みゅーちゃんの育児日記
2歳11ヶ月−2
2003年11月14日<インフルエンザ予防接種1回目終了>
今日はインフルエンザ予防接種の日。午前10時までにクリニックに行かないといけないのに、二人の子供たちは寝ない、寝ない。みゅーちゃんが午前5時、ゆーちゃんが午前7時、私は寝ると起きれないので、貫徹よ。寝る前から(もっと前からだけど)、朝から「痛い、痛いしてもらいに、先生のところに行くよ」と言い聞かせてあったおかげか、9時に自ら起きてくる。寝不足によるぐずりが心配だったが、「いたい、いたい、行くよ」と案外けろっとして答え、着替えをすませ、機嫌よくクリニックへ。気合を入れなきゃと思っていた私の方が少し拍子抜け。いつもの通り、皮内テストを行う。今回はまったく腫れず、無事に終了。次回は12月1日に2回目接種の予定。皮内テストの結果が良かったためか、いつも処方してくれる副反応防止のためのザジテンもなし。IgAの数値が低くても、進歩かな… ちなみに、皮内テストの注射部分。夕方にばっちりと腫れていました。約1×2cmくらいの赤い膨らみ。接種部分は問題なし。3年目のインフルエンザにして、はじめて腫れた気がするけど、元気そうだから、今度も大丈夫でしょう。午後3時30分頃より、3人で激寝。みゅーちゃんは8時30分頃まで寝ていたけど、私が11時頃にうとうとしていたら、隣で一緒に寝ていた。さすがに、逆転と予防接種で疲れたみたい(笑)。

2003年11月15日<753参り&腹痛と便>
今日は満年齢の753の日。特に、何をするわけでもないけど、徒歩2−3分の近所の神社で参拝。それも親子3人ジーンズという超ラフな格好で… 有名どころに行くわけではないから、人もまばら。一応絶えずに親子が来ているようだけど、「1組来ては、1組帰る…」みたいな感じ。とはいえ、我が家みたいに超ラフはさすがにいなかったかも(苦笑)。それでも祈祷料を払い、神主さんにお払いをしてもらって、最後に色紙(手形をとるためのもの)、祀菓子、お守りをもらう。その後、神社の前で記念写真。ただ、休日になると、超甘えモードに入るみゅーちゃん。平日は一人でも歩いてすたすた行くのに、休日はまったく駄目。すぐにパパ抱っこで、「待って」と言ったり、少し歩かせようとすると泣きじゃくる。だから、写真も泣きべそかいてる合間にとった感じ。まだまだ続くのかな、この軽度の赤ちゃん返り?

その後、ヨーカドーに行く。単なる気分転換。そこで、試食を食べる。手作り餃子&シュウマイ、蒸しパン、ソーセージ。その前にミスドで、ドーナッツ(ボン・デ・リング)を1−2口と割包(卵入り)を約半分。ミスドに関しては、数回食べているので、問題なし。試食も同様。しかし、帰宅直前頃、ぐずり泣きをはじめる。帰宅後も同様。すぐにはおさまるので、甘え泣きかも…ということで、再度旦那が近所の100円ショップなどに出かける時に連れて出たのだが、マンションを出る前に大泣きをはじめたために、すぐに帰宅。そして、腹痛を訴える。お腹の痛みがきて、普通うんちが出る。うんちを出す時の痛みはたまーにある(私だって同様だが)。うんちが出ると落ち着くのだが、またすぐに腹痛がきて、うんち。徐々に柔らかくなり、水様便となる。その頃には量も減る。結局30分〜1時間の間に連続8回うんちをして、ようやく落ち着く。試食の食べ合わせが悪い?体調などとの兼ね合い?昨日のインフルエンザの予防接種の影響? それとも単なる便秘気味で、うんちが溜まっていたのかな?一応、うんちは毎日1−2回はしているが、みゅーちゃんにとっては少ない出方だったのかな? 私だって、同じような体験は数回ある。別に下痢だからではなく、便秘気味で溜まっていたうんちが外に出て解消されるとき。いずれにせよ。みゅーちゃんにとっては初めてのことでびっくり! 旦那がつきっきりでうんち対応。私はゆーちゃん対応。休日で良かったけど、平日だったら、少し大変だったかも… とりあえず、食事に関しては、まだまだ油断大敵ってっことかな。しかし、お腹の中のものがほとんど出し終えると、けろっとして遊んでいた。判断も難しいです。

2003年11月21日<わらび餅>
わらび餅を作ってみる。里帰り中に、スーパーで見つけたわらび粉で作ったものはいまいちだった。今回は辻安全食品のわらび粉(サツマイモ澱粉)を利用するが、もちもちっとして、なかなかおいしいものになる。娘に黄粉と思ったけど、買い置きもなく、二人で黒糖蜜をかけて食べる(私は黄粉除去中)。今回は1袋の半分を用いて作ったので、また次回が楽しみだ。今度はキヌア焙煎粉(黄粉の代用)でも買おうかな…

<本日の食事>
(朝食)
ふりかけご飯(白米、稗、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
焼うどん(うどん、コーン、人参、ピース、イカ、玉ネギ、小松菜、しその実油、きび醤油)
みそ焼きおにぎり(生協) (1個)
(昼食)
ご飯(白米、うるちきび)
焼海苔
茹でラビソーセージ間食わらび餅(わらび粉<サツマイモ澱粉>、黒糖蜜)
(夕食)
ふりかけご飯(白米、うるちきび、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
味噌汁(あご出汁、豆腐、ワカメ、ネギ、粟味噌)
菜っ葉煮(大根葉、ナス、人参、きび醤油、てんさい糖、アゴご出汁、みりん)
粉ふき芋(ジャガイモ、塩、コショウ)
切干大根煮(ラビソーセージ、大根、人参、ひじき、きび醤油、てんさい糖、みりん)
納豆 (少し)

2003年11月22日<誕生日プレゼントが届く&身体測定>
母と祖母より、一足早い誕生日プレゼントが届く。めばえ12月号、ミヤコのお菓子二つ、ビスタージ・ココア(クッキー)、風車、吹流し、大きな鉛筆(30cmくらいの長さの太いもの)3本。そのうちビスタージは私が勝手にもらう。朝起きてすぐに渡したので喜び、とりあえず、おさつでぽん(ミヤコ)を1袋早速に食べた。その後、旦那にめばえの付録を作ってもらう。そばで嬉しそうに、ずっと見ていた。もちろん、邪魔を大いにしながらではあるが。「おかあしゃん(母)、おばあちゃん(祖母)、ありがとう」だそうです。

午後、ヨーカドーに出かけ、赤ちゃんルームで身体測定をしてみる。身長88.5cm、体重約12kg弱。10月にクリニックで測ったときとほぼ同じです。成長の停滞期かな?

2003年11月23日
<本日の食事>
(朝食)
酵母食パン(小麦、酵母、砂糖、塩)
A1マーガリン、無糖イチゴジャム
みかん
(昼食)
ふりかけご飯(白米、うるちきび、げんきタウン・まんまぱっぱ大根葉ふりかけ)
スパゲティー(きびめん、ツナ缶水煮、玉ネギ、ナス、塩、コショウ、きび醤油)
茹でポークウインナー(豚、砂糖、塩、香辛料:生協)
(間食)
甘栗
(夕食)
ふりかけご飯(白米、うるちきび、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
コロッケ(市販・惣菜)
菜っ葉煮(菜っ葉?、しいたけ、人参、いりこ出汁、きび醤油、てんさい糖、みりん)
しらす干し
焼き海苔
金山寺味噌

2003年11月24日
<本日の食事>
(朝食)
ふりかけご飯(白米、うるち粟、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
大根餅(大根、豚挽肉、大根葉、ネギ、きび醤油、しその実油)
煮ナス(ナス、アゴ出汁、てんさい糖、みりん、きび醤油) (ほんの少し)
菜っ葉煮(菜っ葉?、しいたけ、人参、いりこ出汁、きび醤油、てんさい糖、みりん)
みかん (約1/2個)
ふかし芋(サツマイモ) (少し)
(昼食)
みかん
ふかし芋(サツマイモ)
おさつでぽん(ミヤコ)
(夕食)
ふりかけご飯(白米、うるち粟、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
とろろ昆布(昆布)
菜っ葉煮(菜っ葉?、しいたけ、人参、いりこ出汁、きび醤油、てんさい糖、みりん)
煮魚(メロカマ、酒、みりん、きび醤油、ワカメ、ネギ)
おひたし(ほうれん草、きび醤油)
カボチャ煮(カボチャ、アゴ出汁、てんさい糖、きび醤油)
柿 (少し)

2003年11月25日<鮭にトライ>
鮭は仮性アレルゲンでもあり、夜中に痒みを起こす可能性が高い素材として、最低でも1歳になるまでは除去対象のものだった。同様に、バナナやジャガイモも1歳までは除去対象であったが、これらは早々と除去解除したのにもかかわらず、鮭はなんとなく怖くて(母親の直感的なもの)、3歳を目前とした今日まで除去していたのだ。先日の栄養指導で「抗原度の高い素材をいろいろ試して」と言われたのをきっかけに試す気になったのだ。最近は、特に里帰り中は新鮮な魚も多いし、消化能力も強くなってきていることから、直接食べさせることで、新しい素材にトライをしていたが、これだけは怖くて、スープから試す。ただ、0歳代とは異なり、スープ→15分して、一口食べさせる→時間をおいて、半切れとかなり強引かもしれない(危なっかしい)除去解除法。湿疹や痒み、肛門周囲の赤みも出ることなく、クリア。また、1つ素材が増えることになる。特に、魚は大好きだし、鮭は普通なら食卓に頻繁にのぼる素材であるのでうれしい。

<本日の食事>
(朝食)
ふりかけご飯(白米、うるち粟、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
とろろ昆布(昆布)
肉スープ・ミネストロ風(ニッコー・ベジラビボール2個、レタス、ネギ、トマトケチャップ、塩、辻本スープ・オニオン)
菜っ葉煮(チンゲン菜、エリンギ、人参、あご出汁、きび醤油)
カボチャ煮(カボチャ、アゴ出汁、てんさい糖、きび醤油)
(間食)
おさつでぽん(ミヤコ)
(昼食)
酵母食パン(小麦、酵母、砂糖、塩)
A1マーガリン、無糖イチゴジャム
ミヤコ・黒豆と昆布
鮭(スープ→1口)
(夕食)
ふりかけご飯(白米、げんきタウン・まんまぱっぱ大根葉ふりかけ)
焼き魚(鮭) (半切れ)
トマト (1切れ)
すだち (少し)
味噌汁(きび味噌、昆布+いりこ出汁、玉ネギ、ジャガイモ、ネギ、大根)

2003年11月26日<目と耳の検査(3歳検診を受ける前に)&蒸しパン>
来週(12月2&4日)、3歳検診が保健相談所(健康サポートセンターと名称は変更されている)である。その1日目のときに提出する項目として、目と耳の検査をプリントの指示通りに自宅で行って下さいとのこと。早速やってみる。まずは、目の検査。最初に練習用の大きな絵を書いた紙4枚(「ちょうちょ」、「さかな」、「とり」、「ちゅーりっぷ(花でも良い)」を見せて、その絵の名前が正しく言えるかを確認する。みゅーちゃんはちゃんと4つ言えた。最後なんか「花」と言うのかなと思っていたのに、花の名前が言えていたので、びっくり。テレビやビデオ、本などで知らず知らず覚えているんだなと思う。そして、約2.5m離れたところに立たせ、片目ずつ、練習よりもはるかに小さく印字された同じ絵を見せて答えさせる。両目ともOK。これで0.5の視力らしく、3歳頃ではこの程度の視力があれば充分らしい。確か小学校にあがる頃に1.0〜1.5になると記憶している。片目ずつ検査をする方法として、プリントには包帯などを目に当てて、テープで止めると書いてあったが、さすがに抵抗があり、少し大きめのレンゲを目に当てさせる。目をきちんと隠してくれていたので、その方が娘も素直に試験(遊びの一種にしか思っていないが)を受け入れてくれそうだったから。次に、耳の検査。2つの試験がある。1つ目の試験は、後ろ向きに立たせ、耳の後ろで親指と後ろ指をすりすりして、その音が聞こえたら、聞こえた方の手を上げさせるか、「はい」と言わせる。両方ともOK。2つ目の試験は、みゅーちゃんに6種類の絵(いぬ、うし、ぞう、かさ、ねこ、いす)が書いてあるプリントをあらかじめ渡し、1mくらい離れた場所にすわり、口に手を覆い、ささやき声で、ランダムにその名前を1つずつ言い、それが何かを当てるテスト。絵を指で指しても良いし、名前を言っても良い。全部OKだったけど、みゅーちゃんは遊び感覚なので、私のまねをして、口に手を覆い、ひそひそとその名前を答える。私の方が聞こえづらくて、「絵を指さして」と言っても、ひそひそ。かなり楽しいらしい。とはいえ、聞こえていることには間違いなかったので、目とあわせ、両方無事に終了。良かった。

検診では、1日目はそれの提出と、身体測定や医師の診察があり、2日目に歯科検診、尿検査、必要に応じて個別相談があるようだ。気になったのは、尿検査。自宅でするのか、保健相談所でするのか… いずれにせよ、おむつが外れていない現状、さらに、おまるでしない(したくない)現状を考えると、来月3日もしくは4日は泣きをみそうな予感… 今から考えたくないよって感じ。

蒸しパンをはじめて「うるちきび」で作る。うるち粟と同様、おいしかった。カボチャも混ぜたので、ジュース以外の砂糖を入れなくても、ほんのり甘みがでる。もちろん、食べている途中で、味に変化を与えたい時は、黒糖蜜や無糖ジャムをつけたけど、自分でも満足できた。みゅーちゃんもたくさん食べてくれたし(笑)。

<本日の食事>
(朝食)
ふりかけご飯(白米、稗、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
ちりめん
エノキ佃煮(エノキダケ、きび醤油、アゴ出汁、みりん、てんさい糖)
煮物(イカ、コンニャク、きび醤油、アゴ出汁)
(昼食)
手作り蒸しパン(うるちきび、アンパンマンの野菜とりんごのジュース、サツマイモフレーク、タピオカ粉、レーズン、カボチャ裏ごし)
黒糖蜜、無糖イチゴジャム付 (少し)
(夕食)
ふりかけご飯(白米、稗、ミヤコ・しそわかめふりかけ)
お好み焼き(大麦粉、タピオカ粉、サツマイモフレーク、きび醤油、キャベツ、豚挽肉、ピーマン、しその実油、ノンエッグマヨ
柿 (少し)
コロッケ(市販・惣菜)

2003年11月27日<はさみの練習&おまるでおしっこ&旦那のアレルゲン>
しまじろうの12月号が届く。クリスマスって感じ。今回からはさみの練習がはじまる。どうしようかなと思ったけど、1度やらせてみる。握り方はまだ少し難しいようだけど、自分で紙を切ることが楽しいのか、どんどんやりたがる。長い部分は親が切って、子供は1度切り(短い部分)にトライするのが今回の目的なんだけど、全部自分が切ると言うので、サポートをしながらやらせてみる。意外とできるもんだ。片手では、はさみを上手く広げたりできないときもあり、左手ですぐに広げようとするけど、危ないので、私がサポート。明日で3歳だけど、本当どんどん自分でできることが多くなっている。付録は、お店ごっこ。レジやお店がついていて、特にレジが気に入ったようだ。商品にバーコードを読み取る部分を当てると、音が鳴るし、最後に「ごうけい」のところを押すと、「ありがとうございました」と言って、レジのお金を入れてある部分が開く。何度も「ぴっぴ」とやっては、「ごうけい」を押していた。でも、かなり「ごっこ」遊びが入っている。それも一人。一緒にやろうと思っても、「邪魔するな」って感じだし。仕方がないので、セリフだけ教えている。「やすいよ、やすいよ」など。でも、教えるまでもなく、「いらっしゃいませ」、「はい、卵です」、「はい、きゅうりです」とか言っているし、なぜか「はっぴゃくえんです」と言っている。そのかわり、何でも800円だけどね。ビデオも夢中で、飽きることなくずっと放映中の我が家。もちろん、ずっと見ていると言うのではなく、BGM的に流れていることの方が多いんだけど、見ていないようで、聞いていないようで、結構セリフとか歌を覚えているから不思議だ。かつて聞いたことのある曲ならもちろん、そうでないもののすぐに口から出たり… 3歳は一番脳が活発な時期だというけど、まさしくそうかもしれない。踊り(リトミック)もとても楽しいようで、いつも本当にはしゃぎまくりである。

明日で3歳なので、今日は4回ほどおまるに誘ってみる。2度は断られたけど、夕食後の1回は久々におしっこに成功。おしっこを少しした後だったので、駄目かなと思ったけど、座って5分もしないうちに立ち上がり、「でた」と指さし。おまるの「出た」は、「出ていない」ことの方が多いんだけど、受け皿に敷いた広告の上が少し濡れていたので、ほめてあげる。捨てる時に見ると、ちょろっと残りが出たのかなという印象とは反して、割とまともに出ていた。定期的に座ってくれたり、誘えると良いんだけど、まだまだ… とりあえず、おむつでも「おしっこ」だけ出ても言ってくる回数が増えているので、ある程度は排尿について意識していると思うので、ある日、突然に…を狙って地道にやろうかな。軽度とはいえ、まだ赤ちゃん返りを克服したわけではないので…

ちなみに、旦那との会話で、旦那がハウスダストとスギに陽性〜強陽性であることが判明。心のどこかで気になっていたけど、あまり深く聞いていなかったので、少しびっくり。ダニはないみたいだけど… でも、それは昔のことで今はわからない。子供の頃の小児喘息の原因もハウスダスト(バッチテスト)だったようだし、現在の花粉症で通院も血液検査はしたけど、スコアが出たのは聞いたけど、詳細なデータはもらっていないとのこと(娘とはかかりつけが異なる)。だから、再度詳細に検査してもらえば?という話になり、それなら皮膚検査までしてくれるところの方がよいから、娘のクリニックでと思うが、土曜日も仕事が入ることが多いし、最近仕事の忙しさで、すぐに忘れるので、いつになることやら? インフルエンザの予防接種すら行けない状況。この週末も仕事が入ったし。インフルエンザだけでも早く行って欲しいわ。どこで感染してくるかわからないから… そうでなくても、すぐに風邪をもらってくるような体質なのに。ということで、娘にスギ、ハウスダスト、ダニの環境アレルゲンに陽性が出たのは悲しい現実だけど、遺伝だから、ある意味、しょうがないっかという、割り切れた気持ちにもなれた。でも、RAST値だけはあげたくないけど、なかなか自分の性格上、うまく掃除とか洗濯ができていないのが現状かも。以前より若干ましという程度。はぁ… 食生活も回転とは言えないしね。主なタンパクのみ、なんと回転みたいな感じだしね。難しいですね。 

<本日の食事>
(朝食)
ふりかけご飯(白米、うるち粟、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
ちりめん
とろろ昆布
エノキ佃煮(エノキダケ、きび醤油、アゴ出汁、みりん、てんさい糖)
菜っ葉煮(小松菜、エリンギ、人参、きび醤油、いりこ出汁)
(昼食)
干し芋(さつまいも)
ミヤコ・おさつをぎゅ!(サツマイモ、てんさい糖)
(夕食)
カレーライス(白米、うるちきび、辻うまカレー<馬肉、タピオカ、玉ネギ、人参、しょうが、稗醤油、にんにく、リンゴ酢、てんさい糖、菜種油、塩、香辛料>+ゆでたほうれん草)
ミヤコ・ひとくちももゼリー (2個)


  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved