No.8 こっこままのまたにてぃーらいふ
妊娠8ヶ月(28〜31週)
妊娠後期に突入!
2003年5月14日妊娠28週0日)
今日から8ヶ月です。いよいよ妊娠後期に突入をした。あと2ヶ月半強で予定日。あっという間だろうな。ここまで来ると… ちなみに、起床時の体重測定では、なんと昨日よりも1kg減少。もちろん、食べたらすぐに、元に戻るんだけど… それなりに食べてはいるんだけど、あっさり食事と除去の影響でしょうね。まあ、赤ちゃんは無事に動いているので、気にしていませんが。それよりもアレルギーが娘よりも軽度で、産まれてきてくれることを祈っています。里帰りまで、あと1ヶ月となりました。こちらでの生活を満喫するぞ!

2003年5月21日妊娠29週0日)
最近の様子。結構、お腹の中で動くようになった。でも、娘のときのように、お腹がもぞーとなったり、変に盛り上がったりはしない。恥骨付近でぴくぴくしたり(これが多い)、胃の近くでもぞもぞとしたり… 感触的に、恥骨付近が手で、胃の付近が足のような気がするので、逆子ではないと思っている。本を見ると、8ヶ月の推定体重が約1−1.5kg、推定身長が約40cmとなっていた。うおーという感じ。よく考えてみると、あと約2ヶ月あまりだもんね。早いな… 今は一人目と異なり、不安がないけど、またあの痛みと産後の怒涛の日々が始まるんだと少しぞっとした(笑)。ちなみに、私の体重は、結構糖分の多いものをとっているにもかかわらず、上記のまま増えておらず。今週末(24日)の検診まで体重増加0で済むかな? 今回はいよいよ超音波もあるし、性別もわかるかもしれない(楽しみ)。

あとは、やはり外を少し歩くと、下腹部の恥骨付近の皮膚が突っ張って、少し辛いかも(笑)。あまり一人&みゅーちゃん連れで遠出はできないかな?(したい気持ちはあるけど) よく見ると、旦那のお腹の出具合をいつのまにか超えている(笑)。5ヶ月位の頃は、「まだ私の方がへっこんでいるね」とか言っていたのに、今日気づいたら逆転していた(笑)。とりあえず、あまり無理はしないようにしよう!

2003年5月24日(妊娠29週3日)
今日は後期最初の妊婦検診。まずは貧血を調べるための、血液採取と体重測定、尿検査、血圧測定をする。血液検査の結果は後日だが、その他は異常なし。体重は微妙ですが(服などの重さがあるため)、3週間前より約300g減少(ほぼ同じということですね)。そのため、約3kg増のまま妊娠8ヶ月を向かえることができた。もしかしたら、出産までに+5−6kg(今後は羊水の量はほとんど増えないので、赤ちゃんの体重増加分のみ)で済むかもと期待している私。その後、待ちに待った超音波検査があった。大腿骨の長さから推測される推定体重が1,361g。この推定体重は妊娠29週3日齢で、まさしく本日が29週3日。こんなにぴったりで、院長先生も少し驚いていました(笑)。現在のところ、内臓や骨格系にも異常がなさそうだし、心音もきちんと聞こえている。また、頭が恥骨付近に来ていて、背中がお腹の右側にあるような状態でいるようだ。要は逆子でもなく、正常の骨盤位に赤ちゃんは位置しているということです。一安心です。さらに、今回は性別も聞きました。100%の確率ではないけど、どちらかといえば、○○○の子の可能性が高いようです(超音波写真を見ればわかるから、あえて伏字にする必要はないけど、一応)。そのものは見えなかったのですが、それに付随する袋状のものが確認され、多分…です。旦那も一緒だったのですが、旦那は希望通りなので嬉しそうです。診察前に、私とどちらの性別かで(結局は本人の希望の性別に賭けることになるんだけど)、100円賭けをしたのですが、ちゃっかり負けちゃいました… 賭けの結果云々ではなく、希望が少し絶たれた私は、ちょっと複雑な思いで一杯でした!(生まれれば、きっとかわいいけどね!) ここでの検診も2週間後で最後(妊娠8ヶ月以降は、2週に1度の検診となる)。長い長い妊婦生活と思っていたのに、すぐそこに、第一段階のゴールが見え始めるとともに、陣痛に対する不安も出てきた。1度経験しているとはいえ怖い… 頼りになる(指圧をしてくれるが正解!)旦那もいないし。それよりも産後の痛み(特に、お尻)の方が辛かったので、今回もそっちが不安。なるようになる、でも、不安。考えるのはよそう。まずは無事に検診を終え、元気な様子がわかり、万歳! ところで、今回は後期の無料検診票と、予定日が35歳を超える方のための高齢出産用の超音波検診無料票(後期1回のみ使用可)を利用できたので、超音波検診でもらった写真代800円ですんだ。35歳の誕生日までにと思っていたが、10日を越えただけでも、結局検診代は助かったので、逆にありがたかったかも…(笑)




イラストはこちらへ!


2003年5月25日(妊娠29週4日)
昨日、検診を終了したあとも、予定が詰まっていて、結局帰宅が午後10時頃。ほぼ12時間あまり外出した状態だった。途中、結構休みつつだったのに、疲れは一気にきた。その疲れ方も、中途半端なだるさではなく、かなりハードな運動をした翌日と同じ状態で、一歩も動きたくない、何もやる気が起こらない状態という、割と究極な状態。やはり、妊娠後期であるというのが一番大きな影響? それとも単なる歳? もしはダブルかな? 今回は妊娠後期でも意外と楽な方ではと、自分の体に関しては鷹をくくっていた面があるけど、そうでもないようだ…(悲) 里帰りまでの間に、娘と二人でも数回遠出できるかなと考えていただけに、ちょっとショックかも… 結局、遠征計画は自信がなくなり、中止することにした。万が一、何かあっても困るからね(出血、切迫早産など)。やはり、普段通り大人しくしてます!

2003年5月28日(妊娠30週0日)
ようやくHP更新の大きな山を一つ乗り越えたので、また里帰り準備を始める。今日は娘のしまじろう(ベネッセ宅配本)の短期送付先変更が可能か問い合わせてみた。最初は旦那に転送してもらうつもりだったが、どうも仕事が超多忙になると、郵便局どころではなくなるだろうし、かといって、しまじろうをこよなく愛する娘に数ヶ月我慢させるのも…という思いが募ってきたからだ。結局、電話による変更受付が可能で、書類など必要なくあっさりとできてしまった。やはり、同様な問い合わせや手続きをする人が多いんだろうね… 思い切って、電話して良かったよ。あと、生協に来月中旬からお休みの連絡を入れる。さらに、夜中には産後、旦那の会社に申請しないといけない書類作りを少しする。一部の書類はフロッピーでもらっているので、それに氏名など必要事項を打ち込んで、プリントアウトするのみ。性別の目安はついたが、どちらが生まれてもOKなように、各書類2種類ずつ準備(すでに名前を決めているので、それを打ち込んで…)。あとは後日パソ対応でない書類の必要事項記入と、今日作成した書類に印鑑を押すのみ。この3事項が少し進んだだけでも、とても前進した気分。本当は荷造りの方が大変なんだろうが… 荷造りは来週からはじめるぞ!という意気込みでいるが、まだリスト作りをまったくやっていないので、いろいろ詰め忘れをしないように注意しないといけないな…

2003年5月30日(妊娠30週2日)
産前最後の娘の栄養相談日。でも、今日は、娘の相談はなしで、私の妊娠後期の栄養相談に変わった。身長と普段の生活における活動量(低い方から2番目に相当)から、一日に必要なカロリーと食品の量の目安表をくれた。朝食がパン食だと、厚切り食パン2枚は必要だそうだ。それにサラダなどをつけると、なおベストらしい。ご飯なら220gは必要らしい。牛乳・乳製品は除去中なので、低アレルゲン化したEお母さんを最低1袋/日には必要で、授乳期には2袋/日に飲んだ方が栄養的には良いようだ。今はたまにしか飲んでいないので、もう少し飲むようにしないといけないな… 除去が負担となっていないから、ついつい飲み忘れる。あとは間食にふかし芋など栄養&ボリュームあるものを結構とった方が良いみたい。表に掲載してあるすべてのものを毎日食べるのは困難だろうから、1週間単位でバランス良く、多くの食品を摂取できれば問題ないようだ。

2003年5月31日(妊娠30週3日)
今までもよく骨盤(仙骨部分:背骨の骨盤部)が痛かったけど、夕食時以降、起き上がるときや横になっているときに少し寝返りをうっただけでも痛みが走る。さすがに、少し我慢できないなと思って、旦那に冷シップを張ってもらう。最初は指圧してもらっていたけど、骨の部分だし、疲れると思って、シップにしてもらった。シップのおかげで、痛みはとてもましになる。8ヵ月半でこれだから、9ヶ月以降は想像するだけで怖いな… あとお腹の張りも頻繁。夕食を食べながら張り、少し休憩をして、張りが治まり、少し片づけをすると、すぐにかちかちに硬くなる。こまめに休憩をしながら、やるしかない状態だった。お腹の張りと腰の痛みで、少しいらいら。娘が歯磨きをさせてくれないとかもあったんだけど…

ようやく少し里帰りのためのリストを作ったので(完璧でないかも)、今荷造りをしている分だけチェックをする。よく考えるとあと2週間もないのだ。大きいしっかりとした箱もあまりないから、宅配業者に依頼してもってきてもらおうかな… とりあえず、ベビー関係と必要書類はほぼそろったが、あとは私と娘の普段の衣類などだから、直前にならないと駄目かも(笑)。まだまだ時間があると思っていたのに、すぐそこまで来ているんだもんな…(ちょっと(かなり)怖い) 早ければ、2ヶ月で家族が増えるんだもん。と言っていたら、あっという間に「寝返った」だの、「タッチした」だのと言っているんだろうなとも思うけど(笑)。

2003年6月4日(妊娠31週0日)
今日から妊娠8ヶ月最後の週のはじまり。いよいよ来週の明日には里帰りです。早いもんだ… 今日はヤマトさんに連絡をして、宅配便用の一番大きな箱(宅配車の絵入りの箱)を4個持ってきてもらう。一番安い送付の価格を聞いてみたが、まだ荷詰めをしていないこともあり、詳しくはわからず。とりあえず、専用の伝票を使用して複数個のまとめ送りなら、1箱につき100円引き、さらにヤマト便というある程度の高さと重さ以上のものをまとめ送りする方法があるようで、それは荷詰めをしてからでないとわからないらしいが、4,000円位かなというところだった。HPで検索したら、ミニ引越し便もあったが、見積もりなどの都合もあるので、ちょっと利用しづらいしな…(直前でないと詰められないものあるので、正確な個数がわからないし) 私の予想では大5箱前後+小1−2箱+ベビーバスを入れた箱(ベビーバスは箱詰めの形にしないと、料金が2−3倍必要らしいので)。今日の時点で、2箱強荷造りをした。あとは普段の衣類・おもちゃ・絵本など… 特に、絵本とおもちゃを先に片付けると、暴れられるので、直前しか無理。帰省前日に送付予定だが、その日はどうやってごまかそうか、今から頭を悩ませているところ。言葉が出る分、「ない、ない、ぱとかー、ない。みつけない。さがして」とか、「えほん、ない」、「しまちゃん(あんぱんまん)、ばいばいした」などなど、目的物が見つからないと、とてもうるさいのだ。少し憂うつ… でも、頑張って徐々に荷詰めするぞ! 今日、週間予報を見ると、来週は梅雨入り?ではないかもしれないが、雨マークが前半ほとんどだった。後半はどうかな? 少し心配だ。外を歩くのはバス停までの短距離だけどね… 東京まで、母が迎えに来てくれるとはいえ、娘の抱っこは避けられないしな。帰る日くらいは、せめて曇りであって欲しい…

2003年6月6日妊娠31週2日)
今日が東京で最後の検診日。体重増加は前回より0.9kg増。6月1日(夕)、2日(昼)に外食をしたので、体重が結構増えていて、気にしていたが、なんとか1kg弱の増加ですんだ。2週間ごとの検診なら、本来は約500g以内の増加までが理想的なはずだけど、特に指導は受けず。一応、妊娠前から+4kg弱で今のところおさまっています(つわりで減少した分も含めて考えると、+5.6kgにはなりますが…)。今のところ、理想的な体重増加のはず… でも、2週間前の採血の結果がでて、見事貧血(ヘマトクリット10.1g/dl)でした。妊娠前期はなんとか標準値(同11.7)だったけど(標準域は確か10.9以上のはず)、鉄剤とビタミン剤を服用すること(朝食後のみ)になりました。これでも娘のときよりは服用開始が遅いんですけどね… もともとが貧血体質だから、納得済みです。前期以来、久々内診を受けた。子宮口もしっかりと閉まっているので、問題なしです(転院のための大移動があるから、してくれたのかな?)。あとは転院のための紹介状をもらって、こちらでの検診は無事に終了! 後期まで長いぞと思っていたのに、今回は本当にあっという間だった。やはり、一人目と二人目の精神的な違いかな? 転院は34週までにすれば良いのだが、里帰りをした翌週後半が33週のはじめで、ちょうど今日の検診から2週間で、検診を受けるタイミングもベストな状態(コストが一番助かる)。分娩予定産院はどんな感じでしょうね… 自分の理想的な分娩(LDR)&産後の生活(母子同室&ALL完全個室&母乳育児推薦)予定で選んだけど、去年開院なので、いろいろ諸問題(特に、産後のこと)はあるようだが、ここは経産婦の強みとして、少し前向きに望もう(でないと、このHPを作っている価値が幾分減るよね…)

2003年6月8日(妊娠31週4日)
6月に入ってからお腹の張りと骨盤の痛みが激しい。お腹の張りはまだ大丈夫だし、そういう時期だから仕方がないけど、骨盤の痛みはどうしようもない… 1人目のときは、10ヶ月の正期産(37週)に入った頃から、恥骨や太ももの痛みで、歩くのもやっとだったように思うけど(それまでは特に痛みなし)、二人目は後期に入ってから、前回陣痛で痛みを覚えた骨盤が痛くて、安静体勢が一番辛かったりする… 今までは仙骨部分背骨の延長部分)だったのに、今日は左側の仙骨と腸骨(骨盤の主な部分)のつなぎ目部分が特にひどい。やはり、一人産んでいると、結合部の緩みが早いのかな?(でも、緩む主な部分は、前方の恥骨部のはずだけど…) とりあえず、夜に湿布を張ってもらう。対策はこれしかないので… 

そのため、今日の舞浜イクスピアリ(TDL、TDSに隣接したショッピングモール)へのおでかけパス! 旦那と娘二人で、里帰り直前の最後の休日を楽しんでもらうことにした。特に、ここ数日、こういう体の動きづらさと、里帰り前の不安感と、後期のホルモンバランスの乱れなのか、理由のないストレスを感じていたので、一人で半日ゆっくりとできたことで、気分がすっきりと晴れた。やはり、娘を外に連れ出してあげたくても、なかなかできない辛さかな? 7ヶ月頃までは、「通常のかばん程度の荷物なら、娘と二人で里帰りもできるぞ」と思っていたが、今の時点では甘いことに気づいた。旦那が来週出張続きなので、母に迎えを頼んでおいて、ますます良かったと思う。抱っこはしないといけないけど、付き添いの有無は精神的な安心感で、非常に大きいと思う。荷詰めはようやくほぼ終了かな… あとは普段の衣類・下着を少しと子供のおもちゃ。おもちゃも片付けられれば、気持ちも落ち着くが、お気に入りのを早々と片付けると、「おもちゃ、ない、さがして」と大暴れされるから、仕方がないよね… リストは作ってあるが、忘れ物がないか不安だ。購入できるものはそれもいいんだけど… 現在、4箱(宅急便の大)+ベビーバスを入れた箱+おまるを入れる箱(おまるはまだ入れていない)の6箱。あと1箱くらいは必要かも…(小サイズで充分だと思うが) 複数個送付が安いか、ヤマト便が安いか、さてどちらでしょうね…(とても微妙)

2003年6月10日(妊娠31週6日)
今日、母が里帰り出産のために迎えに来る。旦那が忙しくて、送りができないことと、やはり娘と二人で大きなお腹をした状態で帰ってくることを心配してくれたからだ(普段の生活の息抜きも少しあるけど)。荷造りもほぼ終えていたので、今日することはほとんどないんだけどね… 私がべったりと相手ができない分、娘の良い遊び相手。娘も大喜びで、すっかりおばあちゃん子! 
娘が就寝後、持ち帰り以外のおもちゃや詰め忘れのものを荷詰めして、何とか宅配便の発送準備終了! 一応、今日までのパソコンのバックアップも送付し、明日の分は持ち帰り。本当に、いよいよだ… ところで、今日で8ヶ月終了。明日からいよいよ9ヶ月です! ちなみに、現在の体重増加が妊娠前+3.5kgです(起床時:少し食べれば、1kg程度は変わるけど)。出産までに赤ちゃんの体重が約2kg増えるので(もう羊水が増える時期ではないので)、予定通り6kg増加ですむかな?少し期待…

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved