ゆーちゃんの育児日記
1歳1ヶ月−2
2004年9月4日
<本日の離乳食>
@軟飯(AFTライス)
 菜っ葉煮(山東菜、米醤油)(合計で茶碗約1/5)
A花田・ミニぽんせん(酒米)(1枚)
 カボチャ煮(カボチャ、米醤油)(1切れ)
B軟飯(AFTライス)
 菜っ葉煮(山東菜、米醤油)(合計で茶碗約1/5)

2004年9月5日<シャワー&おもちゃ遊び&ポンセンの要求>
最近、シャワー後、浴槽内で遊ぶようになった。蛇口やシャワーから流れるお湯の方向に手を動かしたり、お湯をつかもうとしたり… こういうことで、持つことができるものとできないものを覚えていくんだろうな… あと、かばん好きのようで、ハム太郎のリュックを首からかけていたり、金魚のミニバッグをもって、嬉しそうに部屋中を歩き回っている。

ラッパを少し教えていたが、吹けなかったゆーちゃん。ちなみに、ストローも使えません。でも、今日は2−3回軽くラッパを鳴らすことができた。あとはストローだな。「吹く」と「吸う」、この違いをクリアーできるかな? 落ちかた・いろいろ2がとてもお気に入り。いつもおろせ〜と指示が来る(3段ボックスの上に置いてある)。また、その前面部にある車を落とすところや動物を下ろすところがあり、それもとても気に入り、何かを転がしたりすると、喜んで片手を振り上げ、大喜びをしていた。

ところで、ゆーちゃんがポンセンのありか(開封後の保管場所)を覚えたらしく、お腹がすいて、何かを欲しくなったら、手を伸ばして、ボックスごと揺らすことが多くなった。みゅーちゃんは断乳後から同じことをやりはじめたけど、ゆーちゃんは早いな〜 食べる量は変わらないくらいだと思うけど(少し多い?)、活動量が多いのかな? おっぱいもたくさん飲んでいるんだけどな(おっぱいは充分出ている)。やはり、みゅーちゃんの時と異なり、食べられる素材数が少なく、タンパク源がないのが原因かもしれないな。肉類もコンスタントに試さないと…

<本日の離乳食>
@軟飯(AFTライス)(茶碗約1/5)
  ゆでピーマン(少し)
  カボチャ煮(カボチャ、米醤油)(1切れ)
  ラフィノース100(約1/2袋)
A花田・ミニぽんせん(酒米)(2枚)
  ゲンキタウン・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)
B軟飯(AFTライス)
  カブ煮(カブ根と葉、米醤油)(合計で茶碗約1/3)

2004年9月6日<予防接種&スーパーでよちよち&広場で遊ぶ&ストロー練習&薬を嫌がらずに服用>
任意の予防接種である水疱瘡をうける。もちろん、皮膚検査をしてから。少し赤くなっていたものの、接種可能。打つ前から大泣きのゆーちゃんに、先生はなんやら痛くないように呪文(?)を唱えながら、腕をさすった後に接種してくれた。副反応予防のためのセルテクトなど混合アレルギー剤を処方してくれ、2日間服用することになるこれはいつもの通り。任意は残りおたふく風邪だけど、年末か来年になりそう。今後は毎月予防接種のラッシュ。来月はポリオ2回目、その翌月はインフルエンザ2回を終えて、1歳半頃に風疹なので、その間におたふく風邪の予防接種ができれば…と思う。この続きの日記はこちら

ところで、今回はじめて副反応予防のための薬を嫌がらずに飲んでくれた。ラフィノースに慣れたのか、水系を飲むことに興味が出ていることか、わからないけど… でも、今まで毎回服用に手を焼いていたので、嬉しい限りだ。

<本日の離乳食>
@ゲンキタウン・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)
(間食)ゲンキタウン・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)
     100%オレンジジュース(2−3口)←はじめて
A軟飯(AFTライス)
  カブ煮(カブ根と葉、米醤油)(合計で茶碗約1/4)
B軟飯(AFTライス)(茶碗約1/3)
  芋煮(サツマイモ、米醤油)(約2/3切れ)

2004年9月7日<乗用玩具&Aカットご飯は嫌い?&発症の原因はとろろ昆布の純米酢?>
乗用玩具にも1人で上手に乗るようになった。ちゃんと前にも進むし。まあ、二人で取りあいにもなるんだが(苦笑)。

最近、思うこと。離乳食でAカットご飯にしたときには、食べる前から拒否状態が多いこと。もちろん、お焼などにすれば食べるけど、これはなぜ? 臭い? 見かけ? たまたま偶然? 私にはわからない。ただ、触感的にはケアライスやAFTの方が若干柔らかいかな? でも、低アレルゲン米に慣れてしまったので、娘の時に食べたような違和感を感じないんだよね〜 だから、本能なのか、単なる選り好みなのかわからない。他の素材からほとんどタンパク源が取れないから、レトルト3種の中でタンパク量が最も多いAカットご飯は普通ご飯になるまで利用したいんだけどな〜 でも、高度精白米や酒米のポンセンは大好き。タンパク量で判断しているようでもないし、やはり、好みかな? 「たまたま」と思いたい。どの商品でも症状は出ていないから。
 夜、左の首のしわのところが赤くなる。赤くなる原因の1つはよだれが多く、スタイ全体ががべちょべちょになり、その部分が濡れて蒸れた状態になること。でも、アレルゲンとなる素材を食べていない時は、よほどのことでないと、赤くならない。これも不思議。それで、日誌を見てみると、とろろ昆布を食べたことが共通している。その製品は昆布と純米酢が原材料で、添加物などは含まれない。純米酢かな? 昆布は大丈夫だし、以前も食べて大丈夫だったから。やはり、とろろ昆布でも、純米酢など他の原材料がなく、昆布そのものだけのが良いのかもしれない。各社からいろいろ出ているけど、うちは昆布そのものか、純米酢もしくは黒酢の含まれたものしか買っていない。原材料が多いものになると、コーンが含まれていたり、息子にはアウトなものがあるから。なかなか加工品選びも難しい。

<本日の離乳食>
@飯(Aカットご飯)
 芋煮(サツマイモ、米醤油)
 とろろ昆布(昆布、純米酢)(合計で約2さじ)
A軟飯(Aカットご飯)
 芋煮(サツマイモ、米醤油)
 とろろ昆布(昆布、純米酢)(合計で約2さじ)
B軟飯(Aカットご飯)
  野菜煮(小松菜、人参)(合計で約3さじ)
  ゲンキタウン・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)

2004年9月8日<金時豆にトライ&広場に行く&風呂で遊ぶ&鼻血?>
肉類の仕入れができない状況なので、豆類を試すことにした。動物性だろうが、植物性だろうが、とりあえず、主なタンパク源を見つけたい。もちろん、焦ってはいないが、断乳後のために。食物繊維が多く、抗原性が大豆類よりも低い金時豆から負荷試験を開始する。大豆は擬陽性だが、最近の母乳を通じての状況を見ると、金時豆、小豆、ささげなど少し抗原性が低いものなら、症状が出ないことがわかっているからだ。だから、少し安心して望む。しかし、魚類のようなこともあるので、ドキドキはらはらはあるんだけど。期待通り、まったく問題なし。1歳を越えたので、スープは怪しいなと思う以外は1回だけですまし、次は実際に1粒食べさせてみようと思う。ちなみに、今回はじめて豆類を煮ました(笑)。煮豆は市販品とか親が正月に送ってくれたものしか食べたことがなかったのですが、なんとかできた。欲を言うなら、もう少し長時間煮た方が良かったかと。また、数回煮ると思うので、徐々に上手になりたいな… 金時豆のあとの予定は、小豆、グリンピース、そして、豆乳かなと思います。

広場に行った日記はこちら

ここ2−3日、シャワー後、姉と一緒に湯船でまた遊ぶようになった。気まぐれかな? 姉よりは先には出るんだけどね。でも、風呂入った瞬間におしっこをして、せっかく少しためてあったお湯は張りなおし。もちろん、普段も見ていないうちにしているかもしれないけど、見てしまうと、交換しないと気持ちが悪いよね〜 たとえ、自分が入るのではなくても。お風呂から出たあと、座椅子のところで転んで大泣き。駆け寄ってみると、鼻の下に血が… 鼻血?と思って、鼻の上部を押さえたが、あとで良く見ると、鼻血ではなく、鼻の下の部分が少し傷が入り、出血していただけだった。手におもちゃを持っていたので、それでついたのかと思ったよ。少し焦ってしまった。

<本日の離乳食>
@菜入り軟飯(小松菜、Aカットご飯、塩)(茶碗約1/5)
 金時豆スープ(約1さじ)
Aゲンキタウン・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(2枚)
Bお焼(高度精白米上新粉、さくさく粉、キャベツ、ワカメ)(直径約7−8cm完食)

2004年9月9日<スプーンの練習>
離乳食はグチャグチャにされるのが嫌いなので、軟飯のときは食べさせている。お焼きのときは少し小さくちぎって、ある程度好きなように… でも、放り投げたりすることもあるので、ほとんどは食べさせるが… でも、スプーンにかなり興味が出てきたみたいなので、スプーンを持たせてあげる。そして、補助をしてあげたら、きちんと口にまで運んで食べることができた。スプーンを持たせたままだと、軟飯をつついて、音を楽しむ感じがあり、遊びに入るので、スプーンに少しすくって、口近くまで運ぶ補助。かぼちゃ煮も自分でつぶそうと必死だった。でも、まだまだ赤ちゃんのつもりでも、1歳をすぎ、日々成長しているんだな… また、少しずつ私のストレスにならない程度に練習させてあげようかな。

<本日の離乳食>
@菜入り軟飯(キャベツ、Aカットご飯、塩)(まったく食べず)
 ラフィノース100(約1/2袋)
Aお焼(高度精白米上新粉、タピオカ粉、キャベツ、Aカットご飯、塩)(直径約6−7cm完食)
(間食)ゲンキタウン・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)(4枚)
B軟飯(Aカットご飯)(茶碗約1/5)
 カボチャ煮(カボチャ、塩)(1切れ)

2004年9月10日
本日栄養指導日だった。身長は74.5cm、体重9.8kg。みゅーちゃんと1歳時点で、ほぼ同じ(身長が若干低い)と思ったら、みゅーちゃんは体重がほとんど増えずに、1歳9ヶ月まで10kgを越さなかったから、ゆーちゃんの体重は姉の1歳8ヶ月のときの体重と同じだ。重いはずだ(これが普通?)。ただ、身長は姉と比べると、3cmくらい低いので、姉は身長に、弟は体重に栄養がいっているみたいだ(笑)。ところで、この計測、ゆーちゃんは赤ちゃん用ではなく、普通の体重と身長計で測ることができたのだ。姉が先に測っているのを見たからか、度胸が据わっているのか、、姉は号泣しまくりで本当3歳前になって(弟ができた後)、ようやく素直に測らせてくれるようになったというのに…

指導内容は次の通り。
1.ママ側の食事(魚介類)
もともと母乳経由で症状が出る貝類、さばなどは除去をしているが、それ以外は適度に回転をしながら食べていた。抗原度が低い魚はあまり入手できないので、幅広く(少し高いかもしれないけど)。でも、離乳で食べはじめると、抗原度が低い魚で発症するので、最近は食べる量を減らしていた。本当は完全除去かなと思ったけど、さすがに、肉類だけというのも良くないかと思い尋ねてみると、抗原度が低い魚で母乳経由で無症状なら、週に2回程度は食べてもOKとのこと。食べて慣れさせる方法もあるくらいなので、息子にはむしろその方が良いのかもしれないとのこと。

2.母乳の影響
ママが食べて、早くて約30分で症状がではじめ、約2時間でピークになり、最低8時間は出るとのこと。また、その時間は母親側の体内処理速度に個人差が大きいので、あくまで統計的なものであること。きちんと消化されれば、アミノ酸レベルにまで分解されると言われているが、実際は、そんなことがなく、ペプチド(アミノ酸2−3個)までが限界であり、それが体調などにより、ポリペプチド(アミノ酸8−10個前後)までしか分解されず、それが母乳経由で移行して、症状が出やすくなっているので、ママ側の体調が悪い時は、普段より特に低抗原のものをとることを心がけた方が良い。これは私も納得できる話だったし、普段からまさしく同じことを考えていた。どう考えてもアミノ酸レベルまで分解できていないと思っていたし、体調が悪いと、酵素などの分解能力が落ちることも推測できていた。そして、このポリペプチドのアミノ酸8−10個は、実験的にもこのレベルでアレルゲンとなることはわかっているので、症状が出たり、新たなアレルゲンとなる可能性は充分ありうると思うので、やはり、ママ側の体調はなるべく万全に、そして、体調が悪い時は暴食を避け(子供の栄養のため…と無理して食べないこと)、きちんと休養をとることが重要だなと思った。
 
あとは指導と言えるのかどうかは疑問。確かに、少しは関連しているけど。つまり、表示義務の問題だ。「低アレルゲン」という表示はどこまで信頼性があるのか、「低アレルゲン」という言葉につられての商品購入は果たしてどの程度OKなのか… 詳細には書けないが、なんか少し奥まった話で、個人の指導レベルの話ではないような…(要は、先生と患者の話??) きっと言及すると、困惑すると思います。それが波及して、米の回転の話になった(上記の問題と関係はありません)。現在、低アレルゲン米のレトルト3種を回転させていて、それに最近、高度精白米からできた「ぽんせん」や上新粉を用いて、お焼や蒸しパンを作って与えていたが、高度精白米は意味があるのか、本当に、低アレルゲン化されているのか(=タンパク量が減っているのか)、もし、タンパク量が1gも変わらないのであれば、普通の米で良いのではないか?とのこと(上記の件で、少し興奮気味)。一応、レトルト3種、ファインライスと白米の100gに含まれるタンパク量は覚えていたけど、酒米や高度精白米については、レトルトと通常精白米との間くらいしか覚えていなかった。普段は過去ログを見ればわかるので、およそ…しか。先生はきちんとした数値が知りたかったみたいだけど(後日、メールしました)。結局、高度精白米はAカットご飯やファインライスより若干多いくらいで、通常精白米とは約2gほどの差がありました。レベルでいうなら、ケアライス・AFTライス<Aカットご飯・ファインライス・酒米・高度精白米<通常精白米と、大雑把に分けられます。そして、先生が言いたかったのは、ケアライス・AFTライスとAカットご飯・高度精白米を同時に回転に使うのは、普通の病院ならOKが出るけど、もっと厳格に言わせてもらうと、コストがもったいない、裕福なら何も言わないけど、アレルギーはただでさえ、お金を食うから、Aカットご飯と高度精白米くらいの回転で良いのではないか?ということだ。さらに、タンパク量が通常精白米と1g程度の差なら、普通のご飯を回転に入れた方がさらに家計の負担が減るのではないかということ。ただ、後者は約2gの差があったので、却下される話だけど。また、ケアライス・AFTライスを食べる日と、高度精白米・Aカットご飯を食べる日では、1日のタンパク摂取量に違いがあり、日々回転させると、山と谷の繰り返しになり、あまり良くないとのこと。なるべく一定量になることの方が理想的だそうです。

ということで、ケアライスとAFTライスの在庫がなくなり次第、息子の様子を見ながら、Aカットご飯と高度精白米にしてみようかなと決めた私です。まあ、一歩前進ということかな。ただ、最近のケアライスは気に入っていたのに。なぜか、息子はAカットご飯の時の食いっぷりが少し悪い気がするし、ケアライスは温めなくても柔らかい感じで食べられると思うので(冷凍小分け保存しているから温めるけど)、万が一の時の保存食になるように思うから、やはり、数パックは用意した方が良いかなとも思ったり、悩んでいる最中。賞味期限が近くなれば、普通に食べれば良いわけだし。結局、「息子の指導はどこへやら?」と思っているのは私だけ?まあ、ママ側の魚摂取について、もやもや感が取れただけでもOKとしましょう。

話が代わり、今日もスプーンで食べたい症候群。上手く行けば、口に運んで、満足そうに食べている。たまに、食べさせることを嫌がったり。まだ、ほとんどは食べさせているけど。ただ、夕食のお焼のように、ぶんぶんされても飛び散らないのは、自由に食べさせるようにしている。ちぎったものをスプーンに載せてあげると、上手に口に運んでいた。ただ、ゆーちゃんは両手をつかうけど、どうも右効きのようだ。みゅーちゃんが左利きだけど、左だとスプーンを使いづらいのか、右手に持ち替えていることが多いように思った。そして、今夜は両手を合わせてご馳走様をして、自分でコップを台所まで持ってきて、流しに放り込んだ。結構、ちびのうちから偉い子ちゃんかもしれない(笑)。でも、娘の日記を読み返したら、娘もほぼ同じ月齢で、ほぼ同じように、スプーンに興味をもって食べはじめ、満足すると、ご馳走様をしていた。なんか昔のことは忘れているから、息子はすごーいと思っただけでだったみたい…(苦笑:単なる親ばか)

あと、みゅーちゃんがジュースを飲んでいるのを見て欲しがる。ストロー練習を兼ねて、ほんの少し口に含ませる。目の前で「スー」とするんだよと見本を見せるが、駄目みたいで、ストローを抜いて遊びに走る方が好きなようだ。しばらくストローは無理だろうな。ただ、コップは自分でも練習しているし、少しましか?でも、口元を見て気づいたのは、コップで飲むときも、おっぱいとまったく同じ飲み方をしている。つまり、舌を使って、水を飲もうとしているのだ。だから、水がだらだらと落ちるんだけど。これは断乳するまで治らないかも…(笑) 

ところで、午後、家の前のマンションにある薬局までお買い物に行く。家の前といっても、裏側にあるので、表側に回らないといけない。ゆーちゃんをはじめて歩いて連れて行くことにした。靴はサイズが一番小さいみゅーちゃんのお古の赤。母と祖母にもらったのは、少し大きいので、靴下を履くようになったら… 少し歩くくらいで、すぐに抱っこかなと思っていたら、とんでもない。その薬局まで数回座りながらも歩いてしまう。3人お手手をつないで…と理想的な光景。店内は抱っこをしていたが、帰りはまた歩いてもらう。結局、往復クリア。私としては、おむつなどの荷物をもってはいるものの、歩いてくれる分、少し楽チンだった。でも、すぐに手を振り切るから、車の多い場所では絶対にできないと思った。男の子はタフだな〜 疲れているだろうなと思っていたが、夕方、玄関から自分の靴を持ってくる。自分の靴の認識はできているようだ。そして、「履かせてくれ〜」攻撃。最初は部屋を少し歩いてニコニコしていたが、そのうち、娘の靴をもってきて、私に放り投げる。つまり、「3人で出かけるぞ!」との自己主張。娘に靴を履かせて、玄関を出る。あいにく小雨が振り出していた。でも、喜んで、エレベーターに向かって歩いていったので、とりあえず、1階のロビーまで降りる。そこで、少しうろうろしたあと、エレベーターの奥に階段を見つけると、ハイハイで昇りはじめる。早いの、なんの… 一気に我が家のある階を通り越して、4階までクリアー。本当は6階まで行ける勢いだったけど、姉が薄暗い階段を上がるのが怖いと言い出し、ゆーちゃんを抱っこして、部屋に戻る。なんか、薬局に行くことで、お外を歩き回る快感を覚えたようだ。外遊びが苦手な私。さあ、どうしよう?? 気候がもう少し良くなったら、公園かな…(あまり好きではないが…)

<本日の離乳食>
@ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(3枚)
A軟飯(Aカットご飯)(茶碗約1/5)
 カボチャ煮(カボチャ、塩)(2切れ)間食リンゴとブドウのジュース(3口)←はじめて
 ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(3枚)
Bお焼(さくさく粉、ひじき、アスパラガス、Aカットご飯)(ご飯茶碗約1/5分、完食)

2004年9月11日<近所のスーパーまで歩く&発熱>
今日は少し距離を延ばして、近所のスーパーまで。200mくらいかな。往復ともほぼ8割歩きました(危ない場所を除いて)。なんか一気に歩く距離がアップ! スーパーの1階は食品売り場なので抱っこだが、2階は雑貨で広めなので歩かせる。まあ、嬉しそうに、「きゃっきゃ」と大声を出しながら、姉を追いかけてよく歩いていたわ(笑)。

夕方、昼寝後、少しぐずりが激しいかな、体が少し暑いかなと思っていたら(体温を測らせてくれず)、夜は37.8度あった。6日に接種した予防接種の影響か、単なる歩きすぎか(疲れすぎか?)わからないが… 体調の影響があるのかもしれないが、お昼頃、右の口元が少し赤かった。お焼きが少し焦げたから?とかも思ったけど、予防接種の影響は1週間後くらいにも出るようなので、それかもしれないな…

<本日の離乳食>
@お焼(タピオカ粉、人参、山東菜、Aカットご飯)(ご飯茶碗約1/3分、完食)
Aわらび餅風(タピオカ粉、人参)(茶碗約1/3)
B菜入り軟飯(ケアライス、水菜)(茶碗約1/3)

2004年9月12日<金時豆の経口負荷試験&ヨーカドーで遊ぶ>
早朝はまだ少し体が熱いかなと思ったけど、起床後、機嫌が良いし、熱もなさそうなので、金時豆を試してしまいました。本当は明日まで待つべきだったかな? 1粒と言えども、なかなかの大きさで、そのままだと食べないから、軟飯に混ぜてごまかして食べさせた。軟飯すらあまり食べないから、少し焦ったけど… でも、症状もなく、クリアーできた模様。

午後はヨーカドーに行く。姉と一緒に広場に入るのかと思ったら、いつものごとく、すぐに脱出。靴を履かせ、行きたいように任せてみる。広場のそばにあるガチャガチャに行き、ボタンを回そうとしたり、穴に手を突っ込んだりしていた。その辺もうろうろして、その方が楽しいようだった。娘のおやつに、ミヤコのおさつをぎゅ!を与えたら、とても欲しがる。ベビーカートから身を乗り出して要求。娘が小さくちぎって、弟に与えていた。結局、4個くらいは食べたかも。甘いものを与えることに賛否両論があるかもしれないが、たまになので良いかなと思っている。ポンセンも左手が食べ終えると、右手にポンセンをもっていても、「くれ〜」攻撃。娘は授乳中あまり欲しがらなかったと思うけど(おっぱいもあまり飲んでくれなかったり)、ゆーちゃんはポンセンの要求はよくするし、おっぱいは飲んでくれるし、どちらかと言えば、こちらの方がありがたいかな。ただ、食事への意欲はまだ弱いけど…

<本日の離乳食>
@菜入り軟飯(ケアライス、小松菜)(約1−2さじ)
 煮豆(金時豆)(1粒)
Aミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(4−5枚)
(間食)おさつをぎゅ!(サツマイモ、てんさい糖)(約4個)
    ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(4−5枚)
Bお焼(ケアライス、小松菜、さくさく粉、キャベツ)(ご飯茶碗約1/3分、完食)

2004年9月13日<金時豆の遅延型反応もなし&寒天ゼリー>
昨日の金時豆1粒の遅延型反応もないようだ。良かった。次は2粒だし、私も週に2回くらいなら食べられるなと思うと嬉しい。本当は次の小豆がOKだと、餡が大丈夫になるので、もっと嬉しい〜 

寒天ゼリーを作った。私は黒糖蜜。娘は何を勘違いしているのか、わらび餅風に黒糖蜜+黄粉。でも、もともとあまり好きではないから、食べる量が少ない。息子は何もなしだけど、寒天にほんの少しフラクトオリゴ糖を入れたので、ほんのり甘くておいしかったのか、ばくばくと食べた。はじめて茶椀1杯も食べたかも。おかげで、整腸作用の効果が出て、夜に便を3回もした。便をよく見ると、小さくなった寒天がところどころ見えていた。私の便通時改善にも良いんだよね〜

<本日の離乳食>
@お焼(ケアライス、アスパラガス、さくさく粉)(まったく食べず)
A寒天ゼリー(寒天、フラクトオリゴ糖)(茶碗約1杯)←少し黒糖蜜が混入する
Bパンケーキ(高度精白米上新粉、さくさく粉)(直径約6−7cmの約1/3)

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved