No.4 ぷれまま日記
妊娠4ヶ月(妊娠12〜15週)
妊娠初期最後、お腹が少し出てくる
胎児名は、「みゅーちゃん」に決定!
2000年5月17日 (妊娠12w0d)
今日から4ヶ月目に入った。時間がたつのも早い。あっという間に今日を迎えたという感じ。なんやかんや言っているうちにお腹が大きくなったねと思ったら、産まれてしまうのかなというのが正直な心境です。正味あと半年ちょい。そろそろマタニティーとかの準備を考えなくっちゃ。

2000年5月21日 (妊娠12w4d)
あとちょうど1ヶ月後は、5ヶ月目の戌の日。腹帯を巻く日です。帯は実家でお参りしたものをそれまでに送ってくれるらしい。その日に水天宮(安産の祈願に良いらしい)にお参りに行きたいけど、平日だから無理だろうなと旦那と話している。旦那の会社からは電車で一駅なんだけど。だから、親もお参りしてくれるけど、自分たちでも安産祈願にその前の土日でも良いからいけたらいいねと思った。

2000年5月25日 (妊娠13w1d)
最近、ジーンズやズボンが少しきつくなってきた。家ではチャックの上のボタンをはずしただらしない姿。少し外に出るときは我慢して締めて出るけど、長時間はきついので、去年買ったゴムの楽なズボン。早い人で4ヶ月の終わりから目立ってくる人もいるようなので、そろそろ1つくらいはマタニティーの服を買いに行かなくてはいけないかなと思う。前回の検診から2週間以上たったので、本当お腹の中で元気にしてるんだろうかと少し心配になることもある。来週はじめには行く予定だから、まあそれまでのお楽しみというところでしょうか?妊娠中期になると、しばらくは1ヶ月に1回になるから、なおさらそう思うかもしれない。でも、5ヶ月の終わりか6ヶ月に胎動を感じることができたら、こういう不安はなくなるのかな?

2000年5月29日 (妊娠13w5d)
今日は検診日。4ヶ月目に入ったこともあり、体重や尿検査、血液検査もあった。尿検査ではタンパクや糖も陰性だった。血液検査では、一応わかっているが、念のために血液型とRh+の判定、それに加えて肝炎(B型・C型)、梅毒、エイズ、貧血などを行う予定である。結果は次回。今回は検査代の一部や診察代の補助券が都から出ていたが、それ以外の項目の検査もあったために13,000円も必要で、ちょっと痛手だった。超音波検査では、今回胎盤がほぼきちんとできてきている様子を見ることができた。みゅーちゃんも元気にぴくぴく動いていた。さらに、手も足もきちんと観察できた。頭の上から見た状態では、上腕部、前腕部をきちんと区別して見ることができた。頭の直径は24mmくらいだそうだ。超音波ドプラーを初めてやったが、どくどくと心音がはっきりと聞こえた。次の検診は約1ヶ月後であるが、それまでは自分で確認できないのでちょっと不安かな… それと、30歳をこえているので、次回の検診時に子宮癌と乳ガンの検査も併せてするらしい。その受診券を区の保険福祉センターに申請するためのはがきをもらった。今週末は初めての母親学級。どんなことをするのか、少し楽しみだ。




超音波写真はこちら



あー、もう人間の形になっている… 成長が早いんだな。医学系番組の胎児の成長過程が目に浮かぶようだ。これからもっと 人間らしくなるんだろうな… あと超音波ドプラーで心音が聞こえたらしいが、わしは聞いてないよー。

2000年6月3日 (妊娠14w3d)
今日は医院での第1回目母親学級(約2時間)があった。聞きに来ていた人は私も含め、3人。年齢の若い人達ばかりかなとちょっと不安もあったが、3人とも昭和42、43年生まれでほぼ同じ年で、みんな初産ということで安心した。最初は助産婦さんから妊娠中の生活での注意事項について、次に管理栄養士さんから栄養指導のお話があった。やはり、体重の増加と妊娠中毒にはすごく気をつけることを言われた。今、通っている病院は個人医院なので、手術設備が十分ではないので、妊娠中毒症にかかったり、逆子などで帝王切開が必要になると受け入れができなくなり、強制的に大病院に転院となるらしい。ごく自然分娩のみ(たまに分娩誘発剤を使うことはあるらしいが)を行うようだ。ほぼ家族経営なのでアットホームで、入院中の食事もおいしいらしいし、できるだけそこで産みたいのが本音である。産後も母子同室で、多くても同じ部屋に2組しか入らないようなので、すごく面倒見よく入院中もお世話をしてくれるようだ(1ヶ月に出産は平均17人くらいらしい)。今、体調も良くなってきているので、安心して食べ過ぎると、すぐに太る傾向があるので、本当に注意していかないと。散歩とかして運動もしたり… 絶対、そこで産むぞと言う意気込みで頑張りたい(転院は気分的にいやだ)。

2000年6月4日 (妊娠14w4d)
赤ちゃん本舗、TOC店(五反田)にマタニティー用品を買いに行った。昨日、パンツは今までのように小さいのではなく、お腹もたっぷり包むものにした方が言われたので、マタニティー用を買った。初期から臨月までの対応で、腹囲の大きさの調節はゴムの長さをかえたり、生地の伸縮性ですむようだ。これをはいたら、ぬくくて気持ちがよい。また、6月21日から巻く腹帯も購入した。助産婦さんの話では、さらしは巻くのは難しく、実用的ではないし、ガードルタイプは冬の方がよいということだったので、単なる腹巻きタイプと、マジックテープで開閉する腹巻きタイプで、そのマジックテープでお腹の大きさも調節できる2種類を買った。前者の方は生地の伸縮性でお腹の大きさを調節するからずれる可能性も高いので、主に家にいるときや就寝用として、後者はずれることはないと思うので外出用に良いかなと思っている。また、実際使い始めたら、長所も短所も見えてくるから、どっちが便利かよくわかるかなと思う。友達とかに聞けばガードルタイプが多かったけど、助産婦さんによれば夏場にはあせもがよく出るらしいとのことで、今回はやめた。まあ、購入したものでも少なからず出る可能性はあると思うけどね。でも、赤ちゃん本舗、マタニティー用品、ベビー用品、子供のおもちゃなどありとあらゆるものがそろっていて、見ているだけでも結構楽しかった。まあ、一番楽しんでいたのは旦那ではないかと思うけど。

2000年6月7日 (妊娠15w0d)
いよいよ今日から15週目、妊娠初期の最後の週です。この前の検診で胎盤もできていたし、助産婦さんによれば、もう安定期に入ったと考えても良いらしい(かといって、過信は禁物だが)。安定期になったら、「ぷれまま日記」を立ち上げようという話になっているので、そろそろだ。日記はちょこちょこ前から書いていたが、今日はレイアウトや構成をなんとか仕上げた。あとは超音波写真も入れたいので、スキャナでの取り込みとその構成はまた後日。長時間、いすに座っているとお腹が張ってきてしんどいのだが、今日はたまに立ち上がりながらだけれども、なんとか4時間近く座ることができたが。しかし、このくらいが限界かな。今までは1時間過ぎるとしんどかった。

2000年6月8日 (妊娠15w1d)  
今日は大安ということで、実家の両親から腹帯などが送られてきた。いざなぎ神宮でお参りしていただいた分。腹帯の中央には神社の印鑑が押してあり、箱には赤い生地(ハンカチのようなもの)でおった鶴も同封されていた。聞くところでは戌の絵を描いたり、判を押してあるところが多いと聞いていたが… また、腹帯の他に安産のお守りやしゃもじ、祈祷した米粒少々、緑茶、なぜか瓦せんべいまでももらったそうだ。その他に夫婦お守り(青と赤のお守りが二つ入ったもの)もわざわざ買って送ってくれた。夫婦で仲良く頑張ってかわいい赤ちゃんが産めますように、ということで買ってくれたそうだ。感謝感謝。頑張って元気な赤ちゃん産まないとね。

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved