えんじょいらいふ
2004年6〜7月
2004年6月5日<サティーに行く&外食>
はじめて千葉の妙典駅前にあるサティーに行った。思ったより広く、さらにマイカルの映画館がある。マイカルは同時に数本の映画をロードしている。広島のサティーも同じ感じだった。午後から出かけ、まずは子供広場に行く。幼稚園以来、自分から広場に入るようになり、旦那もはじめてその様子を見て、びっくりしていた。滑り台が2つあり、自由に滑っていた。他の子も結構多かったけど、少しくらいもまれても平気そう…(笑) 旦那がみゅーちゃんをじっと見ていて、ゆーちゃんが寝ていたので、本を読んでいた。こういう時にしか読めないので… 少し遊んで、旦那が退屈をしてきたので、他の場所に行こうとしたら、広場のそばにおもちゃが置いてあるスペースがあり、そのテーブルに座って遊びはじめる。でも、他の子もいて、あまり触れなかったので、少しだけ遊んですぐに授乳のため、赤ちゃん休憩室に行く。授乳後、休憩室を出たところに、ミッフィーとトーマスの売り場があり、そこにトーマスの木のおもちゃが置いてあり、自由に遊べるようになっていた。幸い、誰もいなくて、みゅーちゃんの遊び放題。もちろん、ゆーちゃんもベビーカーの上から少しちょっかいは出している。線路、トンネル、駅、トーマスの電車がたくさん、バスもあるし、もう魅力的。ついついはまってしまったようで、別の場所に移動しようとしたら、号泣。なんとか言い聞かせて、電化製品の売り場に行くが、そこで、電子ピアノを触りはじめ、また他の場所には行きたくない、もう少し遊びたいと大泣き。今までこんなことがほとんどなかったので、少しびっくり。普段の私の育児(遊ぶ時間が少ないなど)が原因かなと思うけど、旦那は「これが普通の3歳児。きっと他の子に比べたら、まだましちゃう?」とのんき(のんきとは言え、余裕がなくなると、いらいらしているけど)。

その後、何とか落ち着かせ、休憩をする。休憩所に行くと、もうご機嫌になっている。「みゅーちゃんはこれが食べたいな…」とか。よく見ると、おもちゃに引かれただけだったけど(もちろん、頼まないけど…)。みゅーちゃんは肉まんと旦那が持参してきたおやつの「芋けんぴ」。私は初めて食べる「赤ちゃんぽんぽん」(ゲンキタウン)。高度精白米、塩が原材料ですが、塩味はほとんど感じることができず。本当素朴なおやつで、ぽんせんではあるけれども、固くもなく、柔らかくもなく、ちょっと中途半端な感じで、少し私には消化不良気味の思いが… でも、これが赤ちゃんにはちょうど良いんだと思うんですけどね。ゆーちゃんが少し口をもぐもぐさせたので、かけらを与えてみた。違和感なく、もぐもぐしていた。そして、食べ終えると、じーっと見ているので、また1かけら… 結構気に入った模様。高度精白米のせんべいは3種類ほど購入してあるので、外出したときのおやつで、たまに与えている。与えるといっても、ほんの数かけら。症状に影響するかしないか程度。親子で楽しむ、唯一のおやつタイム… 自宅だとゆーちゃんのおやつはおっぱいだから(笑)。

その後、ゲームコーナーに行く。有料の広場(30分)があり、そこに入る。最初は自分から進んで行こうとしなかった。旦那が手を引っ張ると、一緒に入った。1人で行きたくなかったようだ。主に、風船コーナーと、アンパンマンのお絵かきコーナーで遊んでいたようだ。ゆーちゃんがまた昼寝タイムに入ったので、その広場のそばのテーブルで読書。昨日届いたアレルギー関連の書物がおもしろいのだ。もう納得できる内容ばかりで、普段の掲示板などで会話される内容がかなり立証されるような思いで一杯だ。とは言うものの、結構眠気との闘いでもあったが…(睡眠不足のため)

それを終えると、旦那とみゅーちゃんは映画館に行く。私はゆーちゃんと外で時間を潰すことにした。ゆーちゃんが泣いても困るし、別に映画を見たくないし… 昨日、先日1冊に続き、3冊も本を購入してしまったので、映画につぎ込む余裕がない(苦笑:映画より、その本の方が大事なだけ…) 見た映画はキューティーハニー。約2時間。映画終了後に、みゅーちゃんに「おもしろかった?」と聞いたら、「楽しかった」とは答えたものの、「どんなお話?」と聞いたら、「わかれへん、大きくなったら、話できる」とのこと。旦那曰く、それが当たり前かも… 確かに、そうかもしれない。漫画の内容に忠実らしいが、実写と漫画のミックスらしい。

その間、私は赤ちゃん休憩室で読書。授乳後、昼寝より覚めたゆーちゃんは元気。その中の小さな広場で、思いっきりはしゃいだりしてたけど、途中で飽きて駄目。ベビーカーで店内をうろうろ(動いていると、ご機嫌)。また舞い戻ってきて、授乳→広場→店内の繰り返し。別に欲しいものもなく、かといって、手持ちぶたさで(泣くから、本も読めないし)、久々がちゃがちゃに投資してしまった。車系で3回(+1回:映画の前)もしてしまった。ちょっとやりすぎ!普段、まったくしない私だから、旦那も「珍しいね。どうしたん?」と言われてしまった。ちなみに、旦那は常連です。

映画が終わったのが、午後8時前だったので、久々に外食をすることにした。妙典駅の和風居酒屋は待ち客がたくさんいて断念。最寄り駅前の同じ店に行く。ここも一杯だったけど、他に行くところがなく、少し待つ。食べるものは、おにぎりが味付で全滅なので、ご飯セット(ご飯、味噌汁、つけもの:ご飯以外は旦那)と焼魚(ホッケの開き)、イカ焼き、紫芋のわらび餅(黄粉除去してもらう)。わらび餅がおいしかった(代わりに?、黒糖蜜がかかっていた)… デザートが食べられると思っていなかったので、なおさら。以前はおとなしくたたみの上をハイハイする程度のゆーちゃんだったけど、さすがに活動的で困った。押さえつけ状態にしないと、お皿に手を伸ばす、伸ばす。本当食べにくい状態… 格闘しながら食べていた私。でも、途中で自分の意思が通らないことがわかり、号泣し、じたばたがはじまる。仕方がないので、おっぱい。とはいえ、両隣との境に区切りはなく、男性のみ。ちょっと戸惑ったけど、見ている感じもなく、少し飲む程度なら見えないので、授乳をする。これが二人目のなせる業。大胆さ。それでなんとか帰宅後しばらくするまで寝てくれた。月齢が高くなると、本当おちおち外食でもないわ〜(笑)

2004年6月11日<生活リズムを戻さなきゃ…>
最近、かなり生活リズムが乱れている。徐々に遅くなってしまった。私の夜型もいけないのだが… そのため、9、10日と広場に行き、体力消耗をさせた(昨日はあまり効果なし)。今日は魚を買いに行くため、1時間ほど早く起こした。そして、夜は旦那が飲みで遅いのがわかっているので、午後8時30分にすべての部屋の電気を消灯。1時間ほど二人は騒いでいたけど、1時間ほどでほぼ同時に就寝。やはり、そのくらいに寝てくれると、楽だ。自分の時間が自由になる。とは、わかっているけど、なかなかね〜 やはり、3回食に進んだら、将来の幼稚園のことも考えて、早寝早起きになれるように、今から徐々に移行だ。

幸い、ほぼ二人同時に寝てくれることが多いから助かるけどね。弟が先に寝ると、姉が起こすから、姉が先に寝るか、弟が眠くなって授乳(添乳)をしている時に、そばで姉が一緒に眠りにつく、これが一番ベストな状態みたい。そして、姉を先に起こすこと。すると、必ず弟を起こしているので…

2004年6月19日<ヨーカドーの広場で遊ぶ>
上記生活リズムは16日まで割りと早めに起きていたが、17、18日は思いっきり逆転。でも、今日は幼稚園で早く起こしたので、明日からまた頑張ろう。

午後から、ヨーカドーに行く。旦那がボーナスが出たので、携帯の機種変&通勤靴の購入をしたかったから。機種変といっても、506isが出たので、505isが1/3位まで価格が下がり、それが狙い。できあがり予定が午後7時30分。約4.5時間待ち。まずは、広場へ二人を放牧。いつもはパパと一緒のみゅーちゃんがママについてくれたので、私が久々みゅーちゃん担当。旦那はゆーちゃん担当。二人を別の広場に入れる。ゆーちゃんは2歳児以下のハイハイ広場。まさしくハイハイ期の赤ちゃんがたくさんいるところ。ゆーちゃんは親がいようがいまいが関係なく、好きなところに行く。他の子供がいても平気。それよりも広場からの脱出に命をかける男なので、ゆーちゃんをはじめて担当する旦那は疲れまくり。みゅーちゃんと一緒の大きな広場に入れても、少し目を離すといつの間にか反対側の出口まで行くような男。旦那は約30分で嫌になり、店内をうろうろ。しばらくして戻ってきて、同じ繰り返し。一方、みゅーちゃんは珍しく2時間も広場にいた。私がのんびりと相手をしてあげたからかな?普段しないし…(苦笑)。動きも派手。ジャンプ、踊り、歌の披露、写真のモデルさんのポーズアラカルトなどなど… ゆーちゃんと異なり、親元から決して遠くには行かないけどね。まだ、あまり他の子との関わりは難しそうだけど、たまに少し会話していることもあるから(年上の子が話しかけてくれたら)、今後の課題かも。幼稚園で思いっきり体を動かし、広場でも充分に遊び疲れないかな?と思う。親の私は疲れて、最後うとうとしている感じだった。まあ、みゅーちゃんも帰りのバスの中で少しうとうと。バスの乗り換えの駅で、とても疲れたので外食。居酒屋でこりもせず、ご飯セット(ご飯+浅漬け)、おにぎり、焼魚。これで満足な私。みゅーちゃんはちょこちょこ食べていたのもあるけど、疲れたのか、ほんの少ししか食べず、夜もそれなりに寝てくれた。やはり、暴れまくって激疲れだったようだ。

2004年7月18日<鴨川シーワールドに行く>
せっかくの3連休ということで、旦那が久々にレンタカーを借りた。3列あり、真ん中にゆーちゃんのチャイルドシート、後ろ側にみゅーちゃんのチャイルドシートがつけられていた。ゆーちゃんのがたまたま後ろ向きに座る分だったので、真ん中の補助席を倒して、私が後ろに座り、1度に2人を見ることができた。みゅーちゃんは昔は絶対にチャイルドシートを嫌がっていたが、さすがに実家で車慣れをしたことと、3歳になったことで自分から素直に乗ってくれる。ゆーちゃんはなぜか平気そう。とりあえず、朝寝坊してしまい、出かける時間帯が遅くなったので、途中の海ほたるは後回しで、直接鴨川シーワールドに向かう。しかし、乗車して、約1時間後、みゅーちゃんの顔がまたおかしくなってくる。実家でも朝起きて、少しご飯を食べ、1時間くらいドライブした時に、車酔いして嘔吐したことが記憶によみがえり、手を受け皿にしつつ、袋を探したが、間に合わず… 少しは手で受け止めたが、洋服にも… 君津の田舎の方に入っていたので、広い駐車場があるコンビニに入り、1度休憩をさせる。3歳にして、車に酔いやすいタイプみたいだ。私はその間に授乳。シーワールドに近づくと渋滞。3連休の中日ということもあり、シーワールドの駐車場が満杯で、少しずつしか進まない。結局、1時間くらい待ったかな。予定到着時刻より約1時間遅れた午後2時着。

入園後、持参したおにぎりなどで簡単に昼食をすませ、イルカショー、オルカショー、アシカショーと30分ごとに連続してみる。アシカショー以外は満員で席以外のところに座り込んで見た。その後、閉園時間が近づいているのを知り、水族館などを休憩なしで回る。しかし、放送で閉園時間が30分延長になったことを知り、少し休憩。その後も、少し見て回り、シーワールドをあとにする。そして、海ほたるに寄る。今日は横浜の花火大会があるらしく、遠方で小さく上がる花火が見えた。その後、軽く夕食をすまし、午後10時頃帰宅。海ほたるを後にしてしばらくしたら、3人で激寝していた。気づいたら、マンションの玄関前だった。

シーワールドは2回目だったけど、それなりに楽しめた。みゅーちゃんがいろいろわかる年齢になってきているし、記憶力もあるから、楽しめるしね。また、今度ゆーちゃんがもう少し大きくなったら行きたいな。

2004年7月20日(生後361日)<猛暑>
15日頃より猛暑続き。最高気温が35度前後あり、ほとんどクーラーなしでは暮らせない状況。使用しないと、室温は30度を越えるし。さらに、今日は最悪の猛暑。過去初めてのことらしく、私も30年余り生きてきて初経験。最高気温39.5度。乳腺炎で発熱した時と同じ体温じゃないか… 明らかに体温以上。甲信越地方では、フェーン現象で40度を越したところもあるとか。最低気温も30度よりは下がっていないらしい。熱射病で倒れた人も多いようだ。当然、わざわざ倒れに外に行くこともなく… というか、娘が3連休で毎日外出して疲労がたまり、朝から夜まで起きれない状況だったのだ。一方、私とゆーちゃんは鴨川シーワールドのみなので、元気そのものだけどね(笑)。

2004年7月25日<アレルギー対策布団&大停電>
昨夜から使いはじめた高密度シーツをつけたウオッシャブル布団。確かにふんわふわしているけど、少し慣れるまでの感じ。子供たちは気に入っている模様。あと重量がとても軽くなり、布団を干したり、移動をさせるのがとても便利。これなら以前より、気軽に布団を干せるし(前は重くて、腰に負担がかかっていた)、洗濯する回数も増やせそう…

旦那と娘が買い物に出かけている夕方、突然「ぶちっ」という音がして、すべての電源が落ちる。たまたまパソをしていて、これはノーパソなので、内臓電池のおかげで、データなどの損失なく助かる。慌てて、ブレーカーを入れにいくが、ブレーカー自体は落ちていない。漏電の可能性も考えられるので、その処理をするが、機械自体のスイッチが入らない。これ以上、どうしようもなく、旦那に電話するが、「わけわからん」と不機嫌になられる。こっちもわからないから、相談しているのに… と思いながら、こっちも不機嫌。ともかく「すぐには戻れない」と言うので、エアコンも電気も切れた、暑い薄暗い中をゆーちゃんと細々と過ごす。1階におりて、裏庭に出た方が涼しいくらい。でも、蚊に刺されても困るので、部屋に戻る。そのうち、旦那もあまり買い物をせずに戻ってきて、状態をみるが、お手上げ状態。すぐに不動産屋さんに電話をする(午後6時少し前だったので、ぎりぎりOK)。すぐに来てくれて、電源を見てくれるが、専門でないと無理のようで、担当の電気屋さんも休みだし、東京電力に臨時対応を依頼。不動屋さん帰宅後に、東電の人がくる。どうも漏電はしていないが、漏電監視装置が壊れたみたいだ。それを修理しようとしたら、コードの接続が堅くて外れない状態。強引にコードを切り、漏電装置を臨時的にはずした状態で復帰。明日に担当電気屋さんに要修理。とりあえず、復帰しただけでもありがたい。もう少し遅かったら…と思うと怖い。結局、午後7時30分に復帰し、約2時間の大停電。汗だくだくだし、最後はほとんど真っ暗だし(夏場で良かったのかも)。心配だったのは冷凍庫。とりあえず、冷蔵庫も開閉をしないようにしたので大丈夫だった。何せ、アレルギー家族。魚類や肉類、弁当用食品、離乳用野菜など、結構冷凍してあるので、長期にわたる停電で、これらが駄目になると…とばかり、あほなことを思っていた。復帰しなかったら、懐中電灯下で一気に調理か?とか… こんなことでは災害時どうするんだ〜って感じ。しっかりしなくちゃ!

復帰後は疲れて、食事準備する気力もなくなった。なにせ、ご飯のスイッチが入る直前に、停電になったものだから、ご飯すらない状態。もちろん、すぐに炊いたけど、出来上がりは約1時間後。娘は「お腹すいた〜」ってうるさいし(修理中から)。そのため、旦那が買ってきていたおにぎりとおかず、ほんの少し残っていたご飯で、旦那と2人先に食べてもらう。私はそれらを食べることができないので、ご飯が炊き上がるまで待つ。汗だくになったので、ゆーちゃんと二人でシャワーですっきり!その後、おかずを作る気力もなく、昼食の残り少しとご飯と焼海苔ですます。とりあえず、疲れた1日だった。家族全員で珍しく、午後10時前にはダウンしていた。

一応、薄くらいのが嫌いな娘だったけど、今回は泣かずに楽しそうに過ごしていたのが幸い。息子もうろうろと修理を見に行ったり(邪魔だけど)、平気そうだったし。

2004年7月26日<誕生日&疲れる日々>
今日は私の誕生日。30代のちょうど折り返しをしました(ため息)。朝起きると、旦那がパソの上にマウスを置いてくれていました。先週、マウスの右クリックがほとんど効かなくなり、文句を言い続けながら使っていたから。旦那が購入してくれたのは、結構高め。マウス自体を動かさずに、ボールだけを動かすというもの。難点はスクロールがないというだけ。とりあえず、狭い場所でのマウス使いも困難していたので、重宝するからうれしい!サンキューだぜ。

でも、実は金曜日にヨーカドーに行った時に、その半額位のマウスをゲットしていたのだ。右クリックは治っても、今度はポイントの操作がしづらくて、慣れるまでの辛抱さ!状態だったのだ。その夜に、旦那がそれを見つけて、「買ったの?」とやたら聞いていたのが少し気になっていたけど、この理由のためだったんだと納得。そのマウスは約3日で私からバイバイし、旦那の会社のノーパソ用に… 使い道があって良かった…

でも、そういう嬉しい日ではあるが、反抗期の娘にはいらいらさせられっぱなしで、どこかに連れて行く気力もなくなる。毎日毎日疲れるよ。って、「まだ平日第1日目で何を言ってる」って感じ。怒ってばかりいる自分にも… 反抗する娘にも… 「我慢、我慢」と思うが、すぐにプチっだから。 。


  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved