みゅーちゃんの育児日記
3歳4ヶ月−2
2004年4月15日<子育て広場>
久々に福祉センターの子育て広場に行った。改修工事以後はじめて。面積が広くなり、前の2倍。隣の部屋との壁を取り去ったからだ。その半分は広いスペース、大小の乗用玩具、ボールハウスなどがあり、動き回るには良い感じ。もう半分はテーブルがいくつか置いてあり、ママゴトをしたり、本を読んだり、少し静かに過ごす感じ。二つのスペースの間は座椅子で簡単に区切ってある状態。昼過ぎに行ったので、親子は少ない。まず、みゅーちゃんはボールハウスに入り、小さなボール100個くらいの中ではしゃぎ、その後、大きな乗用玩具に乗って遊ぶ。その後ろに小さな荷台がついているので、ゆーちゃんを乗せて運転したり。その荷台で、弟はつかまり立ちをする悪がきだったりするんだけど…(苦笑) デジカメで証拠写真を撮るんだった。携帯ではとっているが、まだ落とし方がわからない。その後、幼稚園が終わったのか、幼稚園に行っていないのかわからないけど、同年代の女の子が少し増えてきた。私が授乳をして、そのまま昼寝に入ってしまったゆーちゃんを抱っこしていると、つい私までうとうと。その間はその女の子と話はしないけど、一緒に遊ぼうと輪の中に入って行ったりする場面もあった。スーパー内では逃げるけど、ここなら少し積極的に慣れるようだ。これなら来年の入園後も大丈夫かな…(?)

途中、何度か帰ろうとしたんだけど、そのたびに「嫌」で、結局2時間は確実にいた。そして、最後、「3つ、ねんねしたら、またこどもがいっぱいいるところにこようね」と言う。楽しかった証拠なんだけど、「3つねんねしたら…」がいつもの口癖。毎日と言われるより楽だけどさ。私が助産院やクリニックなど行く予定があるときは3日前からいい聞かせているので、そのときの「3つねんねしたら…」が記憶として残っているようだ。「明日以降ね」と言っても、「ちがう、3つねんねしたら…」だから(苦笑)。

2004年4月16日<団子作り>
雑穀蒸しパン・クッキーが駄目になり、それに代わる模索をしている。芋パンがひとつ、そして、高度精白米でできた上新粉をゲットしたので、それで団子作りに挑戦。生地を作るときに少し水を入れすぎた。というか、指示通りでは上手くねれなかったから。みゅーちゃんに団子を丸めてもらい、沸騰した湯でゆでてさましてから、素焼き。冷めると、団子は硬くなるらしいのに、まったく硬くならず。食べてみると少しねちょっとした感じ。みたらし団子にしてみたが、柔らかすぎていまいち。みゅーちゃんは自分で作った分は「おいしい!」って食べるんだけどね。でも、この柔らかさは子供には良いのかもしれないとおもうけどね。みゅーちゃんにはみたらし&黄粉。また次回作るときはもっとおいしくしたいな。でも、私としては大好きな餡で食べたいよ〜 大豆アレルギーだから駄目だけどね。みゅーちゃんの授乳後半&妊娠中に和菓子に手を出しすぎたつけが回ってきたから仕方ないよね〜(悲)

先日、アレルギー食品を発注した時、この上新粉も数袋頼む予定だったのに、うっかりと忘れていた。今日届いていないので、電話をしようかなと思ったけど、荷詰めしていたら悪いなと思いあきらめた(後日談:荷物は18日に届いたので、電話すれば間に合っていた。アホな私)。また、連休に帰省する時に頼むから、そのときに多めに頼んでおこうっと…

2004年4月17日<都バス(トミカ)購入&穴場スポット?&「お姉ちゃん」の自覚>
今日はヨドバシカメラやアルカキットに行く。少し前回みたいに行ってすぐに体調不良で帰宅ではなかった。ヨドバシでは、トミカの都バスを買ってあげた(ポイントだから痛手はなし)。喜んで自分でレジに持っていった。他にも数種類バスがあったけど、現実に乗っている都バスしか興味がなかったのもおもしろかった。また、新たな発見。駅地下のスーパー部分にある魚屋さんの魚の種類の豊富さ。近所のスーパーとは比較ならない。そして、安価で天然ものも多い。みゅーちゃん、ゆーちゃんの食材ゲットをするには良いところ。でも、近くではないから、たまに遊びに来たときだけで、夏場はちょっと… 早速、目鯛切り身、天然鯛1匹を300〜350円前後でゲット! 他にもちりめんじゃこ。野菜もはじめての菜っ葉類をゲット。他にもおにぎり専門店があった。たまのご褒美でそこで食べた。単純な塩結びがあるのが嬉しい。塩もきいているかいないか程度の薄味。ウメ+海苔、広島菜巻きも大丈夫そう。価格は塩結び以外少し高いけど、こういうのは嬉しい。みゅーちゃんは塩結びより海苔+昆布が良くてあまり食べなくて、あとで旦那に追加購入してもらって、丸ごとぺろりと食べていた。他にも天ぷら屋さんなどがあり、旦那とみゅーちゃんは天ぷらも楽しんでいた。とてもおいしかったらしい。穴場スポットで、行くたびに常連になりそう。

最近、ゆーちゃんに対しては、「これ、お姉ちゃんのでしょう。触るな!」など、「お姉ちゃん」と自分のことを言うようになってきた。もちろん、今までは「みゅーちゃんのでしょう」で、今も他の人には「みゅーちゃんがね」と区別ができるようになってきたようだ。私や旦那はほとんど「お姉ちゃん」という言葉は使わないんだけどね。周囲の人に言われて自覚してきたようだ。

2004年4月19日<発熱@>
昨日はぐずりの多い1日だったし、寝るのも午後9時と早く、今朝は機嫌良く起きてきた。午後、私がうとうとしていたら、珍しく一緒に昼寝をはじめる。そして、2時間ほど寝て起きたら、超機嫌が悪い。体に触ると熱い。体温を測ると、38.8度。午後5時前だったので、クリニックに行くかどうか悩んだが、本人は「いやだ」の一点張り。とりあえず、脱水にならないように、水を少し飲ませる。「飲まないと、点滴だよ〜」って。発熱以外はもんだいなさそうなので、様子見。夜には少し熱が下がってきて、午後8時頃から1時間ほど寝る。起きた時はたぶん38度前後だと思うが、食欲が出てきたようで、お粥とスープを少し、焼き鳥一切れを食べる。食欲が少しでもあるので、少し状態観察だね。そして、午後11時頃の就寝後、体温はかなり下がっている感じ。明日は良くなるかな? 昨日のぐずりはこれの前兆だったんだね… この風邪(?)もパパが高熱を出して会社を休んだ時に似ているので、パパからの感染かな? でも、もう10日くらいは経過しているんだけどな… とりあえず、ポリオの摂取を来週に控えているゆーちゃんに移らないことを願おう。

2004年4月20日<発熱A>
午前7時と早くに起床。食事はあまり喉を通らないのか、ひえ丸を半袋。微熱に毛が生えた程度(37度後半かな?:測定しておらず)。午後には体温が少し下がったようで、昼食は少し多めに食べる。焼うどん(200g)をぺろりだし、ご飯もそれなりに食べた。その後、昨日と同じ時間帯で昼寝。また、起きると、ぐずりが激しい。熱も高そう。測ると、39.0度。かなりしんどそう。それでもクリニックは拒否。「だいじょうぶ」。その後、また2時間ほど寝て、午後7時30分頃に起きる。少ししんどそうだけど、元気がある。熱も少し下がっている感じ。食欲が出て、雑炊・焼き魚・ベジラビを少しずつ食べる。その後は、少しペースダウンをしながらも遊び、午後10時頃に「おなかすいた。せんべい食べる」と言うので、朝食時の残りのひえ丸と小袋に入ったミヤコの野菜カリを全部平らげる。今日の方が熱は高いけど、食欲は旺盛。これだと点滴は必要ないかな… 明日はクリニックが休みだけど、悪化しませんように…

2004年4月21日<発熱B>
朝微熱程度。昼前に体温を測ると、37.3度。食事も普通に食べる。また、この2日間のように、夕方体温が上がるかもしれないと思い、おむつを購入しに出かけたあと、みゅーちゃんだけを入浴させる。綺麗さっぱり。その後、おやつを求め、昼寝をする様子もなし。夕方早々にはお腹がすき、黄粉ご飯と準備中の夕食の焼魚(鮭)を少し食べる。結局、熱は上がらずじまい。少ししんどさは残る感じだが、明日には回復かな… 明日は桶谷の予約が入っているので、できれば行きたいしね。昼寝なしなので、夜も早めの就寝。鼻水がではじめたので、少しいびきをかいているが、徐々に良くなるかな…

2004年4月22日<回復>
今日はすっかりと回復し、元気になる。桶谷も一緒に行く。ただ、まだ病み上がりで疲れやすいのか、途中「疲れたよ」で休憩が多かったんだけどね。でも、食欲はとてもあるし、元気が一番!

2004年4月23日<授乳>
和室にこもって、1人で何をしているかと思えば、服をめくりあげて、ミニマウスにおっぱいをしていた。「何しているん?」と聞くと、「ミッキーが泣くから、おっぱいしてたんよ〜」と… 本当、まねっ子だわ(笑)。

2004年4月25日<しまじろうの付録>
昨日、しまじろう5月号が届いていた。でも、昨日はストレスがたまっていたし、精神的にも落ち着いてできる雰囲気ではなかったので隠しておいた。昼食時、みゅーちゃんは「パパ、食べさせてよ〜」と言いながらも、遊んでみたりするのを繰り返し、パパもいらいらして、不貞寝をはじめた。私はいつもだよ〜、それが二人もいるんだ〜って言いたかったけど。出かけると言いつつ、長い間寝ているので、その間に一緒にやることにした。私は逆に少し落ち着いたから。今月の付録は料理手伝いセット。おにぎりを作ったり、いろいろできる。ボール、おたまなどがついて、みゅーちゃんは大喜び。すぐにおままごとで遊んでいた。そして、シール貼り。これは一気に全部張り終えないと許せない性格で、今日も旦那が起きるまでの約1.5時間くらいはつき合わされた。まあ、いろいろとわかってきているから、指示を少しするだけで、ぼーと見ていればいいんだけどね。一応、今回の付録にはボールとか使って作るレシピ集がついていたので、何か1つでも作れたら良いなと思う。蒸しパンの生地を混ぜる時とかね。でも、本内でしまじろうがそのボールを使っていたのは、鯉のぼりの形をしたお寿司を作るときの飾りとなる卵焼きのための、卵を混ぜるシーン。さすがに、それはやらせられないし、卵を購入していない我が家には現時点では無縁かもしれないけどね。みゅーちゃんは「卵焼きつくるの〜、見て見て」と広告を細かく刻んだのを一生懸命混ぜて喜んでいたけど、アレルギーっ子のママさんで悩む人、戸惑う人も多いんだろうな… それに今回はしまじろうの誕生日で、ケーキも出てくるしね(苦笑)。とはいえ、うちの娘は幸い名前をいろいろ知っているけど、いざとなると欲しがらないし、「大きくなったら…」、「また今度ね(時期未定の)」という程度にしかとらえていないので、安心だけどね。

2004年4月27日<しまじろうの付録で蒸しパン作り&ベビーゲートとサークルが届く>
雑穀が駄目になり、自分が食べるための蒸しパン作りをほぼあきらめていた。でも、過去ログを整理していて、上新粉で作っているバージョンが多いことに気づく。高度精白米でできた上新粉を購入したので、先日の団子作りに引き続き、蒸しパンを作ってみた。原材料は雑穀を上新粉、炊飯器代わりに蒸し器で作ってみた。生地を作る際、先日のしまじろうの付録のぼーると撹拌棒を用いてこねこねさせた。実際にそれを用いて、蒸しパンを作れるので、大喜びのみゅーちゃん。できあがった蒸しパンはタピオカ粉を入れたためか、少しゴムっぽかったけど、私と半分こして、「おいしい〜! みゅーちゃんが作ったんよ。蒸しパン!」と言いながら、ぱくついていた。私だけで作ると、あまり見向きをしなくても、自分が少しでも関与すると、おいしくなるらしい。でも、私的にはもう少し改良の余地ありって感じです。ベビーゲートとサークルが届く。これはこちらを参照。
  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved