No.2 こっこままのまたにてぃーらいふ
妊娠2ヶ月
産婦人科の受診
2002年12月5日 (妊娠5週1日)  
妊娠をしてから、足の冷えがひどく感じるようになった。以前買っておいた厚めのソックスにはきかえると、とても気持ちがいい。午後には予備のソックスも早速購入する。一人目(3−11月末)のときは、少ししか冬の妊娠期間を体験していないので、いろいろと異なることが多いだろうな… お腹の張りと違和感は相変わらず続く。眠気も増しているが、子供がいるため、一人目のときのように1日中寝ているわけにはいかないのが少し辛いかな。また、午後11時頃から、気分が悪くなるが、子供は寝させてくれなかった… つわりの初期症状のはじまりかな?

2002年12月6日 (妊娠5週2日)
夜中のむかむかがはじまる。でも、6時間寝たら、お腹の違和感と張りはおさまる。立ちくらみはさらにひどくなる。お昼頃、みゅーちゃんを抱きしめながら横になっていたら、珍しく寝てくれた。おかげで約30分ほどうとうとできて、しんどさはすっきり! 午後、近所のダイエーまで出かけた。本屋さんに寄り道をしたので、片道20分くらい。でも、普段と異なり、異様に疲れが出た。買い物を済ませ、帰宅前にベンチで休まないと帰れなかったよ… 子供はジュースを飲ませてもらえたので、ご機嫌だったけどね。体質がどんどん妊婦化されつつあるな…

2002年12月7−9日 (妊娠5週3−5日)
風邪のぶり返しと、急激な冷え込みで、喉に炎症が起こり、今まで経験したことのない咳き込みに襲われる日々。おかげで横隔膜の筋が痛くなったりなどで、いつのまにか、つわりの初期症状が治まってしまったよ… 子供がいるから、気分が悪いくらいで休んでいられないという精神的な支え(意地)みたいなものもあると思うけど。でも、今はつわりの症状より、のどの痛みと咳き込みの方が苦しくて、どうにもならないよ… この症状だけは子供に出ないで欲しいな。ダブルでダウンはしたくないよ…

2002年12月13日 (妊娠6週2日)  
咳き込む回数が減り、横隔膜の痛みがほぼなくなってきた。咳が少し良くなったので、ほんの少しむかむかが戻ってきたように感じたけど、最初の頃のようではない。咳により、つわりの初期症状がほぼ解消してくれたため、今日なんかは体調が久々に良い方だ。明日はいよいよ産婦人科に行くぞ!

2002年12月14日(妊娠6週3日)  
前回の出産とは異なり、徒歩圏内で行ける産婦人科が近所にない。バスで出ると数件あるが、結局女性の医師とスタッフのみという産婦人科を選ぶ。もっと他にも人気のあるところはたくさんあったけど、2時間待ちは普通だし、将来を含め、様々な面を考慮して、私にはあまりメリットを感じられなかったので、この産婦人科を選ぶ。午前10時過ぎに産婦人科に入る。土曜日ということもあり、混雑は激しい。でも、3人の先生が同時に診察をしているので、1時間待ちくらいで診察の順番が来る(2時間は絶対かかると思っていた)。受付を済ませた後、すぐに尿の採取と自動血圧測定器による血圧測定を自分で済ます。このあたりが看護婦さんの仕事の効率を図っているのかな? 本診の前に看護婦さんによる予診がある。今までの妊娠暦、身長・体重(自己申告制だった)などはあらかじめ提出済みだが、その補足的なことを聞かれる。家族の健康状態、親・兄弟の健康状態、前回の出産医院・出産時のこと、非常時の連絡先など。その後、診察室へ入る。患者さんが多いため、先生と会う前にいきなり内診台に案内される。用意ができると、すぐに経膣プローブによる超音波で検査。カーテンの向こう側で先生と看護婦さんの声が聞こえる。「綺麗だね」、「卵巣が腫れている…」。何かを考える前にどんどん事柄のみが進行。前回の産院では、先生と面談したあと、内診で、経膣の超音波もモニターを見せてくれながら説明だったけど、今回は一切見える状況ではない。その後、先生の話を聞く。生理の最終日から考えると、妊娠7週目3日だけど、超音波で見える大きさが7週目では小さすぎることと、生理周期の長さ(35日前後)から考えて、1週間ずらした6週3日、予定日は8月6日だろうと言われる。卵巣の腫れの原因については、最初の妊娠時から診ているわけではないのでわからないとのこと。経過観察のため、2週間後の27日(年末年始の休暇に入る前々日)に必ず再検査を受けてくださいとのこと。あと、この寒さで流産のために産院に訪れる人が多いので、くれぐれも異常(お腹の痛みや出血)を感じた場合はすぐに来てくださいとのこと。妊娠は嬉しいけど、まだ時期が早くて胎動が観察されないことや卵巣の腫れ、「寒さによる流産」という言葉が気になり、まだ本心から喜べない気分だ。旦那にも「万が一のことがあったら、ごめんね」ということがせいぜいだった。「いいよ、次があるから」と言ってくれ、気が楽になる。帰りに本屋さんで軽く「卵巣の腫れ」について調べる。すると、妊娠初期に、「卵巣が腫れている」と言われることは意外に多いらしい。卵巣の黄体(黄体ホルモンが出る部位)に水がたまった状態で、胎盤が完成する4−5ヶ月頃に自然と治癒することが多いので、薬など特別の治療は必要としないらしい。この症状ならいいけど、他の症状だと嫌だなと少しびくびくするが、最近咳で苦しんでいたこともあるので、その影響かもしれないし、とりあえず、27日の結果が出るまで安静にしようっと… 帰省も当然中止にし、旦那の実家にもその旨伝える。うちの実家には検査薬の時点で、諸事情があり、すでに伝えていた。帰省は中止のみ伝える。

今日は土曜日で、娘を見てもらうために旦那と一緒に行ったが、今度は仕事納めの日を指定されたので、娘と二人。今日は旦那と一緒に機嫌よくずっと待合室にいてくれたけど、診察室に入って、内診をするときは賢い子でいてくれるかな? これだけが心配! もし、つわりがひどくなっていて、一人でどうしようもないときは旦那に午前休をとってもらい、診察に行く予定(仕事納めが夕方らしいので)。それまでに腫れが引いていますように&胎動が無事に確認されますように!

2002年12月16日(妊娠6週5日)  
今日は年末大掃除の一端のつもりで、洋室やリビングなどのフロアーの雑巾がけ。雑巾がけはめったにしないから疲れた。というより、下腹部が張って辛い。まだ普通の体型だというのに。子宮は鶏卵の大きさからダチョウの卵くらいの大きさになっているようだが… 一人目のときは、妊娠5週頃からつわりが始まり、この頃にはピークを迎えていたのに、今回はほとんどつわり症状を感じないんだよね… 上の子がいるから、つわりが軽いことに越したことはないが、お腹の赤ちゃんの成長は大丈夫?って少し心配になるな。つわり感じないから、ご飯をぱくぱくと食べているので、自己申告した体重より、0.5kgも増えちゃったよ。私の今回の妊娠中の体重目標は、前回と同様、約6−7kgアップにとどめることを目指しているのに、最初からくじけそう… ちなみに、前回はつわりで2kg減ったあと、出産時までに8kg増えたので、妊娠前から考えると、6kg増ですんでいる。この程度なら、産後の体重の戻りが早いのに… 胎盤と赤ちゃんと羊水と必要な脂肪分のみで済むからね。里帰り出産も考えているし、体重の大幅アップは避けられないのだろうか?(不安)

2002年12月20日 (妊娠7週2日)  18日頃から胃のつかえる感じがある。食欲はあまりないけど、食べることはできる(量は少しダウン)。でも、食べると、またむかむかが始まるんだよね… これからつわりが本格化するのかな? あと、一時良くなっていた、立ちくらみも再発してきた。今週は出不精気味で、徒歩2−3分のスーパーに2回ほど買い物に行ったのみ。でも、子供には悪いなと思い、ダイエーまで出かける。片道10分ほどだけど、着いた頃には少しばて気味。すぐに休憩モード。昼食代わりに食べたパンも、2歳の娘のパンよりはるかに小さいのに、すぐに胃がもたれるし、最悪。その後、帰ろうとしたら、子供の馬の遊具に乗りたいよ攻撃にあい、薄暗くなった夕暮れの寒さが、妊婦の私には少し辛かった。強引に片手抱っこ(反対側にはベビーカー)をするものの、ダイエーに戻ろうと大暴れ。ただでさえ、重くて(約11kg)辛いのに、勘弁してくれーの状態。約10分後にはあきらめて、ベビーカーに乗ってくれたから良かったけど、これから先、どんどん体重も重くなるし、力も強くなる一方で、お腹も大きくなるから、ある程度覚悟を決めないと駄目だな…

夜中、少しお腹に違和感がある。最近、長時間椅子に座るのが辛いことが多い。娘の生活逆転で、寝不足もあるけどね。

2002年12月23日 (妊娠7週5日)  
結構むかむか感が強くなる。食欲も減退気味で、1回に食べる量は確実に減っている。たくさん食べると、すぐにむかむかがくる。それでも、ある程度普通に食べられるだけ、一人目よりはまし。体重は1〜1.5kg減です。とはいえ、最近の中では体調が良い方なので、クリスマスランチ後、旦那の書籍を求め、バスと電車で神保町まで出かける。みゅーちゃんは自分で歩いたり、旦那の抱っこが多かったので、電車などでの移動も大丈夫だった。しかし、帰りは私が抱っこでないと駄目だったので、家の近所でばてばて。やはり、11kgの娘を抱えて、お腹が少し圧迫されるし、張ってくるし、これから先が少し怖い。少し動きすぎたために、夜はしんどかった。今、下着でガードルをつけているが、お腹に対する圧迫感が強くて、常に不快感がするので、締め付けないタイプのものにした。しかし、今度は冷えがひどくなる。冷え対策をせねば… 一人目のときは、春先に妊娠で、あとは夏、秋、そして、寒くなり始めた頃に出産だったので、あまり冷えのことは気にしていなかったからな…

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved