みゅーちゃんの育児日記
2歳10ヶ月−2
2003年10月22日<ゆーちゃん、かわいさのあまりに…(?)&魔の2−3歳児に疲れ気味>
最近、ゆーちゃんに乗りかかったり、足を乗せたり、たたいたり(軽度)することが多くなってきた。起床時なんかは、いつも隣に行って、添い寝をしたり、抱きついたりして、かわいがっているなと思っているが、ふとそういう行為にでるので危なっかしい。特に、親の目が離れたとき。私もいろいろストレスがたまっていらいらすることもあり、食事時に遊んだり歩き回ると怒るし(最初は我慢をしているが、食事に1時間以上も要したり、「食べさせて」と言いながら、遊びなどに夢中になるので)、家事・下の育児(おっぱいやおむつ交換など)などに追われて、充分に遊んであげられないから、そのストレスなのかもしれない… とはいえ、基本的にかわいがっている、そういう印象は強いけどね。相変わらず、ミッキーなどにはおっぱい、おむつ交換に忙しいときもあるようだから。少し反抗期突入傾向も強い。それが一番の原因かな? 自我も強くなり、自分の意思が通らないと、すぐに泣きべそになったり、かんしゃくを起こして、「バカ!」と言う。うんちやおしっこも事後申告できる回数も増えているから、「おまるやトイレでしようよ」と言うと、すぐに「バカ!いや!」。「幼稚園に行けないよ。トイレでできる子だけ幼稚園に行くよ。」と言っても、「幼稚園、行く。でも、トイレはいや」。「じゃあ、幼稚園は行けないね。再来年にしようね」と逃げるしかないんだけど…(いずれにせよ、2年だし) あまりにも部屋が片付いていないといらいらするので、遊んでいないおもちゃなどを少し片付けると、逆切れされて、片付けたおもちゃをひっくり返し、ばらまくかれ、手のつけづらいこともある。一番嫌なのが、たたきに来ること。めがねをかけているのに、顔面を叩いてくるので、メガネが吹っ飛んだりする。メガネも早々買えるものでもないし、壊れたらお互い大変なことになる。そこで、言い聞かせても「バカ!」で、何度もやってくるから、こっちも腹が立って怒る。他にもいろいろ。あと、「ママ、○○、して」とか命令口調であったり、「ママ、○○と言って」とひつこかったり、なんか魔の2歳児(もうすぐ3歳児)に相当疲れ気味の私だ。あまりにも自分がいらいらしてどうしようもないときは、お出かけをすることにした。すると、お互い気分も変わるから。頻繁なお出かけはあまり好きではないが、家でいらいら、がみがみより良いのかなと思って… 自分の精神状態を保つためにも。

2003年10月24日<3人でバスデビュー>
今日は二人を連れて、はじめてバスでお出かけ。ゆーちゃんの首がすわったので、ようやくおんぶができるようになったからだ。そうでないと、バスなど主要な場所でみゅーちゃんを抱っこできないから。最寄のバス停までは、大人の足で2−3分。子供だと5分くらい。そこまで一緒に歩いたが、次のバスがくるまでに10分以上ある。そこで、次のバス停で、二つの路線のバスがくるところまで歩くことにした。大人でも5分強はかかる道程で、みゅーちゃんはそこまで歩いたことがない。歩けるのかもしれないが、いつも甘えて抱っことかベビーカー。でも、今日はゆーちゃんをおんぶしていることをわかっているので、ゆっくりながらでも一生懸命歩いてくれた。バスを降りた後も区役所の出張所までも約10分弱かけて歩いてくれたし、そこから、また地下鉄の駅のところまでも歩いてくれたり、普段ではなかなか考えられないくらい頑張ってくれた。やればできる、でも、普段は相当甘えている、こんな感じのみゅーちゃんかも。特に、パパだとすぐに抱っこ…だし。

2003年10月25日<ヨーグルトの製品選びは難しい&危険行為が増える>
約2週間ぶりにヨーグルトをあげる。でも、その2時間後のうんち後には肛門のひだの周囲が少し赤いし、夕方には便が柔らかくなっている。以前、牛乳の鮮度が落ちたときやヨーグルトの脂肪分が多くてあわなかったときの症状と同じ。今回のメーカーのものは小岩井のクリーミーヨーグルトだけど、原材料が割とシンプル(生乳、乳製品、寒天、砂糖、香料)だったので大丈夫かなと思ったけど、甘かったのかも… 以前、駄目だったのは蒜山ジャージーヨーグルト(上部に脂肪分が分離している)。隠れアレルゲンとはいえ(皮膚・血液検査で陰性)、なかなか製品選びは難しいかも。やはり、ショップで購入するのが一番あっているのかもしれないな。

風呂でふざけているみゅーちゃん。危ないから注意をしていたのにやめない。浴槽の内側から洗い場の床をのぞき込むようにするので(まるで鉄棒をする感じ)注意をしていたのに、ほんの一瞬(2−30秒)目を離した瞬間に頭から洗い場に転落。もちろん、泣いた(軽度だけど)。怪我はなかったけど、「痛いから、今度からやめようね」と怒りたい気持ちを抑えて注意をしたのに逆切れをされて、また顔面を叩かれる。私はどうすりゃ、いいのよ、娘ちゃん! まあ、へまをやった自分が一番悔しかったんだろうけどね。痛くて泣いていると言うより、悔し泣きみたいな感じだったから… 他にも小さなブロックを口に入れているので、出すように言うと怒るし、危険行為が多すぎる。気をつけないと。日々気が気ではない。 

2003年10月26日<お出かけ>
錦糸町までお出かけ。最寄り駅までは自分で歩く。いつもはパパにすぐに抱っこ、もしくはバギーボードにすわる、なのに… 小走り状態で、「はしる、はしる、手をつながない!」と今までにはない状況。これが本来の子供の姿なのかもしれないが、明後日で2歳最後の月に(2歳11ヶ月)になるので、ようやくみゅーちゃんも仲間入りか?って感じ。車には注意をしないといけないし、なるべく車通りが少なく、広い裏道を選んで駅まで行く。でも、駅に着いた途端、「パパ、だっこ」にはじまり、結局帰宅までその状態。帰宅時は眠くなってきていたので、私がゆーちゃんをおんぶし、みゅーちゃんをベビーカーに乗せる。駅からずっと抱っこで歩くのは旦那が大変だから。抱っこをしてもらうときも、「甘えんぼ」と言いながら、「だっこ」と言う。自分で言ってりゃ世話ないけどね(苦笑)。

<本日の食事>
(朝食兼昼食)
ふりかけご飯(白米、ミヤコ野沢菜ふりかけ)
生協お魚ソーセージ (ほんの少し)
八宝菜(豚肉、キャベツ、ピーマン、ネギ、人参、タピオカ粉、塩、稗醤油、あご出汁)
とろろ昆布
菜っ葉煮(チンゲン菜、舞茸、人参、あご出汁、稗醤油、みりん、てんさい糖)
(軽食:クイーンズ伊勢丹にて)
手作り鶏そぼろおにぎり(白米、海苔、塩、鶏、醤油) (約2/3個)
かっぱ巻き(酢飯、海苔、キュウリ) (キュウリは食べず) (2−3個)
(夕食)
ふりかけご飯(白米、うるちきび、ミヤコ野沢菜ふりかけ)
かぼちゃ煮(かぼちゃ、あご出汁、稗醤油、みりん、てんさい糖)
菜っ葉煮(同上)
とろろ昆布
さんまの塩焼き(さんま、塩:クイーンズ伊勢丹にて購入)
コロッケ(クイーンズ伊勢丹にて購入:約1/2個弱)

2003年10月27日<出産直前のひろくん親子と会う>
ひろくんママが明後日計画出産なので、実家(私の家の近所)に里帰りをする直前にお邪魔する。先日、ひろくんが遊びにきてくれたときは、赤ちゃんには無関心だったけど、今度生まれてくる赤ちゃん用の籠に入ったゆーちゃんのほっぺをつんつんとしたり、頭をなぜたりして、少しお兄ちゃん気分を味わっていた。やはり、直前となり、直前となり、お兄ちゃんになる覚悟(?)のようなものができたのだろうか? あとは、みゅーちゃんとたくさん遊ぶ。馬に一緒に乗ったり、踊ったり、歌ったり… 歌は二人同時に別々の曲を大声で歌うから面白い。ひろくんは「なんでだろう、なんでだろう…」と、みゅーちゃんは「からす、なぜ泣くの?」か「大きな栗の木の下で…」とかその辺りだけど、はっきりと思い出せない。また、遊びはじめた最初の頃と異なり、会話(2−3語文だけど)が入りはじめているから、見ていて新鮮な気分。成長を感じる今日この頃。とりあえず、最近昼間いらいらすることが多くて、悪戯に怒り気味だったけど、ひろくんママが誘ってくれたおかげで、怒らずにすんだ(笑)。


  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved