No.7 こっこままのまたにてぃーらいふ
妊娠7ヶ月(24〜27週)
除去食開始♪
2003年4月16日(妊娠24週0日)
今日から7ヶ月。実家で7ヶ月の日を迎えました! 動けば、お腹の張りも頻繁。体重測定をした。先月末からはちょうど2kgの増加で、妊娠前と比較すると、+2.5kgの増加。一人目の妊娠時が同時期で+3kgで、ほぼ同じ体重増加の推移をたどっている。妊娠前の体重はもちろん異なるけど。まだ、一人目の妊娠前の体重までいっていません。あと1.5kg増加をすれば、一人目の妊娠前の体重になるので、いかに当時は太っていたか…(結婚前の外食三昧が原因)&一人目の母乳育児による食事制限の代物か?(辛さ)

もう7ヶ月なので、8ヶ月からのある程度本格的な食事管理(制限)に向けて、徐々に移行中。一応、卵・卵製品、牛乳・乳製品はほぼ除去し、牛肉と鶏肉もごくたまにしか食べないつもりでいるので、今日は牛肉の食べ納め?として(思いっきり食べるという意味で、今後もほんの少しなら月1−2回程度は食べる予定)、すき焼きを作ってくれた。両親は、私が買えない高級肉を食べさせてくれた。口に含んだだけで、とろけていく感じ… どの肉でも、少しかんで繊維質が残ると、口から吐き出す娘も、そういうことをまったくしなかったほど… 娘が牛肉を食べるのは2回目だけど。涙が出るほどうれしかった。本当は生卵も…と思ったけど、購入してから時間が経過をしていることと、最近卵自体を数えるほどしか食べていないので、ぐーんと我慢。もう今後2年ほどは、きっと生卵や半熟卵を口にすることはないだろうが… でも、よく振り返ってみると、今回の妊娠中は半熟でも食べていないし、生はその前に1度、一口くらいしか食べていないかも…(笑) 普段がこのような生活なので、たぶん卵そのものの我慢は大丈夫でしょう… 8ヶ月までに、あと数回加熱充分の卵を食べたとしても。問題は加工品かな。

2003年4月19日(妊娠24週3日)
実家で食べたすき焼きの影響と、3食しっかりと食べたため、この3日間で体重が一気に2kgも増えてしまった(涙)。一人目妊娠前の体重と同じで、今回では妊娠前+4.5kg。昨日も東京に戻る疲れで、夜外食。それももんじゃ焼き、お好み焼き、うどん焼き(各1人前)を3人で分けたという食べすぎ状態。2週間後には検診があるので、今のままだと前回の検診から+3kgなので、とてもやばい状態。1kg減量して、それを維持しないと… できる自身がなくなってきた。

久々にまともにお腹(裸の状態で)を鏡で見た。気のせいか、一人目のときより、前方に突き出して、お腹も大きい感じがする。忘れているだけかも知れないが… そのため、お腹の下の部分がよく突っ張った感じになる上に、お腹も張りやすい。お腹が前方に出る=性別は「男の子」と言うけど、ゆーちゃんはどちらなんでしょうか? 私としては○○○が良いけど、こればかりはね… 昨日から夏日で動くのが辛くなってきた。一人目はもろ夏をすべて経験したけど、今回は8月上旬なので、半分くらいの期間ですむけど、やはり、動きがのろい上に汗だくになるのはちょっと…という感じです!

2003年4月21日(妊娠24週5日)
昨日の朝、起きる直前に左足のふくらはぎがつった。とても痛くて、もがいたのに、2回も繰り返した。その影響か、今日は朝からその部位が引きつった感じで、とても痛い。またつらないかという不安もある。一人目のときも妊娠後期頃はよくつっていたように思うので、そういう時期なのかな? 気をつけるといっても、何に注意をすればよいんだか… 妊娠によるものかどうかわからないが、腕が非常に痒く、それを掻きむしってしまい、両腕が傷だらけ。娘のかき傷は気にするくせに、自分の体には傷がつくまで掻いてしまうのがいけないところ… 早く治まらないかな?

久々に床の雑巾がけをする。妊娠中の運動のかわり。私は重いお腹をカバーしながら一生懸命ふきふきしているのに、娘は馬と勘違い状態で乗りかかってくる。それが嫌で、状態を起すと、「ふきふき、して!」と掃除に打ち込むことを要求! でも、乗りかかることが面白いようで、大笑いしながら、上記のやり取りの繰り返し状態。最近、言葉がよく出るようになったのは嬉しいが、その分、言い逃れ(?:知らぬふり)ができなくなっている自分がいて、どうしましょうって感じ。

2003年4月25日(妊娠25週2日)
娘の栄養指導と同時に、私の栄養指導もしてくれる。今の産院では母親学級はないし、区の方も第1子出産の場合のみなのでありがたい。特に、公共のものと異なり、アレルギー予防の観点から話を聞けるのが一番の頼みどころ。詳細は来月末の里帰り直前の栄養指導でやってくれるようだが、今日はゆーちゃんの母子手帳も見てくれた。私の場合の問題は、貧血体質だということ。まだ鉄剤を服用していないが、初期の血液検査でもヘマトクリット値はぎりぎり正常値に入っているという状態。一人目の妊娠時は、割とこまめに血液検査(貧血予防のため)をしてくれたので、妊娠24週(妊娠7ヶ月)から鉄剤の服用がはじまっている。今のところでは、後期に入る来月末の検診で、ようやく二度目の血液検査をしてくれるかなという程度で、来週の検診ではとりあえず予定がなし。そのため、栄養士の先生に、鉄分が多く入った食品と栄養摂取のしおり(アレルギーとは関係のない、一般の妊婦を対象に講義した妊娠・授乳中のしおり)をもらう。あとはアレルギーっ子がまた産まれるかもしれないという不安に対する悩みを聞いてもらう。以前の栄養指導で、アレルギーのある子供と同じ食事をとることを心がけている場合は、妊娠8ヶ月からの完全除去と、それまでのある程度の食事制限は必要ないと教えてもらい、卵や牛乳・乳製品は控えめながらも、加工品は普通に食べていた(さすがに、卵の生は食べていない)。しかし、来月中旬から、問題の妊娠8ヶ月を迎えるにあたり、医学書を読んで、第1子にアレルギーがある場合、妊娠8ヶ月から生後8ヶ月まで卵の完全除去(加工品も含む)をすると、発症率が約1/2−1/3に減ることを知っているので、その部分を中心に聞いてみた。先生曰く、それは約15年前の調査結果で、最近では少し事情が変わってきているとのこと。第1子にアレルギーがあり、親子で同じ食事を基本としている場合は、普段の食生活からして、普通の子供を持つ妊婦と異なることが多く、またアレルギーっ子育児に慣れてきているので、離乳食や幼児食(授乳中の食事も含む)の食事管理がある程度きちんとできることや、病院へ行くタイミングがすばやいことなどから、重症となる前の軽度のうちから、早期治療を開始することができるので、第2子は第1子と比較すると、軽症もしくは発症をせずにすむ場合が多いそうだ。もちろん、発症をしないから、アレルギー&アトピー体質を遺伝していないわけではなく、体質としては受け継いでいても、事前予防ができるために、発症しないで済むということで、油断はできないということなんだけどね… だから、不安がらずに、安心して出産に望んで下さいとのことでした。食事制限も完全でなくて良いので、アレルゲンはあくまで控えめに。とはいうものの、不安はつきないので、牛乳・乳製品をとるよりは、アレルギー予防&栄養補給の目的もかねて、森永のEお母さんミルク(ペプチドミルク:アレルギーの原因となるタンパクを予め分解し、他の栄養素も加えてある)を飲むのはどうかなと尋ねてみたら、それなら気にせずに飲んで下さいとのことだったので、早速Eお母さんの購入をしました。5月に入ったら、飲む予定の私。

2003年4月27日(妊娠25週4日)
昨日から骨盤の後ろ側(特に、仙骨部分:骨盤の背骨の延長部分)が痛む。ずっと痛いわけではないが、寝返りを打つときや、横になった状態から起き上がるときなど。お腹が大きくなり、後期に入るほど、出産に向けて、骨盤(恥骨結合:骨盤の前部分)が広がるので、恥骨が痛くなるとよく聞くが、中期の今頃に仙骨部分が痛くなるなんて… この部位は陣痛時に、とても痛くて、苦しんだところ。最近はどんどんお腹が大きくなっているし、その影響だろうけど、この先約3ヶ月が思いやられそう… 二人目の陣痛の痛みも、お腹よりこの部位に来るのは確かだね… 今頃から痛いってことは。考えたくない!

もうすぐ4月も終わり。里帰りの準備もあるので、来月中にはいろいろやらないといけないのに、考えるのがすっかりと面倒になっている。一人目のときは26週後半に、赤ちゃん本舗などで衣類や哺乳瓶を購入している。今回はちょうどその頃が、ゴールデンウイークの最後の3連休に相当し、ちょうど夏生まれの赤ちゃんフェアーをやっているから、衣類でも購入しに行こうかな… 今回は他のものはあまり購入する予定がないけど、衣類だけは冬生まれと夏生まれでは異なるので… コンビタイプの下着で、下着らしくない柄のものと、ボディースーツタイプのものを数枚準備する予定。夏だから、一枚でも何とかなると思うし。あとは来月中に、産後すぐに必要な書類の確認や取り寄せなどもするつもりでいるし、あとは産前最後のヘアカラーにも行きたい… 産後は授乳間隔が落ち着くまで行けないから。

2003年5月1日(妊娠26週1日)
いよいよ5月! 連休明けからにしようか、今日からにしようか迷っていた卵・卵製品、牛乳・乳製品の除去だが、本日から実行することにした。最近、生協の配達日がある日は、卵・乳なしの天然酵母パンを朝食用にしていて、それ以外は旦那の残りの菓子パンにしていた。でも、菓子パンはもう食べられないので、早速ダイエーに入っているパン屋さんで、天然酵母の食パン(乳・卵なし)を購入して冷凍しました。これでパンに関しては安心です! 食事も普段がそういう生活なので、本当に平穏に除去を開始することができた。あとは、除去によるストレスがどの程度生じてくるか… それだけが不安だ。ところで、パンを購入したついでに、ダイエーのベビーショップに立ち寄る。娘が冬生まれなので、肌着は共有しても、ベビー服だけは夏用を購入しないといけない。ちょうど半額品が出ていて、とりあえず1枚購入。50−70cm(新生児〜6ヶ月頃)というのが理想的だったんだけど、半額品では50−60cm(新生児〜3ヶ月頃)の半袖しかない。予定日が8月上旬なので、半袖ならその程度の期間でもOKかなと妥協。あとスタイは娘のお古があるけど、1枚98円という安さに引かれ、2枚購入。飛び飛びゴールデンウイーク最後の3連休に、赤ちゃん本舗にでも衣類を購入しに行こうかな… ちょうど、夏生まれベビーのためのセールをしているから、混雑しているだろうが… ちなみに、帰宅後、娘のときに使用した肌着の枚数を調べてみると、短肌着6枚、長肌着3枚、コンビ肌着2枚あったので、充分足りるわ…

2003年5月2日(妊娠26週2日)
妊娠7ヶ月の検診日。とはいえ、超音波検査もないので、尿検査と児心音の測定のみ。とりあえず、異常はなし。ただ、体重が前回より2kg増だったので、「つわりが終えて、食欲がアップしてきたかな?」と言われたけど、つわりは1月下旬には終えているので、単なる食べすぎ。特に、和菓子系(柏餅など)。今までは前日に少し食べる量を抑えれば、ほんのわずかでも体重が減っていたのだが、今回はさすがに駄目。マタニティードレスもなるべく軽いものを選んで着たのだが、効果なし。尿検査でタンパクや糖が出ていない分、指摘のみですんだけどね。でも、まだ妊娠前約+3.5kg増で抑えているんだよ… あと、先日の骨盤の痛みについては、出産が終えるまでは対処できないので、湿布を張るなり、楽な姿勢をするなりして、我慢して下さいとのこと。また、お尻の方は軟膏を処方してくれる。産前・産後まで大丈夫なように、少し多めに処方(強力ポステリザン、2g×14本)。ちなみに、この薬はステロイド(ヒドロコルチゾン(一番弱いもの:抗炎症剤)+大腸菌死菌(局所感染予防+創傷治癒促進効果)入り。そんなに調子が良くないけど、特に悪い日のみ塗ろうっと… でも、今日はゴールデンウイーク最後の三連休前の診察日とあり、混雑が激しかったよ。休暇の旦那さんも多いようで、付き添いで来ているし、乳児検診(生後1ヶ月、2ヶ月くらい)の日でもあったため、祖母の付き添いも多かった。さすがに、旦那さんは待合室とは異なる玄関口のホールで待機している人が多かったけど… 座りたくても、妊婦と新生児を抱えた人を立たせるわけにもいかないしね。待ち時間もいつもはどんなに混雑していても、約1時間以内には終えるのに、さすがに今日だけは約2時間近くかかった。まあ、他の産院で普段の待ち時間がその程度と聞いているので、この混雑でこの時間だから問題はないんだけど… 娘が最後は少し退屈をしてきたのか、背中から抱きついて遊び始め、少しお腹の張りが頻雑になったけどね。妊娠8ヶ月からは2週間ごとの検診となるが、ちょうど中途半端な時期なので、次は3週間後で、その後2週間ごとの検診予定。次回は妊娠8ヶ月で後期に突入するので、待ちに待った超音波検診がある。さらに、予定日が誕生日を10日越えるため、高齢出産(35歳)となるため、指定された分のみ無料検診となる予定。希望があれば、性別も教えてくれるようなので、旦那と一緒に行き、聞いてこようっと! ちょうど土曜日だし、仕事の予定さえ入らなければ大丈夫のようなので… ちなみに、里帰りまでに、この産婦人科に通うのはあと2回となりました。早いものです! とりあえず、超音波検診がないので、本を参考に現在のゆーちゃんの大きさを推定してみると、身長は約35cmで体重は約1kgのようです。大きくなったもんだ…

産婦人科の帰りに、区役所の出張所に行く。産後、医療証(6歳まで医療費が無料)を申請するための用紙と住民票の申請表(必要かどうかわからないが)。本当は出生届もおいてあればもらおうかなと思ったけど、さすがに窓口で言わないと駄目なようで、今回は面倒だったので見送り。まだ実家で出すか、こちらで出すか決めていないし、産院で用意してあるどうかもわからないので(一人目のときは産院で準備済み:ただ今回現住所と都道府県が異なるので、共通の用紙か否かそれさえまだ調べていない私)。そろそろ準備すべき書類など、リストアップをしないと(今は覚えている範囲でやっているから)。あと1ヶ月余りで里帰りをしないといけないなので…

2003年5月3日(妊娠26週3日)
今日からゴールデンウイーク最後の3連休に突入。と言っても、何もない我が家。あと旦那が連休明けの火曜日に休みがようやくとれたようで、4連休となるらしい。私はこの連休中に名前の候補を選んでおきたくて、数日前から考えていた。男の子なら、一人目が産まれるときに考えていたので、それを採用する予定(旦那が決めたんだけど)。あとは、女の子の場合。私は現代風にかわいい名前にしたい。とりあえず、3文字の予定で、最初の文字だけは二人の間で決まっている。発音で良いものを4種類選んだ。今回は漢字3文字にしたい気分で、私の好きな漢字をひらがな1文字に対し、各2−3個ずつ選ぶ。あとは姓名判断の本を参考に、字画の良し悪しで漢字を選択(←字画にこだわる必要もないけど、どれも選びたいので…)。すると、上記4種類のうち、1種類はどうしても好きな漢字がなく保留。残りの3種類で、姓名あわせて○の分は3種類で(発音としては2種類)、残りは姓とあわせると×。女の子は結婚すれば、姓が変わる確率が高いので(そのときの時代背景にもよるが)、名前だけ○の分も候補に入れようか迷ったけど、上の娘のときは名前と漢字が先にほぼ決まっていたので、姓名あわせると△(名前のみでは○)で選んでいたので、さすがに×を候補にする気持ちが失せる。でも、私の第一候補の名前が残ったので、結構満足していたのに、旦那に聞くと不満足。旦那も選びたい名前一つがあったのだ。その名前は私が上の娘の時に候補に出したもので、そのときはとても反対したくせに、すっかりとそのことを忘れている(まったく覚えていないらしい)。ちなみに、その名前は男女どちらでもOKで、漢字さえ女の子らしいものを選べば、まったく問題ない。当時の反対理由は、自分のひいきにしているバンドのメンバーの一人(男の人)の名前と同じだったから… だから、私は今回その名前をまったく候補に入れる気分でなかったのに、あまりにもすねるので、スポーツジムに出かけている間に、私の好きな漢字を選び、当てはめてみると、悔しいことに4種類の組み合わせ(漢字3文字と2文字が各2種類ずつ)が姓名あわせても○で、名前のみ○で姓とあわせて△となるものが2種類(漢字2つが2種類)もある。結局、そのリストから、旦那に好きなものをいくつか選んでもらうことにする。なかなか決めようとしないが。もうどれでもいいので、早く候補を挙げてくれという感じ! 別にどの候補になっても嫌いではないから… ちなみに、決まっている男の子の名前は姓名あわせて○のもの。でも、女の子の名前で反論されたので、私もいくつか男の子の候補を選んでやると意気込んで、2種類ほど選んで好きな漢字を組み合わせたが、すべて△か×。男の子こそ、一生姓が変わらない可能性が高いので、すべて○を選んでやりたかったので、泣く泣くあきらめる。今回はついていないや…

2003年5月4日(妊娠26週4日)
今日で除去4日目。以前と異なり、まったく除去によるストレスや一種の除去中毒症状(お腹がすきすぎて、いくら食べても満足しないこと)が起きない。母乳育児+アレルギー予防の除去と異なり、アレルギー予防の除去だけなので、精神的に楽なのかもしれない。ある程度、油ものや肉類などもOKだし。あとは事前対策も怠ってはいないので… 事前対策とは、普段の嗜好品やパンなど加工品には、卵や乳製品がほとんど含まれ、いきなり除去することははっきり言って食べるものがなくなるくらいまでの精神的不安になるが、以前の経験をもとに、それらがまったく入っていない商品(特に、嗜好品であるクッキーや和菓子など)を4月頃から集めていたため、いつでも食べるものがあるよという安心感かもしれない。4月に購入した分で食べはじめたのは、子供の日用の冷凍の柏餅(保存料など食品添加物も無添加)のみ。まだ同様の商品で、ちまき冷凍庫に確保済み。クッキー類も食品添加物や卵・乳が無添加の商品を数種類集めているが、まったく口にしなくても、今のところ平気。あるだけで満足! とはいいつつも、いつストレスが襲ってくるかもしれないので、今日は錦糸町に出たついでに、丸井のナチュラルハウスで同じメーカーのクッキーなど数種類購入(今までは生協)。今は私のパソの隣に袋一杯に詰められて眠っているが、実家に帰省をすると、すぐに購入できるショップがなくなるので、そのときまでの保存食においてもいいなと思っている。もちろん、これらの商品は通販で頼めるんだけどね… なんとなく、気分の問題です!

ところで、錦糸町に出た本来の目的は赤ちゃん本舗。衣類を2枚(50−70cm用、薄手の長袖)と必要になるかどうかはわからないが、産後すぐは母乳育児も軌道に乗らない可能性があるので、哺乳瓶の洗剤と電子レンジでチン!の消毒パックを1箱購入! マミーパッドなどはいずれ近所の薬局で購入予定。ピジョン・母乳相談室の予備を購入しようかと思っていたが、母乳実感しか置いていない(近所の薬局やダイエーも同様)。瓶は代用できても、乳首がないと駄目なので、また他の店で模索をしよう! 一応、娘のときのものが1組あるんだけど… 衣類は3枚は欲しかったのだが、私の考えるコストでは2種類しか気に入らず、結局帰りにダイエーにより、また半額商品を1枚購入し、計4枚揃えた。これだけあれば、充分だろう… 1日に何枚か汚されても、夏場なので、洗濯をしてもすぐに乾くだろうし。あとはきちんとリスト作りをして、購入忘れがないか調べ、荷造りも今月半ばから始める予定。その前に、古いパソコンを売らないと、荷造りしたものを置く場所がない(あさってにレンタカーを借りて、売りに行く予定)。気持ちだけは少しあせるんだけど、他にしたいこともあり、後回しになってしまうのが、一人目と二人目の違いだろうか… 一人目は1から用意をしないといけないから、早めに早めにしていたけど…

2003年5月6日(妊娠26週6日)
お台場のAQUA内のトイザラスで「ピジョン・母乳相談室」の哺乳瓶を見つけた。699円(消費税抜き)と安い。娘の時にはデパートで確か800円くらいはしたと思うから、即座に購入決定。他におしゃぶりを購入。おしゃぶりも娘のお古と考えていたが、衛生面を考えると、やはり新品かなと、ついつい購入してしまった。近所の薬局で買うより100円程度安かったのもあるんだけどね(ピジョン・ミッキーの絵入り)。娘の時は安価でシンプルなものを選んだが、下の子にはキャラ入りにしてしまった… やはり、こういうベビーショップは安価で嬉しい。今日はせっかくのドライブで初お台場。いろいろおいしそうなものに誘惑され食べたくなったが、じっと我慢できた。「8ヶ月は来週からだから、今日くらい…」と思ったけど、誘惑には負けず。でも、外食の際、和食を選んだけど、卵がやはりついてくるね… 夕食に海鮮丼を頼み、卵は入っていないと思っていたら、刺身と寿司飯の間に錦糸玉子がたっぷり。小さく刻んであるので、除くことに少し苦労したが、玉子焼きなので、他のよりはましだけどね… なるべく取り除いたけど、紛れてしまったものもあるので、100%は無理かも。まあ、この除去も必要かどうかはわからないけど、気持ち次第なので、できる限り、頑張ります!

2003年5月8日(妊娠27週1日)
妊娠7ヶ月最後の週に突入。体重も順調良く増え(外食も原因&食事量の制限をしていないので)、今は妊娠前+3.5kgくらい。どんどん一気に増えそうで、少し不安(食欲あるので)。娘の時のを見ると、27週最終日で、妊娠前+4kg。しかし、妊娠8ヶ月末−9ヶ月末は妊娠前+5kgで維持していた。今回はその頃は実家にいるので、ちょっと不安。間食もしてしまうだろうし、3食しっかりと食べるとなると…(動きも減るし) まあ、目標値以内目指して、頑張るぞ!

今日は雨で外出もできる状態ではないので、里帰り出産のための荷造りをした。引越し用の大きな箱を1個見つけたので… 最近購入した新生児用品と娘の時に使用した哺乳瓶セット(3本あると思っていたら、2本しかなかった)や肌着、私の産後の下着やガードルなど… すぐに箱が一杯。最終的には何箱になるのだろうか?見当がつかないな… 娘の時の肌着綺麗だったけど、スタイはあまり綺麗ではない状態(しみがとれていない)。半分くらいは、しみがとても目立つので捨てることにした。同様に、おしゃぶりも汚れがとれていないので、月齢に応じた3種類すべてを捨てた。また、ミトンも初期の頃の分は手首のゴムがとれてしまって使いものにならないので廃棄。やはり、ある程度の買い替えは必要になるね… 早くリストを作らないといけないと思うだけで、まだ一向にやる気なし。駄目だわ。

2003年5月10日(妊娠27週3日)
今日は産前、都内で最後の美容院に行く。カットとカラーリング。特に、カラーリングは産前最後で、次回は産後3−6ヶ月頃、授乳時間とおっぱいの状態が落ち着いてきたときになる予定。根元から約5−6cmは黒くなっていたので、絶対に5月中にはやりたかったのだ。また、暑くなってきたこともあり、短めにカットをしてもらい(顎位の長さ)、ボリュームも思いっきり減らす。半分くらい髪の毛がなくなったかなと思うくらい、軽くなって、すっきり! 短いと、最低でも3ヵ月ごとには行かないと、精神的にいらいらするが、産後しばらくは予定が立たないので、臨月に入った7月上旬に、実家の方で、産前最後のカットに行きたいなと思っている(体調次第だけど)。服装はあまり気にしないが、髪だけは少し気になる私でした。

昨日くらいから、また腰痛がひどくなる。今回は骨盤の中央というより、左側半分が痛い。そのため、立ち上がるのが一苦労。昨日はさすがに少し嫌がる旦那にみゅーちゃんの入浴を無理やりしてもらった。最近はほとんどお願いしているけど。だって、骨盤が痛くて、みゅーちゃんを浴槽に出し入れする力が入らないんだもの。それまでもお腹に負担がかかりやすかったので、お願いはしているんだけどね… 旦那もお風呂当番が続くと嫌みたいだ。とはいえ、甘えられるのは今のうち。里帰りをすれば、痛みがあっても、私が入れるしかないんだもの…

2003年5月13日(妊娠27週6日目)
今日で妊娠7ヶ月は最後。体重増加は妊娠前と比較すると、+3.5kgですんだ。最近は除去食効果の影響か、体重が増えなくなっている。和食中心もあるのだが、これはいつもとほぼ同じだけど、パンなど加工品を素朴な原材料にするだけで、結構効果があるものだ(本来、これが一番健康的)。妊婦なのに、和菓子や果物など糖分多めの甘いもの系もしっかりととっているんだけどね。和菓子もやクッキーも添加物なしで、アレルゲン抜きのアレルギー用にしていることが一番効果的なところかな。除去開始して、約2週間経過したけど、除去ストレスもないしね。日々の生活に毛が生えた程度だということも大きなメリット! げんきタウンの「パリパリココナッツ」を食べたが、とてもおいしい。甘みは少し強い感じがしたけど、クッキーというより、煎餅タイプで、娘と一緒に食べ、二人で満足したよ。最近は、除去のおかげで、少しリッチな気分も味わっています。素朴な食品が意外とおいしいので、添加物たっぷりの市販品は、あまり食べなくても平気となっています。

明日からは、いよいよ妊娠8ヶ月で、妊娠後期に入ります! 一応、ある程度の書類(特に、産後会社関係に提出するもの)はそろったし、ようやく女の子の名前と漢字も決まった。あとはリスト作りをして、落ち度がないかを確かめて、私と娘の衣類や身の回り品を詰めるのみ。さあ、頑張るぞ!

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved