11ヶ月のらいふ 2


2004年7月5日(生後346日) 

離乳食@ とろとろ煮(ひじき、タピオカ粉)(子供茶碗約1/5)
離乳食A わらび餅風(ワカメ、タピオカ粉)(子供茶碗約1/5) 

2004年7月6日(生後347日) <お粥を食べない日々&太刀魚スープトライと誤食&ダイエー広場で遊ぶ>
 最近、お粥をほとんど食べなくなった。舌触りとか、味付けではないと思う。食器をみると近づいてくるが、口に近づけただけで拒否。無理に少し入れたら、人差し指をいれて出している。本当、毒でも入れられたかのように… 
 今日は太刀魚のスープにトライ。目の周囲をかなり掻いていた。痒みが少し強そう。こすりすぎて、目の周囲が赤くなった。最近では珍しい。ただ、娘が昨日旦那がもらってきた畑でとれたばかりの新鮮トウモロコシのゆでたものをぱくぱくと「おいしい〜」と言いながら、たくさん食べていて、その粒が床に落ちていたようで、それを1粒拾って、口に中に入れていた(指を入れて出したけど)。現在、コーンは完全除去中。きびと非常に近縁で、きびで症状が出る場合には駄目なことが多いからだ。きびによる症状は目の周囲が赤くなり、痒みもあったと思うので、今回はコーンの可能性も高いなと思う。また、次回試して様子をみてみよう。本当は姉弟でアレルゲンが異なるから、強い方にあわせるべきだが、「なるべく…」くらいしか対応ができていない。特に、頂き物系はどうしようもないよね… 私は食べられないし、旦那と娘で消費するしかないんだし。とはいえ、旦那も私とくれた同僚の両方に配慮して、2本を1本に減らしてくれたんだけどね。完全には善意を無駄にするようで、断りづらいみたいなので…
 ダイエーのこども広場に行く。小さいので、すぐに外に脱走。広場に入れても、入れても… 私も下手に運動させられて、どどーっと疲れた。放っておいたら、店舗中ハイハイで移動しそうなくらい逃げ足も速い。今回の目標は広場の壁の裏側のエレベーター前にあるがちゃがちゃみたいで、それにつかまり立ちをして、パンパンと叩いていた。本当、この息子は疲れる… そして、息子も疲れたのか、喉が渇いたのか、広場でおっぱい。そのとき、少し月齢が低い赤ちゃんがを連れた親子が2組(お友達みたい)くる。おっぱいを終えたゆーちゃんは迷いもせず、その親子のもとへ。そして、その子のもっていたおもちゃに興味を示し、とりあげてしまった。携帯電話。そのママさんたちは気軽に貸してくれ、ゆーちゃんは音を鳴らして一生懸命遊んでいた(みゅーちゃんが欲しがって、ゆーちゃんから取り上げようとしたけど阻止)。その後は、クッションの上を昇ろうとしたり、靴箱の階段を3つも上がったり、本当悪さし放題。そのママさんたちも11ヶ月になると、「いろいろできるね〜」とは言っていたが、実際は「動きすぎて大変そう…」みたいな感じがあった。本当、落ち着いて、娘の相手すらできない状態だもん。

離乳食@ 太刀魚スープ(1さじ)
お粥(ケアライス、チンゲン菜)(まったく食べず)
離乳食A お粥(ケアライス、チンゲン菜)(まったく食べず)

2004年7月7日(生後348日) <離乳食拒否に…&甘えモード爆裂中>
 今日はとろとろ煮もほとんど食べなかった。「1歳前後になると、男の子は食べむらがはじまり、まったく食べない時期があるけど、心配しないように…」と言われていた時期が来たのかな?
 一気に3回連続たっち。それもなぜかおまるの上部をもって。4回目は娘の子供用の椅子(ローテーブル用)をもって… 普通、何も持たずに、たっちすると思うけど、ゆーちゃんは何かを持たないと駄目なようで、それも自分にとっては重いもの。「ふーん」と踏ん張りながら、たっちをして、にこ〜。本当、変なやつ!!
 1歳目前となり、甘えモード爆裂中。娘と少しでもべたべたすると駄目で、半怒り・半泣きをして、娘を押しよけて膝に乗ってきて、すぐにおっぱい。寝かせつけも同様。少し離れた場所で遊んでいるからと、娘と添い寝をしたらすぐに半泣き・半怒りをして、必ず娘との間に割り込んできて、服をめくりにくる。仕方がないので、娘には反対側のあいている方に移ってもらうが、添乳が多いので、娘は背中側で1人寝る状態。ゆーちゃんを放っておくと、もう号泣が激しくなり、近所まで泣き声が響き渡りそうなくらいうるさい。本当、男の子は甘えん坊で大変だ… そのため、おっぱいへの依存心も娘の時と比較すると、異様に高いし。特に、最近猛暑だし、今日なんか最高気温35度で喉も渇くしね。

離乳食@ とろとろ煮(小松菜、さくさく粉)(1さじ)
離乳食A とろとろ煮(小松菜、さくさく粉、カボチャ粉)(まったく食べず)

2004年7月8日(生後349日) <蒸しパンも拒否>
 ぽんせんなら嫌がらずに、自分でもって、とても速いスピードで食べるので、固形のものが良いのかな?とか、自分でつかみ食べをしたいのかな?と思い、蒸しパンを作ってみた。ゆーちゃんには糖分を入れないので、別容器に生地を入れ、自分達の生地の上におき、炊飯器で炊く。さくさく粉はタピオカ粉と異なり、ベちょっとした感じ。ゆーちゃんは口に近づけたら、「おえ〜」みたいな感じで、まったく口にしてくれなかった。そのため、今日は米ぽんせんを離乳に使用。それらはおやつであると同時に、主食の代用にもなるものなので…

離乳食@ 蒸しパン(高度精白米上新粉、サクサク粉)(まったく食べず)
離乳食A 蒸しパン(高度精白米上新粉、サクサク粉)(まったく食べず)
ミヤコ・米ぽんせん(高度精白米、塩)(約2.5枚)
離乳食B ミヤコ・米ぽんせん(高度精白米、塩)(約2.5枚)

2004年7月9日(生後350日) <太刀魚スープ2回目ほぼOK&タッチの回数アップ&言葉ねた:「ばあ」、「ぶーぶー」>
 太刀魚スープの2回目。少し痒みが出るのか、目の周囲を少しこすっていた。あと、スープを飲んだ後、額が少し赤いかなと思っていた。どうもこすりすぎて、赤くなったようだ。たぶん、問題がないことを願って…
 1人立ちする回数も増えてきた。でも、相変わらず、おまるの上部などをもって立つんだけどね。変な奴!!
 「いないいないばあ」をよくやっていて、「いないいない〜」とすると、壁のある廊下側に出て隠れて、「ばあ」と言いながら出てくるようになった。前からもよくやっていたが、言葉も少しつくようになってきた。ときどき「ないない」と言っているように聞こえる時もある。気のせいかもしれないが… 娘のしまじろうの絵本(プチファーストの一番最初の号)を使って、「いないいないばあ」をやってあげたら大喜び。自分でもめくって「ばあ」とか言ってた。娘が1歳1ヶ月のときにしまじろうを開始しているので、来月あたりから徐々に娘の絵本を見せてあげても良いかな… 「食べる方に専念さえしなければ」だけど(笑)。また、トミカのバスをもたせて、「ぶーぶだよ」とゆっくりと話したら、じっと口元を見て、しばらく考えてから、「ぶー ぶー」と唇を震わせるような感じで真似をしてくれた。数回繰り返したけど、ほとんど真似をしてくれた。二人目は上がいるから、早くおしゃべりをする子が多いと聞くが、ゆーちゃんもかな?

離乳食@ 太刀魚スープ(約2−3さじ)
わらび餅風(キャベツ、タピオカ粉)(約3さじ)
離乳食A 中止(タイミングが合わず)

2004年7月10日(生後351日) <時間つぶしは大変&ゴミ箱が頭から抜けない事件簿>
 妙典のサティーに行く。到着してすぐに旦那とみゅーちゃんは「ハリポタ」を見るため、映画館に行った。ゆーちゃんもすぐに寝てくれ、赤ちゃんルームに行き、アレルギー関連の書物の読みかけをなんとか読み終えた。でも、睡眠不足で、途中何度となく意識消失… 1時間くらいでゆーちゃんが起きて、店内をうろうろしたり、赤ちゃんルーム内の小さな広場でひとり遊ばせたり… 脱出ができない広場ですぐに飽きてぐずるから、今日は少し体力を使って、動きのある相手をしてあげたら大喜びで、何度も要求をされた。かなりおもしろかったらしい。最後はばてばてモードになっていたけど。お互いに… でも、ゆーちゃんが起きてからの約1.5時間の時間つぶしはしんどかった。本を読ませてくれるわけでもないし、たえず動くか、授乳をするかしかないから… ベビーカーを自分でこぐように、体を前後に動かして、「早く動いてよ〜」という催促もはじまっているので、いよいよ私にとっては「魔の2、3歳児」ならぬ「魔の1歳児」突入か… まだ1人であるかないだけまし。近所の広場だと、同じ7月生まれでも最初の方だとすでに歩いている子が多そうだったから。ただ、まともな格好ではできない片足あげの「ハイハイ」のスピードは速いけど(苦笑)。
 夜はおまるの上部だけではなく、少し大きめのゴミ箱をもって、何度も何度もたっちして、大笑い。たぶん、みゅーちゃんが「たったよ」って騒ぐから、私も「すごいね〜」って言うから、その反応がおもしろいようだ。でも、最後は、みゅーちゃんにそのゴミ箱を頭にはめられ、大泣き。私があせって取ろうとしても抜けず、慌てて寝かけていた旦那を呼びに行く。はめ方が少し悪かったらしく、抜くとは逆に1度深く押し込んで、ゴミ箱の方向を体に並行にしてから抜けば良かったらしい。でも、軽くはずせると思って抜けなかったから、本当にあせっちゃったよ。

離乳食@ わらび餅風(キャベツ、タピオカ粉)(約1さじ)
ラフィノース100(約1/2袋)
離乳食A 中止(外出のため)

2004年7月11日(生後352日) <顔が綺麗日々&ピーマンスープ>
 ここ数日顔はとてもBeautiful。見ていて嬉しい。外見的にはアレルギーっ子とわからないくらい。それまではほっぺを見れば、赤いのが明らか。ただ、関節裏は無症状なので、乳児湿疹の少し長引いているか、ミルク・よだれかぶれがひどいのかな程度。いつまで続くかわからないけど、コンスタントにこの状態だと嬉しいんだけどな…
 今日は夏が旬のピーマンのスープを与えてみる。ピーマンはナス科で症状が出やすい食品のひとつ。ほっぺには影響がなかったが、夜ほんの少し肛門が赤いかなという状態。また、2回目で様子を見てみよう。

離乳食@ お粥(ケアライス、ブロッコリー)(1−2さじ)
ピーマンスープ(1さじ)
離乳食A 花田食品・赤ちゃんぽんぽん(酒米)(1枚)

2004年7月12日(生後353日) <蒸しパンを食べる&おむつ交換:テープをはがす>
 前回はサクサク粉と上新粉(高度精白米)だけで作った蒸しパンは、少しねちょっとして、口にもしてくれなかった。今回タピオカ粉とサツマイモ粉をくわえ、自分達と別の小さな容器に入れ、一緒に炊いた。今日は柏餅風の柔らかい感じにしあがり、GOOD。最初は拒否モードで逃げようとしたが、ほんの少し口にしたら、結構気に入ったのか、6口(団子状なので、喉を詰まらせてはいけないので、本当に小さく)くらいぱくぱく。作った分の約2/3くらいは食べたかな。その後はすっかり遊びで口にすることがなかったので、私が食べたけど、ほんのりとした甘みでおいしかった。もちろん、私と娘用は上記+野菜ジュースで炊き、無糖いちごジャムを少し。娘が珍しく半分食べたので、私には量的に少し不満足だったけど(苦笑)。
 でも、夜肛門周囲が赤い。昨日のピーマンで午前中も若干赤かったけど、上新粉?サツマイモ粉?一応、品種はわからないけど、ぽんせんなら高度精白米大丈夫なんだけどな… 普段便数が1−2回に落ち着いているのに、今日は午前中2回、夜に2回と回数が多いのも原因。ちょっと上新粉を口にするのは初めてなのに、ぽんせんで大丈夫だかと安心しすぎたかな?それとも昨日のピーマン?この2種類を連日というのもいけなかったかもしれないし、賞味期限が切れた冷蔵庫保存のサツマイモ粉(今回で使用終了)がいけなかったかな?まあ、こういう失敗もあるだろう(苦笑)。
 最近、おむつ交換後、テープを自分ではがそうとしたり、実際にはがすことが難。もちろん、おむつをつける前に、回転して逃げて、お座りを別の場所でしてしまうことも… 一応、パンツと並行で使いながらも、コスト的にテープを主に使っているが、パンツ重視の方が良いのかもしれないな…

離乳食@ わらび餅風(チンゲン菜、タピオカ粉)(約2−3さじ)
離乳食A 蒸しパン(高度精白米の上新粉、サクサク粉、タピオカ粉、サツマイモ粉)(6口くらい)

2004年7月13日(生後354日) <おまるに座る&椅子から降りれず、大泣き&離乳が進まず>
 肛門周囲の赤みがとれないので、予定していた魚の負荷は中止。買い物も行かずじまい。明日にしよう。午後から幼稚園だし、落ち着いた精神状態でした方が良いからね。
 先週から姉のトイレトレーニングを少しやりはじめたが、おまる大好きなゆーちゃんはすぐに邪魔をしにくる。姉がおまる終了後、自分が座って喜んでいた。おまるに座るのははじめて。それも自分から… ゆーちゃんはできたら、2歳代ではずしたいな。うんちの回数も姉ほど多くないし。もちろん、断乳後はその食欲によってわからないけど、平均1−2回なら、なんとかなりそうだし(姉は平均3−4回)。
 11日に子供用椅子を買いなおした。椅子のクッション部分がはげたから。姉のではあるが、ゆーちゃんも気に入ったようで、カタカタ代わり&椅子にあがってつかまり立ちをして喜んでいる。しかし、降りることができずに、泣き叫ぶことも… お馬鹿さん!
 あと10日余りで1歳。早いもんだ。しかし、離乳は一向に進まず。というより、ここ1週間はぽんせん以外はほとんど拒否しまくりなので、仕方がないんだけど… 無理して与える必要もないとは思うけど、ここまで進まないとは考えてもいなかった。娘のときは軽度すぎたのかも。いや、単に自己知識がなくて、周囲(といっても、一般雑誌が主だけど)との相違を感じすぎて、少しあせっていたのが原因かも。先日も書いたけど、男の子は1歳前の食べむらが大きく、まったく食べない日がくると聞いていたが、まさしくだもんな… いつトンネルを抜け出すのかな?というわけで、3回食に移行する気力も、2回食をきちんと作る意欲も沸かない日々。深夜作業の多い私の生活リズムが悪いこともあるんだけどね(苦笑)。

離乳食@ お粥(人参、ケアライス)(まったく食べず)
離乳食A お粥(人参、ケアライス)(1口)

2004年7月14日(生後355日) <ニジマス食べるが、真っ赤&言葉ねた:「ママ」>
 肛門の赤みがほぼ引いたので、スーパーへ。ニジマス、太刀魚、今が旬の舌ヒラメ、いさき、真鯛(養殖)。旬にも引かれたが、身をまだ一度も与えたことがないので、やはり、スープで試したことがあるニジマスか太刀魚にすることにした。本当は花鯛が良かったのだけど、最近は見ない。太刀魚も考えたけど、先週スープ1回目で少し痒みを伴っているので、しばらく間隔があいたニジマスにした。もちろん、ニジマスも順風ではなく、満月に当たったり、微妙な一部分もなきにしもあらずなんだけど… 帰宅後、約5gを2回ゆでこぼし、3回目に煮たものをほんの少し与えようとしたが、いつものごとく、唇に近づいた途端、逃げモードに。それでもなんとか耳掻き1さじを口に入れたが、指でかきだそうとするしぐさ。これもいつものこと。しかし、5−10分もしないうちに、激しく目の周囲を掻きはじめ、顔が真っ赤に。ここ数日とても綺麗だった口近くの両ほっぺも少し赤い。これ以上はさすがにヤバイと思い、だっこをして、なるべく掻かせないようにする。10分くらいで掻くことは落ち着いたが、というか、みゅーちゃんが気を効かせて、ゆーちゃんの気が紛れるおもちゃなどをもってきて、ようやく…なんだけど。顔のこすった(掻いた)全体の赤みは約1時間あまりで元の肌に。心配した両ほっぺも赤みが残らずにすんだ。耳掻き1さじ程度でやめたのが良かったのかもしれない。夜肛門を見たけど、赤くなってはいなかった。先週の太刀魚といい、食べる意欲がないから駄目なのか、魚アレルギーの疑いがあるのか、または旬や鮮度などの問題かはわからないけど、とりあえず、1週間は魚のトライをやめておとなしくしていよう。「週に2回試して」とは言われているが、なかなか長い道のりになるかもしれないな。とはいえ、今のところ、経母的には無症状。夜に焼き魚にして食べたけど、OKだった。だから、アレルギーがあるのか、単に食べる意欲がないから症状が出るのか、本当にわからないな… とはいえ、これを考えると、魚を試すのも怖くなってきた。
 そのため、離乳食1回目はスープだけで他のを与える気力が消失。というか、与えることすら怖かったので中止。それも症状改善が早かった原因かな?と何でもよく考えてしまう悪い性格。2回目は久々に珍しくたくさん食べた。嬉しさのあまりについつい与えすぎてしまって、最後は少しげっぷに伴い、ほんの少し吐いてしまった。さすがに、反省。ほとんど食べなかった日々が続いているのに、1回目で症状が出ているのに… 本当油断は禁物。
 最近、「ま(ん)ま」との発声が大分しっかりとしてきたように思う。だいたいは泣きながら、私を探す時だけどね。

離乳食@ ニジマス(養殖:耳掻き1さじ程度)
離乳食A とろとろ煮(さくさく粉、小松菜)(こども茶碗約1/5〜1/4)

2004年7月15日(生後356日) <お粥は食べないけど、取り分けは食べた>
 お粥を本当に食べなくなった。食わず嫌いか… 夕食に炊いたご飯が足りなくて、賞味期限が切れていたAFTライスを食べていた。ゆーちゃんが近づいてきたので、少しお箸で口元に近づけてみた。最初は嫌がっていた。かぼちゃ煮も同様だったけど、少し強引に唇に近づけたら食べて、その後は口を開けるようになった。AFTライスも戸惑いはあったみたいだけど、口をあけて、もぐもぐ。普通のご飯の硬さが良いのか、カボチャの味付けをしたのが良かったのか、それともお箸で食べさせてあげたのが良かったのか…(同じスプーンでお粥を一緒に食べてあげても駄目だったのに) もちろん、たくさんは食べないけど、何がきっかけで食べはじめるかわからないものだ。まもなく1歳だし、そろそろ塩味程度をつけてあげるかな… という前に、米醤油(白菊:高度精白米を使っているらしい)試しちゃったことになるけど。

離乳食@ おかゆ(山東菜、ケアライス)(まったく食べず)
離乳食A おかゆ(山東菜、ケアライス)(まったく食べず)
AFTライス(3粒くらいずつを約10口:取り分け)
カボチャ煮(カボチャ、米醤油)(取り分け:ほんの少しずつを7−8口:取り分け)