ゆーちゃんの育児日記
1歳0ヶ月−1
2004年7月24日<誕生日&昨日食べた太刀魚の影響&乳首に傷>
ゆーちゃんもとうとう1歳を迎えた。あっという間に二人目はお誕生日を迎える感じだ。土曜日ではあるが、旦那は会社。今週は連休明けの火曜日から連泊出張で、昨夜帰ってきたばかりで、土曜もいなくて、ずっと母子3人生活。少しストレスたまり気味(いらいらばかり)で出かける気分も失せ、自宅に引きこもり。自分でも情けない…

それはともかく生協に発注をかけていた、アレルギー・アトピー対策のためのウオッシャブルの薄型敷布団(ホロフィル綿)2組とすのこベッド1組が宅配便で届く。まさしく誕生日プレゼント?って感じ。早速、今までの分と届いた分全部を日干しをして、先週届いていた高密度シーツ(通せんぼ)をかける。子ども達はかける前から、新しい布団の上でごろごろ。「2人してやめてくれ〜」て感じ。特に、ゆーちゃんはよだれたらすんだからさ。嬉しいのはわかるけど…

旦那が夕食頃までには帰宅すると思っていた。一応、ストレスで食事作りも何もやる気はなかったが、蒸しパン(炊飯器で2度炊き)を作り保温、野菜などは在庫がつきてきているので、カボチャ煮と菜っ葉煮、生協で購入したウナギの白焼き(温めるだけ)で誕生日祝をするつもりでいた。ゆーちゃん自身が食べられるものが少ないので、気合を入れる必要もないし、雰囲気だけ楽しめれば… (某大手サイトの掲示板であるような、1歳のお誕生日にケーキや生クリームなどを食べさせて良い?云々のレベルではない) とりあえず、準備はしたものの、帰宅する時間帯が遅かったので(午後10時前)、中止かなと思ったけど、二人の子供はこれを予知したかのごとく、午後7時頃から9時くらいまで寝てしまったから、超元気!旦那が仕事の帰り(途中?)にプレゼントを購入していた。ドイツの会社(?)の木のおもちゃの車(ベビー用)。そして、先日鴨川シーワールドで買ったいるかのおもちゃ。ゆーちゃんはイルカにはほとんど興味を示さず、車をもって、転がして遊んでいた。でも、ラックの上に載せられていたので、途中飽きてきて、イルカも車も床にぽんぽんと投げはじめる。イルカは3匹いて、マジックテープでくっつけることができるんだけど、3匹つなげて目の前にぶら下げてあげると大喜びで、1つずつ離してはぽいぽいと楽しんでいた。

みゅーちゃんがご飯を食べ終えるのを待つことができず、ラックのベルトを抜け出し、ラックに立ったり、とうとうラックに取り付けたテーブルの上にお座り。みゅーちゃんもここまではしなかったぞ!1歳になったら、急にワンパクだ。さらに、食後、ラックからおろすと、みゅーちゃんの子供用椅子をわざわざローテーブルのそばに近づけ、椅子に立ち、ローテーブルに這い上がり、たっちをしてはしゃぎまくり。ここまでするとは思わなかった。それも誕生日に! おもわず、写真を撮ってしまった。とはいえ、椅子に立つことはしょっちゅうだったんだけどね。昨日はヨーカドーのオープン広場のテーブルの上にも私の膝から乗り移って座ってしまったし。力が日増しに強くなり、たまに私が負けてしまうのだ(特に、気力がないとき)。情けない… しかし、今からこの調子で、歩き出したら、本当に怖いぞ。とりあえず、みゅーちゃんのように、1歳までに歩かなくて良かったけど… まだ、しばらくはひとりで歩く気配なし。

ちなみに、昨日食べた太刀魚の遅延的な影響はほとんどなし。肛門周囲が微妙に赤いかな、かわらないかなという程度。もちろん、前回の耳掻き1さじ程度のニジマスも同様。だから、魚アレルギーかどうかは微妙? 養殖であることや切り身であることによる餌や鮮度などの問題で、仮性アレルゲンとして作用しているのかもしれない… 実際に検査では陰性なんだし(息子の場合、この陰性が信用ならないんだけど)。まあ、もうしばらく様子をみよう。 

