1歳4ヶ月のらいふ 3


2004年12月14日 <鹿肉5g負荷&電車に反応&言葉攻撃がうるさい!>
 24日には、栄養指導と同時に、任意のおたふく風邪の予防接種を受ける予定。だから、またしばらくは新たに試せなくなるので、中1日だけど、肛門周囲もきれいな方だし、体調も良さそうなので、鹿肉約5gを試す。もちろん、食べることができる量の約半分。鹿は8g(10gは微妙)までOKだから、本当は4gだろうけど、ゆでこぼすと減るから、その辺は大雑把な私。おとついの約1gに比べると、やはり、肉の量が多いから、肉を食べている〜という感じがする。もちろん、そう思っているのは私だけだが。これも即時・遅発型問題なし。昨日はおとついの遅延型もなかったと思います。良かった… ちょっと今週はあと玉ねぎも試したいな。少し飛ばし気味だけどね。
 あと、ごはんの半分以上をひとりで食べるようになり、本当は今日みたいな負荷のときは、その量をきっちりと食べさせたいので、私が食べさせたいのだが、本人は拒否。最後の方にちょこっと手伝わせてくれるのみ。多少こぼすけど、目をつむろう。たくさんこぼしたら、こっちも目をつむって食べてもらう(苦笑)。今、鉄剤も飲んでいるけど、それも小さな器から1人で飲む。半分近くはこぼしている可能性は否定できないが、手伝わせてくれないから仕方がない。効果が出るまでに、時間がかかる程度かなと気楽に思っている。まったく飲んでくれないより、まし!とね。
 
 広場に行く途中、高架の上に走る電車が見えた。いつもは反応しないゆーちゃんなのに、はじめて電車を指さして、「でんちゃ、でんちゃ!」と大叫び。ようやく実物と絵本が結びついてきたかな?これからがますます楽しみだ。
 しかし、この言葉を覚えるのが早いのは良いが、デメリットも出てきた。ただでさえ、叫び声がうるさいのに(姉のマネをしたり…)、今度は言葉でうるさい攻撃を開始するようになった。電子レンジを使用していて、終了の音楽がなると、「でいた、でいた(できた、できた)」と言う。他のことで忙しくて、後回しにしようものなら、電子レンジのドアを開けるまで、「でいた、でいた」と言い続ける。これが機嫌が少し悪かったり、寝起きでぐずっている時でも、一旦泣くのをやめて言うから、たまったものではない。また、ご飯を食べていて、床に落としたら、「おいた、おいた(落ちた、落ちた)」とご飯を拾って、拭き取るまで言い続ける。拭き取っても、指にご飯がついていたら、「うーうー」と、指のご飯を拭き取ることも忘れずに要求。自分の口に入れろ!っつうの。そういう時に限って、姉がご飯おかわり、お茶おかわり、あれが欲しい、これが欲しいと… 今夜の夕食は二人でピーチクパーチクとうるさく、私は言うがままに作業を行い、その合間に自分のご飯を食べたが、どうも流し込んでいるような状況にならざるをえない状態。これなら、ゆーちゃんを食べさせながら、自分も一緒に食べていた方がゆっくりと味わえたように思う。今後はますます加速しそうで怖いが、ゆーちゃんがみゅーちゃんのようにひとりでちゃんと食べられるようになるまでは我慢の時期かもしれないな。まあ、手がすべって食器を落とさない限り、ひどいこぼし方をしないのが救いだけどね。しかし、今夜ほど、食後にどっと疲れが来たのもはじめてかも… 

離乳食@ 中止
離乳食A 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約1/2杯)
大根煮(取り分け:大根、大根葉、、塩)
ゆで鹿挽肉(約5g)
間食 ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(1袋)
離乳食B 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約2/3杯)
水菜煮(取り分け:水菜、米醤油)
ゆでブロッコリー

2004年12月15日 <昨日の鹿肉OK&幼稚園に行く>
 今日はお尻がきれい。鹿肉も大丈夫のようだ。今度はウサギかな。その前に、玉ねぎも調べておこう。スープでまた下痢をしないことを願いながら…
 午後は幼稚園に行く。この日記はこちら

離乳食@ 軟飯(高度精白ゆきひかり)(少し)
水菜煮(取り分け:水菜、米醤油)
間食 ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(1袋)
離乳食A 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約2/3)
水菜煮(取り分け:水菜、米醤油)
焼海苔(2枚)
とろろ昆布(昆布)
離乳食B 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約2/3杯)
カボチャ煮(取り分け:カボチャ、塩)(1切れ)
カブ煮(取り分け:カブ、米醤油)(1切れ)

2004年12月16日 <玉ねぎの負荷&保育士の卵ちゃんもへろへろ…>
 約1ヶ月ぶりに、玉ねぎのスープを試した。前回は当日の夜かから翌日が下痢気味で、その次の日にインフルエンザの予防接種にて、下痢が悪化して、1週間。それが回復したと思ったら、肌の悪化、咳などで、約1ヶ月試すことができなかったのだ。とりあえず、今日のところ、下痢の心配がなさそうなのは間違いない。やはり、前回は風邪気味とか体調不良が原因だったのかもしれない。むしろ、昨日から便秘気味で、いつもの起床後すぐがなく、夕方にするようになっている。それも今日は硬くて出にくかったのか、顔に相当力が入っているのがわかった(笑)。明日は寒天、ラフィノース100、紫芋粉のトリプルの寒天ゼリーで、腸をきれいにするぞ!

 支援センターのリース作りに参加(参照)。最初は珍しく私の膝上で大人しく座って見ていたが、そのうち、飽きてきて、福祉専門学校の保育士の卵のお兄ちゃんに、ブロックなどで遊んでもらっていた(少し離れた場所で…)。でも、みゅーちゃんが2つ目のリース作りに入ったら、こちらに戻ってきて、私の膝上にちょこん。この程度はOKだったのだが、部屋が暑すぎるとのことで、出入り口を解放されたら、ゆーちゃんの思う壺。脱出大作戦!私がみゅーちゃんの相手をしていたので、お兄ちゃんが1人で、あっちこっち追い回しては、部屋に連れ戻していた。さすがに、リース作りを終えた頃には、へろへろになっているのがわかった。こんな若いお兄ちゃん(20歳くらい)でも、へろへろだから、私がどっと疲れても不思議ではないんだ〜 だって、私と一回り以上も年齢差がある若者ですら、参っているんだから… とはいえ、今後ますますパワーアップしそうで、本当怖い。近い将来、ネットをしているだけの余力があるのだろうか?とか不安に… 追い回すだけで、疲れる人生は嫌だ〜(笑)。でも、お兄ちゃんたちには感謝。みゅーちゃんも満足して、リース作りができたし、1時間程度なら少なくとも他に預けられるのでは?とも思えたし。まあ、なかなか預かってくれるところもないだろうけど、食べるものがとても少ないんだし…

離乳食@ 中止
離乳食A 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約2/3杯)
カボチャ煮(取り分け:カボチャ、塩)(2切れ)
カブ煮(取り分け:カブ、米醤油)(1切れ)
玉ねぎスープ(1−2さじ)
間食 げんきたうん・赤ちゃんぽんぽん(高度精白米、塩)
離乳食B 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約2/3杯)
野菜煮(ワカメ、小松菜、人参、塩)
カブ煮(取り分け:カブ、米醤油)(1切れ)

2004年12月17日
 <玉ねぎOK&寒天で便通効果抜群!&火傷&生活逆転>
 玉ねぎスープの遅延型反応も大丈夫のようだ。良かった。今度はみじん切り少しに挑戦だ。
 ここ数日うんちが硬め。うんちをする時、いきむし、肛門から落ちない。そのため、必殺寒天便通改善!寒天、ラフィノース、紫芋粉と3大便通改善効果のあるものを入れて作った。効果抜群!夕方(2回目)はまだ少し硬めだったけど、その後、徐々に元の柔らかさに戻り、4回目にして、大量普通うんち。その後も、1回。ここ数日の分が一気に排泄された感じで、気持ち良い?
 この寒天、自分用には2種類。生協で購入したフルーツミックスを混ぜて作ってみた。ほんのり甘さでおいしかった。娘は相変わらず少々だけど…(果物をほとんど食べないから、寒天部分少し) この1つに息子用の余った寒天液を入れてみた。すると、息子用は紫芋の紫(濃紺に近い)だけど、それが鮮やかな赤紫になる。フルーツミックスに含まれる酸味料のため?なんか化学実験している気分だったけど、見栄えはGOODだった。まあ、フルーツミックスは糖分が多いから、本当ごくたまの楽しみだけどね。最近、特に糖分摂取量が増えているし… 疲れているのかな?

 夕食時、軟飯が熱いので、冷ましてから与えようと思ったら、自分でスプーンでそのまま食べてしまった。当然、チンしたばかりで、めちゃ熱い。号泣!下唇が白くふやけ、下唇のすぐ下の顎の部分に水ぶくれ。火傷。。。
本人、このあと、充分冷まして、軟飯を与えようとしたら、その恐怖感で、イヤイヤと首を振りながら逃げる。でも、ご飯は欲しいのか、目の前でふーふーしたり、食べるところを見せて、ようやく口にしたが、食べ終えるまで、恐る恐るだった。とはいえ、私からは1口しか食べなかったので、みゅーちゃんが全部食べさせていた(笑)。役に立つ姉だわ。でも、最初に「熱いから、冷めてからね」と言ったのに… って、言って理解できれば苦労はないっか。
 最近、生活完全逆転気味。それも3人で… まだおちびちゃんは2人より早く寝る方だが、姉が遅くなっていて、かつ1人の時間…と思ったら、、朝近くなり、今日は気づいたら、お昼すぎていた。さすがに、びっくり。少しなんだかんだしていたら、すぐに夕方くるし… 早く姉を戻さないと… それより自分もだけど。

離乳食@ 中止
離乳食A 寒天ゼリー(寒天、ラフィノース、紫芋粉)(1カップ)
軟飯(Aカットご飯)
菜っ葉煮(取り分け:小松菜、人参、米醤油)(計、ほんの少し)
離乳食B 軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1/2杯)
菜っ葉煮(取り分け:小松菜、人参、米醤油)

2004年12月18日 <今日も寒天効果&ジャガイモはまだ微妙&芋パン>
 昨日の寒天効果は快調のようで、今日もうんち4回。効き過ぎ〜みたいな感じ。
 ジャガイモを昨夜から水にさらして、小松菜と煮て与えた。量も少し多めに… といっても、大さじ1くらいだけどね。夜、袋が少し赤い。やはり、前回(11月10日)与えた時と似た症状。仮性アレルゲンだし、症状が出やすいから、またもう少ししてから試してみよう。ジャガイモを使えると、楽なのにね…
 夜、みゅーちゃんの希望があり、焼き芋を作った。それを主食にしたが、はずれ芋を与えてしまった。つまり、芋は良いのだが、焼く前に半分に折れてしまい、それをそのまま焼いたら、硬くなってしまったのだ。それを知らずに、ゆーちゃん用にしたので、硬い部分を除いたら、少しになってしまった(涙)。
 3本焼いたうちの1本は、芋パンにしてみた。それを1人で楽しむ予定だったけど、食べようとしたところを見つかってしまい、二人で食べる。に入れて焼いたので珍しかったのか(型から出して食べたわけではないが…)、もっともっと…という感じで、結局半分くらいは食べられてしまった。でも、食べるものが少ないゆーちゃんとこういうものを楽しめるのも嬉しいなと思う。いつもは欲しがっても、「食べられないからね〜」と他のものを与えるか、隠れてというのが多いから。もちろん、授乳中なので、とっぴもないものを食べるわけではないが、本人の口に入れたくないのもあるから… 
 この芋パンは、本当はケーキの試作にするつもりだった。タピオカ粉を使わずに、高度精白米の上新粉を使う予定だったが、たまたま開封したものがなくて、ストックを出すのが面倒だったのだ。タピオカ粉だともちもちっとした感じになるけど、型から出して楽しむようなものでもないしね。そのため、普通なら型を使わずに、焼くことが多い芋パン。よく考えれば、サツマイモは初めてだったけど、里芋やジャガイモで、みゅーちゃんとよく作っていたのを思い出した。最近は、全然作っていなくて、この芋パンの存在すら忘れていた。また、作ろうかな。でも、サツマイモでないと、ゆーちゃんに与えられないから、なかなかきっかけが難しいな… まあ、そのときはさくさくタピオカを練ったものを焼いてごまかすかな(笑)。
 今日もかなり生活ずれてます。徐々にずれて、治すしかないかも(苦笑)。まあ、来週はそれなりに予定もあるから、少しは改善されるかな?

離乳食@ 中止
離乳食A 軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1杯)
ジャガイモ煮(ジャガイモ、塩、小松菜)
離乳食B 焼き芋(小1本)
芋パン(サツマイモ、タピオカ粉、フラクトオリゴ糖)(約1/2カップ)

2004年12月19日 <言葉ねた(じゃんけん)&夢中な遊び(ジャンケン遊び&いないいないばあ)&錦糸町>
 じゃんけん遊びにはまったゆーちゃん。言葉も覚えて、「じゃいけんぐ〜」、「じゃいけんぱ〜」と言いながら(最初は、「だんけん」という発音だったけど、何度も言ううちにもっともらしく言えるようになる)、グーかパーを出して、大笑い!! 何度も何度もやらされた。あとは、「いないいないばあ」が好きで、顔を少し手でおおって、「ないない〜、ばあ」と言いながら、大喜び。いや、子供の成長、同じようで1人1人、少しずつ個性があっておもしろいかも。付き合うのは大変だが…(苦笑)

 久々錦糸町に行った。旦那とみゅーちゃんが近所の映画館で「ゴジラ」を見ていたので、その終る頃に待ち合わせて出かけた。小豆が2粒食べられることがわかって以来、小豆に関しては、1−2週に1度は自分が食べている。単に、甘さへの要求だけなんだけど… ゆーちゃんはお腹の状態などから、それ以来口にしていないけど… 今日はたまたま不二家に入ったので、あんみつを頼んで、糖蜜をかける前の寒天だけを取り出して与えた。ちょっと寒天だけではないかもしれないという微妙な味だったけど、まあ挑戦と思って… たまに、無防備なことをやる私。もしかしたら、寒天の素材が落ちるだけかもしれないが… でも、少しでも一緒に食べられるものがあるのが嬉しいのか、パクパクと食べて、寒天味なしは1人でほとんど食べてしまった。私は餡や果物など。たまに外で食べるデザートも良いです♪

離乳食@ 軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1/2杯)
菜っ葉煮(取り分け:山東菜、米醤油)
離乳食A 酒米ぽんせん、
寒天(あんみつの取り分け:不二家)
離乳食B 軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1杯)
菜っ葉煮(取り分け:山東菜、米醤油)
スープ(白菜、大根、塩)

2004年12月20日 <兎OK&言葉ねた(ねーねー(お姉ちゃん)&あいこでぱー&おふー(お風呂))>
 兎5gを試す。大丈夫そう。とりあえず、3種類1通り半量でOK。あとは継続的に試せたら良いのだが、冷凍庫のストックがなくなったので、24日に購入してこないと…(笑)
 みゅーちゃんが昼寝をしていると、体の上に乗りかかったり、「ねーねー」と背中をたたいたりして起こそうとする。別部屋で待機だ…(苦笑)。でも、普段はみゅーちゃんのことを「ママ」だの、「マパ」だのと呼ぶのに、今日はまともに呼んでいた。はじめてかも… ついでに、言葉ねたですが、昨日の「じゃいけんぱ〜」に続き、「あいこでぱ〜」まで出るようになった。めちゃ、早〜い。それに、「お風呂入るよ」というと、「おふ〜、おふ〜」とか言いながら、お風呂に行くし。

離乳食@ 肉丼(高度精白ゆきひかり、白菜、兎5g、米醤油)(子供茶碗約2/3杯)
離乳食A パンケーキ(高度精白・上新粉、フラクトオリゴ糖、タピオカ粉、カボチャ)
焼海苔
離乳食B ふりかけ軟飯(高度精白ゆきひかり、まんまぱっぱ小松菜)(子供茶碗約1/2杯)
大根餅(大根、タピオカ粉、チンゲン菜、米醤油)

2004年12月21日 <嘔吐下痢風邪?>
 午前6時頃の授乳後、いきなり嘔吐。むせた?風邪?昨日の兎?その2時間後、お尻を見ると、普通うんちが出ていた。寝ているときにするのは、下痢以外は珍しい。8時頃には起きてきたが、かなりぐずり気味。2時間くらいしてようやく寝はじめる。お昼頃起きてきて、離乳を食べたがるので与えた。ご飯を食べる前に、少し湯冷ましを多く飲み、それに軟飯1−2口食べたら、反射のように水とともに嘔吐。自分でも驚いたのか、号泣をはじめたので、離乳は中止。その後は、吐いてもいいから、おっぱい中心でいくことにしたし、本人も珍しく食には無関心的態度となった。午後2時頃、多量うんち。お腹にたまっているものが一気に出たような状態で、服もズボンも総着替え。夕方、少し体温が高めかな?と思っても37.5度と、微熱程度。ポンセンを少し食べることもできたし、嘔吐も大丈夫だった。しかし、午後9時頃から下痢がはじまる。お昼までにお腹の中のものは全部でてしまったように思うし、今日は嘔吐で食べていなから、水状態。結局、寝るまで1−2時間おきに下痢ピー。寝ている間も注意してあげないと…

離乳食@ 中止(嘔吐)
離乳食A 軟飯(高度精白ゆきひかり)
菜っ葉煮(チンゲン菜、人参) (計1−2口:
湯冷ましで嘔吐のため
離乳食B ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(2−3枚)

2004年12月22日 <下痢最悪!>
 今日は本格的な下痢日。夜中は午前4時頃に1回ですんだけど… 9時頃の授乳を椅子に座ってしていた。抱っこ状態だったけど、本人が降りたがり、本人立ったまま、おっぱいを飲みはじめた。すると、大きな水状の出る音とともに、水うんちがズボンから漏れ、床に黄色い水溜り(うんち溜まり)ができるほど大量。これが抱っこ状態だったら、私の衣類とともに悲惨状況…と思う余裕もなく、着替えに走る。洗面台の上で、ズボンを脱がせ、足裏を洗わせるものの、本人も泣きはじめて大変。こっちが参りそうだった。
 その後も、おっぱい、離乳ごとに水うんち。先月下旬の下痢時に処方してもらったロペミン小児用が残っていたので、服用させはじめる。24日には栄養指導があるので、そのときにまた処方してもらおう。きっとすぐには治らないだろうし。結局、寝るまでには15回くらいうんちをした。嘔吐は昨日の2回でおしまい。これだけでも軽くて良かった。
 そのため、午後はみゅーちゃんの開放幼稚園の日だったけど、お休みをすることにした。みゅーちゃんが嫌がるかなと思ったけど、すんなりと受け入れてくれて、何も言わなかった。良かった…

離乳食@ 中止
離乳食A ふりかけ軟飯(高度精白ゆきひかり、まんまぱっぱ小松菜)(子供茶碗約1/4杯)
とろろ昆布
間食 ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)(2−3枚)
離乳食B 軟飯(高度精白ゆきひかり)(子供茶碗約1/2杯)
野菜煮(菜の花、人参、塩)
夜食 焼海苔

2004年12月23日 <下痢&虫刺され?or 蕁麻疹?&ハーモニカを吹く&ズボンを途中まで履ける&甘えが強くなる&諦めの早い(切替が早い?)性格>
 寝ている間は、うんちをせずにOK!一応、寝ている間の多量うんち漏れ対策に、バスタオルを敷いて寝させたけど… でも、今度は私を挟んでゆーちゃんと逆の位置に寝ているみゅーちゃんが、早朝に寝ながら嘔吐をしていて、掛け布団2枚(旦那と私の間で寝ているから)+敷布団1枚、私とみゅーちゃんの上着が汚れてしまい、朝から洗濯乾燥機フル活動。みゅーちゃんの様子はこちら。ゆーちゃんは下痢以外は元気で、食欲も少し復活。うんちも10回程度で少し減る。
 午後9時頃寝はじめたけど、10時過ぎに起きてしまう。11時頃、左目の右下あたりに蚊に刺されたような膨らみができている。虫(ダニ)刺され?と思ったけど、そんな感じもなく、蕁麻疹かな?何が原因かわからない。

 ラッパが吹けるようにはなっていたが、今日はハーモニカを吹いていた。吸っても吐いても音が出るから楽しそうだった。
 ズボンを履く練習をはじめた。手伝おうとしたら、めちゃ怒られた。1人で泣き声を出しながら、もだえながら、「あーでもない、こーでもない」と奮闘。どうしてもズボンの片方だけに両足を突っ込むので立てないのだ。何度も脱いでは履いて…の繰り返し。それでも足首まで片方ずつ履けるようになり、ついにはひざくらいまでは履けるようになった。子どもってやりはじめると、すごいな〜。集中力。でも、姉がいる分、やることが早いです。姉はこれをやりはじめたのが、1歳8ヶ月。4ヶ月も早い。言葉も4ヶ月くらい早いし、コップや容器から水や薬を1人で飲むことも2ヶ月ほど。容器の分は、マグマグを使わないことが大きな原因だけど… その子の性格にもよると思うけど、上の影響は大きいように思う。どうしても同じことをしたがるから…
 その反面、甘えがとても強くなってきている。自分の要求が通らないと、すぐに大泣き、もしくは嘘泣きっぽく泣いてみたり…それで抱っこをすると、ケロッとして。かなり知能犯的な側面も見えてきた。特に、夕食作りの頃が多い。でも、この甘えは私だけでなく、パパが帰宅しても同じかな。二人で玄関に「パパ〜」と争って走り、まとわりついているし。でも、ゆーちゃんの方が早いけど… おっぱい途中でも飛び出して行くし、私が抱っこをしないと、すぐにパパに両手をあげているし。
 また、諦めも早い性格のようだ。リビングと玄関やパソルームの間にオートマティックゲートをしてあるが、旦那が帰ってくると、パソルームにはなかなか入れてもらえない(みゅーちゃんは1人で開閉OK)。例えば、3人でパソルームにいて用事をして、すぐに部屋に入れられない状況だとすると、ゲート前で大泣きをするんだけど、5分もしなうちに、泣くのをやめて、リビングに戻り、1人で遊んでいたり… 諦めが早いというのか、無駄な抵抗はやめようと切替が早いのか… 1人で勝手にどんどん成長している感じだ。これが2人目なのかな?

離乳食@ 中止
離乳食A うどん風(サクサクタピオカ麺、菜の花、長ねぎ、塩)(子供用器約1杯)
軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1/5杯)
離乳食B 軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1/3杯)
カブ煮(取り分け:カブ、カブ葉、人参、塩)

2004年12月24日 <下痢が治る&クリニックで診察・栄養指導&言葉ネタ(なに?)&蕁麻疹?>
 下痢の方は、寝ている間は午前7時頃に1回。その後、栄養指導があるので、9時前には起こしたけど、する気配なし。クリニックで下痢も困るなと思っていたが、午後に1度しただけで、今日は終了。その午後の1回も普通うんち。一気に回復したようだ。3日で改善して良かった。もっと長引くと思っていたので、クリニックで診察も受けて、ロペミン小児用を処方してもらったのに、結局使用しなくてすんだ。また、今度下痢をしたとき用にストックしておこう。本当は、任意のおたふく風邪の予防接種予約も入れていたが、下痢がひどかったのでやめた。もし、今日予防接種をしても、約1週間は副作用や軽い感染症状が現れる可能性も高いし、そうなると年末年始にかかり、病院は休みで最悪だから、きっとそれを教えたくて、軽い嘔吐下痢風邪になったんだと思った。それは娘も同様で、日本脳炎の追加接種予約をしていたが、昨日午前中の嘔吐で中止にしたし。2人して、体で抵抗したんだなと… 改めて、予防接種は新年半ばに仕切りなおしです!

 栄養指導ですが、ここ1ヶ月は下痢→皮膚症状悪化(これら2つはインフルエンザ予防接種2回の副作用の可能性が高い)→調子が良い1週間→嘔吐下痢風邪という状況だったので、新たなことはほとんどできていない状況。とりあえず、調子が良かった1週間に行った内容報告。肉類3種(鹿、兎各5g、馬1g)を試したこと、量に関しては、中断時期が長かったので、前回の指導で指示された量の半分から開始したこと、玉ねぎスープはOK、ジャガイモはスライスして、前日から水にさらしても、袋が赤くなることが多いという3点。
 本日の指導内容は、肉類は今後も継続的に与えてみること、月齢的にも1日おきくらいに回転で肉類、豆類のタンパク源負荷、ジャガイモや玉ねぎは産地、農薬のレベル、品種の問題が複雑に絡んで、症状として現れるのかもしれない。選択が難しい。ジャガイモは、黄色いジャガイモや紫芋など他の品種、スライスして、水に充分さらし、かつマッシュをした調理が良いかもということだ。紫芋の粉は一応大丈夫だったから、調理形態にも関係あるかも(でも、紫芋はさつまいもと同じヒルガオだと思うけど…?)。もしかしたら、ナス科全般が駄目なのかな?という話にもなったが、ピーマンはOKなので、農薬、種芋の質レベル、産地なのかもと。あと、パプリカのように、普段、食卓にのぼらない品種を使うと症状が出ない可能性も高い。玉ねぎも同じで、う〜ん、あまり品選びは凝っていないので、私には難しい問題かも… 
 とりあえず、皮膚症状よりもお腹の具合が悪くなるような子は、ご飯と野菜(ジャガイモ、玉ねぎ、小松菜、白菜、大根、カブなど普段身近にある野菜)を主体で育て、なるべく外食をせず、加工品もできるだけ使用せず、大変でもずっと手作りで、最低でも小学校まで頑張ったら、他の子に負けない丈夫な子になるよ〜とのこと。それは長生きの面でもいえるらしい。ゆーちゃんは娘と異なり、きっと小学校まではその方が良いんだろうなと痛感していたけど、先生に言われると、重みというか、プレッシャーがどんとかかるな… 本来が手抜きのいい加減な性格なので、どこまで続けられるか… みゅーちゃんはかなりいい加減になっているし、自信ないな〜。できる範囲でがんばろうっと。健康にはこれが最も良いのは事実だし(苦笑)。
 あと、腸が良くなったら、ラフィノース100を1日半袋を継続的に服用させた方が良いとのこと。オリゴ糖は善玉菌の餌になり、悪玉菌の餌にはならないし、下痢で減った善玉菌を増やすことも重要だし。最近は時々だったので、忘れそう(苦笑)。
 ちなみに、体重10kg(裸で)、身長78.4cmでした。下痢で少し体重が減ったかな。あと今まで服を着て測っていた分と。

 みゅーちゃんとしまじろうのビデオで出てくるしりとり歌の、「あーのつく言葉はな〜に」と歌っていたら、体を左右に振りながら、歌にあわせ、「な〜に」のところだけ、一緒に歌いはじめた。何度か試したけど同じ。「歌えるの?えらいね〜」と言ったら、ますます喜んで、絶好調だった!
 入浴後、顎の部分(下唇の左下)に虫刺されのような膨らみ。それも大きな膨らみが2つに、小さい膨らみが4−5個。先日の左目の下にできたものと同じ。蕁麻疹?もしかして、温熱性蕁麻疹?と思ったけど、先日の場合、寝ていたので、入浴は見送った時だったから、ますます原因がわからない。体調の問題なのかな?

離乳食@ ミヤコ・米ポンセン(高度精白米、塩)
ゆきひかりポンセン(ゆきひかり20%削り、塩)
離乳食A 軟飯(Aカットご飯)
カブ煮(取り分け:カブ、カブ葉、人参、塩
離乳食B 軟飯(Aカットご飯)(子供茶碗約1/2杯)
菜っ葉煮(取り分け:小松菜、米醤油)