えんじょいらいふ
2004年12月
2004年12月1日<タワー&支援センター&脱走事件&石鹸歯みがき>
もう12月だ。しかし、12月というのに、そんなに冬、冬…という印象は少ない。普段、家にいることが多いためなのか、今年は少し暖かめなのか?わからないが… 午後から散歩に出かける(あまり行きたくなかったが…)。まずは、タワーに上る。天気が良いので、見晴らしは良い。外は少し寒めだけど、南側は太陽が差し込んで、ぽかぽかというより、少し暑い感じ(暖房も効いているし)。でも、気持ちがいい!! ゆーちゃんはせっせと南側の窓辺をあっち行ったり、こっち行ったり。時々、抱っこをして、外をのぞいて、車を指さして、「あっ、あっ」と喜んだり。全方角の窓にそって1周しても短い距離なので、活動力落ちず。みゅーちゃんは電車やバスなどを見て喜んではいたが、みんなでゆーちゃんに振り回されている感じ。後を追わないといけないから。狭いから、エレベーターと非常階段(隣り合わせ)の前にいれば、絶対に外への逃げようがないんだけどね(笑)。

数周まわっても同様。30分くらいいて、結局まったく行きたくなかった支援センターに行くことにした。まだまだ元気パワーが2人にあふれていたので… 1時間ほどセンターで遊び、懇談室で休憩。そろそろ帰るかなと思ったら、広場に近所のママ友発見!!また、一緒に少し遊ぶことにした。子供たちは大喜び。今日はなぜかずっと広場で遊んでいる親子の人数も少ないし、広々と遊べる。保育士の卵のお兄ちゃん2人が子らの相手をしている。みゅーちゃんは近所のママ友に、「Hくんのママ〜、絵本読んで」の攻撃しまくり。1冊で終わらず、何回も。「保育士の卵のお兄ちゃんに読んでもらい?」と言われたら、お兄ちゃんを見て、嫌そうな顔〜 そんな顔しなくても…って感じ。そして、私はHくんの相手をしていた。ボタンを貯金箱風の容器の穴に入れる遊び。昨日もクリニックで予防接種一緒だったし、顔も覚えてくれたのか、なついてくれたのだ。絵本も「でんちゃ!」とか言いながら、指さして喜んでいる。つぶらな瞳がかわいいHくん。一方、ゆーちゃんはマイペース型で、少し離れたところで、大型乗用玩具や普通の乗用玩具で遊んでいた。私は時折チェックしていた。

しかし、事件は起きた。少し目を離した瞬間に、姿が消えた。下駄箱付近にもいない。廊下に出て、玄関側をのぞくがいない。広場に戻ってもいない。どこへ?保育士の卵のお兄ちゃんも探してくれる。玄関と反対側の階段を上ったり、降りたりしているかもしれないので、二手に分かれてみても、姿見えず。そして、玄関に再度行こうとしたら、入り口から平然と入ってくる姿が… 他のママさんが先に見つけてくれたようだ。玄関の自動扉より外に出てしまったようだ。真正面の階段に下りたのではなく、横の車椅子やベビーカーが通る歩道の方にいたのかどうかはわからないが、車道に出なくて良かった… いくら車通りが少ない路地とはいえ、万が一のことがあると… 他の広場は小さいので、すぐに脱走をしていたが、ここは大きいので、ここまで脱走をしたことはなかった。く〜〜、ここも気をつけないと駄目なポイントになった。ゆーちゃんにとって、私の安心場所は鍵のかかった部屋の中だけだ(苦笑)。みゅーちゃんの方がずっと偉いぞ!!

おとつい頼んだ石鹸歯みがきが届いた。早い〜! さすが、ケンコーコム! 届いた商品は、パックス 石けんハミガキ、シャボン玉せっけんハミガキ、純植物性シャボン玉浴用石けん。自宅に山のようにあるものをなかなか消費しきれず、エコライフに突入できない我が家ではあるが(単なるケチ根性?)、徐々にエコライフにできるものからしていこうと決意。そうでないと、いつまで経ってもエコライフにならないなと… 早速、パックス 石けんハミガキから使用。やはり、合成界面活性剤が入っていない分、泡立ちは悪く、違和感を感じるが、これが本来のからだにはやさしいものなんだろうなと思う。もちろん、何もつけないのが一番良いのかもしれないけど。でも、ミント風味がして、そのうち、これが普通になるんだろうな… 娘が3歳前後、ハミガキにはまっていて、自分で歯磨き粉を使って、たくさん口にしていた時期があった。かなり腸を痛めたかもしれないなと… それ以後、歯磨き粉をとりあげてしまって、必要以上にハミガキをさせなくしてしまったけど(それが良いのか悪いのかは?)、そのときにこのハミガキ粉のことを知っていたらと思ったけど、後悔先に立たずなので、今後、徐々に頑張るのだ。でも、このハミガキ粉を知ったのも、モールでの商品選びをしていて… やはり、時間のやりくりがなかなか難しいけど、こういう商品集めをしてみると、本当、いろいろ勉強になるなと思った。まあ、みんなに情報提供できて、私の失敗をいかしてくれれば、それでも良いんだけどね…(苦笑)

2004年12月3日<母乳サークルに初参加&絵本の購入>
約1ヶ月前くらいに見つけた、区内の母乳育児サークル。興味をもったので、早速コンタクトをとり、先月は無理だったけど、ようやく今月参加できることになった。今日は初参加の人が主にくる日だった。もちろん、初参加の日は、母乳育児に関する資料とか本が少し準備され、顔合わせもあるのかな。主なスタッフの方1人と開業助産師さん(来月出産予定)もいて、その2人がメインで、すべてのママの間を回られていた。私は別に相談する側として参加しているわけでもないし(どちらかというと、スタッフ側寄り)、かといって、他の方を知っているわけでもなく、単なる初参加なので、そばにいたママとちょこちょことおしゃべり。アレルギー・アトピーの可能性が考えられる方に病院の紹介や食生活のことを少し… 今回はいなかったが、別の場所で行った時には、除去食中のママもいるようなので、今後はそういう方のアドバイザーにでもなろうかな?と思っているところ。一応、フレンドホールという区の施設であったが、この和室もGOOD! 広さは120mくらいあり、大広間と小部屋2−3個に分かれ、かつトイレとキッチンがついている。小部屋といっても、リビングみたいな感じのところもあり、充分10人は居座れる。小さい子は2ヶ月、大体は5〜9ヶ月くらいで、もちろん、うちの子たちのように大きい月齢の子もいた。中には2歳4ヶ月で、ちょうどゆーちゃんより1歳上のお子さんで授乳中の方もいて、本当最近は授乳期間も長くなり、ゆーちゃんの断乳または卒乳もゆっくりでも良いなとしみじみ思った。

特にゆーちゃんはこの広さに大喜びで、あっちの部屋に行ったり、こっちの部屋に行ったり、活発だ。玄関(これもかなり本格的ですばらしい)が閉まっているので、脱走はしないと思うが、そちら方面に行くと、すぐに走った。まあ、そこは4Fで、外は他の会場と子供広場。会場があく前に、子供広場の入り口に行ったが、ゆーちゃんは見向きもせず、他の場所へGO! 確かに少し狭いので、仕方がないのかもしれないけど、なんとか脱出しそうではない和室だったので、安心だった。開催時間が午前10時から午後1時までだったので、弁当持参。ただ、アレルギーのあるママは慎重になったという話を聞いていたが、今日参加した限りでは、そんな雰囲気ではなかった。離乳食を食べているお子さんはいても、ママが食べている人はほとんどいなかった。娘とゆーちゃんは焼き芋1本ずつ。娘はそれで足りないから、ご飯にレトルトカレーをかけたものをリビングで食べさせた。私はゆーちゃんと食べられるように、蒸しパンをもっていったが、ゆーちゃんは焼き芋1本を食べているので、数口くらいしか食べなかった。私はあまりみんなが食べていないので、どうしようかなと思ったけど、少しお腹が減ったので、ちょこちょこと影でつまみ食いをして、あとは帰宅途中に最寄り駅そばの区民ホール内で休憩がてら食べた。ということで、開催会場が異なると、どう違うかわからないけど、今日の雰囲気なら、私も気軽に参加できそうなので、娘の入園までに数回参加できたらしようかなと思っている。娘も赤ちゃんの相手を少ししたり、他のママとしゃべっていたし。みゅーちゃんが一番上だけど、3歳くらいの子もいたけど、少しおもちゃの取り合いみたいなのは珍しくしていたな。

そのフレンドホールのある駅ははじめて行ったところ。駅前が割りと開けていて、本屋さんが2箇所。1箇所はブック・オフなので、そこで絵本を物色(サークルの雰囲気が良くて、気分が良かったから…)。みゅーちゃんはトーマス、ゆーちゃんには働く車(消防車が中心)の絵本を購入。しめて、450円なり。中古本は安いからお得。ゆーちゃんなんかは最近しまじろうもちょこちょこと破っているし(苦笑:みゅーちゃんのお古)。

2004年12月9日<青虫1匹現る>
生協ではじめて「ふーど(有機)の野菜ぼっくす」を頼んだ。普段は何が入っているかわからないから、他の野菜を注文しづらいなと思って、ためらっていたからだ。でも、やはり、少しでも有機な野菜を…と頼み、おとついに届いたばかり。6種類で、ブロッコリー、大根、里芋、からし菜、生姜、人参。そして、夕食時、みゅーちゃんが「ママ、タオル(台布巾のこと)に虫、おる〜、いや〜」と叫ぶ。「虫?」と、この冬場に何をとぼけているの?と思って、良く見たら、小さい青虫が1匹、にょろにょろ。これは、まさしく野菜から出てきたに違いない。たまたま偶然野菜から落ちたのだろうが、これこそ、鮮度というか、農薬が使われていない証拠ではないか?となんだか嬉しくなった。本当は私も大の虫嫌い。普通なら、「うぎゃ〜」と旦那の助けを呼ぶところだが、旦那は会社だし、野菜がまさしく「ふーど」と思った嬉しさから、冷静に取り除くことができた。本当、普通実家でとれた野菜以外でほとんど見たことがないもんな〜 ちなみに、その野菜はたぶんブロッコリーです(笑)。

2004年12月11日<久々の布団干し&重曹でお掃除>
マンションの大改修中。9月半ばから約2ヶ月。改修も終盤に近づき、昨日ようやくマンションの周囲に覆われたカバーなどが撤去された。布団は干せない、洗濯物は干せない状況が続いていたが、ようやく布団は干せる環境になった(洗濯物はツッパリを設置しないと干せないので、週末に旦那にやってもらう予定)。今日は良いお天気だったので、久々ベランダの端から端まで布団を干した。気持ちいい〜! これから、また環境整備のために、こまめに干さないとね… といっても、寒いし、来年になると、花粉が気になるから、あまり干せないかな?まあ、適度にやろうかな。まあ、洗濯も日々乾燥機使いまくりだけど、その生活も慣れたしね。よほどしわになるシャツ以外は乾燥かけちゃうから、干す手間もほとんどなくて、家事は手抜き?で、今後も続けてたりして…(苦笑)

エコライフをしようと思いつつも、家にあるものを使ってからとか思っていたら(ケチ根性で…)、やはり、いつまで経ってもできない状態であることに気づき(気づいていたけど、認めたくなかっただけかも…)、少しずつ生活改善をしていっているところ。今週、重曹が届いたので、それを使って、台所周りを少しだけお掃除してみた。汚れいていた炊飯器の外側、コップの茶渋、ポット内の汚れなどを洗ってみた。思ったよりきれいになる。白い炊飯器も手垢などでダークになりつつあったけど、かなり白くなった。茶渋もすぐに落ちるし。茶渋は重曹と激落ち君のダブル効果かも。激落ち君だけで水洗いをしても、かなりきれいになるので。まだまだはじめたばかりのエコライフで、生活のすべてが置き換わっていないけど、徐々に変えていこうと思う。合成洗剤などの在庫はたくさんあるけど、入園後にバザーなどに出せばいいやと思ってきたし(9月に見学した時に出ていたから)。こちらの方はもっと情報を取り入れながら、やれる範囲のみになるけど、ちょっと頑張ってみるかな。

2004年12月11日<オフ会の予約終了!>
午後、子ども広場に行く前に、オフ会の予約をする。来月26日は少し参加希望者が減るので、2月2日と思ったら、これまた予約一杯。強引に25日〜2日まで予約の状況を見せてもらったが、和室は全部埋まっていた。集会室なら1日くらいあいていたかもしれないが、ハイハイ期の赤ちゃんがいるので、パス! 結局、第一希望の26日だけ、まる1日予約がまだなかったので、午後4時間ゲット! これも神様(?仏様?何でも良いけど…)の思し召し?とか思ったり… まあ、この日に開催すれば成功かなと思ったりしたわけです。みゅーちゃん的には、大好きなSちゃんが某テレビ局の某収録のため会えないのが残念だろうけど、浮気性の女だから、Iちゃんもいるし、今日は広場にいるはずのないMくんが広場いた〜」と言いはじめるし…(実際、広場から半径1km以内にはいたようだが…(苦笑)) かと思えば、普段はHくんどうしているかな?とか言っているような奴なので、また近いうちに会えることを期待して… 第1回オフ会は40人参加希望者で、40人ジャストの広い和室がとれたので、なんとか実行に向けて動きはじめました!

2004年12月15日<幼稚園の面接&眼科検診>
幼稚園の眼科検診と面接の日。人数が多いから、前半と後半では集合時刻が1時間異なり、私は後半組だった。そのため、集合時刻にはかなりの方が終わって、帰られていたので、ゆーちゃんを少し放しても大丈夫な状態だった。前回のように、ずっと同じ場所に縛り付けておくのが最も辛いらしく、暴れる、ぐずる… お菓子かおっぱいでしのいだ感じだった。今日は少しおもちゃを持ち、かつ少し放し飼いでOKだったし、集合時刻に差があったため、ほとんど待つ時間がなく、検診→面接だったので、ぐずりにあわずにすんだ。安心。でも、これで入園決定通知が来月半ば頃届いて、27日に保護者説明会があるが、そのときが最も問題。幼稚園側はあまり連れてきて欲しくないような文書の書き方だった。「ご都合で連れてくる場合は、お手元で静かに管理して下さい」と。確かに、説明だけで、子は飽きるだろうし、うろうろしたくもなると思うけど、近所に預け先がないのだから、仕方がない。どうにか静かにさせるには、ぽんせん、焼き芋など食べ物で静かにさせる作戦でいこうかな。これしかないよ、きっと… おっぱいを飲んでくれるなら、それでも良いが、外でそんなに欲しがるわけではないし… 途中で昼寝に入ってくれると、最もありがたいが、今から考えると悩んでしまいそうなので、なるようになる作戦で行こう!前日のオフ会で充分疲れさせ、翌日の27日は疲れて、うとうと状態が1日…なんて良いかも。←それは私かもしれないが…(笑)

そんな心配をはじめたら、すぐに眼科検診に呼ばれる。視力検査と思っていたら、眼科の先生による診察だった。目を見て、ライトを動かして、目の動きをチェックするだけ。問題なし! その後、面接。2部屋で、7人の先生が面接官だった。1人の先生と1組の親子…で流れ作業。早ければ、数分。長ければ、10分以上はしているのかな? うろうろする子、じっとしている子、いろいろだった。みゅーちゃんは大人しく座っていた。もちろん、ゆーちゃんもね。親子3人が一列に並んで椅子に座り、先生と向かい合う感じ。名前、歳、好きな遊び、3枚の折り紙を渡されて、その色を答える程度。みゅーちゃんは恥ずかしがり屋で、内弁慶だから、最初は少しおどおど。質問にも少し間をあけて答える感じ。「お歳は?」と聞かれて黙っているから、「何歳?」と言いなおしてあげると、「4歳」といつもになく小さな声で答えていた。支援センターではあれだけ大きな声を出して、いろんなママに声をかけているのが、嘘のよう… 私には、「育児で困っていることは?」だったけど、「特に、なし」と答えたので、本当、5分もかからない面接だった。拍子抜け。時間が長い人は、心配事やなにかしら、言っているようだった。まあ、アレルギーのことは提出した書類に、「加熱していない牛乳は飲ませたくない」と理由も書いたし、アレルゲンもちゃんと書いたから、それ以上、細かく聞かれることもなかったけどね。あとは、入園後の先生との相談かなと思う。

幼稚園終了後、少し園庭で、ブランコや鉄棒などで遊ぶみゅーちゃん。ゆーちゃんもベビーカーから降りたそうだったけど、雨が降りそうな感じだったので、降ろさずじまい。出口のところで、受付番号が近く、控え室の席がとても近くて、先日も話をした方と途中まで一緒に帰る。向こうの娘さんも私たちのことを覚えていたようだし。その子は4月生まれで、4歳7ヶ月。みゅーちゃんより7ヶ月上なので、やはりしっかりとしている。体も大きく、みゅーちゃんとは身長も15〜20cmくらい違うし、体重も20kg近くはあるのでは?とママが言っていたので、6kgは違うので、横に並ぶと、1学年は差がありそうな感じだった。成長曲線の上をずっときているらしい。やはり、4歳になると、かなり体格に差が出てくるなと思う。ちなみに、その方のお子さんも二人で、娘、弟と、うちと同じ。ただ、下のお子さんが同じ年生まれだけど、1月なので、学年はゆーちゃんより1つ上だけどね。帰るとき、ゆーちゃんがその女の子に両手を広げ、しきりに何かを訴えている。どうも手をつないで欲しかったようで、手を離すと、またアピールしていた。こんなの初めてで、おもしろかった。だから、その女の子が真ん中となり、右手にみゅーちゃん、左手にベビーカーに乗ったゆーちゃんという、ちょっと他人迷惑な感じの帰り方をした。ちょうど人通りがほとんどない時で良かったが… ママもとても気さくな感じの人だった。同じクラスになれるかどうかはわからないけど、みゅーちゃんの友達が一人でも増えるといいなと思う。

2004年12月22日<エコライフ(洗面台の掃除&石けんシャンプー)>
洗面台が真っ黒な感じが気になっていた。激落ち君だけではあまり落ちなくて諦めていたが、先日の重曹を試してみることにした。結果は良好。粉をまいて、激落ち君でこすっただけで、黒ずみが落ち、かなりぴかぴか。そばにいた娘も「ぴっかぴか〜」と言っている。効果抜群!なんかこれからも重曹はまりそう…(笑) あと、普通のシャンプーが終わったので、ようやく石けんシャンプー(生協)に変更。液はドローとしたのに慣れているので、さらっとした透明に近い石けん水の状態に戸惑い、泡立ちは悪いけど、これが本来の髪を保つためには…と思いながら使った。これなら娘とかも安心して使えるしね。今は純植物性シャボン玉石鹸浴用で洗っているけど… この石鹸は大きくて、ボリュームがあるし、安価でお得〜と思ってます(笑)。

2004年12月25日<クリスマス&おっぱいサークルスタッフミーティングに参加>
おっぱいサークルに行くために、午前8時30分には起こす。なかなか起きないので、「サンタさんきてるよ〜」作戦。それでみゅーちゃんはぼーとしながらも飛び起きた感じ。ゆーちゃんは「?」状態。みゅーちゃんのプレゼントは、小さいおしゃれなブロック(イデ絵本(おつかいどきどき)、ゆーちゃんは車2台(TOYOTAのRunnner&日産フェアレディー350Z:ドアも開く)とボール2個セット。今年のサンタさんはとても親切で(笑)、パパには携帯ストラップ&リモコンカーであるモバイルチョロQ、ママには癒しの絵本(ちびぎゃら5)とHOT&COLD枕。みゅーちゃんは絵本はちらっ状態で、ブロックに夢中。ゆーちゃんはボールは無視状態で、車2台に夢中。両手に車をもって、「ぶーぶー」と押して遊んでいる。ご飯食べるどころでなく、そのまま隣駅のコミュニティー会館で行われるおっぱいサークルのスタッフミーティングに参加するために出かける。

ネットでその駅にエレベーターがないことがわかったので、ゆーちゃんをお出かけ抱っこで行くが、駅から地上に出るときが大変だった。エスカレーター怖がりのみゅーちゃんは抱っこか、両手を後ろからもってあげないと乗らない。そのため、階段。ホームが思ったより地下にあり、地上に出る直前に息切れをしてしまった私。娘は平気そうだったけど、1人を抱っこしているのもあるけど、日頃の運動不足と歳を感じるな…(苦笑) 来年3月にはエレベータが地上に出るまでの途中にある改札まではできそうなので、早くできて欲しい。

スタッフミーティングは4組の親子が集る。私は新米者(笑)。サークル自体は今年の春くらいからの活動のようだけど、今後の在り方をしっかりとさせるためのものだった。いろいろ分担を決めて、私はスタッフ側の知識的な内容にある程度統一性がとれるような資料作りのたたき台を作ることになった(相談者にスタッフで別々の意見が出て、戸惑いを生じないように…)。おでびびサイトにある程度原稿があるし、Q&Aもおでびび内&リンク先おっぱい掲示板でよくあるようなものをリストアップして、模範解答をまとめればよいのだから、時間さえあればできると思う。あとはそれにみんなの経験などを盛り込めば良いかなと思っている。次が2月第2週の土曜日なので、それまでにある程度できると良いんだけど… なにせ、サイト維持の傍らなので、どこまで時間がとれるかだけかな。がんばろうっと! 日々の生活の張り合いができたし。

会も子どもが周囲にうろちょろしながらだったし、時間も約2時間と限られていたので、てんやわんやしながらだったけど、割と濃厚にできたのではないかなと思う。実際、こういうサークルに参加するのも初めてだし、いきなりスタッフ側だけど、それはそれでおもしろそう。 まあ、「二人目が1歳半も近づいた今頃なぜ?」と思うかもしれないけど、今だからこそできるものがあるのではないかと… 来月はオフ会も実施するし、かなり忙しくなるかもね。サークルも月4回あるけど、1−2回は参加したいし、幼稚園行事2回もあるし(笑)。なんか子ども中心というより、かなり自己本位な生活かもね〜(苦笑)

2004年12月28日<体がだるい〜&食生活乱れ気味>>
昨日から体がだるすぎ〜 午後からが眠気も。ゆーちゃんの昼寝にあわせて寝て、起きてからもうとうと。授乳は服を少しめくっておけば、勝手に好きなときに来て、ちゅぱちゅぱやっていたようだ。この点は、おっぱいは楽チンだよね〜 起こされなくて良いから… でも、うんちは起こされたけど(笑)。夕方もだるくて、食欲はわかない、食事も作れないということで、この2日間は超手抜き。旦那やみゅーちゃんはレトルトや冷凍活用しまくり。自分はおにぎり程度。ゆーちゃんはふりかけ、焼海苔、とろろ昆布。シンプルすぎ〜

理由を考えたら、年賀状をこの2日間で一気に作りすぎたからかも。いつもは早めに作る性格なのだが、どうもやる気にならず(HPでやりたいことが多すぎるのかも…)、最後の週まで来てしまった。そのため、裏絵作りから宛名の住所確認・印刷、手書きメッセージと、子どもに邪魔されない夜中に張り切りすぎたかも… 旦那と2人分だから、230枚くらいあったからな。あと、裏絵用に、600円くらいの市販の本(CDつき)を購入して、楽をしようとしたら、まったく使いものにならなくて(文字化けして、イラストが出てこない)、ネットからフリー画像をダウンして、それにデジカメ写真を重ねるという過去にしたことがない作業をしたから、余計に疲れたのかも… でも、技術は1つゲットしたんだけどね。でも、本は今度から買うまい。ネットだと無料でお得だわ。600円もあれば、アレルギー用のポンセンが3つも買えたのに…(笑)

ゆーちゃんも季節柄、お顔の肌の状態が良くない。このときこそ、食生活の気を引き締めて…となるが、どうも逆の行動をとってしまう。甘いものを食べてしまう。果物、無糖ジャム、ぜんざい(小豆、砂糖、塩:最近はゆーちゃんは食べていないけど、2粒小豆を食べることができたのをいいことに…、1−2週に1回は食べているかも)、米パン(ドライイースト)と、腸内環境を乱す原因のものばかり食べている。そして、米が主食でたくさん。まさしく、イーストコネクションに良くないものばかり。情けない…

2004年12月29日<今年初めての雪&ファンヒーターを出す>
今冬初めての雪が舞った。昨日から寒いと思っていたわ。例年より4日早いらしい。夏が暑かったし、11月も暖かかったし、雪降るのは遅いと思っていたのに… みゅーちゃんは「雪だるまがふってきた。「すべりに行こうよ、買い物に行こうよ!」と言っていたが、拒否。こんな寒い日に外に行けるか!ますます風邪引くじゃん!

とはいうものの、我が家のファンヒーターを出したのは昨日の夕方なのだ。さすがに、昼間も少し寒くて、ジャケットを着ていたが、それでも寒いので… 子供たちも同様に昨日だけジャンバーを着せていた。やはり、雪が降る前日で寒波が入ってきていたんだなと思った。ファンヒーター自体は昨日はじめてだが、入浴後の湯冷め防止用の足もとファンヒーターは今月はじめ頃から洗面所のみで使用はしていた。洗面所も大きくないから、入浴20分くらい前からつけて閉めきっておけば暖かいからだ。部屋も暖房をつけなくても20度あったし、少しは暖房費節約になったかな(苦笑)。でも、慣れれば、この程度の温度の方が楽なように思う。肌への寒冷刺激になって強くなるかもしれないし…(?)

2005年12月31日<年越しうどん&紅白マツケンサンバで大ぐずりのみゅーちゃん!>
年越しそばは、旦那とみゅーちゃんが年越しうどん。私がビーフン、ゆーちゃんがさくさくタピオカ麺と3種類にした。簡単なはずなのに、ゆでるのとスープが別で結構大変だった。ビーフンに辻安全食品のスープの素塩味で、ラーメン風でとてもおいしかった。旦那とみゅーちゃんは天ぷらうどん。旦那はエビとかき揚げ。みゅーちゃんはかき揚げを少しおすそわけしてもらって。ゆーちゃんはさくさくタピオカ麺のうどん風。お椀一杯に作ったのに、喜んで全部平らげていた。子どもは麺類が好きだな… ところで、年越しそばの意味は、切れやすいことから、今年の悪いことを切る、また、細く長いことから、細く長く生きるという意味で、関西で多い年越しうどんは、太く長く生きるということらしい。私は昔からそばが嫌いで、うどんが多かったが、今年はビーフンと細く長くだ。まあ、太く生きられるタイプでもないだろうから、細く長く地道に生きられればいいや(笑)。

本年も今日でおしまいだ… 大晦日といえば、紅白なのだが、我が家には、格闘技マニアがいるので、K1がついているか、子らのしまじろうのビデオ。もう午後10時も近かったと思うが、紅白をつけてみたら、マツケンサンバ少し前。みゅーちゃんが時々「マツケンサンバ〜」と口ずさんでいるので、マツケンサンバを見せてあげると喜んで、踊りを真似ている。ゆーちゃんも体ふりふりして、2人でノリノリ!これで、今年残り少ない時間も気分よく過ごして…と思っていたら、みゅーちゃんに少し眠気が入ったのか、大ぐずりをはじめる。「パパ、ビデオ巻き戻してよ〜」と号泣。「マツケンサンバみたいの〜」。ビデオではないから、巻き戻せないよと説明をしても、まったく聞こうとしない。泣いて暴れて、パパは怒るし… とんでもない年の終りとなってしまった(苦笑)。結局、機嫌が戻ったのは、すでに年が明けていたような… パパは怒って、先に寝ちゃっているし。。もう〜〜!!


  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved