みゅーちゃんの育児日記
3歳0ヶ月−2
2003年12月19日<前歯に隙間ができてくる&歌と踊りが大好き!&数字が読める>
顎骨内で永久歯が育ってきているのか、上顎前歯の隙間が若干広がったように思う。以前と比べると、キノコ類、肉類などの繊維質が間に頻繁にはさまるようになった。今後は下顎の歯や奥歯にも隙間ができるので、その隙間をデンタルフロスで磨いてあげないといけないなと思う。今もひどい時はやってはいるが、毎回は難しいんだよね。何でも地道、地道、なるべく虫歯を作らないように、気をつけてあげないとね。

歌と踊りが大好きなみゅーちゃん。コマーシャルでは、「燃焼系、燃焼系、アミノシティー…」が好きである。CMがはじまると、じっと見ているし、私がハミング的に歌うと、最後に必ず「サントリー!」とつけてくれる。もちろん、自分でも歌ったりしている。こんな3歳の子にも気に入られて、自然とハミングとして口に出るくらいだから、CM的には大成功の部類だと思う。他にも、「ABCのうた」もかなり歌えるようになった。もう毎日、「歌って、踊って…」の世界みたい。いつかは下から「うるさい!」って文句がきそうで怖いが… 今日は数字が「1〜7」まで読むことができた。もちろん、ときどき間違えたことは言うけど、形と音の一致を理解してきたようだ。しまじろうの今月号の付録のお店のレジ効果もあるようだ。

2003年12月20日<マッサージの報告はリアル&映画デビュー&絵本読み>
お昼前からおっぱいマッサージに行く。今日は一緒に中に入るというので、旦那は駅ビル内の商店街でふらふらする。みゅーちゃんはおっぱいマッサージをじっと見ていて、旦那に報告。「パパ、おっぱい先生がこうやって、ママのおっぱい、もみもみした」と親指と人差し指の指先を使って実演。パパはあまりにも指先がリアルすぎて、「みゅーちゃん、やめてくれ〜、リアルすぎる。外ではやらんといてくれ〜」と嘆いていた。子供は覚えるのは早いもんだ。

その後、一時帰宅をし、旦那とみゅーちゃんで、近所の映画館に行く。みゅーちゃんにとって、映画デビューの日となった。ハム太郎とゴジラの二本立てを見たようだ。ゴジラはあまり関心がなかったらしいが、ハム太郎は歌と踊りが多いらしく、結構楽しんで見ていたようだ。でも、その結末くらいで、うんちをしたので、結局最後の部分は見れなかったらしい。ゴジラのときもうんちをしたらしく、旦那はまさか3時間のうちに2回もうんちをされると思わなくて(起床時、1回しているので)、持参したおむつがぎりぎりで少しあせったらしい(苦笑)。ともあれ、映画デビューは成功だったようで、また今度ドラえもんとか、他の漫画類を行きたいらしい。みゅーちゃんも帰宅早々、「てれび、みたよ。楽しかったよ」と大声で報告してくれた。映画という概念がないので、テレビという報告であったが…

最近、本を広げて、自分で読むことが多くなった。といっても、ひらがなが読めるわけではないので、絵を見て、「救急車が、しました」、「アンパンマンが、走りました」、「○○が、しました」と言うだけなんだけどね。でも、しまじろうの紙芝居の付録(先月号)があり、それをもってきて、私にやってくれた。「うさぎとかめ」では「うさぎが走りました」、「うさぎは寝ています」などなどと言いながら、絵を交換してくれた。しまじろうの「隠れているものをあてるお話」でも、「これはなーにかな? ろうそくかな?」と言いながら、紙を少しずつスライドさせて、「ケーキ!」とか、「これはなーにかな?」、「卵かな?」とか… 旦那がやってくれるのを全部覚えているようで、楽しそうにしていた。でも、私は絵本を読むのも、紙芝居をするのも嫌い。いつも寝る前に、「絵本を読んでよ」、「これ(紙芝居のこと)、やってよ」とくるけど、眠くて先にダウンするか、「みゅーちゃん、ママによんでよ」と言って逃げている。どうも声を出して読むのはできない。心の中のトラウマが大きすぎる。子供にとっては、そんなトラウマより、下手くそでも読んでもらいたいんだろうけど、私の精神的な部分がどうも受け付けなくて、月に2−3度気分が良いときにできればいい方だ。だから、絵本を読むのはすっかりと旦那の担当になっているかも…(苦笑) そういう旦那も読みながら、よく眠りに落ちていて、みゅーちゃんが「パパ、寝ちゃったよ」と寝室からリビングに出てくるんだけどね。はぁ…

2003年12月21日<夜中の痒みA>
夜中、足の膝裏関節部分や太ももの後ろ側の痒みがひどくて、夜泣きをする。30分から1時間くらい掻いていた。あまりにも掻くので、私がかわりにこすってあげたり。目を覚ますというより、うとうとした感じで(眠りが浅くなっている状態)、一応、「痒いの?」と聞くと、「足がかゆいの」とは答える。原因は映画館でほんの少し食べたポップコーン(コンソメ味)かな? 先週も旦那のおやつをつまみ食いをして、夜中に痒みを起こしていたので、きびのおかしをもたせてはあったが、それも食べて、つまみ食いもして。今まで多少「ハレの日」として、そういうものを食べても問題がなかったのに、症状が出るのは、冬という季節のためなのか、平日は私にあわせ、除去食対応だから、体が添加物や少量のアレルゲンに過敏になっているのか、または別の原因か… なかなか難しいな。

最近、弟がずりばいのスピードがアップをし、目的物がみつかると、即座に触りに行くようになった。たいてい、みゅーちゃんの遊んでいるおもちゃや広告。だから、それを嫌がって、すぐにとりあげたり、頭を叩いたり、「ママ、ゆーちゃん、布団にもどしてよ」と怒るようになる。機嫌が少し悪いと、近づいてきただけでも、そういう行動に出ることがある。注意をしても、かわらない。「いや!」とか、挙句の果てに、私を思いっきり叩きにくる。だから、私もメガネを飛ばされそうになるから、余計に腹が立って… もしかしたら、こういう弟への嫉妬などが過大なストレスになり、上記のような症状を引き起こしているのかもしれないなと思うようになる。私も育児が上手でないから、すぐに切れたりするけど、なかなか難しい問題だ。赤ちゃんのときのがらがらなどのおもちゃは、「ゆーちゃんのおもちゃ」と理解しているので、自分のがとられそうになったら、それをもたせてみたりはしているが、対人関係で悩む第一歩なんだろうな… 

超久々に便秘。一日2−3回は必ずするみゅーちゃんにとっては、かなり珍しい。明日が怖いぞ!(大量うんちで)

2003年12月22日<夜中の痒みB>
やはり、外出をして、つまみぐいをすると、深夜痒みがでた。昨日はヨーカドーに行き、ミスドのドーナッツを少しと肉まん。卵・乳が駄目なのか、添加物か、、旦那にも事情を話し、なるべくミスドとかやめて欲しいと言う(とはいえ、大丈夫なものを模索する旦那だと思うが)。もう少し統計的な感じで、様子を見てみよう。いずれにせよ、1時間以内には症状はおさまり、眠りも完全に起きるわけではないのが助かっているかも。

生協より、子供用のカットバサミとすきバサミが届く。早速、新聞紙を敷き、新聞紙の真ん中に大きな穴をあけ、頭を通し、簡易エプロン。それで少し短くし、量が少し多めなので、髪をすいてあげる。だいぶんましになった。まだまだ上手くカットできないけど、入学までくらいは頑張って、カットをしてあげようかな…

<朝食>
ふりかけごはん(白米、うるちきび、げんきたうん・まんまぱっぱ大根葉ふりかけ)
ラーメン(粟麺、キャベツ、しめじ、辻本スープオニオン、ナス、稗醤油)
<昼食>
手作り蒸しパン(稗粉、野菜とりんごジュース、レーズン、タピオカ粉、サツマイモフレーク、カボチャ裏ごし)
無糖イチゴジャム
<夕食>
ふりかけごはん(白米、稗、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
焼海苔
煮魚(カレイ、酒、みりん、稗醤油、ネギ、ワカメ)
味噌汁(白菜、ナス、カブ、あご出汁、稗味噌)

2003年12月25日<クリスマスプレゼント&ひろくんと遊ぶ>
枕元に置かれたクリスマスプレゼントを見て、「ママ、プレゼント、あけて!」と興味津々。アンパンマンの歌のCD、折り紙、ハム太郎の折り紙入れのセット。いずれも大好きなものである。特に、アンパンマンの歌は誕生日プレゼントに旦那の両親からもらっていたけど、1週間もしないうちに、カセットからテープを引き出し、あえなくゴミとなってしまったので、今度は壊れないようにCDをサンタさんが選んでくれたようだ。早速、音楽をかけると、のりのりで歌い、結局、ほぼ一日BGMとして流れていた(笑)。夜には、旦那に折り紙でいろんなものを折ってもらったり、教えてもらっていた。旦那はサンタさんからマニュアル書をプレゼントしてもらったので… ちなみに、私はサンタではないよ。みゅーちゃんも紙飛行機やかぶとなどを折ったり、丸めたりちぎったりして、うどんだの、おにぎりだの、一種のごっこ遊びにも利用していた。ただ、最近、紙好きのゆーちゃんに狙われる対象物でもあり、そのたびごとに取り上げて、、の繰り返しだった(苦笑)。でも、サンタさんのプレゼントはよほど嬉しかったのか、味を占めたのか、おもちゃの広告を見ると、「これ、みゅーちゃん、欲しい。サンタさんにこーてもらおう」とか、「サンタさんにプレゼント下さいって言うの」とつぶやくようになった。もちろん、それまでも「パパ、これ欲しい。こーて。あっ、パパ貧乏…、ママも貧乏っか…」とはよく言ってたけどね。でも、実際おもちゃ屋さんに言っても、興味は示しても、自分から「あれ欲しい、これ欲しい」はほとんど言わない良い子ちゃんです(こちらから聞けば、欲しいとは言うけどね)。その点は助かっている。

午後、ひろくんとみーちゃん(1ヶ月の赤ちゃん)とママが遊びにきてくれた。ひろくんと会うのは久々で、二人で手を取り合って再会を喜び(?)、一緒に走り回ったり、飛び跳ねたり、おもちゃで遊んだりと、とても楽しそうだった。やはり、たまには同年代の子どもと遊ぶのは楽しいようだが、人見知りもするので、スーパーなどの広場には、いまだ行きたがらないんだよね。

<朝食>
ふりかけごはん(白米、うるちきび、げんきたうん・まんまぱっぱ大根葉ふりかけ)
ミートソーススパゲティー(ミヤコ・ミートソース、きび麺)
<昼食>
おにぎり(白米、うるちきび、ミヤコ・野沢菜ふりかけ、塩、焼海苔)
コンニャク煮(コンニャク、イカ、あご出汁、稗醤油)
<夕食>
ふりかけごはん(白米、うるちきび、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
ロール白菜(白菜、鹿挽肉、大根葉、玉ネギ、タピオカ粉、塩、コショウ、あご出汁、稗醤油)
コンニャク煮(コンニャク、イカ、あご出汁、稗醤油)
ジャガイモ煮(ジャガイモ、稗醤油、あご出汁)
大根煮(大根、人参、いりこ出汁、稗醤油)
ちりめん

2003年12月26日<絵本&数字&切り貼りに夢中>
こどもちゃれんじ(しまじろう)がくる。絵本の表紙のタイトルを見て、「こどもちゃれんじ」と指でひらがなを押さえながら読んでくれる。もちろん、ひらがなを覚えているわけではないが、この部分にそれを書いてあるということはわかっているようだ。去年の絵本なら、「ママ、こどもちゃれんじ ぷち。わかった?」と言ってくる。数字は1〜9までは覚えたようなので(よく間違えたりするけど)、今度はひらがななのかな? ちなみに、エレベーターを降りて、「みゅーちゃんのおうち、どこ?」と言うと、走っていき、各部屋の表札の番号を見ている。そして、「ここ。7があるでしょう。」と言う。あと数字では、象形文字に近いが(判断しづらいと言うこと)、1、3、7なら書けるようになった。話を戻して、2ヶ月前からはじまっている切り貼りのできる冊子は、とてもお気に入りで、一気に1冊をやり終えてしまう。もちろん、シール貼りも… 今日は夕食準備の時間帯に少しかかり、ちょっといらいらしてしまう。終えるまでは、1時間でも2時間でもやるから…

2003年12月27日<おまるでおしっこ&「おとーさん」と呼ぶ>
夕食後、久々に「おまるに座る」と自分から言う。5分もしないうちに、「でた」。旦那が見ると、おしっこをちゃんとしていた。「おまるで全部できるようになったら、アンパンマンのパンツこーたる。キティーちゃんでも、ドラえもんでもええで」と、昨日ダイエーでパンツを見せてあげたのが良かったのかな? この調子で進めば良いんだけど、いつもたまに成功しては、そのまま行かずじまいってことが多い我が家。まだまだ前途多難ですが、小学校まではおむつでなかろうと思い、あせるのをやめてます(苦笑)。

最近、旦那に「パパ」とか「○○ちゃん(名前)」と呼ぶ以外に、「おとーさん」と急に呼ぶようになった。たいていは、旦那に甘えようとするけど、少し距離をおかれたとき。「おとーさん、○○しよーよ」と呼び名を変えて、遊んで攻撃に出ることを覚えたようだ。日々新しいことを覚えるので、3歳頃は本当に吸収能力が高いんだなと思う。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved