みゅーちゃんの育児日記
3歳1ヶ月−2
2004年1月20日<山芋クリアー&絵本などの購入>
山芋は抗原性が高いし、ねばねばなので、痒みを起こしやすいかなと今まで除去をしていた。抗原性が高いものを試してと言われているのでトライ。ゆーちゃんが生スライスだと、経母でも下痢を起こしたので、お好み焼きにして、しっかり加熱で与えてみた。大丈夫だった。やはり、3歳をすぎて、消化能力もあがっている証拠なのだろう。鮭、サバなど魚類も含め、いろいろクリアーして、素材が増えてきて、大分楽になってきた(楽になっても、下がいるので、今までの生活と変化はないが)。

寒くなって、駅前まで行く気力もなくなっていたが、久々にダイエーや本屋さんなどに出かける。今回はアンパンマンの絵本と冬用の衣類(ズボン:サイズは来年用)を1枚半額で購入。普段、ストレスがたまって充分に相手をしてやれなかったり、イライラをぶつけたりするので、その罪滅ぼし的気分もある。でも、大好きなアンパンマンの絵本は気に入ってくれたようで、旦那にも「読んで、読んで。ママがこーてくれたんよ」と読んで攻撃をしてました。

2004年1月21日<キヌア小丸せん>
辻のキヌア小丸せん・かぼちゃをおやつにあげた。せんべい好きなのに、あまり食が進んでいない。なぜかなと思っていたら、一言「にがい」。ほんのりビート糖の甘みがあるとはいえ、確かに微妙な苦味はあるかもしれない。う〜ん、敏感な舌だ。キヌアの消費をしようと思っていたんだけど、結局私が食べる羽目に。まあ量的に多いものではないから、サーと消費してしまおうっと。それよりも多量に残っている焙煎粉をなんとかしないと。一応、わらび餅用に購入してみたんだけど、わらび粉を本わらびにせず、サツマイモ原料のものにしたから、サツマイモデーで他のものを消費していたら、なかなかそちらまで回らず。う〜ん。

2004年1月24日<一部のひらがなを覚える&Vリーグの観戦>
めばえの付録があんぱんまんのカルタ。あんぱんまんのひらがな教室の効果もあるのか、昨日からカードを1枚ずつもってきて、「これはあんぱんまんの『あ』でしょう」などと絵札をもってくる。てっきりイラストに対応して、もってきていると思っていたが、読み札とか絵札の裏側のひらがなを見せながらもってくるようになった。ひらがなを教えているわけでなく、聞かれたら答える程度。結局、「あ、ら、め、せ、を、し、く」がわかるようだ。あいうえお順でないことも不思議だけど。この中に苗字の最初の文字もあり、「これは○○の△でしょう」と言ってくる。ただ、「め」は正しいカードをもってくるけど、「ね」や「わ」、「の」も「め」と言いながらもってくるので、一応形から認識はしているようだ。「を」も先に普通の「お」を覚えればいいのに…って思うのは、わたしだけ? 午後からバレーボールの男子の試合観戦に行く。その様子はこちら

2004年1月27日<うんちの報告&読み書き>
一時、うんちやおしっこを言わなくなっていた。しかし、ここ3−4日ほどはまた申告が増えてきた。うんちはほぼ全部(出たあとだけど)。「ママ(パパ)、うんちくんでた。かえて」と言う。「うんちくん」となぜかかわいい表現にかわってはいるんだけどね。あと、尿量も増えているのか、ときどき漏らすことも多くなる。そういう場合、変な格好(がにまた状態)になり、「おしっこ、でた。もれた。ズボン濡れた」とは言ってくれる。それだけ気持ちが悪いと思うなら、おまるに座ってよと思うけど、なかなか。おむつ交換時に機嫌が良い時に、1回座ればいい方だもんな。座らない日も多いしね。

今日は「し」と「7」と「ハート」をお絵かきしてくれた。「し」と「7」は書きようによっては、上下逆だけなので覚えたようだ。服に書いてあるアルファベットやひらがなも、「これなに?」と良く聞いてくるようになり、わかるものは読んでいたり… 自然といろんなものを覚えていくようだ。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved