えんじょいらいふ
2004年8月
2004年8月2日<オフ会参加>>
ネットで知り合ったママ友の家に行く。私も入れて、3組の親子。子供は1歳3人、3歳2人の計5人。おでびびサイト参加者でもあるが、決まったのは別サイト。同じクリニック仲間だけど、会うのは初めて。同じクリニック仲間でのオフ会は初めてだし、少しどきどき。人見知りが激しい私だし、上手く話せるかな?って。でも、2人とも気さくな人だったし、某サイトなどで会話をしていた分、気楽におしゃべりできた。やはり、ネットで話している分、初めてなのに、ずっと前から遊びに行ったりきたりしているような感覚は本当に不思議。また、5人ともアレルギーっ子なので、おやつ云々とかあまり気を使わなくても良いし(アレルゲンは異なっても…)。

みゅーちゃんは唯一の女の子だったけど、同じく3歳の男の子とすぐに仲良くなり、一緒に車に乗ったり、電車ごっこをしたり、走り回ったしていた。とても楽しそうで、帰宅後も「Sちゃんと遊んだの。もしもしに行ったら、また会えるの?」としきりに言っていた。おむつが外れているSちゃんに刺激され、パンツマンにも少しなってくれたし。ゆーちゃん達、1歳3人はマイペース。ママとべたっとしたり、1人でおもちゃ遊びをしたり… 1歳なりの遊び方だった。

おやつは各自持参したもの。ゆーちゃんがはじめてお友達がもっているせんべいに手を出そうとした。おやつと思ったのか、おもちゃと思ったのかは?だけど。そのため、持参していた赤ちゃんぽんぽんをあげたら、喜んで食べていた。主食は食べなくても、せんべいは食べるゆーちゃん。このせんべいも離乳に使える分だから、ついつい食べない時はそれを与えてしまうんだよね〜 でも、今回は欲しがって与えたから、いつもとは違うんだけどね。

結局、3時間ほどお邪魔させてもらって、帰宅の途に… バスと電車乗換えでも、スムーズに行けば、自宅から約30分の距離なのが嬉しい。また、こういう機会があれば参加したいな… 本当、先週はストレスで自宅にこもりきっていたけど、こういう気分転換はすべてを忘れさせてくれる瞬間でもあるから嬉しい。

2004年8月13日<都心をうろうろ>
今日は私の化粧品を買うために、日本橋の三越に行く。その後、旦那のパソの購入のために、秋葉原に行く。日本橋から秋葉原まで大人の足で約15分、2駅だということで、神田までは歩いたが、子連れだと時間がかかるし、1駅だけJR利用。さすがに、秋葉原に着いた時点で、どっと疲れた私。それなのに、私のお気に入りの中古ショップ(これまで2台購入)したところは別のお店になっているし… 2年も経てば、仕方がないっか。そして、2番目によく見ていたソフマップで未使用の中古品を見つけ、即決。アレルギー貧乏+パソ貧乏だ〜 でも、我が家は個人に1台でないとけんかになるし、旦那のパソは調子が悪くなっているので仕方がないんだよね〜 お互いの精神安定剤+家庭内平和のため(笑)。結局、旦那もデスクトップからノートにしたので、プリンター以外は省スペース化に向かう我が家。完全にスリムになるのは、データ移行や古いデスクトップを売った後なので、かなり先かも…

2004年8月14日<荷物整理>
我が家はプチ大掃除デー。娘が生まれる少し前に、私が1人で暇つぶしに、大きなお腹をしながら、荷物の大々的な整理をやっていたのだが、あれから4年。子供が二人になり、おもちゃなどは増えるし、旦那の本もかなり増えているし、私のアレルギー・母乳関連の本や資料やカタログなども… 旦那に比べると、圧倒的に少ないが… それでも3段ボックスは埋まるかもしれない(笑)。今、机の上などに積まれ中。まあ、そういうこともあり、特に、4年前にまとめた荷物で使用しなくて、永久保存でもなさそうなものから、捨てたり売ったりすることにしたのだ。学生時代の専門書、ここ近年の暖冬のため、着ていなかった毛糸の服なども2箱から1箱に… そして、私の文庫本など(昔)はまとめて売ることに… たぶん、しばらく読む機会もないし、スペースをとるしね。もちろん、私なんかと比にならないほどもっているのは旦那だが(それでも最近は図書館利用で、本人はかなり減らしていると思うが…)。1日ではたくさんできなかったけど、玄関はゴミの山。明日も少しやるぞ〜 早く納戸化している部屋をすっきりしたいけど、まだまだ当分先かな… 今はいろんな荷物で半分以上のスペースが埋まってしまっている。早くセルすれば、かなり減るけど、車のない我が家では、地道に運ぶか、レンタカーを借りるしかないので、きっとパソを売りに行くときだろうな… 年内にできれば良しとするかな。。 あとは布団関連。一応、買いなおしたから、古いのは押入れだけど、かなりのスペース。来客用ということもあるが、もし、今後転勤などがあれば、そのときに捨てるかな。
このプチ大掃除と、昨日の歩き疲れの我が家は、午後10時までに家族全員で就寝。とても珍しい(翌朝までだから)。

2004年8月21日<旦那実家へ帰省>
今日から我が家は本当の夏休み。家族全員で旦那実家と私の実家に帰省。旦那は両家に2泊3日してから、単身東京へ戻る予定。私たち親子3人は淡路の実家で今月一杯は休養予定。

朝は子供たちが午前10時30分頃起きたので、そこから準備をして11時すぎに家を出る。普段はゆーちゃんをおんぶにするが、旦那もいるし、荷物も宅配便で送ってあるので普段と変わらないので、腰バンドタイプの前抱きで帰る。おんぶだと背中が暑苦しいのもあるが、ゆーちゃんも腰がすっかりと落ち着いているので、これでも楽しそうにしてくれること、バス内などでゆーちゃんの出し入れが簡単なことがある。相変わらず、新幹線では別席へ脱走をはかろうとするゆーちゃん。抱っこをしても、すぐに下に降りようとするのだ。旦那と交代で抱っこをしたり、授乳したり… それでも、1歳をすぎて、移動が楽になっているのは間違いないが、行動が派手になっているゆーちゃんとみゅーちゃんを連れて、今度東京へ1人戻る時が不安かも…

無事に奈良の旦那実家に到着。5月の連休に帰省をしているので、約3.5ヶ月ぶり。ゆーちゃんは帰省前によちよちはじめて、2m進んだと喜んでいたのに、リビングの端から端まで歩いて移動し、ほとんど歩いて部屋を移動するようになっている。もちろん、これだけ長距離(?)歩いたのも初めてで、それも帰省初日。一方、みゅーちゃんは到着するなり暴れまくりに近い状態。ゆーちゃんのよちよちにあわせているのかどうかはわからないけど、リビングの端から端まで何往復もしてみたり、アンパンマンのマットの上を何度もジャンプ、ジャンプ。歩き出したゆーちゃんよりも目立とうとする行為なのかもしれない。また、買ってくれていた絵本を義父に何度も読んでもらったり、というか、少しずつ一緒に読んだり、義母と一緒にキーボードを弾いていた。そして、夕方、義父母とはじめて3人で近所のスーパーに買い物に出かけていった。だんだん人馴れしてきているのかもしれない。みゅーちゃんは新幹線でも昼寝をしないし、実家でもはしゃぎまくりだったのに興奮しているのか、なかなか寝付かなかった(午前0時頃)。一方、ゆーちゃんは午後7時前から約1.5時間ほど昼寝をしたので、みゅーちゃんより約1時間ほど遅い就寝だった。といっても、電気を消して、ほぼうとうとした状態でおっぱいに吸い付いていた感じだけど。

私の方は右乳首の付け根に傷ができたようで、授乳のたびに少し痛い。なんか帰省の時に限って、マイナートラブルが生じているように思うが、気のせい? あとは、パソもなく、最近の寝不足が一気に来たようで、午後10時頃から眠くて眠くて仕方がない状態で、半分うとうとした感じで、授乳をしたりしていたように思う。

2004年8月22日<旦那実家へ帰省>
午前中、少し雨がぱらついていた。やんだのを見計らって、午前11時頃から春日大社に参拝。少し坂道だが、3歳児はよく歩く。ゆーちゃんは車中でおっぱいを飲んで昼寝状態。参拝を終えて、車に向かう途中に起きる。その後、天候も落ち着いてきたので、奈良ドリームランドに行く。みゅーちゃんはパパと一緒に、プールに約1時間ほど入る。大きな滑り台は怖くてできなかったようだ。もちろん、プールの外側からちらりと見た私だが(人が多すぎて、どこにいるかすらわからなかった)、急なものだった。天候は曇りながらも、時折日差しもさしていた。でも、強い日差しの中、泳ぐよりは肌への影響(日焼け)は少ないだろうと思う。ただ、プールの水は少し冷たかったようだが、楽しかったらしい。2人がプールで遊んでいる間、義父母とゆーちゃんと4人で先に昼食を済ませて、プール近くの休憩所内や周辺をうろうろしていた。うろうろといっても、義母がゆーちゃんをレンタルベビーカーに乗せて…が正解。やはり、普段接しない孫&かつ跡継ぎ男の子とあって、かわいさも違うのだろう。私はその間ぼーとしながら、レストランでの昼食が白ご飯しか食べるものがなかったので、休憩所でおさつをぎゅ!(さつまいも、てんさい糖)やぽんせんを食べた。ゆーちゃんは珍しくよく食べ、ポンセンを4−5枚、さらに、かつて嫌がったおさつをぎゅ!を3個もぺろっと食べて、まだ欲しそうだった。2人がプールから出てきたあと、二人が軽く昼食をとる(ペールサイドで少し食べたらしいが)。みゅーちゃんのために、冷やしうどんとおにぎり。しかし、私が冷たくて少し甘いものを食べたくて、カキ氷を頼んだら(本当はあまり良くないけど)、それに気をとられて、カキ氷を我先にと食べ終えてから、本当の食事に入っていた。普段、ほとんど食べないもので、そのおいしさに取り付かれたみたいだ。

その後、ドリームランド内をほんの少しうろうろ。みゅーちゃんがゲームコーナーにあるアンパンマンの乗り物に興味を示し、自分から乗ると言い出す。乗るのは普段と同じだけど、「お金を入れて動かして〜」というのがはじめて。左右に動くもので、喜んで乗っていた。今まで怖がって動かすのは禁だったのに、進歩したな〜 その後、帰宅。帰宅途中の車内でみゅーちゃんは疲れてうとうと。ゆーちゃんも激寝で夕方まで起きず。みゅーちゃんは夕方また祖父母と買い物に出かけたり、はしゃいでいたので、さすがに疲れが出たのか、午後10時過ぎには就寝。久々に早く寝てくれた(ゆーちゃんはその1時間後)。

ゆーちゃんがコップの練習をはじめた。夕食時、コップの水を自分から欲しがったり、空の湯のみ茶碗(ごく普通の)をもって、自分で口にもっていき、顔を少し上に向けて… でも、口がコップの真ん中あたり。飲み方はOKだが。まだ水が入ったのは渡せないが、徐々に上手になるだろう。

2004年8月23日<奈良から淡路へ移動&久々の乳腺炎>
夜中、少し気分が悪く(吐気)、寝ているものの熟睡ができない。さらに、特に足だが、全身だるい感じ。左のおっぱいも少し痛い。昨日は遊園地で飲みが少し悪かったくらいで、あとはよく飲んでいる方。でも、あまりの体のだるさに、少しやばい気がして、寝ている旦那に頼んで、午前6時頃、熱を測らせてもらう。38.2度。やはり、軽度の乳腺炎のようだ。一応、漢方薬を持参していたので、それを服用(少し吸湿していたが)。それで少し落ち着き、約3時間ほどぐっすりと寝れた。おかげで、37.2度に下がり、淡路へ行くことにする。もちろん、熱が下がらなければ、延泊しようと思っていたが、乳腺炎の熱は一過性であることも多いため、旦那が様子を見て決めようと言ったのが正解だった。奈良の方は病院もわからないし、桶谷はあるけど、すぐに予約がとれるかわからなかったので、淡路に帰り、ゆーちゃんを産んだ産院に行く方が安心と思ったからだ。朝食はさすがに食べる意欲がわかず。ご飯をたくさん炊いてもらっていたが、悪いことをした。ゼリーとカボチャ煮を少し食べたのみ(それしか受け付けなかった)。

みゅーちゃんは朝の散歩と称し、また義母にスーパーに連れられていった。3日連続。孫を連れて歩くのも嬉しいのだろう。散歩はよく誘われるけど、休みたい私は結局一度も行かず。嫁がいない方が孫と濃密に接することもできるし。

結局、お昼前に奈良を出発。淡路への高速バスに乗るための神戸三宮に午後1時頃着く。ちょうど淡路行きのバスが目の前を通り過ぎていった。1時間待ちのため、昼食をとることにした。駅前のダイエーのレストラン街の喫茶に和定食があったので、それを食べた。食べたといっても、相変わらず、ご飯とサラダ(ドレッシング抜き)、酢の物くらい。ゆーちゃんにはぽんせんとサラダの中に湯で野菜があったので、ブロッコリーとアスパラをほんの少しあげてみた。食べないかなと思ったけど、口をぱくっとして食べてくれた。これがはじめての外食経験になるかも。他のは食べられないし。でも、テーブルの上のものを触りたがるので、旦那と交代で抱っこをして食べた。これからたまに外食をするにしても大変そう(苦笑)。予定では午後2時の高速バスに乗る予定だったが、また目の前を通り過ぎて行く不運な日。そのため、ダイエー内をうろうろすることにした。外が雨で、雨具をもっていないこともある。ベスト電器店内をみたり、授乳をしたりして、今度は時間にゆとりをもって、目の前のバスターミナルへむかう。バスに乗ると同時に2人の子供は昼寝。私も少ししたかな。そして、実家に到着。なんか、軽い乳腺炎直後なだけに、少し疲れ気味の私。ゆーちゃんをずっと抱っこして移動していることもあるが…

実家では、みゅーちゃんは5月の連休に買ってもらった折り紙のことを覚えていて(置き場所:押入れまで)、早速折り紙を出して、じいじと遊んでいる。ゆーちゃんはなぜか人見知りが入り、ママにべったり。少し予想外。あれだけ、産後や5月の連休中におんぶや抱っこをされていた母すら拒否する始末。奈良では人見知りを感じなかったけど、よく考えてみると、義父母が抱っこをするチャンスがほとんどなかったのが正解かも。なんだか、今後少し気が重いかも…

2004年8月24日<児童映画鑑賞&ジャスコで乗り物&おっぱいの調子>
午後から町立図書館で、夏休み中の子供のために児童映画鑑賞を行っているので(週1)、参加してみた。視聴覚室での鑑賞。町内にはほとんど保育園のみなので、3−5歳くらいの子供はほとんどいなかったが、低学年の小学生くらいの子が10人あまり。1組、うちと同じような子供2人連れがいたかも。映画開始まではゆーちゃんを放牧。喜んでよちよち。映画がはじまると、たまたま姉が脱いでいたサンダルを触りはじめ、みゅーちゃんが憤慨。喧嘩になりそうだったので、旦那がゆーちゃんを外に連れ出した。そして、私とみゅーちゃんで鑑賞。旦那とゆーちゃんは外と中を出たり入ったり(後方で)。途中、ベビーカーのレンタルがあることを知り、それに乗せていた。映画は日本昔話(市川悦子さんが声優の有名な分)4話で、「耳なし芳一」、「3年寝太郎」、「ひょうたん長者」など。2話くらいはそれなりに見ていたが、やはり話の内容が少し難しいのか、途中で飽きてきて、私の膝上に寝そべってごろんとしたり。とりあえず、最初とエンディングの歌にだけは興味をもたせた。

その後、ジャスコに行く。ゲームコーナーにあるアンパンマンの乗り物に乗りたがる。左右に動いて、カードが出てくる分に乗せる。運転しながら、画面上で道路に書いてあるアンパンマンの顔を踏んで行くことで、最後に運転技能の表示が出る。運転は私と一緒にやる。二人乗りなので、はじめてゆーちゃんも乗せてみた。けろっとして、嫌がらずに乗っていた。左右に動く分でも、今まで嫌がっていたみゅーちゃんとは大違い。さすが、男の子?いや、性格の違い? でも、その次にも一人用のアンパンマンに乗りたいと言い出したので(単なる景品欲しさ)、みゅーちゃんを乗せたら、前後に動く分で、嫌がって泣いてしまい、途中下車。せっかくお金を入れたのでもったいないと思い(単なるけち根性)、ゆーちゃんを乗せた。でも、ゆーちゃんも怖がって、すぐに大泣き。左右は大丈夫でも、前後は2人とも駄目みたいだ。おもしろい。

おっぱいの方はゆーちゃんが一生懸命飲んでくれてふにゃふにゃになるが、まだ痛みは少しある。日頃の寝不足、前日にカキ氷やスイカを食べ、また帰省中で気が抜けたことで、一気におっぱいへの負担がきたのかもしれない。やはり、知らず知らず疲れがたまっていたのだろう。これから1週間ほどは少しゆっくりと休養するかな。

2004年8月25日<旦那が帰京&二人で大暴れなど&ワイルドなおっぱいの飲み方>
旦那が午前中に東京に戻る。近くのバス乗り場まで見送り。みゅーちゃんは「パパ、ばいばい。またね〜」と明るくバスを見送っていた。「一緒に帰ったら?」と言ったら、「いや。みゅーちゃんとゆーちゃんとママと3人でないと帰らない」と断言していた(笑)。旦那が帰ると、ゆーちゃんの甘えがひどくなる。私が立つと号泣。トイレなどで姿が見えないと号泣。みゅーちゃんを相手にしていると号泣… 母が相手をしようとしても拒否。誰も面倒を見れない状態。一番問題はお風呂だが、昨日までは私がお風呂に入れ、あとは旦那に面倒をみてもらっていたのでOKだったが、今日は違う。旦那がいないので、母が着替えをさせるものの、私が体を洗って出てくるまで大号泣。みゅーちゃんが相手をしても駄目。すごい状態かも… みゅーちゃんは母に風呂を入れてもらうことにした。

ところで、体調も少しましになり、早朝のパソを再開した。そんな時に限って、ゆーちゃんも早起きで、パソをバンバンと叩く。なかなかできないことにストレス少しアップ。夜は二人でヒートアップ。祖母の隣の部屋に格調机を二つ並べて置いてあるが、二人の舞台となってしまう。みゅーちゃんはアンパンマンやABCの歌など、数曲披露したり、アンパンマンなどの真似をして、声を少し変えて、「ぼくアンパンマンです。みんなよろしくね」と言ってみたり、英語で「マイネーズ みゅーちゃん」などなど、言いたい放題、歌い放題、踊り放題… そんな姉につられて、ゆーちゃんも机にあがったり、降りたりの繰り返し。机の上で立って歩いてみたり。約1時間あまり、そんな調子で、見ている私、母、祖母の方がどっと疲れた。ゆーちゃんはこのときだけは少し甘えがましになったけど、動きすぎて喉が渇くのか、ちょこちょことおっぱいを飲みに来ていた。なんか授乳も面倒になっていた私は横になってごろんとして、服をめくってあげれば、勝手に飲んでいくので、楽チンをさせてもらった。でも、とてもワイルドな飲み方。仰向けに寝ているので、その上に覆いかぶさったり(良く言えば、カンガルー抱き。でも、足が畳につくから… ちなみに、少し腰を動かしたり??)、横から腰を上げた状態で飲んだり… 母いわく、「こんな飲み方するなんて信じられん」。そりゃ、普通は横抱きなり、縦抱きなり、きちんと座って授乳だけど、起きるのが面倒で、添乳の変形版なんだから、仕方がないよね〜 でも、産後まもなくのカンガルー抱きを見ているから、それの延長かなくらいの考えでいてくれるのも事実だけどね。みゅーちゃんの時にはないワイルドさだから、仕方がないよね〜 おっぱいへの執着心もさることながら(苦笑)。

2004年8月31日<児童映画鑑賞>
先週に引き続き、図書館で放映される児童映画鑑賞(日本昔話)に行く。前回と同様、半分くらいでみゅーちゃんはじっとしていることができず、私の膝上などにごろごろ。でも、はじめとエンディングの歌だけはしっかりと大声で歌っていたけど(笑)。今日は舌きり雀、竜の淵など4編。映画がはじまると、よちよちとゆーちゃんが他の人のところに歩いていったり、レンタルベビーカーを押してどこかに行くので、私が視聴覚教室外へ連れ出した。少しホールみたいになっているところでは、大喜びで歩いたり(裸足)、ベビーカーを押したり。また、ソファーに自分で座って、社長級モードに入ったと思ったら、また動き出して、視聴覚教室に入ろうとする。それで教室に入って、少し見るんだけど、すぐに飽きて、同じ行動。すると、今度は母と一緒に見ていたみゅーちゃんが、「ママと一緒じゃないといや〜」と大声で騒ぎはじめたので、ゆーちゃんの面倒を母と交代。ちょうどみゅーちゃんが飽きはじめた半分位のところ。母が同じように面倒を見ていたらしいが、さらにパワーアップして、階段を折りはじめたらしい(2階に視聴覚教室があるので)。落ちないか心配だったようだが、ちゃんと足から3段降りて、すぐに上にあがったらしい。でも、疲れて、ベビーカーに乗せて徘徊していたようだ。映画鑑賞終了後は、1階の図書館でアンパンマンの本を読む。母はゆーちゃんが大声を出したり、ぐずりはじめようとするので、ベビーカーで少しうろうろ。少し読んで、帰らせようとするが、なかなか帰りたがらないみゅーちゃん。私の方も少し疲れてきて、立っているのがしんどくなって、席について、少ししてようやく帰るのを了承してくれた。東京でも図書館にみゅーちゃんを連れて行ってあげたら良いんだけど、何せ脱出王がいるし、うるさいと怒られそうだから、なかなか行く気になれないんだよね〜


  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved