みゅーちゃんの育児日記
2歳1ヶ月−1
2002年12月29日<言葉ねた(誰)&2個のボタン留めに成功!>  
おとついから、自分の名前を言うようになり、昨日は旦那にもらったお古の携帯の待受画面の自分の写真を指差して、「みゅーちゃん」と言いながら、私に教えに来てくれたよ。それもとてもニコニコの顔で… 2語文を一向に話す気配はないけど、単語だけでも充分わかりやすくなったので嬉しい。また、今日はその携帯を持ってきて、名前こそ言わないけど、今度は「だえ(誰)?」、「だえ(誰)?」と言う単語に代わっていました。昨日、私が嬉しくて、何度も「これ、誰?」と聞いたからかな?

最近、自分のことは割りと自分でしたがるのです。服を着るとか、ボタンをはめるとか… でも、ボタンをはめることは細かい作業なので、何度挑戦しても、ボタン穴にボタンが半分も入ればいい方だった。今夜の入浴のときも同様。でも、夕食後のおむつがえの際、初めてボタンを自分で留めることに成功!それも2個!。今日のパジャマはズボンが脱げないように、ズボンの前側にお腹を覆うようにクマさんの顔がついていて、その顔とパジャマの上の部分をとめるために、上の胸のところに左右1個ずつボタンがついている。私がおむつを捨てに行っている短時間の間に成功してしまっていたのだ。戻ると、嬉しそうに、「でいた(できた)!」、「でいた(できた)!」と叫んでいました。でも、こんな感動的な場面を、間近で見たかったのに、なかなか上手くいかなくて、残念!

2003年1月1日<元旦の進歩(他の子がいるよい子広場に入る&はじめてパパと寝る)&我が強い&言葉ねた(久々の2語文&年賀状を見て)>
新しい年のはじまり。今年は帰省をしないので、ゆっくりと寝正月。昼食が雑煮。喉を詰まらせるといけないので、みゅーちゃんはお餅を一口のみ。その後、近所の神社に初詣に行く。みゅーちゃんもベビーカーから降りて、鐘をたたく。ダイエーが元旦から営業をしていたので、初詣帰りに行く。いつもは割りとすいているオープンスペースも今日は混んでいて、たこ焼き屋さんなど大繁盛。そこで、休憩後、ゲームコーナーで少し遊び、よい子広場の前を通る。誰もいないのを見ると、みゅーちゃんは自分から入ろうとする。でも、同時に男の子の兄弟(4歳、1歳くらい)が入ってきたので、逃げるのかと思いきや、一緒に入る。2003年の元旦にいきなり進歩を見せる。ブロックを親のところに持ってきたり、車に乗ったりしていた。でも、1歳くらいの男の子が近づいてきて、顔を軽くたたかれたら、一瞬固まり、もう涙目。また、車から降りて、旦那に抱っこされているにもかかわらず、その車に1歳の子が乗ると号泣。自分より小さい子は苦手なようだ。大きい子の動きばかり、目を追っていた。大きい子には興味があったようだけど… でも、帰るときに、「バイバイしようか…」と言ったら、誰も無関心にも関わらず、「バイバイ」と言いながら、その場を立ち去る。まあ、これだけでもかなり進歩で嬉しい! でも、我もとても強くなっている。パワーアップと言うのだろうか… 今日も外出のときに、片手に風船、反対側には、昨日ばあば(私の母)から届いた金魚のバッグをもった上に、しまじろうのぬいぐるみを抱っこしている。途中で放り出すのは目に見えているので、「どれか一つにして」と頼むと、号泣し、廊下に寝そべってもだえている。せめて、しまじろうをバッグの中に入れようとしても、「だっこ」と言って聞かない。結局、親の方が根負け。ようやくバッグなどを離したのは、お菓子を食べるとき。これなら出かけるとき、お菓子をあげとけばよかったかも…と思ったくらい、時間のかかった出来事だった。年賀状を見ていたら、赤ちゃんや子供の写真があるたびに、「だえ?だえ?」といちいち尋ねる。やはり、同じくらいの子には興味があるみたいだ。「わんわん、ねんね」以来、ずっと久しく出なかった2語文。昨日から、「わんわん、いた」、「ママ(パパ)、いた」とまた出るようになってきた。また、人(親)を呼ぶとき、「お(−)い」と少し遠くから呼ぶことも増えた。少しずつ話す単語が増えてきた。

2003年元旦は進歩の日かも… 一つ目は上記に書いた、他の子がいる広場に入ったこと。二つ目ははじめてパパのそばで寝たことだ。いつもは眠くなると、横になっている私のそばに来て、「だっこ」と言いながら、首周りに抱きついてきて、そのまま寝るパターンで、絶対旦那のところには行かなかった。でも、今日はほとんど寝かけのパパの枕に自分の頭を置き、「だっこ」と言いながら抱きつく。そして、そのままパパの枕の上でぐっすりと寝る。逆にいびきをかいていた旦那は起きてしまったけど、初めて自分の横で寝てくれたことに嬉しかったようだ。やはり、5日間も朝から夜まで一緒にいる効果が出ているのかな? 私としては出産時の入院で、みゅーちゃんを寝かせつけできない日が数日できるから、私以外の人と一緒に寝てもらうととても楽なんだよね…

2003年1月2日><Y&Y様とのひととき&言葉ねた(遊ぼ&シャワー)>  
お昼にY&Y様が遊びにきたので、一緒にお節を食べる。みゅーちゃんは食事より、絵本(ベネッセ)を読んでもらうことに夢中。4−5冊まとめて、Y(子)様のところに持っていって、それを終えると、また次の絵本数冊。結局、本棚にある本を全部見せていました。おかげでY(子)様はあまり食べられなくて、すみませんでした。普段なら、なによりご飯の娘も、本を読んでくれる人が好きなよう。私がいつもいい加減だから… でも、なぜいつも本棚にある本全部を持ち出すんだろうと、今だ不思議。1−2冊でいいのに… でも、送り迎えもパパと一緒に喜んで行ったし、大分大人慣れはしてきた模様。夜、絵本の付録のカードをもってきて、「ママ、あそ(と)ぼ!」と言ってきました。「あそぼ(遊ぼ)」なんて言われたのは初めてで、少し驚いた。でも、これ1回きりだったりするけど。その絵本の中の風呂場のシャワーを見て、「じゃわー、じゃわー」と言いながら、シャワーをするまねをしていた。

2003年1月6日<高熱時の育児は大変&お腹の傷はママの手抜き料理が原因?>
昨日の午後から私が39度を超える発熱。体がふらふらで何もできず、寝込んでいた。もちろん、食欲がない上に、食事の準備ができないので、午後から旦那に主に面倒を見てもらっていた。でも、長期連休の最終日で、今日からの仕事初めに気が重いのか、本当に体が疲れているのかわからないけど、時間とともにどんどん相手をしなくなっている。割と一人で遊んでくれているので助かっているが、私が意識朦朧とした中で気がかりなのはおむつ交換のこと。おしっこならともかく、食後はたいていうんちをする娘。遅めの昼食は食パンとバナナだったけど、パンは食べ終えたけど、バナナは少し食べるのに時間がかかった。そういう場合、たいていパンだけでもうんちをする。だから、旦那には「うんち見て」と言ったけど、まだ「バナナ、食べとる」と放ったからし。でも、私はすぐに立てる体力がすぐになく、30分ほど意識が飛んだ後に、確認すると、やはりうんちをした状態だった。旦那は数時間の世話で疲れた(嫌になった)らしく、おむつ交換もしてくれないので、ふらふらした状態でおむつ交換。夕食は野菜炒め+市販惣菜を娘に用意してくれたので、私が食べさせる。少しましになったので… その後、少し相手をしたようだが、娘を置き去りに自分はさっさと寝ていた。仕方なく、私が娘が寝るまで相手。午前0時には寝てくれたので、助かったけど… でも、熱は今朝まで38度台。午後からは37度台後半と落ち着いたので、食事とおむつの世話以外はこくこくと寝ていた。でも、こういうときに限って、娘は昼食から夕食時の間に4回もうんちをして起こしにくるんだよね。今日は旦那が仕事+飲み会なので、ママはふらふらでも育児はしないといけないので、ママ業は大変。旦那には「専業でぼーっと毎日過ごしているようだけど、子育ても楽じゃないでしょう?」と聞いてみたけど、返事は上手くごまかされました。でも、ほんの半日足らずとはいえ、大変さが身にしみただろうと私は思っている。

最近、お腹を眠たくなったとき、眠りが浅くなったときによく掻き、細かい掻き傷がたくさんできている。あれだけきれいだった肌も傷だらけ。この年末年始に、つわり症状で少し気分が悪かったり、疲れてスーパーの惣菜を結構利用したからかもしれない。保存剤とか添加物の影響だろうか? 手抜きママで申し訳ない気分でとても反省。そうでない時も旦那が市販品を買ってきて、つまみぐいをさせることがよくあるから。明日からは数日間はみゅーちゃんには外のものを食べさせないようにするよ! いつまで続くかわからないけど、最低でも3日くらい。

2003年1月7日<風邪が移った?&お腹の痒みは肌の乾燥が原因?>  
私が平熱に戻ったら、みゅーちゃんが少し咳をはじめている。私が発熱をする1−2日前にしてた咳と同じ感じ。やはり、移ったかな? 発熱が少し怖いな… 私の風邪がインフルエンザなのか、普通の風邪かもわかっていないし。みゅーちゃんはインフルエンザの予防接種は受けているから、万が一そうだったとしても、軽くすむと思うけどね。でも、なって欲しくないよ… まだ体調が万全でないから。少し気分も良くなったので、みゅーちゃんのお腹の肌をじっくりと観察。どうも肌全体がかさかさして、乾燥しているようだ。今までのような潤いが少ない。ほっぺの肌も。もしかしたら、乾燥で痒みが生じている可能性も高い。今日は保湿のために、軟膏を塗ってあげる。これから小まめに乾燥対策だね。

2003年1月8日<言葉ねた(CM曲&電気)&一種のこだわり>
「ゼクシー」の雑誌のCMが気に入ったようで、曲が始まると、「パパパーン、パパパーン…」と一緒に歌っている。まあ、あのフレーズはCM見ていなくても、結構耳に残るように入ってくるもんね。言葉ねたでは、「うえ」と言いながら、指を差している。次は、「だんき(でんき)」と照明を差している。大分、方向性もわかってきたかな。

今週は私の体調が悪いためか、単に自分でやりたいのかどうかわからないが、うんち等をとってあげれば、ほとんどは自分でおむつやズボンを履いてくれる。やろうかなと思っても、やらせてくれないという方が正解かな。楽チンだけど、おむつももズボンも前後逆だったりすることが多い。ズボンはまだいいけど、おむつがお漏らしの原因となっても嫌なので、渡すときに前になる方を上にして渡すけど、そのときの絵によっては、どうしても後ろ側の絵が前でないと嫌なときがあるようで、これは自分で前後逆にしている。その上に履く毛のパンツ(スカートのとき)も後ろ側に絵がついて、前側は無地。この場合も、絶対絵が前でないと気に入らないようだ。少しずつこだわりができてきたようだ。

夕方、一緒に入浴し、その後、遅いお昼寝に入る。午後9時頃起きたら、体が熱い&ぐずる。体温を測ると、37.7度。ずっと抱っこの状態で、1時間後にはすでに38.4度まで上がる。私と同じ症状で、体温が一気に上がってきた。ほっぺも真っ赤で、体がだるいのか、ずっと抱っこの状態で動こうとせず。夕食も欲しがらず。11時過ぎにまた寝はじめる。今度、午前1時30分頃起きる。この際は元気に動いているので、体温を測ると、37.2度。一過性のものだろうか? でも、不安なので、様子を見よう!

2003年1月9日<発熱は続く&クリニックに行く&食欲はある>
結局、午前1時30分に起きて、数時間遊んでいたようだ。また私が先にダウンしたので。午前5時頃に布団に移動させようとしたら、体が熱い。また、38.3度まで上がっている。11時頃、起きたときも体温は変わらず。このまま体温が上がらないようであれば、家で様子を見ようかなと思う。私と同じなら、今夜か明日には絶対下がるので。娘に「もしもし、いく?」と聞いても、「いやいや」と首を振るし。でも、昼食はお粥とお菓子(ひえりんぐ、せんべい)はきちんと食べる。熱の中でも、食欲は少しあるようなので安心だ。食事をすれば、水分もとるから脱水症の心配もなくなるから。その後、午後2時頃から1時間ほどお昼寝。起きてみると、体温が38.6度になっている。このまま上がり始めると、39度を越えるかもしれないので、解熱剤を入れるにしろ、インフルエンザだと下手に入れられないので、クリニックに行くことにする。娘に2度ほど「もしもし、いく?」と聞いても、「うん」と午前とは返事が変わっている。私の体調も万全ではないので、タクシーで行く(片道徒歩20分のため)。風邪の患者さんが多いかなと思ったけど、いつもよりすいていた。ラッキー! 嘔吐下痢風邪など他の風邪をもらう確率が減るから。今日は予防接種やアレルギーできていた患者さんが多かった。高熱だけど、口の中はあまり真っ赤になっていないので、インフルエンザではないとのこと。中耳炎の可能性もあるので診てもらうが、異常なし。結局、風邪薬と座薬の解熱剤をもらって帰る。ところで、いつも診察は大泣きするのに、自分で行くといった分、偉かった。お口も自分で素直に開けていたし、耳も初めての体験なのに、おとなしく先生に見せていた。診察後は「ばいばい」と手も振っていて、いつもと異なる態度に看護婦さんも驚いていました。やはり、何も言わずに診察を受けさせるのと、最初に聞いてから、娘の意見を重視したようにして受ける診察とは異なるのだろうか(今までは何も言わずに)? それとも単なる気まぐれ? 帰宅後、また3時間ほどお昼寝。夕食は食べないのかなと思いきや、旦那と食事の準備をしていると、自分の椅子やエプロンの準備などを自分でして、食べるぞとアピール。今夜は本当に何も準備をしていなくて(私が食欲が出ないことが一番の原因)、昨日みゅーちゃんのために作った残り物などがメイン。ご飯も昨夜の分がたくさん余っていたし。量は少ないけど、私よりはたくさん食べていたんじゃないかな… 食べるだけ元気のある証拠。明日には治るかな…

2003年1月10日<平熱に戻る&言葉ねた(バス&川)&産婦人科でもいい子>
朝には平熱に戻っていた。ほっ… 無事に産婦人科の検診にも行くことができた。結局、昨日もらった薬もまったく飲まず。あのまま熱があまりわからないとわかっていたのなら、クリニックに行かなくてもすんだのに… 医療費の無駄使いをしてしまい、反省! 補助をしてくれる区と健保に感謝! 我が家はタクシー代の出費のみ(ほぼ基本料金程度とはいえ…) 安心料ということにします。産婦人科に行くときは、バスに乗るけど、終点でのバスロータリーではたくさんのバスが停車中だったので、「バス、バス!」と騒いでいました。今までは車もトラックもバスもサイレンつきの車を除いては、全部「ブーブー」だったのに、バスだけは急に「バス」と言ってくれるようになった(「バス」と教えていたのもあるけど)。あと川を渡るとき、いままでは「うわ」としか言えなかったけど、「かわ」と言い直してあげたら、「かわ」と言えたので、少しびっくり! だって、「か」の発音が今までできなかったから…

産婦人科でも前回にましていい子ちゃん。私の採血や超音波のときは決して近づこうとせず、後ろでじっと待っているし。超音波のときはカーテンで仕切るため、ベッドのそばにいてくれるほうがいいのに、これも少し離れた場所から見ようとしていて、看護婦さんにそばに引き寄せられていたけど… でも、ずっとこの調子なら安心して、二人で検診に行けそう。帰り際もちゃんと看護婦さんや先生に「バイバイ」をしていた!

2003年1月11日 <回転寿司デビュー>
今日から3連休なので、ヨーカドーに遊びに行く。そこで、夕食は初めての回転寿司デビューを果たした。まだ授乳中の寝ている間に、親だけ回転寿司に一度行った事はあるが、それ以来なので、私も久しぶり。生ものを食べられないので、さび抜きのきゅうり巻きとしんこ巻きを頼み、それを食べてもらう。きゅうり巻きの方はパクパクと一人で食べていた。その後、しんこ巻きを少し。あとは あら汁の魚と大根を少々。おすしのネタの玉子焼きと焼きアナゴをほんの少し。茶碗蒸しをほんの少し。寿司ネタの方はあまり興味をもっているという感じではなかった。でも、卵、卵を含む製品を少しなら食べてもよくなっているので、親としても外食がたまにできると嬉しい! 特に、今の私のように家で作ったものをあまり受け付けないときには… 食後、旦那がみゅーちゃんに「おいしかった?」と聞いたら、首を思いっきり横に振ったので、旦那が「くわせがいのない奴。」と少し嘆いていた。当の本人はわかって答えているのかどうかは不明。でも、最近は割りと「うん」と「いやいや」の区別をして答えることが多いので、真意はどうだろう? やはり、カレーとかうどんの方がいいのかな?

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved