。内出血か? 蒙古斑はもう少し小さかったはずだし。抱っこひもへの寝かせ方が悪かったのかな?今度から気をつけよう。ちょっと反省。

夜からおむつをMeにかえる。おむつPaは足周りがきつくて、おむつの跡が赤くなるからだ。その点、Meはゆとりがあってよさそう。それにしても、太い太ももをしているみゅーちゃんだわ。

2001年1月31日(64日) <そろそろ果汁>
もう2ヶ月なので、離乳食準備のために、そろそろおっぱい以外の味を覚えさせなければいけない。旦那が番茶と果汁の粉末(りんご、みかん、もも、それらのミックス入り)を買ってきてくれる。「一袋全部を一度につくりなさい」と指示があるけど、一さじあげるだけだから、ほんの少しとって何回かに分けて使おうと思う。あと、茶こしと使い捨てお茶パックも買ってきてもらう。茶こしはみかんなどを絞って、かすや種を取り除くために、お茶パックの方はバナナや苺をすりつぶして、それに入れて絞るために使用したいから。最初は生フルーツを与えて、自分の体調が良くないときや面倒なときに粉末を利用しようと思っている。でも、まだ今日やる決心がつかない。いざというときの勇気がないな。とりあえず、今週末の土曜日に旦那と一緒に、最初のひと味はどんな顔をするかみてやろうと思っているところ…

2001年2月1日(65日)<添乳の効果はありよ!>
最近、ジムの下に寝ると、とても機嫌がよい。足ばたばた状態は変わらないけど、左右にぶら下がっていたり、回ったりするものを手で力強くたたきまくる。大人顔負けの全身運動。その機嫌の良いときに目が合うと、必ず笑顔(蔓延の微笑みとでもいうのだろうか?)で返してくれるようになったし。大分ヒトの表情が理解できるようになったのかも…と、喜んでいたら、お風呂を入れるために服を脱がせたら、おしっこを足にかけられた。もう裸にしているので、服を着替えることもできずにそのまま入浴させざるを得ない状況になってしまった。ショック!

日付が変わる頃に授乳していたのに、なかなか寝ないので、添乳をすることにした。まだ飲み終わってから30分位なのに、1時間近くもゆっくりとちゅぱちゅぱしながら、結局左右2往復飲んで、ぐっすりと眠ってしまった。なんか添乳というより本当の授乳になってしまったわ。単に授乳する姿勢がお互い寝そべっているということ以外は… でも、この2、3日はほんの少し添乳すると、すぐに眠りに落ちてくれるんだよね。癖になりそう… 今日はうんちの回数が5回と過去最低記録。少しずつ少なくなってきているのかな? 肛門のしまりがますます良くなったかな? でも、まだ1日平均8回なんだけどな…

2001年2月3日(67日)<皮膚科受診>
授乳間隔が3時間だというのに、少しおっぱいの張りが強くなる。左側は飲んでくれて少し搾乳すれば、ほぼ元に戻るが、右側が戻りにくい。夕方の授乳後の搾乳で右側の母乳の色が少し黄緑がかっていた。以前、左側が乳腺炎になった直前も同じような色をしていた。古い母乳がたまっているのかな? 右側まで乳腺炎になったらどうしよう? 一抹の不安を覚える。

今日はみゅーちゃんを皮膚科に連れていく。お尻は大分綺麗になったけど、すぐにお尻が赤くなるので、1日2回のステロイドと化膿止めの薬をしばらく続けることになる。それ以外のおむつがえの時のために、お尻を保護する軟膏をもらう。これはステロイドではないので、1日に何度塗っても大丈夫らしい。顔の湿疹も落ち着いてきたので、ステロイドの方は常用せずに、プロペドだけを乾燥部分に塗ることになる。良くなってきてよかった。

今、おむつはMeのSサイズを使っているが、旦那は予備にPaのMサイズを買ってきた。これは6kgからだけど、大丈夫かな?おむつMeは結構足周りがゆったりとしていて使い心地はいいんだけどね。今度、なくなる少し前にMサイズを試してみよう。

2001年2月4日(68日) <初麦茶に挑戦&おむつからおしっこが横漏れ>
今日は初麦茶に挑戦。スティックから少し粉末をとりだして、適当に湯冷ましで溶かした。一口スプーンで口に運ぶが、だらーと戻す。2口目も同じ。舌の上においても駄目。何度与えても、超まずそーな、しかめっ面の顔をした。最初はこんなもんかな。母乳の味しか知らないわけだし。

昨日と今日の2日間、旦那がみゅーちゃんをお風呂に入れる。私のときは結構泣くのに、泣かずに、むしろにこにこして、旦那の顔をじっと見つながら気持ちよさげにはいっている。私の手では両耳を一度にもう押さえられないし、体重が重くなってきて、体がお風呂の中で泳ぎまくっているのに対し、旦那はしっかりと持って体を固定できているから、安心できるのかもしれない。なんか悔しいね。

昨日、皮膚科で受診したときはかなり良かったのに、ちょっとうんちの回数が増えたら、おしりがまた真っ赤になってしまった。本当にうんちをよくするみゅーちゃんだわ。秘かに「うんこたれ、みゅー」と二人で呼んでいる。一方、顔の湿疹も良くなっていたのに、また夜中には顔左半分、特に目の外側にたくさんできていて、いやーん。どちらも良くなったり、悪くなったり繰り返すのね。でも、皮膚科いったときに良好というのはちょっと許せないよ。悪いときに見て欲しかったわ。

今日、おむつPaのMサイズを試しにつけてみる。足周りはちょうどいいかもしれない。お腹はへそよりもかなり上までおむつがきているし、テープをかなり強くとめてちょうど良いかもしれない。お尻のかなり上までおむつがあるから、お尻の上からうんちが逆漏れしなくていいかな?ただ、今使っているおむつMeはうんちやおしっこの匂いがよくするので、おむつがえの時期がわかって良いかも… 

午後11時頃授乳途中におむつ交換をして、再度授乳をしていたら、足がとても熱く感じる。「何事やろ?」って思ったら、みゅーちゃんのおしっこがおむつから横漏れをしていて、パジャマのズボンが濡れていたのだ。お風呂に入って着替えを終えた直後だったから、なんかショック!おむつを交換したときに、足周りの羽をきちんと伸ばしていなかったようだ。みゅーちゃんの服も当然大濡れ。まあ、布団に寝かせているときでなかったと喜ぶべきなのかな?

2001年2月5日(69日) <大量の下痢状うんちにびっくり>
今日は久々に午前0時には眠ってくれた。それは良かったが、いつも次の授乳時刻にあわせて目覚ましをかけている。それなのに、今日は授乳がはじまった時刻から3時間に設定するのに、終わった時刻から3時間と設定し間違えた上、目覚ましがなって授乳もせずに、また時計を無意識に進めてしまっていた。みゅーちゃんが泣いてくれたおかげで、授乳間隔が4時間ですんだが、もし泣いてくれていなければ、5時間以上あけるところだった。セーフ。助かったよ、みゅーちゃん。ありがとう。午前5時頃の授乳で、膝の上にのっているみゅーちゃんのおむつのあたりが温かい。もしかして、「昨日のように、また横漏れか?」と一瞬思ったが、違っていた。でも、うんちはおむつの中にしていた。このおむつMeは通気性がいいから、Paのように外から見てわかるサインがなくても、膝の上でよくわかるからいいかも…

午前11時頃の授乳途中にいきなり顔を真っ赤にして、いきみだし、3回ぶりぶりぶり! 授乳途中でおむつ交換をしてあげると、大量のうんち。非常に水っぽい。さらに、お尻をふいていたら、また肛門から泡状の水うんちがたくさんでてきた。おかげでみゅーちゃんの服は汚れまくり。「もしかして、下痢かな?」とちょっと慌ててしまった。土曜日くらいから、たまに咳をしているので、風邪引きに注意をしないといけないなと思っていた矢先だったから。また、いつもげっぷをしないときに、口から母乳をだらーって戻すことがあるんだけど、今日はこのおむつがえ最中に3回もしたから、なおびっくり。熱はなさそうだけど、小児科に行った方がいいのかな?とても動揺した。午後、熱がないので、お風呂に入れたが、大量うんち以来、おむつ交換のときに、うんちをしていないこともあるので、単に量が多かっただけかな?と思った。そういえば、以前もこういうことあったような気がしてきた。「もし、風邪でもひいたら、どうしよう?」という思いがあったので、不安症に陥ったようだ。よかった。何ともなさそうで。 後日談:泡状うんちはおならがうんちに混じったものだった。げっぷがでないとき、おならになるから。みゅーちゃんはげっぷしにくい人だから仕方がないのね

2001年2月6日(70日)<母乳の質が改善&バスデビュー>
今日の夜中はとても珍しく顔を右向きにしてずっと寝ている。今まではほんの少しならあっても、ほとんどが左向きだからだ。また、夜になると、右半分の顔の湿疹がおでこを中心にできていて、赤くなり、見るのが辛い。でも、赤みが強いのは寝ている最中に無意識に手でこすっている可能性もある。皮膚科に行ったときは本当にきれいになっていたのに… 旦那は繰り返すから仕方がないよというが、母乳を与えている自分はいろいろ考えてしまって、やはりショックである。

今日はマッサージに行った。搾乳後、みゅーちゃんは72mlも飲んだ。体重は服着て5678g、身長は58−60cm(測定していたら、大泣きしはじめて、正確に測れなかった)になっていた。身長ののびる割合が早いなーと思う。1ヶ月検診からさらに5−7cm伸びている。生後からは13−15cm。大抵、1ヶ月に3−4cmの割合と聞いていたので、1ヶ月約7cmずつ大きくなっているみゅーちゃんが怖いよー。どんなに大きくなるんだい、君は?って言いたい。乳質も良好で、年末のひどいときとは雲泥の差らしい。他人にあげてもいいくらいと言われた。とても嬉しい。ただ、授乳後、必ず後絞りをしているんだけど、母乳量を増やすだけなので、前絞りがいいよと言われた。でも、前絞りに挑戦したことがあるけど、なかなか難しいし、後絞りをしないと残っている感じがして嫌なんだけどな。そういえば、今日マッサージに行くとき、バスデビューをした(いつもはタクシー)。片道約30分で、バスは15分くらいかな。行きはほとんど泣かずに、おとなしく不思議そうにきょろきょろしていた。帰りはバスが発車するまで大泣きの状態。発車まで立ってあやしていた。でも、発車してすぐに、振動で気持ちがよくなったのか、家に帰るまでぐっすりと寝てくれた。助かった。ずっと泣かれなくて。でも、家に帰ったら、疲れたのか、夜は結構ぐずりまくりだった。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved