みゅーちゃんの育児日記
4ヶ月−1
2001年3月28日(120日)<4ヶ月突入&久々の添乳>
今日は体調不良で1日ごろごろ。ほとんど寝ている私。でも、夕方、今日はみゅーちゃんの4ヶ月バースデー写真を撮らないといけないことを思い出し、あずさ(クマのぬいぐるみ)と一緒に撮影する。

よく考えれば、引越のどたばたで13日から添乳をしていなかった。というか、存在自体忘れていた。19日からは午後11時過ぎには寝てくれていたし。お風呂を午後10時頃から入れるようになって、入浴後授乳するとそのまま寝てくれることが多かったからね。授乳と言えば、19日に過去最低の1日6回を記録してから、7−8回ですんでいる。それまでは8−9回だったので、約1回分減っている。離乳食を食べる量が増えてくると、また減るのかな? 今日は午前2時30分の授乳後、いつものようにすぐに寝てくれなくて、泣きはじめた。しばらく抱っこしてあやしたけど、泣きやんだものの寝てくれず。久しぶりに添乳をし、寝かせる。でも、次の6時過ぎの授乳まで1時間ごとに「ふぎゃー」と泣き声を2−3度あげていた。起きるほどでもなかったけど。どうしたんだろう? もしかしたら、夜泣きが始まるんじゃないよね? ちょっとヒヤッとするもんがある。

2001年3月29日(121日) <おっぱいの調子が戻る&野菜スープA>
今日も2回添乳をする(寝る前と朝方)。でも、添乳したら、張り気味だったおっぱいがマッサージ後のように軽くなる。昨日から右の基底部が痛かったけど、夜には解消。今日は3時間ごとにしっかりと飲んでくれたし、一日中柔らかいまま、楽なおっぱいだった。いつもこうだとありがたいんだけどな。ちょっと2週間もつかどうか不安があったけど、何とか来週の金曜日(6日)まで持ちそうな予感… 

先日もらった離乳食表に甘い果汁の前に野菜スープをしっかりとあげるとあった。スープは一度あげて嫌われたからやめて、リンゴなど甘い果汁をあげていたので、少し反省して、野菜スープに挑戦。以前嫌われた匂いの強いものは入れず、甘みを出すサツマイモを入れてみた。サツマイモ以外に玉ねぎ、椎茸、大根を入れて、だしを入れる前に取り分けた。今日は飲みやすいのか、こぼしながらも約30mlは飲んでくれた。

まだ見えない方向から名前を呼んでも、振り向いてくれない。耳が聞こえているのかどうか心配していた。今日、面と向かって声をかけたら、言う度に笑っていたので聞こえているのかな?という気になってきた。旦那が大きなくしゃみをする度に泣き出すか、びっくりするし。

2001年3月30日(122日)<野菜スープB&おっぱいを吸う強さ>
今日は旦那がいなかったので、夕食を食べる前に、昨日に引き続き野菜スープをあげる。今日は昨日の材料に人参をくわえる。今日は待っていましたと言わんばかりに、スプーンが近づいたら、自分で口を開けて舌を出してくれた。こぼしながらも約30mlは飲む。割とおいしそうに… でも、手もスプーンを握ろうと出してきたので、あげにくかった。みゅーちゃんの野菜スープのあと、私が食事したけど、その時もおとなしく見てくれていた。なんか興味ありげだったので、プチトマトをぺろぺろさせてあげた。私の中指を思いっきり吸われた。おっぱいを吸う時ってこんなに強い力なんだと初めて知った。ここ数日、寝返りはしないけど、横向き(ちょうど妊娠中のシムスの体位)でいることが多い。補助してうつぶせにするんだけど、以前より軽い力で押してあげるだけで転がるようになった。あと少しなんだけどな…

2001年3月31日(123日)<果汁N&顔の傷と乾燥肌&腱鞘炎の痛み>>
実家から送ってきたハッサクを絞ってあげる。普通のミカンよりは少し独特(苦みがある)な分、飲むかなという不安はあった。でも、スプーンを近づけただけで、昨日と同様に口を開けて待つようになり、自分で果汁を吸った。初めての味にほんの少しとまどいを見せたものの、割とおいしそうに飲んでくれた。

最近、顔のどこかに傷が毎日のように出現している。一つ治っても、また2−3個増えているという感じ。目の下であったり、おでこであったり、頭皮であったり… 完全なかき傷。爪は短く切っているのにね。どうしようもない子。また、乾燥肌が今週は特にひどい。今までの脂漏性湿疹と違うような… 頭皮はもちろん、おでこ、右の耳周りは皮向け状態(真夏に肌を焼いたあとのような感じかな)。来週、医院に行ったとき聞いてみないといけないね。見ているのがかわいそうで、ついベビーオイルをぬってしまう私。これでいいのかな?

腱鞘炎の痛みが広がっている。親指の付け根まで痛い。特に、はさみで物を切るのが辛い。はさみを広げるときに、力がかかってずきっと痛む。あと、ペンで物を書くとき。痛いのに、パソコンするから余計にいけないんだろうけどね。でも、パソコンは今の私の唯一の息抜きだしね。たぶん、できなくなると、ストレスたまりまくりになるだろうし… キーボードは親指使わなくても打てるから大丈夫だけど、マウスがちょっとね。痛いと言えば、授乳の時にみゅーちゃんの向きを左右変えるときとおむつ交換でお尻を持ち上げるときにずきっとくる。

2001年4月1日(124日)<もしかして、これが夜泣き?&去年の今日>
昨日の夜(時間的には今日)、添乳を2往復して寝たと思って安心したら、大泣きをはじめた。少しあやしたけど、駄目でもう1往復添乳をした。さすがに寝てくれたけど、私が寝て1時間後にまた大泣きをはじめた。膝の上ではすぐ寝るのに、布団におろすと駄目。眠い私は少し不機嫌モードにはいる。午前3時30分すぎまで私の膝の上で抱っこしていたが、眠気に耐えきれず、私の布団の上に寝かせた。そこで、腕枕をしてごまかしつつ、私はうとうとする。でも、すぐ次の授乳(4時過ぎ)がきた。同じようなことが3月28,29日にもあった。もしかして、夜泣きの始まり? たまにならいいけど、毎日は嫌だよー。この次の授乳予定が7時30分だったけど、起きたら8時30分と1時間オーバーしていた。久々にみゅーちゃんが泣いて起こしてくれたからよかったけど。でも、時計を見たら、なぜか、その次の授乳予定の10時30分になっている。一体、これは何? 無意識のうちにやってしまったのかな?

ところで、去年の今日は妊娠が発覚した日。まだ5週目でタツノオトシゴみたいな形をして、とても小さかったのに、1年後の今日はもう4ヶ月で体重は6500g以上、身長も60cmを超えている。この一年の成長は驚くくらい早いなと改めて感動した。

2001年4月2日(125日)><白斑ができる>
今日は午後ぐずりモード。ずっと抱いているため、手首がとても痛い。座ると大泣きするし、私の方が泣きたくなった。体は疲れるし、何もできないし。少し落ち込みモードにはいる。お風呂にはいるとき、右乳首が痛い。入浴前の授乳でも吸われると痛いなと思っていた。よく見てみると、乳首の真ん中に再度白斑ができている。真ん中だから2−3日我慢すれば治ると思うけど、吸われているときが痛いんだよね。でも、添乳をはじめた28日頃からおっぱいの調子はよい。気分的に軽い。大分、以前のように3時間近くで飲んでくれ、暴れ飲みも減ってきたし。
 朝、起きると、みゅーちゃんのおでこに黄色いかさぶたができていた。脂漏性湿疹がひどいみたい。午後石鹸で洗顔してあげる。

2001年4月3日(126日) <軽度のアレルギー&肝機能の異常&貧血気味>
今日も午前2時30分頃泣き始めたので、抱いてあげた。抱いているとおとなしいが、授乳をして寝させる。うーん、やはり、夜泣きの前兆かな?

先日の血液検査の結果を聞くために、クリニックに行く。血液検査(埃、ダニ、ミルク、卵白、ジャガイモ、小麦、羽毛、大豆、ゼラチン)でアレルギー反応は認められなかった。でも、それよりも感度が高い皮膚テスト(ミルク、埃、ミカン、卵白、ネコ)で埃と卵白に陽性が出る。このため、埃と卵に軽いアレルギーの可能性があると診断されるが、私が除去食にならなくてすんだ。離乳食で卵を普通の子よりも遅らせて、完了期くらいからはじめるように言われる。その栄養指導の予約が20日に入る。また、私が卵を食べたときのアレルギー症状を緩和するために、みゅーちゃんは薬を服用することになった。あとは掃除を頑張ってするようにと言われる。しかし、血液検査(生化学)で肝機能(GPT、GOT、LDH)値が正常範囲の最大値の2倍強の値だったため、投薬指導が入る。何が悪いんだろう? 一時的なものならいいんだけど。旦那も肥満でこの数値は同様に高い。でも、それが遺伝するわけないしな… あと、貧血症状が出る。これは完全に私が原因。私のヘモグロビン量がもともと少なくて、母乳からみゅーちゃんにいく鉄分が少ないようだ。うーん、でもこればっかりはね…・ ほうれん草は結構食べているのにな。少し栄養補助食品でも食べようかな。 

ところで、上記の皮膚テストは皮下注射だった。看護師さんの前ではご機嫌のみゅーちゃん。看護師さんに「もうすぐ大泣きになるから、ちゃんと押さえていて」と言われ、しっかりと腕を固定してあげる。でも、みゅーちゃんは5カ所も注射されたのに、けろっとした顔をして終始笑顔だった。これには看護婦さんも私も拍子抜け。でも、偉い子ちゃんね、とほめてあげた。看護婦さんは「まだ何をされているのかわからないからだろうね」と言っていた。来週の検診でのツベルクリンやBCGは大丈夫そうな予感がしてきた。

2001年4月4日(127日)<初めての服薬&野菜スープC&初ベビーカー&ママさんカルテ>
午前中はほとんど寝ているみゅーちゃん。だから、お薬で朝飲む分をどうしようか迷っていた私。食前・食後はちゃんと起きていないと飲ませづらいし。そんな予想に反して、今日は午前8時30分に自分で起きてくれた。私の友達が午前中に来ることもあったし、助かった。

まず、食前の抗アレルギー薬を服用させることにする。粉末なので水で少し溶いた。固めにするつもりが柔くなってしまった。指につけて、上顎につけようとすると、みゅーちゃんは指ごとチュパチュパへと平気そうに吸ってくれた。全部飲ませることに成功。でも、授乳後にあげる肝機能改善薬(抗アレルギー薬、消化剤も含む)の粉末も同じように溶かし、指につけてあげたけど、どうも苦手のようだ。前者は割と甘めで、匂いもないけど、後者は独特の匂いと味ががする。強引に上顎につけようとしたけど、口を硬く閉じてしまって、どうしても舌や唇についてしまい、とても嫌そうな顔をする。少しあげて、冷まし湯を飲ませてあげるけど、それさえ飲むのを嫌がり、結局半分も服用してくれなかった。夜も同じ。朝は緩めに練りすぎたので、もう少し水を減らして固めにと思ったけど、また少し緩めだった。それもほとんど服用してくれず。野菜スープに混ぜても駄目。そのおかげで、薬を混ぜない野菜スープもほんの少ししか飲んでくれなかった。食前の抗アレルギー薬の方は昼も夜も平気でチュパチュパしてくれたのに… これから、朝夕の肝機能改善薬の方は難儀しそうで嫌だな。

ところで、野菜スープはサツマイモ、玉ねぎ、椎茸、人参で出汁なし。最初に薬を混ぜたものをあげてしまったため、混ぜていない分も嫌がり、口からだらだらこぼす。たぶん、5mlくらいしか飲んでくれず。

午後、レンタルのA型ベビーカーが届く。夕方、友達を駅まで見送りに行くときに早速使用する。マンションの玄関を出るときの階段だけはかかえないといけない。やはり、抱っこひもと違って、自分の体が移動中、楽なので便利。対面式ではないので、みゅーちゃんの顔をほとんど見れないのが、ちょっと残念かな。でも、4.6kgの軽い分だし、コンパクトに折りたためるので、玄関においても邪魔にならない。まだ、扱い方に慣れていないので、折りたたむのに少し苦労したけど… 駅からの帰り道、スーパー、薬局やコンビニに寄ってみる。スーパーでの買い物には幾分楽になった。でも、コンビニはスペース的にちょっと移動しづらいかな。

みゅーちゃん、大移動をまたはじめたと思ったら、電話の子機のところまで行き、立ち止まって、子機をいじりだした。今回は目的を持って動いたのかな? ようやく、乳首の白斑がほぼ消えて、痛みもほとんどなくなった。あと、ママさんカルテと言って、食物日誌を毎日つけて、今度の栄養指導の日に提出しなければならなくなった。みゅーちゃんの生活については個人的に毎日つけていたが、さらに体の症状や私が食べたもの全部、みゅーちゃんが飲んだ果汁やスープについても書かないといけないから、結構大変だ。続けられるかな?

2001年4月5日(128日) <リズムが出来てきた?&投薬2日目&果汁O&学資保険OK>>
午前6時、9時と起こす前から泣いて自分から起きてくれる。少しあやしてあげて、授乳をする。お腹が減ったのかな? それとも、たまたま? でも、今日も昨日と同様、9時の授乳以降起きてくれていたので、午前の投薬もその時にできた。もしかして、生活のリズムが出てきたかな?
薬は食前の抗アレルギー薬の方は昨日と同様、チュパチュパしてくれたが、食後の方はやはり嫌そう。昨日より硬く練ってあげたけど、上顎につけて(口の開き具合が小さいので、どうしても舌や唇についてしまう)、水を少しスプーンで飲ませると同時に口からダラーとだす。超まずーって顔して。追加の水をあげようとするけど、薬が入っているんじゃないかという顔をして嫌がる。それにも負けず、何さじかあげた。でも、ダラーと出すので、口をゆすがれている感じがするのは私だけ? 口からこぼれる水に薬が混じっているから。夜の方は果汁のあとに飲ませてみた。果汁はリンゴをすったもの。リンゴはおいしいぞーと飲んでいたが、5mlくらい飲んだところで、薬を上顎に強引につけた。とても嫌がられた。その後、水をあげても口からダラーで朝と同様。果汁に少し混ぜてあげようとしたけど、見破られた。昨日よりはたくさん服用したと思うけど。この薬だけは難儀するな… でも、あまり果汁で強引にやると、離乳食嫌がっても駄目だしな…  それはおっぱいでも同じなので、おっぱいと薬は同時にしない。おっぱい飲まなくなると大変なのは私だから。

おっぱいの方はここ最近、ほぼ3時間ごとにしっかりと飲んでくれるようになった。そのため、今のところ調子がいいと思う。このまま維持できればいいんだけれどね。授乳後、ほんの少し目を離したら、目の横側に縦に長いひっかき傷を作っていた。まるで、●−さんのよう… 帰宅した旦那は「●く●みゅー」と呼びかけていた。

ところで、私名義の学資保険の結果がきた。なんかすんなりと認められた。本当は旦那で認めて欲しかったのに… 素直に細かく書きすぎたかも。でも、3月中に間にあってよかった。

2001年4月6日(129日)<寝返りまであと一歩&マッサージ&久々の特大ぐずり&パパと初めての入浴>
午前0時40分おむつ換えたあと、少し放っておいたら、ほぼひっくり返ってうつぶせになっていた。でも、右手が体の下に残って頭を上にあげるところまではいかなかった。みゅーちゃんはそばにあるおむつボックスを左手でつかんで必死にひっくり返ろうと努力はしていたけど… あとほんの少しだ、頑張れ! あと、鼻水がたまに出て、鼻がぐずぐずいっている。くしゃみ(咳)もときどきするし。私の風邪が移ったかな?でも、熱が出ず、3日ほどで治ったので、みゅーちゃんもすぐ治ればいいんだけど。ちょっと心配。

午後、乳房マッサージのため、市川まで出かける。今日はおばあちゃん先生だった。最近調子がいいと思っていた左側にごりごりが多いらしい。もし、このままごりごりが多いと断乳できないよと言われ、ちょっとショックを受ける。溜まり乳が多いと、乳腺炎の原因になったり、次の出産後に影響するものね。うーん、難しい。最近、後絞り手抜きだったので、もう少しちゃんとやろうかな。安心しすぎたかも。クリニックのことを聞かれたので、軽いアレルギーが出たと言ったら、卵は絶対駄目と言われた。卵が入っている製品(例えば、練り製品など)もやめるように言われた。うーん…

食前に与える抗アレルギー薬は、卵を私が食べたときにアレルギーが抑えられるようにともらったもの。説明しようと思ったけど、聞く耳持ってくれなかった。まあ、いっか… その薬、よくみれば5日分しか処方されていなかった。ということは、頓服扱いでいいのかも。確かに、毎食卵食べるわけでもないし、むしろ控えているし。それで、今日から勝手に卵を食べたあとの最初の授乳に服薬させることに決めた。今日は卵を食べていないので、一度も服用せず。薬はできるだけ控えたいしね。まだみゅーちゃんは小さいから、代謝もそんなに充分とは思えないから。

夕方(午後5時頃)とても眠くなった。夕食の準備をするまでの1時間くらいうとうとしようかなと思った矢先、大泣きをはじめる。眠いのかと少し放っておいたけど、泣きやまなかった。あやしたけど駄目で、予定より20分ほど早く授乳して落ち着かせようとした。授乳中はよかったけど、終わったら、また大泣きをはじめ、結局このまま8時頃までずっとぐずられた。8時で授乳後まだ2時間だったけど、私が耐えられずに再度授乳をして落ち着かせることにする。ご飯の準備は出来ないし、泣きやまないでもう涙ぽろぽろ… 旦那もたぶん遅いだろうけど、メールで「死にそう…、ご飯作れないから勝手に食べて」と伝える。でも、そのころ、最寄り駅まで帰ってきていた。2回目の授乳後、少し落ち着いて、炊飯器のスイッチだけは入れることができた。旦那に外で食べてきてもいいよと言ったけど、おかずだけをたくさん買ってきてくれ、みゅーちゃんをその後あやしてくれた。私は体力的にも精神的にもくたくた… 何もできない状態になっていた。3時間以上もぐずられ、途中涙が止まらなくなって、自己虐待に走りそうになった。私なんかいなければいいんだって… さすがに、子供の虐待は考えなかった。何かとても久々にひどい黄昏泣きをされたものだ。

それで、今日の入浴は初めて旦那にやってもらう。いつもは私が中で旦那が外だったけど、今日は逆。お風呂になると落ち着くみゅーちゃん。まあ、それまでにもかなり落ち着いてきていたけど。旦那と一緒に入って喜んでいるのかどうか、旦那の体を足でぼこぼこに蹴っていた。お風呂の中でも大きな口を開けて、いつものようにばたばた状態。旦那に初めての感想を聞くと、「暴れられた」の一言だった。来週旦那が4日ほど出張でいないので心配だ。一応、弟に手伝いに来てもらうことにした。よかった、近くに頼りになる兄弟がいて。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved