えんじょいらいふ
2005年3月
2005年3月2日<シフォンケーキ風米パンに感動!>
昨日は米パンを作って、我ながらおいしくて涙出るほど嬉しかった。オリジナルレシピはつなまよさんの米パン。仲間内でも、お手軽にできる大人気のレシピ! でも、おいしすぎると、食べ過ぎる傾向がある私。ドライイーストを使っていることから、腸内環境への影響(イーストコネクション)を考え、今までは、レシピの半分の量で、おまけパンにある一番上のレーズン版を作っていました。その米パンもとてもおいしいので、上の子と二人で一気食いなのです(笑)。

冷凍保存の目的で、イーストと水分の量以外はレシピ通りで作ってみました。もちろん、レーズン入りのおまけパンで、それに抹茶粉をくわえてみました。上記の腸内環境の理由から、イーストは3gに減らし、ぬるま湯の量が約200mlではまったく足りなかったので、適当に足してみました。また、イーストの量を減らしたので、発酵時間を約50分と長くしてみました。すると、感動的に膨らむ、膨らむ、容器のほぼ8分目くらいになりました。加熱時間などは、レシピどおりです。出来上がり後すぐに包丁を入れたら、水分を増やした分、少しべちゃっとした感じでくっついてきましたが、何とか切り分けて早速試食。その1口で超感動!今までの米パンとまったく違う!量を半分に減らして作っていたときは、普段購入する米パンと同じ感じでしたが、これはまったく違ったのです。ひとことで言うと、まさしく抹茶シフォンケーキ! ふんわりと柔らかく、ノンオイルレーズンとてんさい糖のほんのりとした甘み、そして、A1マーガリンの風味で、久々にケーキを食べた気分で感動! ケーキは二人目妊娠中前半に少し食べたくらいで、約2年は食べていないので、もう嬉しくって、一気にパクついちゃいました(涙)。みゅーちゃんも「とてもおいしい〜」と言ってくれたし。「このパン、シフォンケーキみたいでおいしいよ。みゅーちゃんは食べたことがないだろうけど…」と言うと、「パパのケーキの味だね。みゅーちゃんもママも食べられないからな〜」と。別に普段の会話だが、このさっぱりとした言い方は、少し胸にぎゅ〜んとくるものがあるのも事実。同年齢の子(4歳)なら、もうたくさん食べているんだろうに…

本来の目的どおり、約1/3くらいは残しておきました。米パンはすぐに硬くなる印象があったのですが、約4時間経過しても、ふんわり度はそのまま。「食べすぎは禁物」と冷凍しましたが、結局、今朝、早速食べてしまった…(苦笑) レンジでチンしただけだが、もとのふんわり感と味はそのままで、今後やみつきになりそうで怖いかも(笑)。

2005年3月23日<オフ会>
2ヶ月ぶりの第2回目オフ会。風邪などで欠席者10名くらいいたけれど、15組33名とにぎやかになった。今回は生後5〜6ヶ月の赤ちゃんが3人いたし、上はみゅーちゃん4歳からで、2−3歳の子が最も多かったかな。前回のときは雪で、今回は小雨。私が選ぶ日は天候には恵まれていないが、遠くから参加してくれた数名には感謝!相変わらず、大勢の人前でしゃべるのは苦手だけど、各自自己紹介をして、この人が〇〇というHN名の人なのね〜とか、みんな心の中で思いながら… そして、ふりーとーくがメインなので、お互い近況を語り合ったり…でした。そして、2時過ぎに「おさらがわらった」の早川さんが忙しいところを参加してくれ、お皿と絵本を使った読み聞かせをしてくれた。数人の子ども達(3歳が中心)は絵本の前にかじりついて、とても楽しんでいた。文字がないので、ストーリーは自分で考えられるから、前からの読み聞かせ、後ろからの読み聞かせ、最後は英語での読み聞かせをしてくれた。英語は発音からして異なり、流暢で、さすが、プロって感じでした。あとは各自お話を聞いてもらったりと、たった1時間だったけど、早川さんとの時間は有意義でした。そんなこんなであっというまの4時間。もっと時間が欲しいよ〜という感じ。さすがに、全員とはなかなかで、いつでも会える人とはあまり話せなかったけど、なかなか楽しい時間でした。名札作りをしてくれたDさん、おもちゃ協力をしてくれたFさん、Cさん他どうもありがとう♪ 娘の入園があるので、次回は土曜日の開催しかできないけど、入園後の予定を考えて、またオフ会の開催ができればと思っています!


  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved