1ヶ月のらいふ 2


2003年9月4日(生後42日) <1ヶ月検診&午後は大ぐずり>
 今日は1ヶ月検診だった。退院が遅れたので、検診も約10日遅れ。最初はゆーちゃんの検診。体重はなんと4,880gで退院後1週間検診(3週間前)より約1.5kg増加。出生時より約2.2kgも増加している。普通1ヶ月で約0.8−1kg増えれば、充分と言われているのに、完全母乳でその2倍以上(苦笑)。以前にも書いたように、粗食だし、卵や牛乳、肉類など世間で普通の栄養源も摂取していないのに… 身長は55.8cmで、7.6cmの伸び。みゅーちゃんもちょうど1ヶ月で約8cm伸びていたから、そんなもんだろう。ちなみに、みゅーちゃんの体重増加は検診時で約1kg増。栄養状態はもちろん良好。あとは聴診器で心音などをチェックしたり、股関節の動きをチェックしてくれた。乳児湿疹や汗疹は石鹸でよく洗うこと、目やにが多いことに関する不安は、目が開かないほど多いわけではないから、点眼薬は必要なし。おむつかぶれはスキンケアに心がけることと、一応抗ステロイド薬(エキサルベ:weak)を処方してもらう。エキサルベははじめての処方だけど、ヒドロコルチゾンと大腸菌などの混合死菌の配合薬で、細菌などの二次感染の防止を兼ねている抗ステロイド薬でもっとも弱いランク。これまでは自己判断で症状がひどいときは、1つ上のランク(mild)のロコイド、それがなくなったあとは同ランクのアルメタを数回塗ることでただれ防止をしていた。でも、みゅーちゃんと同様、最悪のことも考え、抗生物質のゲンタマイシン外用薬も準備はしていたが、今回の処方で1つの抗ステロイド薬で一挙両得かも。最後は母乳育児ということで、ビタミンKシロップを各自哺乳瓶で飲ませて終了。ビタミンKシロップは生後1日目と4日目に引き続き、3回目の服用。退院時に検査した先天性代謝異常もすべて陰性で、無事に終了。

身長 体重 頭囲 腹囲
55.8cm 4,880g 37.8cm 36.6cm

 その後、私の検診に入る。体重は妊娠前の体重。悪露も約1週間前には終えているし、子宮の戻りも順調で、血圧・尿検査異常なし。これらの終了後、先生からの指導がある。普通の生活に戻ってOKとなるが、ゆーちゃんの体重増加のみは要注意事項。「普段、汗をかいていない?」と言われ、「かいてます」と答えた。すると、その汗が体重増加の原因と言われる。汗をたくさんかくことにより、一種の脱水症状に近い状態になることによるものだそうだ。喉が渇いて、泣くことによる授乳の繰り返しとなるため、栄養が過剰に摂取されているということ。普通、大人なら喉が渇けば、水分のみを摂取するところを、毎回食事をして、水分を補っていることと同様だからという説明。とはいえ、授乳回数や授乳時間、エアコンの温度の設定などをデジタル(数値)で考えるのは良くないから、室温は大人が暑いと感じるときは、赤ちゃんはもっと暑く感じているとのこと。確かに新生児期(特に、入院中)は体温管理が自分で上手にできないので、30度近くの高めの温度設定をする必要があったけど、1ヶ月になれば、普通の子供と同じなので、そういう配慮は必要なく、あくまで赤ちゃんの状態を見て、汗をかかせないようにすることが必要だと注意された。とりあえず、反省。母達にも説明をして充分に理解をしてもらう(エアコン必要ない派なので)。これで、私も暑さに苦しむことなく授乳できるな…(笑) でも、肥りすぎで問題があったわけではなく、現在のところ健康優良児だ。ちなみに、みゅーちゃんは43日目で5,020gで、約1.9kg増。ゆーちゃんの方が少し多いけど、思ったより肥満にならずにすむかもしれない。今、とてもスマートなみゅーちゃんだから…
 検診終了後、クリニックの玄関などで写真をとる。退院時は大泣きだし、1週間検診のときは大雨で、記念に残る写真がなかったから。これで、このクリニックも終了かと思うと、未練が出てくる。未練がある=私にとって最高の施設だということなので、本当に名残惜しいひとときだった。
 ところで、検診時間は正午。その少し前に行ったら、ちょうど昼食の配膳時間。昼食はオムカレー(オムハヤシ?)だったけど、そこで一人の方だけオムライスの上に卵がない。ということは、除去食(単なる素材の除去)ができるということではないか… 今回、私は朝食に関しては、オムレツやゆで卵を旦那や母に食べてもらったけど、あらかじめ相談しておけば、何かに代用していただけた可能性が高いと思うと、行動にでなかった自分に少し後悔の念が走る。アレルギー・アトピーっ子が増えている世の中、食事の配慮までしていただけるのなら(代替品使用ではなく、単なる素材の除去にしても)、本当に多くの人に満足行く産院に成長していくんだろうなと改めて思った(まだ開業して、2年目に入ったばかりなので)。

 午後からは号泣しまくり。抱っこをしていないと駄目で、布団にはおろせない状態。午後9時前の授乳直後に嘔吐し(飲んだものをすべて戻す)、その後は、祖母の部屋で落ち着いて寝始める。検診疲れかな?退院後1週間検診の日は、とても涼しく寒いくらいだったが、今日はかんかん照りでとても暑い。移動中に多少なりとも日光があたったり、外で少し写真をとったのがいけなかったのだろうか?もし、そうであれば、約2週間あまりで帰京するときが大変かも… この調子だと、毎日出かけるのは無理そうだけど、2−3日に1度は出かけて慣らすしかないのかな?

2003年9月5日(生後43日) <乳首の付け根の痛みに対する対策>
 約10日前に痛みを感じていて、その後緩和されていた乳首の付け根。また先月の31日頃から再発。特に、右乳首の付け根の上部右側が赤くなっている(傷にはなっていない)。横抱きで授乳をすると、少し痛む。でも、授乳をしていない時間帯が一番痛みというか、違和感を感じる。特に、下着ですれるとき。そのため、午前中はしその実油、午後薬局に行き、ケナログ(口内炎用のステロイド外用薬)を購入し、薄く塗る。夜には少し痛みが緩和。妊娠中から使用していた授乳ブラのアンダー部分が辛いので、2枚新品を購入。製品を比べると、サイズは同じLサイズなのに、アンダー部分は結構メーカーによって大きさが異なるのだ。今回は一番広めのを購入し、下着との接触に関しても緩和される。一時はノーブラ(下着をつけない)状態でいたが、母乳がもれることが多いので中止。特に、横たわって寝たときなど、おっぱいに圧迫を感じたり、赤ちゃんの泣き声を聞いたときなど(本能か?)。一応、授乳時も横抱きの回数を減らし、縦抱きやフットボール抱き、痛みのない側を利用した横抱きなどで、悪化防止策をしている。

2003年9月6日(生後44日) <スーパーに初デビュー&最近の様子&おむつ新生児用終了>
 今日は近所のイズミヤにスーパー初デビュー。横抱きの抱っこ紐で連れて行く。授乳後、すぐに出かけたので、約1.5時間の外出中はぐっすりと寝てくれていた。おかげで、入院中にできた100円ショップ(ダイソー)をゆっくりと見ることができて、良い気分転換となる。しかし、久々に長時間、肩に負担をかけたので、途中休憩をしたにも関わらず、少し痛かった。今回はおっぱいの調子が良いので、休憩中に水饅頭を1個食べる。久々に外で食べると、おいしく感じた。
 しかし、帰宅後、日付が変わるまで超頻回授乳(1時間に1回)。仕方なく、必殺祖母の部屋でねんね作戦でようやく落ち着いた状況である。検診日と同様なので、外出はぐずりの大元なのかもしれないな…
 今日も暑かったためか、汗疹が乳首の辺りまで広がる。湿疹が広がると、とても憂鬱な気分になる。また、生後まもなくから、鼻くそが多い。毎日とってあげないと、すぐにふがふがと言わせながら寝ている。やはり、ずっと寝ている分、埃などを吸い込みやすいんだろうな… おしゃべりが増える。「あっか」、「あう」などが出るようになった。また、周囲に人がいると、機嫌が良く、上記のおしゃべりをしたり、手足を必死にばたばたさせている。でも、用事でみんながそこを離れると、すぐに甘え泣き(人を呼ぶ泣き方)に変わることが多くなった。旦那に似て、こんな低月齢から甘えん坊さんか、君は… 今日で、新生児用のおむつが終了。腹囲は大丈夫だが、太ももには赤い線がつくし、おへそも結構出るようになったからだ。この1ヶ月くらいで約680個を消費。馬鹿にならない金額の量です。とほほ… サイズが大きくなると、枚数が減るので、うんちなどの回数も減ると良いな。

8月31日−9月6日の平均回数/日
尿数 便数 授乳回数
15〜16 14〜15 13

2003年9月7日(生後45日) <おむつがSサイズになる&追視&アレルギー?>
 日付が変更になると同時におむつはSサイズになる。新生児用と比べると大きいので、これだけ成長したんだなと改めて実感。今日はうんちの回数がはじめて10回をきり、9回となる。オムツの使用数も過去最低の14個。うんちの回数が減ると、おむつかぶれが改善されるので嬉しい。久々にお尻が綺麗。この調子、この調子。
 追視ができるかどうかを試してみる。2回できた。とはいえ、100%ではない。でも、一応、目が見えていると確認できたので安心。
 ところで、午後顔がとても赤い。もしかして、今朝レーズンパン(卵・乳なし)を2個も食べたから?それとも別の理由?昨夜も夕食時、禁断の牛肉一切れを口にしたら、眉の辺りが赤くなっていた。乳児湿疹が気温とか号泣などに影響され、たまたま赤くなっただけかもしれないが、どうしてもアレルギー?って結び付けてしまう。帰省中は考えないようにしようと思っているのに… とりあえず、あと数回口にして、症状を確認してから、今後のことを判断しようと思う(すっぱりと割り切れない自分)。

2003年9月8日(生後46日)
 <おしゃぶり>
 昨日の午後からほとんど寝ないので(午後6−8時以外)、11時におしゃぶりではじめて寝かせる。先日、1度嫌がられたので駄目かと思っていたが、本人もよほど眠たかったのか、ちゅぱちゅぱして眠りに入る。眠ったら、口から出す。でも、20分もしないうちに、おっぱいを要求し、授乳をする(前回の授乳から約1.5時間経過)。その後約1時間抱っこで、授乳時以外は今日のお昼まで寝てくれた。おしゃぶりについては、賛否両論あるけど、よほど寝てくれないときは使用するだろうな… 娘も愛用していたし。でも、夕方、授乳直後にもかかわらず、ぐずるので、カンガルーケアーでしたような抱き方をしたり、おしゃぶりをしたが、まったく駄目。結局、立って抱っこをして、少し深く眠りに入ったかなと思う時点で、そろっと横になり、腕枕の状態で寝かせる。これは成功したが、私も一緒に眠りについてしまった(笑)。

2003年9月9日(生後47日) <湿疹など>
 今日も気温が高く、胸全体に汗疹(乳児湿疹?)が広がる。汗もよくかいているので仕方がないが、気分は憂鬱。さらに、昨夜11時頃、パンを一口食べたら、午前2時頃右目の上部分が赤い。やはり、小麦(もしくはイースト)はやばいかも… とはいえ、除去に踏み切れない私。ため息。

2003年9月10日(生後48日) <友人の赤ちゃん&お出かけ第2弾&授乳回数が退院後最低回数&機嫌が良い>
 高校時代の友人が女の子の赤ちゃん(12日で生後3ヶ月になる:3人目)を連れて遊びに来てくれる。その友人に会うのは約10年ぶりなので懐かしい。話は主に育児。その女の子は現在体重が約5.5kgで、にこにこと微笑むことが多いので、とてもかわいい。さらに、おしゃべりが上手で、機嫌が良いとたくさん言葉が出る。指しゃぶりの姿もかわいい。ゆーちゃんもあと2ヶ月もすれば、おしゃべりになってくれるかな?とても楽しみだ。今回の里帰りでは、二人の高校時代の友人が近い時期に赤ちゃんを出産(二人とも3人目)。そのため、普段なかなかお目にかかることがない低月齢の赤ちゃんに会えたので、とても嬉しかった。もちろん、ゆーちゃんが一番低月齢だけど、友人の子供もかわいいのだ。帰京すれば、近所の友人も11月出産予定。今回は新聞を見ていても、同級生数人(男子)に子供が生まれているし、年齢的にも出産のピーク?とか思ってしまう。といっても、若い年齢ではなく、30台後半に入る歳。
 今日は涼しいので、ゆーちゃんのお出かけ第2弾。午後から近所のジャスコに行く。授乳後でかけたので、またずっと寝たまま。外で大泣きされないから、楽チン。今回は普段のおでかけ用のカバンを手ごろな値段で購入。二人分のおむつを入れるとなると、今までのカバンでは小さいから… とはいえ、今後は大荷物。近所への買い物もたくさんできないので、帰京後は生協依存生活だね。
 ところで、涼しいのが起因したのか、授乳回数が退院後最低の12回。やはり、退院時に先生が言われていた暑さとの関係は立証されたかも(笑)。もちろん、一度に飲める量が増えたこともあるのかも知れないが、授乳が1日12回だととても楽に感じる。
 午後はゆーちゃんも機嫌が良く、手足をばたばた状態。「うおー」に近いような声を出して笑ったり、顔を左右に交互にむけて、動きなっぱし。元気が良くて嬉しいわ。

2003年9月11日(生後49日) <小麦・大豆および豆類除去開始&うんちの量>
 最近、小麦系が怪しい。小麦の多量摂取は赤ちゃんがきーきーと言う原因になったりするし、パンのイーストが母乳中の成分と反応して、何らかの症状を誘発する原因ともなっている。そのため、今回は小麦が悪いのか、イーストが悪いのかわからないけれども、「疑わしきは除去」ということで、小麦製品の除去を開始する。ついでに、水分補給で飲んでいた麦茶(大麦:麦がらみ)でやめて、緑茶にしてみる。また、大豆系や豆類も気になるので、なるべく除去をすることにした。こちらは完璧は無理なので、9割程度を目指すつもり。ゆーちゃんの湿疹は改善されるかな?
 でも、本当は明日最後にパンを名残惜しく食べてやめようと思っていたが、昨日お外で一口パンを試食したら(パン屋さん)、夕方顔が赤くなっていたんだよね。ほんの少しなのに… ただ、パンが原因なのか号泣などが原因なのかわからないけど、パンを口にした日はたいてい赤くなっているので、悩んでいたら、母に「もう、やめな。煮物も今まで雑穀醤油と交互もしくは混合だったけど、雑穀のみにする」と言われ、急遽今日から除去開始となったのでした。とーても強い後押しでした。というわけで、ずっと除去かどうかは未定だけど、症状改善の様子を見ながら、現在4大アレルゲン(卵・乳・小麦・大豆)の除去生活がはじまった1日でした。除去解除はじめたけど、夜はほっぺをこすっていて、「うーん」という気分だ。でも、「あうー」、「あうー」と夜は機嫌が良かったので、頑張る気になれちゃう私だった。
 最近、まとめうんちが多くなった。そのため、一度にするうんちの量が多くなってきたよ。でも、水分系が少ないまとまった綺麗なレモン色のうんち。これをみるたびに、「娘よりは腸の吸収は良い方だよね…」と一人勝手に思って、自己納得する日々。そうでないと、不安で押しつぶされるから…

2003年9月12日(生後50日) <体重増加停滞&抱っこで寝ることが多い>
 今日で50日。本当にあっという間だ。日々かわいくなっていく。逆に、娘は怪獣化していくが… 体重を測ってみた。約5kg。先週の検診から1週間で約100g増のみ。体重増加がとまったようだ。今までは10日で、約900gなど驚異的に増えていたからね。ということは、身長が伸びる時期に入ったかな。最近は大きくなったよと感じることも多いから。
 ところで、午前5時半頃の授乳後元気に遊びまくり。7時過ぎに抱っこで寝始めたけど、布団におろすと駄目。腕枕も駄目でカンガルーケアーと同様だと、私の胸の上で寝てくれた。胸がくっついていると、安心するのかな… 夜も抱っこでないと寝ないことが多くなり、最近夜中の睡眠時間がかなり減少。今日も1.5時間程度だった。今は昼寝で補えるが、帰京後はどうなることやら?

2003年9月13日(生後51日) <夜中ぜんぜん寝てくれない&おむつの数>
 午前1時頃からぜんぜん寝てくれない。抱っこをして、立たないとうとうとせず、泣き声をあげる。うとうとしたので、布団に置くと、5分もしなうちに「うぎゃ」。結局、私が体力的に疲れて、7時半頃に交代をしてもらう。それまでの間、授乳回数6回と超頻回授乳だった。おっぱいもふにゃふにゃ状態。でも、交代して、祖母のそばでは、割と短時間で寝たようだ。その後、授乳時間を除いては、午後1時過ぎまで熟睡した私。それだけ疲労していたのだろう。その後も、すぐにうとうと状態が夕方まで続いた。ゆーちゃんもさすがに日付が変わるまで、ほぼ寝ている状態。また逆転生活かな?夜中は頻回授乳だったけど、8時以降は授乳間隔が長い。珍しいかも… 夜中でお腹が一杯か、ぐずりつかれたか?3時間あくことが多く、私にとっては楽だった。でも、4日間連続授乳回数が12回なので、最初の頃よりはとても楽になってはいるんだよね(笑)。
 ところで、まとめうんちが多くなったためか、この1週間のオムツの使用数が激減(約120個弱)。激減といっても10−20個程度だけどね。それでも家計としては助かるのだった。ところで、うんちはおっぱいの前にするようになった。寝ていても、うんちのために大きなおならをして起きる感じ。私はわかりやすくて良いけどね。

9月7日−9月13日の平均回数/日
尿数 便数 授乳回数
14 12 12〜13