数日前から、右乳首の付け根が痛いなと思っていたら、傷ができていた。かさぶたにはなっているが。最近、夜添乳ばかりで、口から離す時に傷ついたのかも… 夜中、添乳なのは、抱っこ授乳を嫌がることが多くなったため。おっぱいは欲しいんだけどね。

<本日の離乳食>
@軟飯(小松菜、Aカットご飯)(子供茶碗約1/5)
Aげんきたうん・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)
Bカボチャ煮(1切れ:大人の食べる大きさ)
  蒸しパン(高度精白米を用いた上新粉、タピオカ粉、ビートオリゴ糖、カボチャ粉)(まったく食べず)

2004年7月25日
<本日の離乳食>
@軟飯(Aカットご飯)
  人参煮(人参、塩)
A中止(タイミングが合わず)

2004年7月26日
<本日の離乳食>
@野菜入り軟飯(チンゲン菜、ケアライス、塩)(子供茶碗約1/5)
Aげんきたうん・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)
B野菜入り軟飯(アスパラガス、ケアライス)(約4−5さじ)

2004年7月27日<小豆? モロヘイヤ?>
少しストレス続きで、おとつい&昨日とカボチャぜんざい(無添加:カボチャ・小豆・砂糖・塩)という生協で購入した缶詰を1口ずつ口にしてしまった。一応、擬陽性の大豆アレルギー。昨夜、ほんの少し目の周囲が赤かった。今日は肛門周囲もほんの少し。でも、同じく今年初めてモロヘイヤも口にしているので、実際はどちらが原因かはわからない。どちらも原因なのかもしれないけど、どうしても甘いものを口にしたかったのだ。モロヘイヤは経母で試す予定だったけど、これじゃどうも判定しづらいので、また再来週。洋菓子にはあまり魅力を感じなくなったけど、その代わり食べていた和菓子の餡にあたらせてしまった自分も悪いんだけど、かなり我慢できるようになった今でも、体が甘いものを要求すると、1口食べたくなるな。とはいえ、今回はじめてのフライングではなく、実家に帰省した時も羊羹を一口とかを2度ほど食べちゃっている。このときは特に異常なしなので、モロヘイヤが駄目な可能性も高いんだよね。まあ、今度でわかるでしょう。完全除去のつもりでも、結局、不完全にしてしまっているな。割合にすれば、1%もいかないかもしれないけど…

<本日の離乳食>
@わらび餅風(タピオカ粉、キャベツ)(子供茶碗約1/5)
A蒸しパン(高度精白米を用いた上新粉、タピオカ粉、サクサク粉、てんさい糖、カボチャ粉)  (少し)

2004年7月28日
<本日の離乳食>
@菜入り軟飯(山東菜、ケアライス)(約3口)
A菜入り軟飯(山東菜、ケアライス)(約4−5さじ)

2004年7月29日<一瞬歩く?&自由自在&お風呂が楽チン&取り分け>
一瞬歩いた?という状況に出くわす。たっちは完璧に出来るようになり、本人も自信たっぷり。あとはいつ歩き出すかだけなんだけど、私から30cmくらい離れたところに立ち、私に駆け寄るもしくは抱きよる感じで、2−3歩足が動いて倒れこんできた。もちろん、それ以降、そんな場面はないけど…  たっちに自信ができて、本当暴れん坊さんになる。今日はローテーブルの上に椅子などの補助なしで腕力と脚力で這い上がって、たっちして一人舞台したり、洗濯物を干すために、カゴを置いていたら、その上にどべ〜と寝そべったり、洗濯物を放り投げたり… また、ローテブルから、1人で上手に降りれるようにもなっていた。もちろん、足からちゃんとおろして… 知らず知らずと、知恵がつき、日々成長です!

そして、今日お風呂も楽ちんになったことに気づきました。以前は洗い場に床に座らせるだけでとても怖がっていたのでっすが、最近は大丈夫になっていました。だから、昼間の簡単なシャワー程度なら、ちょこっと座らせて、2−3分程度のごく短時間ならOKになっていました。そして、昼間、腕に汗疹を発見したため、みゅーちゃんと一緒にはじめて洗い場で水遊びをさせた。すると、怖がらずに、洗面器の水をぱしゃぱしゃしたり、おもちゃで遊んでいたので、夕方のシャワー時に、湯船に約2−3cmほどのお湯をため、そこに座らせて、おもちゃを入れておくと、私やみゅーちゃんが洗い終えるまで脱衣場で待たせておかなくても、3人で一緒に入れることを発見!今日はみゅーちゃんはパパと入ったので、2人だったけど。結構、1人でパシャパシャと遊んでいるし、髪を洗っている時に、少し目を離すことになるけど、音とか聞きながら、倒れこんだりしていないかも容易に判断できる(水位もあえて窒息しない程度にしてあるし:冬場はこういうわけにはいかないが…)。ということで、途中で脱がせに行く手間が減り、急に楽!って思えた。やはり、1歳をすぎたことが大きいのかな。湯船の中で、つかまり立ちをして私をじっと見ていることもできるし。

蒸しパンを作った。今日は先日と異なり、サクサク粉の比重をかえてみた。サクサク粉の比重が高いと、出来立てがどうもねちょっとして、蒸しパンという感じがしないのだ。そのため、全体の約5分の1くらいにした今日は自己満足できるものだった。おとついの分は約2分の1。ゆーちゃんにもあげてみた。ほんの少しずつだけど、ぱくぱくと嫌がらずに食べてくれた。もちろん、6−7口も食べると、口閉じて顔ぶんぶんしたり、手を合わせたり(ごちそうさまの意味:たまにする)。みゅーちゃんがあげたがるんだけどね。そういうみゅーちゃんもほとんど食べずに、私が一気に全部平らげてしまい、かなり満腹。上新粉は団子の素でもあるので、結構腹持ちもするし、良いおやつになる。夜もおかずの取り分けですましたし、食べられる素材はとても少ないけど、その少ない中で一緒に食べられるものがあるのは幸せかも… 

<本日の離乳食>
@菜入り軟飯(小松菜、ケアライス)(約4−5さじ)
A蒸しパン(高度精白米を用いた上新粉、タピオカ粉、ビートオリゴ糖、サクサク粉、カボチャ粉)(約6−7口)
Bカボチャ煮(大1切れ:大人の食べる大きさ)
  切干大根煮(大根、ひじき、米醤油)(少し)
  以上、取り分け

2004年7月30日<栄養指導&ウサギ肉も微妙&水遊び>
本日は栄養指導日。体重9545g、身長74cmだった。10ヶ月のときと比べて、体重は0.3kg増、身長は約3cm伸びており、体重の増加が停滞し、身長が伸びる時期に入ったようだ。娘の時と比べると、体重はほぼ同じ、身長が約1.5cm低い状態で、途中娘よりBIG路線ですすんでいたのに、むしろ若干のちびちゃんになってしまった(苦笑)。体重に関しては、動きが激しいのもあると思う。まあ、顔をみても、以前より引き締まったのは明らかだし。毎日見ている私が思うから、他の人はもっと思うかも…

栄養指導では、抗原性が低い魚2種類を試したけど、駄目だったことを話す。抗原性が低い魚で駄目なら、他の魚でも反応する可能性が高いので、肉路線に変更することになる。もちろん、養殖であるとか、切り身であるとか、そういう問題があるのだが、現実問題、魚の入手に漁港や市場まで出かけるわけにはいかないのだから、日頃入手できるような状態の中からの素材選びが重要だろうということになる。ウサギ、鹿、馬などのすーぷから、そして、動物性タンパクの素材選びとともに、植物性タンパクからの素材選びもすることになる。雑穀や麦類を活用したいけど、症状が出るから利用できないため、血液検査では陰性だけど、皮膚検査で擬陽性の大豆の利用ができるかを検討することになった。まずは、繊維質が多く、タンパク源が少なく、抗原性が少し低い小豆や金時豆を試し、その後、抗原性が高く、大豆に近いグリーンピースにトライすることになる。それでOKなら、豆腐の前に、無調整の豆乳から除去解除になるらしいが、これはまだまだ程遠い話。あくまで大丈夫だった場合の将来設計。なぜ、豆乳かというと、豆腐は添加物が多いので、豆乳の方が良いらしい。とりあえず、遅延型なので、検査してもあまり意味がないし…というのが先生の考えで、とりあえず、何か食べられるものをどんどん模索するしかないのが現状。米は最近Aカットご飯やケアライスの比重を増やして、ほぼ毎日摂取するようにしていたのだが、ケアライスやAFTライス(両方とも約1.5gくらい/100g)よりはタンパク量が多いファインライス(約4g/100g)が大丈夫かどうかみることになり、試供品をもらう。ちなみに、Aカットご飯、酒米は約4.7gくらい/100gで、酒米ぽんせんもゆーちゃんはOK(通常白米は約7g/100g)。幸い、低アレルゲン化した米類は大丈夫なので、ファインライスもあうと良いが… ただし、この難点は独特の風味。匂いも味も… 「私もまさか食べる?」と思ったけど、そこまでしなくて良く、「離乳食のみ」と言われ、ほっとする。でも、炊き方にコツが必要だし、炊き上がったあとは釜の蓋をあけて、匂いをすばやく取らないと駄目そうだし… 果たして食べてくれるのか、ゆーちゃんは?ただでさえ、ご飯量は少ないのに… 味付けとかでごまかすしかないのかも。とはいえ、肉類や豆類を試すことになると、一度にたくさんは出来ないし、帰省中は新たな素材はやめるべきと言われているので、9月になるかも…

母乳については、まったく何も言われず。それよりも素材選び難航していることの方が重要ってことかな。私の心の中でも、娘と同様のあと2ヶ月足らずでの断乳は無理と思っているので(絶対にミルクを足す必要性があるから)、それなら充分でているし、家計的にも負担が若干少ない母乳で来年春くらいまでは少なくとも頑張ろうかなと思っている。「娘の入園準備が本格化する前まで」とは思うけど、それもそのときに食べられる素材によるんだろうな… なんか自分でも予想外の展開になりそう。まあ、最近は長く授乳を続ける人も増えているので、そういうのを経験することも悪くはないっか…

肌に関しては、ほぼ綺麗な状態だねと言われる。「6月下旬の突発以降、ほとんど食べなくなり、最近はまた少し食べているけど、そのおかげかもしれない」と言うと、「その繰り返しで良くなるんだよ」と言うことで、とりあえず、ほっとする。

ショップで肉類を購入し、帰宅後、早速ウサギのスープを試す。即時的にはまったく問題なし。痒みも起きていない。これなら、魚類よりははるかにましだ〜と喜ぶ。しかし、午後8時30分頃から顔が赤い。おでこ、口周囲、目の周囲。そして、目をこすったのかどうかはわからないが、右目の結膜(白い部分)も少し赤い。遅延型の反応? また、駄目?と少しへこむが、2時間弱ですっかりと元の肌に戻る。ウサギの遅延型である可能性が高いけど、私が気づかない娘の夕食の食べこぼし(そんなに変なメニューはなく、金目鯛の煮付けとご飯くらいが気になるところ)を拾い食いした可能性も若干否定はできないし…と思いなおすことにして、また1週間後くらいにスープを試してみよう。本当は中2日間隔くらいでウサギをどんどん進めかたかったけど、さすがに控えよう。でも、3日くらいおいて、今日購入した鹿肉スープも試してみようとは思っているが… 焦る必要はないけど、鮮度も重要だしね。なんか、肉類に少し希望をもったのに、また打撃を食らった思いで一杯だ。豆類も怪しいのは事実だし、1歳半や2歳を越えるまで、本当に食べられるものがなかったりして…(苦笑)

夜、ラックの上にのぼって、棚につかまり立ちをして、中のものをひっぱりだそうとしていた。ラックに昇ったのもはじめてだけど、本当日々悪さしようとたくらむ奴だ。夜のシャワー時に浴槽内に二人の子供を入れ、水遊びをさせた。というより、3人で入ったものの、遊びに夢中になり、出なかっただけ。私の着替え終了後、ゆーちゃんだけ先に着替えをさせようと、脱衣場に寝かせたら、大泣きをして、怒る怒る。仕方がないので、浴槽に入れると、すぐにニコニコ。しばらく姉と遊んでいたわ。その後、姉が「でる〜」と言うので、先にゆーちゃんを出したら、また怒りはじめ、慌てて娘を外に出し、遊びは終了ということを見せると、ようやく納得してくれた。ここまで水遊び好きになるとは思わなかった… 

<本日の離乳食>
@人参入り軟飯(人参、ケアライス)(まったく食べず)
  ウサギのスープ(約1さじ強)
A人参入り軟飯(人参、ケアライス)(まったく食べず)

2004年7月31日<赤ちゃん本舗広場で遊ぶ&パパとお風呂2回目>
赤ちゃん本舗に行く。本舗内の有料広場に2人を入れる。ゆーちゃんは狭い通路を通って入るボールプールに興味をもっていたが、私もなかなか行きづらそうなので、それ以外で遊ばせる。キャンピングカーの荷台に乗せたり、乗用玩具に乗せたり… でも、興味を捨てきれないゆーちゃんはボールプールからの出口の1つである滑り台を昇って入ろうとたくらみはじめた。約3分の1くらいまで昇っては、見事に滑り落ちてくる。何回も何回も繰り返していた。やはり、男の子は違うな。姉は前回まったく怖がって昇ろうとしなかったのに(別の細いトンネルから入るボールプールにすら入れなかった)、2回目の今日はボールプールにも入れ、滑り台を逆行して昇りきることがようやくできたという状態なのに… もちろん、怖がりなのか、そうでないかという性格の違いもあるだろうけど… きっとますます腕白坊主になるだろう。

今日は休日だというのに、娘が珍しく「ママと入る」と言うので、娘と久々に二人でシャワーをしたので、ゆーちゃんは生後2回目のパパとのお風呂(シャワー)。最近は浴槽内に1人入れておけるから、きっと旦那も随分楽になったと思う。自分が洗っている間は遊ばせておいて、あとしゃかしゃかと洗うだけだし。でも、1歳になるまでに1回しか一緒に入らなかったというのも珍しいのではないかなと思うのは私だけ?

<本日の離乳食>
@野菜入り軟飯(アスパラガス、ケアライス)
  切干大根煮(取り分け:大根、ひじき、米醤油) (全部で約3−4さじ)
Aミヤコ・米ぽんせん(高度精白米、塩)(2枚)
B野菜入り軟飯(キャベツ、ケアライス)(まったく食べず)

2004年8月1日<広場2つで遊ぶ&はじめてのあんよ>
かなり朝夜が涼しくなってきた。日中ももっとさわやかになればありがたいのにな… 午後からヨーカドーに行く。まずは、子供広場で遊ばせる。広場の入り口に座り、脱出を防いでいたが、反対側の入り口から脱出を図ろうとするゆーちゃん。そのたびに、私はあっちこっちと走って、中に戻す私。そういう光景がある5歳の男の子の目にとまり、脱出しようとするゆーちゃんをつかまえて抱えて、私のところに連れてきてくれるようになった。その子も遊びの一種でおもしろいらしい。そのうち、その男の子の3歳の弟もくわわり、3人で一緒に遊んでいる。もちろん、ゆーちゃんは2人の良いおもちゃ(?)。抱きかかえられたり、どこかに連れて行かれたり… 結構乱暴なところもあるけど、それがおもしろいらしく、終始笑顔のゆーちゃんだった。そんな中、広場内のマットを持ったまま、タッチをすることが増えた。そんな時、そのマットをもって私のところに2−3歩歩いてきたのだ。隣の大きい子用の広場にいた旦那に声をかける。すると、また2−3歩。家族みんなで確認。今日はそれを3−4回したかな。そろそろ本格的に歩きはじめようと準備が整ってきたかも…

その後、休憩をして、うろうろしたあと、ゲームセンターの中にある有料広場に入れる。どうしても他の子や姉について、ボールプールに入ろうとするので、今回は入れてあげる。入り口からプール内までの距離が短いので、私なら何とか入れるから。入り口の途中までは自分で入り、マットのカーテンをくぐらせてあげて、ボールの中へ。予想通り、寝た状態で首より下はほとんどボールにうずまった状態で、下手すると、顔も入りそう… 本人少しもがきつつ、結構楽しんでいた。結局、2回ほどプール内に入る。その後は、自分から車に乗るようになっていて、またがって動けずに怒る。押してあげると、大喜び。もう少し背が伸びて、足が確実に床に着くと、行き放題なんだろうけど… 風船が飛びかう部屋にも入れてあげた。ちょっと怖いのか少し固まっていて、それ以上入ろうとしなかった。やはり、その前にある車に夢中だったようだ。途中、4歳くらいの女の子に乗る車を横取りばかりされていたけど、嫌がりもせず、その車を押してへらへらしていたので、女の子の方が逃げていった。姉は知らない男の子に手を引っ張られ、広場内を走り回っているし、うちの子たちは人気者? 旦那の心は少し複雑?(特に、娘)

<本日の離乳食>
@ミヤコ・米ぽんせん(高度精白米、塩)(2枚)
A野菜入り軟飯(山東菜、ケアライス)(まったく食べず)
B野菜入り軟飯(山東菜、ケアライス)(子供茶碗約1/5)
  サツマイモ煮(サツマイモ、米醤油)(取り分け:1切れ)

2004年8月2日<オフ会&鹿スープはOK>
オフ会で、ママ友宅に行く→日記はこちら

今日は鹿スープを試す。今回はばっちし。ウサギスープも数時間後に怪しい赤みがあったけど、鹿は何の症状もなし。魚類はスープでもかなり怪しかった。だから、鹿は少し食べることができる予感。わくわく。

<本日の離乳食>
@菜入り軟飯(小松菜、Aカットご飯)(ほとんど食べず)
  サツマイモ煮(サツマイモ、米醤油)(取り分け:約1/4切れ)
  鹿スープ(約1さじ)
A花田・赤ちゃんぽんぽん(酒米)(2枚)
Bお好み焼き(キャベツ、塩、高度精白米からできた上新粉、タピオカ粉)(直径約5cmくらい:完食)

2004年8月3日<鹿スープ:遅延型もなし&久々の腰バンド>
鹿スープの遅延型反応は起こらず、肛門周囲もきれい。うれしい〜

家の前の薬局に行くために、久々に腰バンドで行くことにした。以前は腰がしっかりとすわりはじめた頃で、安定感がなく、とても嫌がられたけど、さすがに今回は平気そうで、周囲を見ながら、いつもと異なる感じに満足そう。やはり、腰が安定し、たっちやあんよ寸前となると、安定性がかなり違うものだ。しかし、おんぶと異なり、私の腰への負担はかなりくる。娘の時は結構これで移動していたのに… 歳かな?(苦笑) だから、近場ではOKでも、遠出になると辛いかも。ただ、旦那がいて、荷物などをもってくれると、手で少し補助ができるから、楽になるのかもしれない。とりあえず、親子3人で出かけるときはやめよう。

<本日の離乳食>
@野菜入り軟飯(人参、Aカットご飯)(まったく食べず)
A野菜入り軟飯(人参、Aカットご飯)(まったくど食べず)
  げんきたうん・赤ちゃんぽんぽん(酒米、塩)(2枚)

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved