みゅーちゃんの育児日記
3歳6ヶ月−1
2004年5月28日<外出先にて、腹痛で苦しむ&絵本の単語を少し読む>
早くも3歳も折り返し地点を迎えました。早いもんだ。今日は近所の友人とヨーカドーに出かける。ひろくんと一緒に子ども広場に入り、二人で大きなブロックを運んだり、広場の周囲に柵代わりにおいてある椅子(ベンチ?)の上をハイハイで歩いてみたり… 久々に一緒に遊んだので楽しそうだった。しかし、その後、悪夢が… 昼食にパンを食べた。いつもはパン屋さんでベーグル(乳・卵なし)を購入して食べるが、多少は卵や乳製品が入っていても大丈夫なことが多くなったので、バターロールを買ってあげる。それを1個食べた後、おにぎり(購入したもの)も約2/3くらいは食べる。量的にはちょうど良いか、少し多い程度。しかし、食べ終えた直後から、顔をしかめはじめ、腹痛を訴える。その様子から、いつもの乳製品を食べて駄目だった時に苦しむ時と同じ状態。痛くなってうんちして、それを数回繰り返すのだ。うんちは徐々に柔らかくなって、水様便に近くなるとけろっと治るという状態。先が見えているとはいえ、出先でのこの経験ははじめてのこと。友人には買い物をしてもらったりして、時間を潰してもらう。結局、1時間近くかかって治る。その後は、けろっとしていたが、「あのパンは食べない」とだけ言っていた。普通のバターロールで加熱不十分というわけでもないし、体調なのか食べすぎなのか、本当乳製品に関しては、難しい娘。血液&皮膚検査で両方とも陰性というから、なおさら。まあ、無理のない範囲で、どの程度のものが食べられるか判断していかないとね。結局、復活後、おもちゃ屋さんで少しトミカの電車が走るところをみたり、お絵かきのデモ版を楽しんで帰宅。ちょっと残念な一日で、友人にも迷惑をかけた日だった。

夜、絵本を一緒に見た。みゅーちゃんは旦那に読んでもらった内容をかなり覚えているので、自分で「○○しました」とか言いながら、私やゆーちゃんに読んで聞かせるんだけど(私が絵本読み嫌いだから)、今日は文字部分を見て、読めるひらがなの部分だけ(1ページに1−2個の単語)、読み上げては「やった〜」と喜んでいた。私は読み聞かせはできないけど、単語を読む手伝いならできるので、一緒にやってあげると、できるたびに、上記のような喜びようだった。ひとつひとつ前進していくのに、まったく前進しない私。いろんな面で… そして、ストレスをため、みゅーちゃんにあたることが多く、日々反省とともに、反省できていない態度の自分に幻滅することも多い。

2004年5月29日<発熱>
朝なかなか起きない。旦那が起こしに行って、「体が熱いんちゃう?」と言いにくる。熱を測ると、38.7度。そりゃ、さすがみゅーちゃんでも動けないわいね。脱水予防を兼ねて、水分を取らせようと思うが、拒否し、また寝る。1時間ほどで起きたが、「病院は嫌、食事は食べたくない、水もいらない」と言うけど、「水を飲んでくれないなら、前のように、パパと一緒にイタイイタイ(点滴のこと)行く?」と言うと、一口だけ飲んでくれた。その後も午後はほとんど寝ていて、夕食時に少し起きてきて、お粥を口にしてくれる。最初、本当しんどそうだったので、1口でも、2口でも…と思っていたら、お茶碗1杯を平らげてしまった。朝昼何も食べていなくて、お腹がすいたようだ。食べると、少し元気が出てきて、たまに笑顔も見せたり、遊びはじめた。午後5時頃はお昼と同じ38.7度だったけど、食後の午後8時頃は37.9度と38度より少し下がっていた。だから、遊ぶ元気が出てきたようだ。結局、午後よく寝ていた分、日付変わる頃まで寝なかった(苦笑)。いつも旦那がいる土日は、すっかりとママ拒否のパパっ子なのに、高熱時はパパ拒否で、ママっ子。旦那はやはり「遊びのおもちゃと同じ扱いだ〜」と少しすねていた(苦笑)。でも、元気が出てきた食事中からは徐々にパパっ子になり、ご飯を食べさせてもらったりしていた。難しい年頃… 昨日の腹痛を起こした原因も体調悪化の前兆時にアレルゲンを食べたからかもしれないな…とふと思ったり。以前、もっと乳製品たっぷりのパンを食べたこともあるわけだし… こればかりは予測できないもんな。

2004年5月30日<熱が少し下がる>
今日は37.7度と、昨夜より若干下がったのみ。でも、38度をきっているので、少しパワーが落ちるかな程度の元気さ。食欲も復活。昨日の高熱が嘘のように食べている。本当、お腹大丈夫?って心配になるくらい。子どもは本当素直だ。でも、まあ休日担当病院にも行かずにすんだし、やれやれほっとした。夕方、パパと前の薬局に買い物行くくらいだから… パジャマのままだけど。

2004年5月31日<平熱に戻るが、咳が出はじめる>
熱はすっかりと下がり、平熱になるが、少し咳をしはじめた。夕方頃より咳の回数が増えている。はたまた心配事だ。特に、夜中の咳は嫌いだ(=不安で、心配だ)。起きるほどではないけど、コンコン… 明日はゆーちゃんの10ヶ月検診でクリニックに行くから、咳止めをもらってこよう。咳だけは早めに対処したい。

2004年6月1日<クリニックに行く&ランダムに並んだ数字を読める>
昨日の夕方より咳の数が増え、夜中も少し咳をしていた。朝は透明の鼻水も出はじめた。ちょうど弟の10ヶ月検診とアレルギー検査でクリニックに行ったので、一緒に診察をしてもらう。今日は1人で椅子に座って… 本当は抱っこをして欲しかったみたいだけど、看護婦さんに言われるがままに、椅子に座らされ、泣きそうになるのを我慢して、お腹と背中をもしもし。そして、お口あ〜ん。何とかできた。診察前に、一応デモをしておいて良かった。弟がその前に皮膚テストで大泣きをしているから、「みゅーちゃんは『いたいいたい』しないからね。『もしもし』と『あ〜ん』をするだけだからね〜」と言って、一緒にプレ練習をしていたのだ。少しお姉ちゃんになりました。風邪薬をもらったので(咳止め配合)、夕食前に、早速服用。ムコダインDSの味がいちご風味だったので、飲みやすいかなと思ったけど、いつも味なしに慣れているためか、少し嫌な顔をする。本当はこちらの方が飲みやすいと思うのに… 不思議。とりあえず、早く治ってくれることを願う私。その後、夕食前に、「歯磨きしないと、虫ばい菌にやられる。いたいいたいになるよ〜」とぐずり泣きをはじめ、仕方なく歯磨きをしたら、そのままころっと夕食を食べずに寝てしまった。午後7時過ぎだったので、また起きると思っていたのに、結局、起きずじまい。薬の影響かな?

パパに買ってもらった100円ショップの3歳の数字の練習帳で、1〜10までランダムに書いたものがあった。その数字を全部読むことができていたので感激して、「えらいね〜。やっぱりみゅーちゃんは違うね」と言ったら、とても嬉しそうだった。

2004年6月2日<新しいサンダル>
5月下旬の近所のスーパーの広告にアンパンマンのサンダルが書いてあった。それを見たみゅーちゃんは、「これ、こうて!」と言う。最近はこの口癖が多いので、その場は「うん、こうたる」と返事する私。でも、最近遊んでやる時間も少ないし、怒ってばかりだし、申し訳ない気持ちを込めて、一緒にスーパーに行き、残っていたサンダルを見つけ購入。残りなので、合うサイズがアンパンマンしかなく、ドキンちゃんやバイキンマンはサイズが異なったり、男の子用だったり… でも、嬉しいみたいで、帰宅後も何度も履いていた。パパが帰宅した時も履いて見せいていた。物でつるようで悪いが、たまのご褒美。

2004年6月4日<久々の障子破り>
午後、私が昼寝をしている間に、先日ゆーちゃんが破った障子の破片を綺麗に取り除き、ついでに1枚追加で綺麗にはがしておいてくれた。ご丁寧すぎる〜 う… これで3枚が穴開いた。一体今後何枚穴が開くのだろう?(涙)

2004年6月5日<サティーに行く&おやすみ>
 妙典のサティーに行く。この日記はこちら
 最近、自分が眠たくなると、「おやすみ、もう寝るわ」と自分から布団に入ることが多くなった。そういうときは、10分もしないうちに、本当に寝ている。これだけでも進歩。あとは親子そろって、生活改善だ!ゆーちゃんの3回食を機になおそうかな…

2004年6月6日<久々のおまる>
夜、おむつ交換のとき、珍しく自分から「おまるに座る。幼稚園に行くと、おまるでしないといけないもんね〜」と言う。5分ほど座っていたけど、「出へんかった。また、今度」と言うので、「よく頑張ったね。また今度頑張ろうね。アンパンマンのパンツになったら、幼稚園行けるからね」と言うと、「うん」と答えていた。まだまだ先は長いけど、少しずつそういう気持ちが再び出てくれればいいけどね…

2004年6月9日<手伝いは良いけれど…>
最近、食後の食器類などを洗ってくれる(ゆすぐだけ)のは良いけれど… あまりにも「みゅーちゃんが、みゅーちゃんが…」とひどいときもあり、カチンとくることも多い。私は下洗いをして、本当にゆすぐだけの状態にして渡したいのに(二度手間は嫌!)、それすら文句をいうことも… 今日は夕食作りの準備や離乳食のストック作りをしているときに、洗いだけならともかく、離乳用の野菜をつぶすこともやるとうるさい。慌しい時間なのに、全然準備ができなくて、夕食作りをやめて、パソルームに逃げ込む。結局、焼魚と簡単なスープを作ったのみ。今日は旦那が出張で夕食いらずだったので良かったが、昨日は焼魚のみ。本当に腹立たしくて、それ以上作る気力が出ず、あとは残り物。旦那は惣菜を自分で買ってきていたので、何とかなったけど…(そうでなければ、ラーメン) 昼食時のみとかにしてくれれば良いけど、いくら言っても聞かないし… とことん疲れている日々。私は一緒に云々…というより、ひとりで黙々とすばやくやりたいタイプなので駄目なんだろうな… 本来はお手伝いのできる良い子のはずだけど、そこまで精神的な余裕はなし。ゆーちゃんがその間、1人遊びをしてくれていることが多いから助かってはいるが… もしかしたら、あきらめているのかも?

2004年6月10日<アンパンマンの絵本>
本屋さんで、アンパンマンのお話シリーズを見つけた(460円+税)。付録つきの雑誌や500円を越える本を買う気にはなれなかったけど、これのうち1冊を購入。アンパンマンとピーナッツブラザーズで、よく見ているビデオの中の話と同じ。他の本の話は知らないものばかりだったけど、3冊ほど出したけど、それが良いというので選んだ。しかし、購入時の条件は、夕食作りを邪魔しないこと、なるべく怒らせるような行動をしないこと=注意は聞くこと。そのおかげか、今日は夕食時、台所に入ってこずで、順調に夕食作りができた。たまたま旦那も早く帰宅したので助かった。だから、ご褒美で、普段は嫌いな絵本読みをしてあげる。1回目は読み聞かせ。2回目は一緒に読む。つまり、私がゆっくりと読んで、それと同じことをみゅーちゃんが言う感じ。3回目はお互いかなり疲れたので、1−2ページのみ、ひらがなのみの読めそうな一文を選んで、みゅーちゃんに読んでもらう。もちろん、ゆっくりなので、文章にならないから、単語を読んだ段階で、○○と言うと、「○○か」と大喜びで、文章を最後まで徐々に読む感じ。でも、普段しないことをしたので、大いに疲れた。みゅーちゃんも自分で読んで疲れたみたい。まあ、それが5回も6回も読んでくれ攻撃にならないための作戦だったんだけど… この絵本のおかげで、少しはいらいらする回数が減った。物釣り作戦は良くないかもしれないけど、お互いの精神状態を保つためなら、1つの良いアイデア(妥協作戦)かもしれない。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved