みゅーちゃんの育児日記
3歳1ヶ月−1
2003年12月29日<脚力がつく&みゅーちゃんの大好きなもの(踊り・歌・カメラ)>
最近、家にこもることがほとんどだったが、久々にダイエーまで行く。みゅーちゃんははじめてダイエーまでの往復をほとんど歩く。途中、本屋さんに寄ったり、スーパー2件に寄ったりと寄り道もたくさんしているのに… 家でも跳んだり跳ねたりが多いし、体力と脚力がついたんだろうな。跳んだり跳ねたり…と言えば、最近ダンスも多い。歌を色々口ずさみながら、創作ダンスをよくしている。テレビのモーニング娘などがごくたまに目に入れば一緒に踊ったり… 本当に歌や踊りが好きで、完全に旦那の家系の血を受け継いでいるなと実感する日々。

おもちゃの携帯で503のNに似たものをもっているが、最近それにカメラがくわわったようで、「ママ、写真撮るよ。ポーズして! こっち見て!」と言うようになった。そして、撮影後にもってきて、「これはパパとのお風呂。これはママのおっぱい(授乳のこと)」などと言いながら見せてくれる。旦那の携帯がカメラ付なので、その真似をしているのだと思う。カメラは踊りや歌と同じくらい好きな部類で、デジカメをもつと、変な作り笑いをしたり(自然な笑顔を撮りたいのに…)、おかしな格好をしては、「写真とって」ということもある。

2003年12月30日<魔の3歳児?&年賀状&遊び食べに、旦那が切れる>
今日から旦那が年末年始のお休み。昨日と同様、ダイエーに行く。いつも旦那が一緒なら、一歩たりとも歩こうとはしないが、今日は最初に旦那が抱っこを拒否すると、自分ですたすたっと歩き、旦那から離れて早々とエレベーターまで走っていく。今までの反応(拒否をした時点で号泣)と異なり、旦那は少し戸惑い気味。さらに、昨日と同様、ダイエーまでの往復を歩いたものだから、ますます頭をかしげている。それも普通に歩くのではなく、小走りで大人でも少し早いぞというスピードで進むので、ますます「えっ、今までとの違いは何?」と苦笑。楽でいいじゃん、と私は言ってあげたんだけどね。また、いつもはお店で大人しいのに、割と静かな本屋さんで、大きな声を出しまくり。少し離れた位置で立ち読みをしていると、「ママ?ママ?」とか、「みーつけた」とか。魔の3歳児になりつつあるかも…

余った年賀状に、両家の祖父母、ひいばあちゃん宛に絵を書かせてみた。クレヨンで、おじいちゃんやおばあちゃん、サルの絵を書き、ふにゃふにゃ文字で、フルネームのサイン入り。もちろん、ヒトもサルも宇宙人、ふにゃふにゃ文字は単にぐちゃぐちゃっと書いているだけ。でも、本人が「これはおじいちゃん、これはおばあちゃん…、これは○○○○○(氏名)」と教えてくれるので、その解説を少しつけて出してあげる。喜んでくれるかな? じいちゃんとばあちゃん達。ちなみに、今回の絵は宇宙人だけど、先日、割とまともなアンパンマンの絵を書いていた。デジカメでとれば良かったけど、撮る前に消されてしまった。残念。

夕食時、遊び食べが激しい。特に、旦那がいるとき。「食べさせて」と言うので、素直に食べてくれれば良いんだけど、言い聞かせてもゆーちゃんのところに言ったり、おもちゃで遊ぶものだから、パパはいらいらして、布団にこもってしまう。布団の中で携帯を見たり、雑誌を読んだり… まあ、私もしょっちゅう食事時は切れているし、それを地道にいい聞かせても駄目な場合も多く、ストレスが溜まることを少しは理解できたのではないかと思う。私の場合は、旦那より短期だから、さっさと食べさせてしまうんだけどね。普通に食べても30分はかかるのに、遊びが入ると、1時間はかかるから嫌なんだよね。

2003年12月31日<旦那の寂しさ>
錦糸町に行く。昨日と同様、駅までどころか、錦糸町まで抱っこをしてもらわずに歩く。電車も一人で椅子に座り(いつもは旦那の膝の上)、外の景色に反応をしたり、歌を口ずさんでいるので、旦那は昨日に引き続き、戸惑い中。どうも親離れをされた気分になって、少し寂しくなったようだ。抱っこ抱っこと言われれば、うるさく感じられるし、そうでないなら寂しい、まさしく人間は勝手なもんだよね(これは一般的な話)。でも、さすがに片道で疲れたのか、錦糸町に着いて、1時間後には昼寝タイムに入ってましたが… 普段ならしないか、帰宅前にうとうとする感じ。

2004年1月7日<折り紙本で悪戦苦闘&将来の出産スタイル&スナップボタンができる&弟の真似など&七草粥>
今のお気に入りの遊びの1つは折り紙。折り紙の本を見ながら、悪戦苦闘(私だって悪戦苦闘:ほとんどやらないけど)。半分に折ったり、どこそこを折るまではわかるけど、細かいところになると、「作ってよ〜」となる。そのため、我が家には折り紙の山が… ビニル袋にてんこ盛り。籠、船、ウルトラマン、お雛様、靴、テーブル、鶴などなど。自分で作るものは、紙飛行機、くしゃくしゃにまとめて、いろんなものを表現したり、途中まで折って、別のものになっていたり。まあ、そのうち、徐々に折れるようになるんだろうな…

夜、たまたまテレビをつけたら、江角まきこの映画の分で、ちょうど分娩シーン(実映像の分)。それを見たみゅーちゃんは、「また、赤ちゃんうむの?」と聞く。「ママが?」、「ううん、みゅーちゃんがよ」、「ママとパパと、赤ちゃん(ゆーちゃんのこと)に見てもらって、産むんよ〜」と言う。とはいえ、今回の出産は体調不良で立会い出産とはならなかったし、映画のシーンも立会い出産ではない。それなのに、どこでそういうシーンを想像できるのか、とても不思議なひとときであった。帰宅した旦那に言うと、「立会い出産の立会いはできん。近くに住んでいたら、病院くらいは行ったるけどな」と苦笑。嫁にも出したくないと思っているのに、すでに出産のことを言われたから、困惑したみたい(笑)。

ようやくスナップボタンをひとりで全部留めることができるようになる。今までは何度もトライはしていたけど、全然だったのに、できるとなれば、一気みたい。さらに、最近はゆーちゃんの真似ばかり。ずりばいで移動したり、指しゃぶり、おもちゃなどをなめたり、駄々コネまで。。そのくせ、おもちゃを少しでも触られたり、おもちゃに近づこうものなら逆上し、すぐにとりあげたり、大泣きをしたり…(この場合は、二人で泣くからうるさい) ゆーちゃんがもっと積極的に取るようになれば、今度は本当に喧嘩しそうで、今から冷や冷やもんだ(苦笑)。怒るばかりの日々がきそうで…(今もだけど)

今日は七草粥を食べた。年末・年始にお餅やおせちを食べたわけでなく、普通の粗食生活なので、胃を休める料理が必要でもないが、そういう料理を食べられないからこそ、こういう料理だけでも…と思い、生協で乾燥七草を購入し、お粥に入れて味わった。ちょっと昆布を入れすぎて、出汁の味が強くなりすぎたのが失敗だったけど、お腹的には満足したかな。家族みんなで今年も健康粗食生活が送れますように…(苦笑)

<朝食>
手作り蒸しパン(うるちきび粉、野菜とりんごジュース、レーズン、タピオカ粉、カボチャ裏ごし)
イチゴジャム、黒糖蜜
<昼食>
ふりかけごはん(白米、うるちきび、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
とろろ昆布
大根煮(大根、人参、あご出汁、粟醤油)
菜っ葉煮(大根葉、アレルギー用ちくわ、てんさい糖、あご出汁、粟醤油)
創健社・五穀せんべい (1枚)
干し柿ゼリー (2個)
<間食>
甘栗
<夕食>
七草粥(白米、うるちきび、大根、カブ、セリ、ナズナ、はこべ、仏の座、ごぎょう、粟醤油、塩、昆布)
味噌汁(あご出汁、きび味噌、白菜、みぶ菜)
大根煮(大根、人参、あご出汁、粟醤油)
菜っ葉煮(大根葉、アレルギー用ちくわ、てんさい糖、あご出汁、粟醤油)
カボチャ煮(カボチャ、あご出汁、粟醤油)
ちりめんととろろ昆布

2004年1月11日<753の写真&お腹の傷>
何もしてあげられない七五三だけど、せめて写真だけでも… 弟の100日記念とあわせてスタジオアリスへ。続きはこちら

お腹をみると、細かなかき傷がある。もうかさぶただけど。昨日のたこ焼き(外)が原因なのかな?でも、お腹の皮膚も少し乾燥がちなので、それで痒みが生じたのかもしれないし。はたまた、ストレスも関与している可能性もあるし(平日、自分だけが相手にしてもらえるわけでもないし、怒られるし)、考え出したらきりがない。とはいえ、乾燥時期なので、保湿剤をとりあえず塗ってあげる(普段まったく塗らないので)。今のところ、乾燥気味なお肌はお腹くらいかな。顔も水気たっぷりだし。

2004年1月12日<ご褒美=ばあば達からのお年玉>
昨日の写真撮影で泣かずに頑張ったことのご褒美は、あんぱんまんのひらがなと英語の知育玩具。以前から、本人が興味を示していたもの。旦那が年末の赤ちゃん本舗で、近所の店より2千円くらい安かったので、即購入を決めたのだ。お金は淡路のばあば達からのお年玉を投入したので、結局はばあちゃん達からのプレゼントになるんだろうけど。みゅーちゃんは喜んで、ひらがなやアルファベットのボタンを押しては、いっしょに発音して夢中になっている。それ以外にも質問形式があり、例えば、「あ」と言われれば、どれを押すか当てるゲームもある。いろんなところを押して、結局は「パパ〜。どれ?」と教えてもらっている。アルファベットは親でも聞きづらかったりする(判別という意味:イギリス人が録音しているようだが)。まあ、教育のつもりで購入しているのではないから、充分に遊んでね。大好きな音楽も流れることだし。一応、最近はABCを最初から最後まで、「ABCのうた」としてなら、全部言えるようになった。「あ」くらいなら、ひらがなもわかるようだ。数字の方がもう少したくさん覚えている状態。

2004年1月15日<添乳のまね&505is>
またお世話モードがはじまる。「ミッキーがおっぱい、言うてるねん」と言いながら、布団で寝かせたミッキーに添い寝をし、服をめくりあげて、なんと添乳をはじめる。みゅーちゃんの前ではほとんど添い乳をしたことがない。しっかり抱っこの授乳がほとんどだし、深夜それでも寝なかったときのみ添乳だからだ。本当、子どもはどこかしらで、よく見て、細かいことまで覚えているもんだなと思う。ちょっとびっくり!

最近、「ごー まる ごー あい え〜す」とよく歌っている(言っている)。CMの影響か? 最近機種変をした私は、505isは高すぎて、手が出せないし、そこまで必要性を感じない。欲しがっているのは旦那なので、その影響かな? でも、単に音として覚えたのではなく、「DOCOMO」という商標を見ても(広告など)、「ごー まる ごー あい え〜す、あるで〜」と言うので、結構すごいかも…

2004年1月16日<早起きしすぎ&栄養指導日>
栄養指導の日。いくら数日前から、「今日は行くよ」と言い聞かせてあるとはいえ、午後3時からなので朝も早く起きる必要はない。しかし、昨夜は午後8時頃に寝て(普段なら2−3時間で起きてくるが、起きず)、なんと午前5時起床。私がゆーちゃんを抱っこして、別部屋でパソをしながら寝かせていた時で、ちょうど授乳時間でもある頃。最初は小さい声でぐずっていたようで気づかなかったが、少し大泣きになりはじめ、寝室に行こうとしたら、旦那が不機嫌そうに呼びに来る。こっちも弟が布団で寝付けないから、ずっと抱っこで寝かせていたのに… 一応、なだめようとはしたらしいが、「ママ」とうるさくてどうにもならなかったようだ。起きているときは、「パパ」でママが駄目なのに、眠い時はその反対。そのため、少し抱きしめてあげてから(弟は布団に下ろされ、号泣。旦那は高いびき)、おっぱいだからと待ってもらう。そのうちに、目が覚めてきたのか、元気モードに。。授乳を終え、私もそろそろ寝ようとしていたから、一緒に抱きしめてあげて寝ようとしても無理な状態に… 9時間連続睡眠しているから無理もないが。すると、ゆーちゃんも起きて(午前6時頃)、結局元気な二人の相手を早朝からする羽目に… 私は午前3時まで約2時間ほどは寝てはいたが、それでも少し辛いものが。みゅーちゃんもお昼寝をせずに、午後の指導に行き、帰りも少しトーンダウンしつつも、駅のそばまで歩き、そこからバギーボードに座る。しかし、座ったとたんに、体はゆりかご状態に… 眠気が一気に来たようだ。とってをもっている手も自然と下にさがり、私は落ちないかと不安になりつつも家路に急ぐ。でも、3歳になると、寝ていても体の支えが充分にできるのか、前後左右に船をこいではいるものの、何とか無事に帰り着く。その後、ショップで購入したヨーグルト(唯一安心して食べられる商品)とおさつをぎゅ!を食べ、7時頃には眠りはじめる。起きるかなと思ったけど、添い寝をしたら、また寝はじめたので、明日も朝がめちゃ早いかも… 良いことではあるが、気持ちは複雑。

ところで、栄養指導。身長は90cm、体重は12.6kg(服を着ている)と2ヶ月前とかわらない。でも、食べられる素材(抗原性が高いもの)も増えているし、今の食生活を乱さずに、この1年をまた頑張りましょうということになる。卵や牛乳が食べられることもわかっているので、二次食品や加工品にも徐々にトライして、どの程度食べられるかなども見ていくことになる。今の私の粗食生活ではなかなかトライする機会が少ないが… 去年もだが、今年も惣菜とか外で食べたものに反応して、夜中に痒みを生じているので、やはり冬の時期は症状が出やすいようだねということになる。症状がでる肌も少しドライ気味だし。乾燥しているから、仕方がないのかもしれないけど。でも、女の子が今こういう食生活を送っていることは、将来の食生活の基本になるから、とても重要だよ(=意味のあること)と言われた。自分がひとり立ち(または家庭をもったとき)をして、さあ何を作ろうかなと思うと、昔の自分の食事を思い出して、食卓に惣菜ばかりが並んでいれば、惣菜中心の生活でいいんだとなるし、和食中心なら和食…という風になるらしい。だから、今大変でも頑張ることで、将来の子ども達のみならず、その子ども達の健康も考えた食生活の基本に結びつくようだ。また、自分の健康と食生活の関連を小さい頃から学ぶので、大きくなっても羽目をはずした食生活を送ることもないだろうとのこと。確かに、今の生活も慣れれば平気なものでも、最初はやはり辛いものがある。でも、その成果がはっきりと見えなくても、肌の状態などが改善され、さらに、何十年後か先にもその効果がでるのであれば、影の努力として頑張れるのかなと、ふと思った。

2004年1月17日<お店の名前>>
旦那の買ってきたケースを見て、「パパ、ひゃくえんショップでこーたん?」と聞く。旦那は苦笑し、「いつ、100円ショップなんか覚えたんかい? これは100円では買えれへんで…」。普段、二人でよく近所の100円ショップに出かけることが多いから、必然的かも(笑)。ちなみに、私の場合、生協。食品がなくなると、「また、せいきょうにもらうん?」と言う。別にもらっているわけではなく、購入しているんだけど、玄関まで配達なので、お店との違いを感じているのだろう。「買うんよ」と毎回言ってるけど、理解できてない模様。あとはおむつを買いに行く薬局の名前かな。たまに、近所のスーパーに行ったら、なぜか「ダイエー」になっていたりするけどね。子どもって面白いかも。でも、生活観がばれそうなかんじやね、子どもの発言って… もう少し高級感のあるデパート名でも覚えてもらおうかな? 最近行っていないから、無理っか(苦笑)。あと、「買わないよ」とか「買えないよ」と言うと、すぐに「パパもママも貧乏」って言われるしね(笑)。

2004年1月18日<小麦を使っていないカップケーキに歓喜>
今日は私のサツマイモデー(サツマイモを食べても良い日)なので、小麦を使っていないカップケーキ(ミヤコ)を食べる。1袋に2個入りなので、1個は娘にあげる。今までは2個食べたり、翌日に食べていたんだけど、それがしづらい状況なので、前回から娘とわけることに… 前回も異様に「ケーキ、おいしい、おいしい」と叫んでいたが、今日も一口食べるなり、「おいしいよ。本当においしいよ」と大声で言われ(ほとんど歓喜に近い状況)、「パパ、ケーキ、おいしいよ〜」と。材料はサツマイモ、稗、アマランサスで、蒸しパンとかとあまり変わらないんだけど、てんさい糖や菜種油が多いだけなんだけどな… でも、こういう素朴なお菓子で、これだけ喜んでくれるから、親としては嬉しいんだけどね。逆に、普通の人から見れば、「普段何を食べさせているんだ〜」と思われるかも(苦笑)。

<朝食>
食パン(小麦、砂糖、塩、酵母:生協)
無糖りんごジャム、A1マーガリン
ミヤコ・カボチャスープ
<昼食>
ふりかけごはん(白米、稗、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
焼海苔
大根煮(大根、人参、あご出汁、稗醤油)
サツマイモ煮(サツマイモ、あご出汁、稗醤油)
雑煮(餅、玉ネギ、大根葉、ジャガイモ、あご出汁、稗醤油)
ミヤコ・ちりめん佃煮
<間食>
ミヤコ・小麦を使っていないカップケーキ
<夕食>
ふりかけごはん(白米、稗、ミヤコ・野沢菜ふりかけ)
大根煮(大根、人参、あご出汁、稗醤油)
サツマイモ煮(サツマイモ、あご出汁、稗醤油)
ミヤコ・ちりめん佃煮
魚スープ(赤魚、小松菜、玉ネギ、辻本スープオニオン、塩、稗醤油)
おひたし(ほうれん草、稗醤油)

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved