No.1 「こっこままのまたにてぃーらいふ」のはじまり
妊娠がわかるまで(1〜2ヶ月)
もう数ヶ月早く妊娠したかったな(苦笑)
2002年11月26日(妊娠3週6日)
午前1時頃、右下腹部に尖痛が走る。とても痛い。何か悪いものでも食べたのかなと疑い、トイレに走る。少し下痢気味。気分も悪くなり、すぐに布団に入る。途中何度か目覚めるたびに、むかむかと下腹部痛は続いていた。朝はましになっていたが、お腹の違和感は残っている。今月の生理の予定日が25日前後なので、生理痛の前兆かな? でも、こんな経験は初めて。午後は普段の生理前の違和感と生理痛がある。これは23日頃からだたかな。また、今月もまたきてしまうのかな…  私の念願としては、先月までに妊娠をしたかった。理由は先月までの妊娠だと、7月下旬の私の誕生日までに出産を終えることができるからだ。でも、今月以降は自然分娩である限り、ほぼ確実に誕生日を越えてしまい、「高齢出産」となってしまうからだ。別に35歳の誕生日以降の出産に問題があるわけではないが(最近は35歳を越えての出産はとても多いのも事実)、可能であるならば、この言葉をつけたくなかったからだ。1ヶ月前後するくらいで、何が変わるものでもないし、体重管理や妊娠中毒症など健康管理に注意を払わなければならないのは同じで、ダウン症など遺伝子の異常発生の確率も変わらないのが現実。でも、なぜか心の奥底でこだわってしまって、少し悩んでいる自分がいるのも現実。とはいえ、今月からは誕生日を越えることが明らかなので、先月までと異なり、気分的には割り切ることができて気が楽になっている。この不安な気持ちを数人にメールで聞いてもらったおかげもあるかも…

2002年11月28日(妊娠4週1日)
最近、お腹の冷えをよく感じるようになった。お腹の違和感(生理痛の鈍いもの)は相変わらず続いている。生理開始予定日より2日ほど遅れている。第1子を産む前は割と不規則で、周期も40日前後で、予定日より10日ほど遅れても普通だった(ない月も珍しくない)。でも、産後は割と規則的で、35日前後。毎月きている。でも、今月は違和感が続いているものの、まだ始まらない。淡い期待感が満ち溢れてくる。

今日は娘の誕生日。妊娠検査薬は生理予定日から1週間後から使用できると説明がある。でも、もし妊娠をしていて、検査薬で調べるヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(HCG)がごく微量でも作られていれば、絶対抗体がわずかでも認識してくれるはずと考え(仕事上の経験から)、以前旦那がもらってきた期限切れの検査薬で調べてみることにした。もし、はっきりと確認できれば、娘の誕生日に第2子妊娠発覚か…と馬鹿なことを期待した私。記念になるぞ!ってね。どきどきしながら尿をかけてみる。基準線(抗原抗体反応がきちんと起こったか確認するもの)は1分以内に見事に青く染まりました。でも、判定部分はひいき目に見ると、薄くあるような気がするけど、この時点では何ともいえなかった。でも、5−10分後にうっすらと青い線が見え始め、20分後に基準線ほど濃くないし、幅の厚みもないけど、青い線が出た。やった! 妊娠が現実かと思ったけど、旦那はこの反応は信じられないと言う。確かに時間的には遅いから、100%とはいえないかもしれないが、まだ生理予定日の範囲内であるため、HCGがごくごく微量であることと、気温が低い部屋で反応をさせたことを考えれば、このくらいの時間は許容範囲であると私は考えているので、心の中では80〜90%の確率で妊娠を意識することにした。でも、正確さを述べるためには、抗原濃度が上がる1週間後の判定に期待しよう。もちろん、新品の検査薬を購入して…

2002年11月29日−12月3日(妊娠4週2ー6日)
胸がつかえるような違和感が出てくる。気のせいかもしれないが、下腹部がよく張る感じがする。検査薬での反応を見たから? あと、体がすぐに疲れやすくなった。胸がしょっちゅうつかえるくせに、無性に脂っぽいものとか食べたくなることが増えた。昼食もほんの少し食べるか、娘のをつまみ食いする程度で満足だったのに、お腹がすき、焼きウドンやチャーハンなど簡単なものを少し多めに作り、娘と一緒に食べるようになった。ほっかほか亭でお弁当を買ったり、スーパーでミニ天丼を買って、むしゃむしゃすることも増えた。普段ならそれだけ食べると、すぐに体重に反映していたのに、むしろやせぎみ(といっても、0.5kgか1kgだけど)。コーヒーも胃がつかえるからやめればいいのに、習慣的に飲んでしまう。一時よりは減ったけど… ぷれまま日記を読んで、最初の妊娠時はどうだったのか見ると、この時期は一日中眠くて仕方がなく、それが落ち着くと、胃の違和感が生じていることがわかった。確かに最近すぐ眠くなることが多いけど、娘が寝かせてくれないものだから、一日中気を張っている感じである。しかし、以前と比べて、夜の寝つきはほんの少し良くなったように思う。

2002年12月4日(妊娠5週0日)
パソコンを触るために、椅子に座るとお腹に違和感が走るようになる。重くなると言うのだろうか(もう妊娠4−5ヶ月の頃のような感じ)。さらに、立ちくらみが起こるようになる。もともと貧血体質ではあるが、最近は全然立ちくらみは起こっていなかったのに… 今日は前回の検査薬を使用してから1週間を経過したので、再度テストをすることにした。今回はちゃんと薬局で買ってきたもの。尿をかけるとすぐに、検査のための四角い窓がブルーがかり、1分もしないうちに青のラインがはっきりと出た。今回は基準線よりはるかに速いスピードです。この1週間でHCGの濃度が一気に増えたようだ。もう妊娠が確実。次は病院で診察を受ける段階だが、今の時点では時期が早すぎて、袋が見えるのがやっとだ。最初の妊娠はもう1週間くらいあとの時点でわかり、診察を受けているが、胎芽は見えたものの、心拍までは確認できなかった。だから、今回は娘もいることだし、来週末にでも旦那を引き連れていく予定。この時点でも心拍が見えるかどうかぎりぎりだと思うけどね… でも、気持ち的にあせっているときはなかなか妊娠しないのに、もういつでもいいやと思った途端に妊娠するなんて… やはり、人生の一大イベントはとてもデリケートなものなのねと思った。 旦那に感想を聞いたら、「意外と早くできたね」でした。そこで、よく考えてみると、自分だけが異様にあせってしまって、ずっと妊娠できていないような感覚に襲われていたのだ。授乳期間が1年2ヶ月あり、生理が戻ったのも、断乳後から3ヵ月後の今年の5月。その間に生理があった回数は6回だったんです。さらに、今回は里帰り出産をする予定でいるので、冬の風邪に弱い娘を考慮して、時期を少し考えていたので、賞味4ヶ月くらいの期間だったんです。こんな短い期間で、「二人目不妊症?」と深刻に悩むなんて、聞いたら怒る人がたくさんいますよね… ちなみに、一人目は半年くらいかかっているかな。 一方、旦那は早速娘に「みゅーねーちゃん」と呼んでいた。当の本人は何のことかわかっていないでしょうけど。でも、私がこれまでに「赤ちゃん欲しい?」と何度も聞いているのですが、そのたびに「うん」とうなずいております。でも、本心はいかに? 産まれてみないとわからないだろうね。ところで、今回生理がきたら、整形外科に行って、今年の年始から痛みを覚えている腰痛( ちょうど胃の裏側あたりで、たぶん胸椎と腰椎の境目あたりの棘突起(背骨の突き出た部分)が痛い。一時治まっていたのに、最近痛みが強くなっていたので)を検査してもらうために、レントゲンをとろうと考えていたけど、無理になってしまった。しばらくは我慢できる状態だけど、お腹が大きくなったときにどう響くかがとても心配。もう少し早く行けばよかったけど、子育てに追われ、なかなか行けなかったのが現状(旦那がいないと行けないし)。
 

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved