1歳11ヶ月のらいふ 2
2歳まで最後の1ヶ月です!


2002年11月19日規則正しい生活&私の友達と会う&眠ようとするととキスの嵐>
 昨夜も午後8時30分に就寝し、午前7時30分起床。二日目の健全生活。就寝後に長時間の自由時間がとれるものの、3−4時間後には起きるのではといつもヒヤヒヤ。でも、部屋中を真っ暗にしているためか、一度目を覚ますものの、抱きつかせてあげると、30分以内には寝るようになった。このまま生活がなおればいいな。
 今日は銀座に行くので、朝は珍しくパンを1個与えておく。それを食べている間に準備。でも、8時30分過ぎには準備が終了し、「おかあさんといっしょ」などを見せて、時間をつぶそうとしたが、みゅーちゃんは行きたくて行きたくてたまらず、テレビを消す、玄関先には行くの繰り返しで、結局予定より1時間早い9時に出発。駅近くまで歩かせたものの、順調に着いたため、午前10時に有楽町の無印良品に到着。開店と同時に入り、ベビーコーナー前の広場で滑り台で遊んだり、展示の子供机の上にあったおもちゃで遊んだりした。あとは駅前なので、外に出て新幹線の通過を見たりしながら、待ち合わせまでの1時間思う存分楽しみました。去年開店したばかりではじめて行ったけど、結構楽しめてよかったかも・・・
 その後、友達と近くのアフタヌーンティー(最近できたらしい)に行くが、店舗が思ったほど広くなく、レンタルベビーカーもなかったので、ずっと抱っこでの移動は少ししんどかったかな。あと、銀座の中心街に移動する。やはり、デパートはレンタルベビーカーがあるので楽チン。みゅーちゃんは3ヶ月ぶりにあった友達に最初こそ少ししかめ面をしていたが、慣れてくると、「まま」と呼んで、少しでも離れるのを嫌がったり、喫茶店では「だっこ」と言って、膝にちょこんと座らせてもらっていた。街中を歩くときも一緒に手をつないでもらうことを要求していたし、結構大はしゃぎで叫んでいました。外ではあんまり騒がない子だったので、少し恥ずかしかった・・・。
 帰宅後、眠くなったので、座りながらうとうとはじめたら、キスをされた。それも目を開けるまで・・・ すぐに目をつむるとまたキスの嵐。なんか新たな起こし作戦(遊びの一種?)を開発したな・・・
2002年11月18日<早寝が続いてほしい&言葉ねた(機関車&キツネ)
 昨夜も午後9時に就寝。一時目を覚ましたけど、部屋も真っ暗にしていたので、添い寝をするだけでうとうと。その後は少しお腹をかいていたけど、また朝まで寝る。朝も午前10時30分とゆっくり目。私も久々に8時間以上寝て、少し頭が痛いくらい。寝すぎ! 夕方外出の帰りにうとうとはじめたが、家に着く頃だったので、また起きる。結局、午後8時30分から寝始めたので、このまま朝まで寝かせるようにしたいな・・・ 明日は久々に都心までお出かけだから。
 言葉ねた。トーマスの機関車を見て、「しゅぽしゅぽ」と言った。今までは「だんだん」と電車と同じだったんだけどね。あと、キツネのぬいぐるみは今まで「わんわん」だったけど、今日は「こんこん」と言っていた。二つの単語が突然かわった理由はわからないけど、本当にある日突然なんだな・・・
2002年11月17日 <はじめての歌(はとぽっぽ)>
 「ぽっぽっぽ、ばっばっば・・・」と機嫌よくしゃべっている。何かなと思ったら、「はとぽっぽ」をどうも歌っているようなのだ。一応、「ぽっぽっぽ、はとぽっぽ」の2フレーズの繰り返しのようだ。みゅーちゃんが歌うのははじめての事。まだまだ単語が少ない分、この程度だけど、他の子のようにいろいろ歌いだす時が、とても楽しみになってきた。
2002年11月16日 <下半身すっぽんぽん>
 なかなか寝ないので、うとうとしていて、気づいたらとんでもない状況が目に入ってきた。みゅーちゃんが下半身すっぽんぽんで走り回っている。布団の上を走り回っていたので、うんちやおしっこが気になったが、大丈夫だった。古いオムツを探し回ったら、普通の紙ゴミ用のゴミ箱に捨ててあった。そのおむつもほとんど塗れていない。再度はかせようとしたけど、古いおむつは嫌がってはいてくれず、結局新しいのをはかせることに・・・ もったいないけど、仕方がないよね。自分でできるのはいいことだけど、うんちのときにやられたら最悪だよね・・・ 冬だけど、2歳になったら、少しずつトイレトレでもはじめようかなと思い始めた。来年の春からでもいいかなという最初の思いと、今少し戸惑い中。とはいえ、最終的にはみゅーちゃん次第かな。
2002年11月15日 <超早起きの日&指先が日々器用>
 昨夜、午後7時に就寝した。お昼寝をしていなかったので、また10時頃起きて、寝るのがまた遅くなりそうと半分覚悟をしていたら、朝まで起きなかった。珍しい。でも、午前5時30分起床なので、滅茶早起きすぎる。私も昨夜は午後11時過ぎに就寝しておいて良かったよ。いつもは寝るのが遅いから、寝たあとに私一人の時間を楽しんでいると、寝るのがそういう時間帯なんだよね。実は・・・ 正午ごろには昼寝をすると思っていたのに、午後2時30分頃までまったくしようとしない。起きてから眠くなるまでの時間が長くなっているのをひしひしと感じる。5時くらいまで寝たのはいいが、結局就寝は午前2時頃といつもどおりでした。昼寝をしていない私は、さすがに最後の方はうとうと状態になっていました。まあ、いつものことっか・・・
 指先が器用になっていることは以前から感じていたが、今日はバスタオルに洗濯バサミを一列に綺麗にはさんで持ってきた。このバスタオルはみゅーちゃんが破ってしまった障子の目隠しに使っているが、障子の桟にも一列にきちんとはさむことができていた。あと目隠しタオルをよくはずし、そのはずした洗濯バサミを床などに一列に上手に並べる。これは車と同じ。シールも今までは適当に張っていたのを横一列とか、半円形とかに並べて張ることが多くなった。
2002年11月14日 <牛乳経口負荷試験H&おしゃべりの前兆?&目玉焼き>
 今日から牛乳は週2日の割合で、1回100mlずつ継続的に飲ませ、体調に変化が起こらないかを見ることになります。11月一杯はその繰り返しで、12月上旬に200mlに挑戦する予定です。たぶん、一度クリアーをしたら、それで200mlは終了し、100mlでまた様子を見る予定でいます。
 ここ3日間、ひとりでよくおしゃべりをするようになりました。親の私には何を言っているかよくわかりませんが(まるで中国語のよう)、以前と異なり、会話調であったり、歌のようであったり・・・ 一気におしゃべりをはじめる前兆なのだろうかと思うくらい。今日はここ3ヶ月間でいくつくらい単語が言えるようになったのか思い出せる分だけ数えてみた。35個前後。1ヶ月に平均で10個くらいずつ増えている感じかな・・・ でも、二語文は全然です。
 昨夜、調理が面倒で、目玉焼き(約2/3個)を食べさせた(しっかりと熱を入れて)。皿が出されたら、他のものにはまったく手を触れず、目玉焼きのみをぱくぱくと手づかみで口に運ぶ、運ぶ。とられてなるものかと言う勢い。口一杯になってもほおばっていました(笑)。時々しか卵を食べない分、もう目の前にあれば我先にという感じです!
2002年11月12日 <言葉ネタ(体重)>
 洗面所から体重計を運び出し(重いのにね・・)、乗ってよく遊ぶ。今まではがちゃがちゃ動く音(電子ではないので)がおもしろかったようだが、最近は「じゅーた(体重のつもり?)」と言いながら、乗ったあとにメーターを見ている。その後、私にも見てという合図がわりに頭を引っ張る。服を着て、11kg(服を着ないと10.5kgくらいかな)で、いつ見てもほとんど同じなんだけど、私がよく測っているから、そのまねなんだと思う。冬だから、なかなかやせないし・・・(やせなくていいから、増えないで欲しい) 油断すると、すぐに太っちゃう季節で、この「じゅーた」の言葉は鋭いところをつかれる感じです!ところで、「じゅーた」は何回か繰り返すと(「じゅーた、じゅーた・・・」、「たじゅー」になるからいいのかな?これも私がみゅーちゃんに体重計に乗って欲しいときに、「たいじゅー、たいじゅー・・」と唱えていたからかもね。
 久々にメニュー載せてみました。いつもながら代わり映えしてません・・・
朝食 カレーライス(白米、イカ、A1カレールー<オーツ麦、カレー粉など>、ピーマン、ピース、カブの葉、玉ねぎ、人参、ジャガイモ)
バナナ (約1/2本)
おやつ 黒豆と昆布(黒豆、昆布、塩)
昼食 チャーハン(トマトケチャップ、菜種油、白米、鶏胸挽肉、大根葉、ピーマン、エノキダケ)
ひとくちキャロットゼリー (1個)
バナナ (1本)
夕食 栗入りきびご飯(くり、うるちきび、白米)
魚と野菜煮(カレイ、カブの葉、人参、エノキダケ、アゴ出汁、塩、コショウ)
お浸し(ほうれん草、稗醤油)
夜食 カレーうどん(親の食事より)
納豆
野菜ジュース(ほうれん草、人参、リンゴ、ブドウなど)
2002年11月10日 <馬に大はしゃぎ!>
 中山競馬場に行き、最終レースのパドックとレースを観戦する。パドックでたくさんの馬を見たみゅーちゃんは大はしゃぎ。パパに肩車をしてもらって嬉しいのもあるけど、馬に夢中!指をさして「うおー」。馬が「ぶるるん」みたいな声を出すと、それがまたおもしろいようで、パドックの場所をなかなか離れたがらず・・・ その後、ゴール前の場所から観戦。外側に芝のコースがあるため、内側のダートは少し見にくい状況。でも、大画面のテレビが目の前で、レースが始まるまで他の競馬場の中継もやっていた。みゅーちゃんはそれを見てはしゃいでいる。もちろん、馬がダートに出てきて、少し慣れるために走るのを見ても喜ぶが、いざ本番は周囲の声の大きさにびっくりして、馬に目が行くどころではなかった。「何が起こったの?」という感じで、周囲の人達にばかり目をとらわれているうちにレースは終了。「あれ?」って感じでした。人が少ないレースでこんな感じなので、天皇賞など重賞レースになると、もっとすごいんでしょうね・・・>中山競馬 時間が遅かったので、建物内や場内遊園地はことごとく閉鎖だったけど、今度は少し早く出かけて遊ばせてあげようかな・・・ 馬券を買わなくても充分楽しめそうだし。