1歳9ヶ月のらいふ 1
単語が少しずつ増えているように思います。
とはいえ、まだまだ何度も口に出る段階でもなければ、
2語文なんていうのはまだまだ先の話ですが・・・
でも、親にしてみれば、嬉しいものなんです!


2002年8月28日(1歳9ヶ月0日) <言葉ネタ(あんぱんまん)>
 駅でバスを待っていたときのこと。とことこと歩いて、がちゃがちゃの前に行く。ずっと一通り見て、お金を入れるところと私の鞄を指さし、「お金をいれて!」の指示。私はがちゃがちゃ系はよほどでないとお金を入れない主義だけど、今回選んだのは、あんぱんまんのキャラレール(列車)だったので、お金を入れてあげる。数種類ある列車のうち、出てきたのは「ばいきんまん」の列車。もう大喜びでずっと離さない状態。列車の横にあんぱんまんの顔があったので、「あんぱんまんだよ」って言ってあげた(数回)。いつもは「あんぱんまん」と言っても何も言わないくせに、今日に限ってよほど嬉しかったのか、「ばんばんばん」(という風に聞こえた)を一度だけかすかに言ってくれた。たったその一度だけど、なぜか嬉しくて、もし次回もキャラレールが欲しいと訴えたら、買ってあげようかなと言う気になってしまった・・・(完全な親ばかですね)

2002年8月29日(1歳9ヶ月1日) <言葉で要求>
 今日はたまたま菓子パンの買い置きが数個あった。高い位置(私<164cm>の胸くらいの高さ)にあるので、気付かないだろうと思っていたら、夕食後に「ぱん、ぱん」と指をさしている。「えっ!」って感じです。買い置きのパンは卵・乳が入っているのであげられません。旦那と二人で何とかごまかしをしました。今までは冷蔵庫に入ったペットボトル入りの水などでごまかしがきいていたのですが、言葉が出るようになると、水だと首を振って拒否をするし、「ぱん、ぱん」って主張するし、なかなか難しくなりそうな予感第1歩です!困惑はありますが、少し嬉しい悲鳴かも・・・ だって、今まで「ぱん」と言う単語は言ったことがなかったし、単語を使って自分の要求を言うことがなかったので。
 でも、よく考えたら、ここ2−3日朝起きてすぐ、キッチンに行き、開口一番に「なな(バナナ)」と冷蔵庫を指さしていたな。そして、バナナを1本食べるのが日課になっていたっけ・・・ これで毎日バナナが欠かせなくなるな。とはいえ、何かをきっかけに単語が1個でも2個でも出始めると一気に増えるもんなんですね・・・ 今まで頭の中に単語を一杯ためていて、それが一気に吐き出されてきている感じかな。とはいえ、よく口にする単語は2−3個で、あとは「ふんふん」だし、2語文なんて、ずっと先の話です。

2002年8月31日(1歳9ヶ月3日) <友達の家での様子>
 私の友達の家に行く。寝起きだったためか、最初はおどおどして抱きついたまま。時折、飾り物などに反応を示す程度。でも、ゼリーを食べた途端、機嫌が戻り、少しうろうろとしたり、パパを床に寝させてじゃれあったりしていた。本当、食べ物に目がないみゅーちゃんです。訪れたのが夕方ということもあり、お邪魔をした時間は約1.5時間程度と短かったのですが、帰る頃にはすっかりと慣れた模様。おむつ交換後、自分でズボンを友達のところに持っていき、履かせてもらったり、自分から「ばいばい」と「ありがとう」のおじぎを何度もしていました。そして、手をつないで玄関まで連れていってもらい、靴まで履かせてもらっていました。ばあばでもここまでなるのに約1週間はかかっているのに、たった1時間ほどでなつくとは見事なもんです!私は「帰省直後だから、まだ人慣れをしているのかな」と思っているけど、旦那は「私が嬉しそうに話しているから気を許しても大丈夫な人と思っているんだよ」と考えているようです。いずれにせよ、他の人に少しでもなついてくれるのは嬉しいかぎりです!

2002年9月2日(1歳9ヶ月5日) <ヨーグルトの経口負荷試験@&先生にバイバイ&昼寝はぐっすり>
 今月から乳製品(ヨーグルト)の経口負荷試験がはじまります(牛乳はそのあと)。そのヨーグルトも下記で示すように、本当に余分なものが入っていないプレーンヨーグルトです(アレルギーの原因を判断しやすくするため)。今日は抗アレルギー薬を飲んでからの試験でした。最初は唇に塗布、その後、1さじ、2さじ、2さじで、いずれも間隔は15分ごとです。ヨーグルトは大人でも好き嫌いがありますが、ここ数日の院内試験でどうしても食べられなくて試験を中断して帰った子が割といたようです。ちなみに、このヨーグルトの味はほんのり甘くておいいしいが、匂いが少し強い気がした。つわり中なら絶対に吐き気を催すかなと思った。でも、旦那はブルガリアヨーグルトに少し砂糖を加えたのとまったく同じと言っていた(私は食べたことがないのでわからない)。みゅーちゃんも1さじ目は確かに少し躊躇したけど、2さじ目以降は「もっとくれー」と、自分で鞄からヨーグルトの入った弁当箱を出していたくらい(あげられませんが)・・・ 試験は一つの問題もなくクリアーしました。次は抗アレルギーの服用なしの試験ですが、早くやりたかったのに、5日以降の予約が満杯でとれず、結局17日まで待機することになりました。ぐすんです。まあ、あせらないようにしようっと!
 ところで、食べる前後に「もしもし」があるのですが、みゅーちゃんはするごとに「ふぎゃ」です。食べはじめたら、「もしもし」をするごとに次が食べられるとわかるから、少しましになるけど、また最後のお医者さんの「もしもし」で大泣き。でも、なぜか今日は帰りにバイバイと先生に手を振っていた。先生も「あれだけ泣いていたのに、もう手を振っているよ」と少しびっくりをしていました。でも、先生にバイバイをしたのは初めてかな。まあ、こういう挨拶だけはわかってきたと言うことでしょうか・・・
 最近はまた少し昼夜逆転気味の生活ですが、今朝は午前8時30分に起こした(この時点で睡眠時間は7.5時間)ものだから、帰宅直前の11時30分にはお昼寝をはじめた。いつものように3時間くらいで起きるだろうと踏んでいたら、なんと午後5時までぐっすり(5.5時間も寝た)。睡眠不足を一気に補ったという感じ。そのため、起きてきたときにはすっきりとした顔で、今までに見たことがないくらい超ご機嫌で、何かぺちゃくちゃしゃべっていた。おかげでまた就寝は午前2時でした・・・

朝食
(経口負荷試験)
ヨーグルト(生乳、果糖、乳酸菌、寒天) (5さじ)
おにぎり(白米、シソワカメふりかけ)
ひとくち桃ゼリー (1個)
ハイハインせんべい (8枚)
昼食 ふりかけご飯(白米、シソワカメふりかけ)
おやつ おさつちっぷ(紫芋、菜種油、甘藷澱粉など)
夕食 粟ご飯(粟、白米)
魚と野菜煮(赤魚、しめじ、タマネギ、ほうれん草、エリンギ、塩、コショウ、アゴ出汁)
ちりめん
ゆでおくら
ひとくちももゼリー (1個)

2002年9月3日(1歳9ヶ月6日) <一日中だるい&お風呂に2回入る>
 今日は私の体がだるくて、起きられない。一日中ごろごろです。特に夕方までがしんどくて、みゅーちゃんのご飯を作って食べさせるのが精一杯でした。朝食を食べさせた後も目が開かない(開けられない)状態で、ずっとうとうと。みゅーちゃんは1人で遊んでいましたが、私の周りは少し悲惨な状況に・・・ 引き出しに入っていた、予備のラベリングテープが1個駄目になってしまっていた(中からテープを引き出して、ラベルとシールを別々にしていた)。とほほ・・・ 昼食後1時間くらいでお昼寝をはじめたので、私も一緒に2時間ほど寝る。その後は少し復活した。体調が悪いのは、ぶり返してきた猛暑のためかな?
 私と一緒に入浴をしていたのに、また午前0時頃、パパと一緒に入浴。1日2回は初めてかな・・・ 最初パパだけが入っていたけど、洗面所に行って、Tシャツを自分で脱ぎはじめた。脱がせてあげると、嫌がるパパを無視してお風呂に入っていったが、私の姿が見えなくなるとちょい泣き。どうもおもちゃがなかったのが原因みたい・・・ まあその後は楽しんでいたようなので、こういうこともありかな・・・(旦那は嫌がるけど)

朝食 雑炊(白米、粟、しめじ、タマネギ、ほうれん草、エリンギ、塩、コショウ、アゴ出汁)
バナナ (1本)
おやつ リーフせんべい(うるち米、塩、菜種油、粗糖)
昼食 日々の食パン(卵・牛乳なし)
A1ソフトマーガリン(卵・乳なし)
野菜ジュース
黒豆と昆布
夕食 ご飯
卯の花(おから、鶏胸挽肉、アゴ出汁、きび砂糖、稗醤油、ほうれん草、人参、エリンギ)

ポテトサラダ(ジャガイモ、キュウリ、コーン、人参、グリーンピース、ノンマヨドレッシング)
ひとくち水ようかん (1個)

2002年9月4日(1歳9ヶ月7日) <まだ体調復活せず&1人で寝る>
 体がだるくてなってから3日目。少しましになったので、ダイエーまで遊びに出かける。行き帰りは気が張っているため大丈夫でも、店内では貧血のような感じで少しふらふら・・・ 子供の相手もしんどい。でも、ゲームコーナーでバスに乗って遊んでいたから、そのバスに一緒に乗って休むという感じ・・・(でも、子供がバス内での移動を要求するけど、さすがにしんどかった)。栄養不足かな?
 今晩も相変わらず就寝は日付が変わった午前2時頃。疲れているので、寝た振りをして放っておいた。最初はふすまをたたいたり(足で蹴るの方が正解かな)して暴れていたけど、そのうちあずさ(大きなクマのぬいぐるみ)に抱きついたまま寝ていた。いつもこうなら良いんだけど・・・

朝食 ご飯
ポテトサラダ(ジャガイモ、キュウリ、コーン、人参、グリーンピース、ノンマヨドレッシング)
アサリの佃煮(市販)
バナナ (1本)
おやつ ふかし芋
昼食 市販赤飯おにぎり (1個)
リンゴジュース
夕食 ご飯
ゆでオクラ
ハンバーグ(馬挽肉、タマネギ、カボチャ、大根葉、大麦粉、タピオカ粉、亜実油、菜種油、
 塩、コショウ、トマトケチャップ)
みそ汁(稗味噌、アゴ出汁、ワカメ、キャベツ、エリンギ、しめじ)
夜食 ふかし芋

2002年9月6日(1歳9ヶ月9日) <言葉ネタ(お茶と1)&食物アレルギーのこと>
 朝食を食べているとき、マグマグの湯冷ましを指さして、「たた(ちゃちゃ)」と言った。あと最近では数字の「1」を人差し指1本出して、「いち」と言えるようになった。まだ縦線を上手に書くことは難しいけど、たまに「1」らしきものも書いてくれる。今は「2」(親指と人差し指を出す)と「5」(ぱー)を特訓中(?)。
 テレビの夕方の特集で、食物アレルギーのことについて放送していた(途中から見る)。内容は何らかのアレルギーをもつ子供が増えていて(都会では3人に1人くらい)、加工食品など表示のないごく微量のアレルゲン(原因物質)に反応をしてアナフィラキシーショックをおこすこともあるというもの(たしか2−3割くらい)。今年の4月からアレルゲン表示の基準が少し厳しくなり、卵や乳などメインの原因物質については表示が義務づけられるようになった。加工食品はもとをずっとたどると、200−300種類以上の原材料が含まれているらしい。そのため、製造業者自身把握できない部分もあるようだ。これには驚いた。また、鰹節(和風出汁の方?)には乳糖(牛乳に含まれる糖)が含まれていたり、市販の赤飯に卵由来の酵素(ねとねと感を保つため)と極微量ながらも含まれている。また、原材料に含まれていなくても、製造ラインが同じために極微量が混じる可能性もある。最近は解除が徐々に進み、何でも食べられるようになりつつあるので、加工食品を与えたりしてるが、実際は怖いんもんなんだなと改めて思い知らされ、少し頭を殴られた気分になった。100%手作りをしているから完全に安全とも言えない(残留農薬などの問題)し、何をもって安全と信じればいいんでしょうね・・・  でも、親も体調が悪い日もあれば、手抜きをしたいときだってある。やはり、そんなときは調理品を使いたいし、自分の価値判断による駆け引きかもね・・・
 ところで、その中で、アレルギーをもつ親子のために、フランス料理のフルコースを食べる会を募ったら190名足らずの参加者があったようだ。5大アレルゲンを使用せず、野菜の旨みを利用して調理してくれる。さらに、アレルゲンが混入しないように、鍋などの調理器具にも気を使ってくれている。参加している子供の多くは幼稚園〜小学校低学年くらいだったが、「これ全部食べてもいいの?」ってお母さんに聞いたようだ。アレルギーの重度によっては外食もままならない家庭が多く、みんなとても嬉しそうな感じだった。うちもたまには外食(主に和食かうどん屋さん)をするけど、やはりどこにはいるかで悩むことが多い。親が食べたいと思っても、子供は食べられないし、やはり我慢をしている部類かな・・・(最初の頃よりは、はるかにましだけど) 食事に問題があれば、お泊まり旅行もしづらいし、もう少し強くなるまで頑張らなければ・・

朝食 ご飯
とろろ昆布
卵焼き(卵約1/2個、ネギ、フラクトオリゴ糖、稗醤油、亜実油、菜種油)
バナナ (1本)
昼食 A−カットパン (1個)
モモジュース
おやつ リーフせんべい(うるち米、塩、菜種油、粗糖)
ハイハインせんべい (2枚)
夕食 ご飯
みそ汁(稗味噌、アゴ出汁、ワカメ、タマネギ、エノキダケ、ジャガイモ)
魚のソテー(メカジキ、塩、コショウ、亜実油、菜種油)
お浸し(ほうれん草)
酢の物(キュウリ、メカブ、もろみ酢)