みゅーちゃんの育児日記
3歳6ヶ月−2
2004年6月12日<左半身だけ虫刺され?蕁麻疹?>
左半身だけ、湿疹というか虫刺されみたいに赤くなっているところが数箇所ある。左目の上下、左腕、左手、指のところも。左足太もも裏側とすね部分の前側。ダニ?食事?他の原因の蕁麻疹?虫にかまれたような跡はなさそうだけど、畳の上で寝ていた下側だし… うーん。ダニなら嫌だな。でも、他の誰もかまれていないので違うのかな?

今日は桶谷に行った。土曜日だったので、旦那も一緒。いつもは助産院まで一緒に行くが、今日は最寄駅構内の1階にある小さな子供広場でずっと遊んでいた。本当、広場好きになったな… 狭いけど、おもちゃは豊富。

2004年6月14日<湿疹&シール遊び&食器の洗浄はみゅーちゃん>
先日の湿疹、理由はわからないけど、掻くから、足とか手も少し赤く腫れてきた。そのため、ロコイドを2−3回塗る。これ以上、腫れても困るし… あと、手の指近くの湿疹は息子にできた異汗性湿疹と似た感じ。だから、息子に出た処方薬アセチロール(尿素入り)を塗ってあげる。いずれにせよ。早く治って欲しいよ〜

午前中、隣県まで私の乳腺外来まで一緒にきてもらう。先生にシールを2枚もらって嬉しそうだった。きっとゆーちゃんの分とだけど、ゆーちゃんは食べるだけなので、みゅーちゃんのものだから… 帰宅後、早速絵本に貼って遊んでいた。

食後の片付けはさっさとやり終えてしまいたいタイプだけど、横から邪魔をしにくるので、腹ばかり立っていた。だから、お互いの精神状態にとって良くないだろうと思い、食事の片付け食器の洗浄は基本的にみゅーちゃんにやらせることにした。全部やりたいみたいだけど、綺麗にはできないから、私が汚れを全部落とした状態までしたあと、水でゆすぐだけの状態。それに納得ができなければ、今後一切やらせないということで… 一応、本人は、「小学校に行ったら、ちゃんとやる」と納得したみたいで、ほとんどの食器を洗ってくれるようになった。その間、休んだり、ゆーちゃんの離乳食を与えたりすることにして、そばで見ないことにした。遊びが少し入っているので、そばにいると、絶対に口出しをして、怒ってしまうからだ。すると、片づけが終えると、「終わったよ。水止めて…」となるので… もう3歳児には納得がしてもらえるように、かなり折れないと(妥協しないと)駄目です。「手伝う良い子ちゃん」として見ることにしました。

<本日の食事>
(朝食)
おにぎり(焼海苔、ブレンド米、しそもみじふりかけ)
ゆでウインナー(豚、塩、砂糖、香辛料)
(間食)
オレンジジュース
(昼食)
ふりかけご飯(きぬひかり、まんまぱっぱ小松菜ふりかけ)
とろろ昆布
スパゲティー(越の雅麺、ツナノンオイル缶、玉ねぎ、小松菜、米醤油、焼海苔)
(間食)
わらび餅(市販) 夕食ふりかけご飯(きぬひかり、まんまぱっぱ小松菜ふりかけ)
魚ソテー(白身魚、しそ実油、上新粉)
ミヤコ・コーンスープ(2杯)

2004年6月17日<久々のおまる>
夕方、久々自分からおまるに座った。随分長い間座っていた。最後、「出なかった」と言ったので、また「今度頑張ろうね」で終えたのは良かったが… 自分でおむつをはいている途中、「スカートが濡れた。替えて〜」と言われ、夕食準備&入浴まであと15分ほどの超多忙にしていたときのことで、原因不明の言葉に、少し怒ってしまった。でも、よく考えてみると、おまるの中にスカートを入れ込んでいたみたいで、それにおしっこを全部吸収されて、おまる内にはまったく残っていない状態みたいだった。だから、これはまずいと思って、イライラの気持ちが半分しかおさまっていないので、「頑張ったね。また今度も頑張ろうね。そしたら、アンパンマンのパンツと自転車よ」とごまかす。本人も「パンツと自転車、パパにおまるしたこと言う」と張り切る。そう、おむつはずしを物で吊ることにしたのだ。あえて強要はしないけど、パンツと自転車が欲しいなら、「おまるで頑張って、おむつとバイバイね」と約束しているからだ。もちろん、自転車はダイエーで見つけてから、「欲しい」と言いはじめたから… 本人はそれで納得しているけど、ぼちぼちしか頑張る気はないみたい(苦笑)。でも、少しでも前向きになれば…との思いです。かなり本人任せのいい加減な親。というより、誘っても嫌がるから、本人に任せるしかないのだった。でも、おしっこもうんちもまた申告率(出た直後)は少しアップしているように思う。とはいえ、みゅーちゃんがあまり座らないおまるは、弟のお気に入りの遊び道具の一つです。椅子部分はカタカタ代わり。尿・便受けはみゅーちゃんに帽子代わりにさせられています。もちろん、みゅーちゃんもおままごとの野菜を煮る鍋などに使用。う〜んの姉弟です。 

2004年6月18日
<本日の食事>
(朝食)
黄粉かけご飯(ゆきひかり、抹茶黄粉、砂糖)
ゆで兎ウインナー
おひたし(ハマジシャ、粟醤油)
菜っ葉煮(小松菜、人参、アレルギー用ちくわ、米醤油)
(昼食)
手作りパン(タピオカ粉、さくさく粉、オリゴ糖、重曹、レモン汁、サツマイモ粉)+無糖いちごジャム
手作りバナナジュース(バナナ、水)
(夕食)
ふりかけご飯(ゆきひかり、まんまぱっぱ小松菜ふりかけ)
焼き魚(花鯛、粟醤油)
キュウリのサラダ(キュウリ、塩、ノンマヨ)

2004年6月19日<幼稚園の公開保育&フッ素塗布は拒否&ヨーカドーに行く>
入園予定である幼稚園の地域公開保育に行く。未就園児(来年予定者)とその親、もしくは在園中の園児の祖父母が主な対象。友人と待ち合わせをして、一緒に行く。公開保育予定は午前9時30分から11時30分までで、11時からは園長先生の説明予定だった。土曜日なので、本来は保育予定日ではないけど、公開授業のために、参加できる園児が来ているようだ。親も警備など担当していた。まずは、園内を拝見。各教室を回る。みんな自由に遊ぶ時間のようで、絵本を読む子もいれば、お友達と遊ぶ子、園庭で遊ぶ子などいろいろ。それを約20分くらい見た後、園庭に出る。途中、友人のプール仲間が加わり、3人で行動。子供たちは園庭で遊びまくり。滑り台は怖くて1人ではできなくて、1回だけ一緒に滑ってあげる。ゆーちゃんおんぶでは、くぐることがぎりぎりの柵があるので、それ以上は無理だったのだ。昇り棒や鉄棒にぶら下がったり、トンネル遊びをしたり、砂場で少し遊んだり… 普段しないことで大ははしゃぎ。お友達の刺激もあるのだろう。とはいえ、慎重派なので、他の子よりは一歩引いた感じがするけどね。その後、園長先生のお話。その間、お子様は後方でおままごと遊び。粘土がご飯代わりなのかな。何度か作ったものをお椀にもって持ってきてくれた。かなり楽しかったようだ。帰宅するときも、ひろくんとほのかちゃんと3人で手をつないで裏門まで行く。もちろん、真ん中はひろくん。大もて…(笑) 二人が路上で大声で叫べば、みゅーちゃんも少し戸惑いつつも叫んだり… いつもは部屋で叫んでいるんだけどね。かなり良い刺激にはなったようです。また、25日に2回目の開放幼稚園があるので、3人会うことになるかな。でも、私は1時間強の外遊びは激疲れしました。見ているだけなのに… 暑いし、慣れないためかも。

ところで、園長先生のお話。入園予定の幼稚園は公立で都内で一番のマンモス校(全国公立幼稚園でもトップクラス)。近隣の小学校の1学年より人数が多い5クラス(1クラス=35人)が2学年。今年入園組は待機が出ているほど(転勤組み・転居組みが多いため:最初の入園申し込み時は空きあり)。2000年生まれはミレニアムだし、申し込み時でも満杯になるのではないかと不安になる。先生は「過去にそういう例はないので、11月の申し込み時では大丈夫だろう」と言うけど(来年3月の転勤時はわからないけど)。園の教育方針は「遊びを中心に、のびのびと健康的に育てる」で、遊びを通じて、お互いを助け合ったり、励ましあったり、創意工夫をすることを徐々に学び、かつ集団で動く時はさっと行動の切替ができる、そういう子供たちを育てることが目的らしい。納得のできる教育方針なので、是非に入れたいと思う。定員より多い場合は、抽選になるらしい。平等であるけど、くじ運が悪い私には複雑な思い。通園には、徒歩よりも自転車や自動車、バスを利用する人が多いことから、近隣の人よりも遠くから通っている人の方が多いらしい。そこまでして、通う価値ありってことだよね。基本は弁当だけど、牛乳が毎日出るので、飲ませる必要性があるかを聞いてみた。品質管理はきちんとしているが、冷たいままを園児に出すとのこと。娘の症状を訴えると、診断書は必要なく、担任に申し出るだけで麦茶などに変更ができるらしい。少しホッとする。また、少し重い病歴のある園児の受け入れもやっていて、その子には親と一緒に入園というパターンも数組いるようだ。だから、例えば、アナフィラがあったりすると、親が昼間だけ付き添うとかするのかな?という印象を受けた(あくまで推測)。でも、親としては、その方が安心かな… それはともかく、一番気になるのは、マンモス校にもかかわらず、いやマンモス校だからなのか、PTA活動がとても盛んらしく、土曜スクールをやってみたり、他にも行事がたくさんあるらしい。「人付き合いのない人もそれでできるようになる」とは言っていたが、人付き合いが苦手な方はどうすればいいのよ?」という感じ。かなり気が重いかも…(苦笑) 

帰宅後、すぐに昼食をとり、区民ホールにフッ素の集団塗布に出かける。アレルギーっ子だし、フッ素にも疑問があるので、本当は必要ないと思っているけど、一応無料800人(3歳から小学校低学年位まで)だったので申し込んでいたのだ。旦那と4人で出かける。大ホールに30人くらい並んだ椅子があり、そこに子供と歯科医が向かいあわせで座る感じで、フッ素の塗布の装置を子供に加えさせる形式。みゅーちゃんは大泣きの末、椅子にも座りもせず。旦那は「怖くないよ。泣いている子は誰もいないよ」となだめていたけど、本当に駄目だった。私は本人が拒否するものは受け付けないこととみなしているので、これで受ける必要性がなくなったと納得行く理由ができた感じで、すぐにその場を去り、ヨーカドーに行くことにした。ヨーカドーでの話はこちら

2004年6月20日<シャボン玉遊び>
はじめてシャボン玉遊びをする。昨日旦那に買ってもらったもの(以前から、「こーて」といってたので)。少し風が強い日だったのでどうかな?と思ったけど、上手にできた(大きいものは少し難しかったけど)。みゅーちゃんも喜んで、たくさん作っていた。「あれ、何色?」など言いながら、頑張ってふーふーしていた。

2004年6月23日<展望台&広場>
久々に区民ホールの展望台に昇る。二人目の産後はじめてかな。もう自分で外を見れるので、楽しそう… 「電車だ!見て。電車、駅にいるよ」などと言いながら。前回より1年以上も経つと、随分成長したなと思った。その後、ダイエーの広場に行く。4−5歳位の女の子に誘われて、一緒におうちを作ったり、水泳の真似をしたりして遊んでいた。とても楽しそうだった。ゆーちゃんはその女の子に邪険にされ、ブロックで囲まれて、外に出られないようにされていたけど、平気で壊して、出放題だったけど…(苦笑) その後、休憩をしてから、また広場に行く。1人でおうちを作って遊んでいたら、2歳くらいの男の子がきて、荒らし放題。おうちを壊されるくらいなら良いけど、変にまとわりついて、少し暴力的なところがあり、ついには泣かされてしまう。私が眠かったのもあるけど、少し腹が立ったので、携帯に夢中になっている、その親(ちょっと年上ぽかったけど)をにらんで、即即と出てきた。みゅーちゃんも納得してくれたし。

2004年6月24日<早寝早起き>
昨日は遊びつかれて、午後9時半には就寝。すると、今朝は午前5時30分頃起床。私は3時頃起きて、パソをしていて、もう少ししたら少し寝ようと思っていた時間帯。でも、遊びはじめて、寝る気配なし。これが普通の生活なら健全だけどね。しかし、朝早いのにも関わらず、昼寝もしないから、私も睡眠不足で少しいらいら。途中、少し意識を失っていたが。でも、夕食も午後5時過ぎにとり、シャワーを浴びたりして、午後7時30分頃には就寝。みゅーちゃんが早く寝ると、ゆーちゃんも早いので、午後8時過ぎには就寝。本当、まともに生活できた1日だった。私もゆーちゃんと一緒に少し寝たけどね。この健全生活がいつまで続くかな?

2004年6月25日<ヨーグルトで不調&開放幼稚園>
今朝も早起きで、午前7時頃。朝からクリニックがあるので、ちょうど良い。ショップでいつものヨーグルトを購入。食べて1時間後の昼食時、「ヨーグルト食べ過ぎたから、ご飯食べて、ママ」と言うので、二人分無理して食べた。その後、少し苦しそうな顔をしたと思ったら、軟便大量。その後、けろっとして、「お腹すいた、ウインナーとご飯食べる〜」と言う。私が満腹を我慢して、2本平らげてしまったと言うのに… 仕方なく、また2本ウサギソーセージをゆでる。今度はご飯とソーセージをぺろっと食べる。その後、開放幼稚園から帰宅後も軟便。やはり、ヨーグルトが体にあわなかったようだ。と、本人も自覚したようだ。でも、また食べるって言うだろうけど。唯一安心して与えられるヨーグルトだけど、これで2回目の症状。もちろん、他のものに比べて、症状の程度は軽度。本当に牛乳・乳製品が敏感だな… 来年からの幼稚園での牛乳はやめないと、毎日腹痛で苦しむことになるかも…

午後は開放幼稚園。今日は雨だったので、お遊技場での遊び。やはり、親子は多く、80〜100組前後はいると思う。6月ということで、傘作り。画用紙に傘を書いたものをもらい、色を塗り、自分で切り抜く。その後、折れ曲がるストローをテープで貼り付け、傘の出来あがり。みゅーちゃんは綺麗に1人ではさみを使って、傘を切ることもできたし、色もきれいに塗り、さいごに骨部分まで書いていた。そこまでするとは思わなかったけど… ますます傘の購入をねだられそう。ひろ君も来ていたので、一緒に滑り台やおままごと。最後はみんなでお歌を3曲くらいと、園長先生のお話とクイズで終了。楽しい1時間だった。帰宅後も家族4人分の傘を作ってくれた。まだやりそうな気配はあるけどね。

2004年6月26日 <たくさん遊ぶ&傘をゲット>
錦糸町の赤ちゃん本舗に朝一で行く。朝一からだと人出が少ないと思っていたら、たまたま本舗デー&パンパースの安売りで、エレベーターを数回見送るほどの混雑。うぎゃ〜である。赤ちゃん本舗の有料広場で遊ぶ。ボールに興味があったが、親とわかれて行くことになるので、みゅーちゃんは怖くて行けずじまい。キャンピングカーに乗ったり、キッチンセットが整えられているおうち内で遊んだり。ママの目が行く範囲で遊んでいた。逆に、みゅーちゃんを少し相手していたら、弟は行方不明(大げさすぎるが)とまではいかないが、おうちから離れたところに脱出しているし。本当、困った奴だ。昼食はベンチでおにぎりを食べ、みゅーちゃんの欲しがっていた傘を購入。アンパンマンが欲しいと言ったけど、2000円もするから、「高くて買えない。プーさんなら良いよ」と言うと、「ママ、貧乏だもんね。お金ないから、これで良いよ」と黄色い傘を選ぶ。でも、自分の傘を持てたことが嬉しいようで、家でも開いたり閉じたり… 本当は長靴も欲しかったけど、これっと思う商品はなし。家にあるのは小さいか、とても大きなものなので、他のお店で早くゲットしたいな… 今、プールと海商品が目玉だけど、みゅーちゃんはそれも欲しくて仕方がないみたいだ。私は「絶対に行かない、買わない」と言っているので、「パパにこーてもらうから」と。さあ、どうなるでしょうか?今年はプールの初デビューにもなるかな?とりあえず、旦那次第だけどね。
 その後、丸井に行き、広場で大はしゃぎ。ジャンプをしたり、ハイハイをしたり… 1時間以上は遊んだかな。親二人は眠気でうとうと。ゆーちゃんも熟睡なのに… さすがに、朝から本舗内を歩いたり、遊んだりで疲れたようで、夕方帰宅途中のバス内から自宅までは熟睡だった。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved