No.8 ぷれまま日記
妊娠8ヶ月(妊娠28〜31週)
妊娠後期に突入♪
2000年9月6日 (妊娠28w0d)
今日からもう8ヶ月です。長いようであっという間だったような気がする。今日は8ヶ月目の検診に行ってきた。今回は後期の区の補助券が使えるので、診察料は無料でした。でも、貧血を調べるための血液検査をすると同時に、クラミジアの検査もするというので、検査料5000円が必要だった。みゅーちゃんの推定体重は約1200g、大きくもなく小さくもなく、週齢にあわせて順調良く育っているようだ。性別の確定は今回もできなかった(推定のみで終わる)。今回は私自身の体重増加が産婦人科では0.5kgにとどまっていた(家では1−1.5kgだったけど)。ちょうどみゅーちゃんが先月より約500g増えているので、その増加分くらいですんだ。ただ、今度からは2週間ごとの検診になったので、油断して一気に増やさないようにしないといけないなと改めて思った。今のところ、妊娠前より約4kg増。出産時までに、あと2−3kgなら万々歳なんだけどな。どうなることやら… 超音波写真はもらいましたが、頭と心臓(胸部)の部分だったので、また気がむいたときにでもアップしようっと。

超音波写真はこちら

2000年9月7日 (妊娠28w1d)
みゅーちゃんに踵で蹴りを入れられた。なぜ、踵と思ったかというと、蹴られた場所はお腹のへそより上と子宮の胃に近いところで、蹴られた感触が踵の骨にそっくりだったから… やはり、体の他の部分で蹴られるの感触とまったく違う。あと、背伸びするように足を伸ばして、その踵がお腹に当たっていると、外から触ったときにそこの部分だけ硬いのがよくわかる。外側からつんつんしてやると、踵を引っ込めるのでおもしろい。こんなことって初めてだったので、少し感動! 以前ははっきりとわからないけど、下腹部の方で手の指でなぞられるような感じはたまにあった。でも、踵だと力強いので確信が持てそう…

2000年9月9日 (妊娠28w3d)
喫茶店から帰るとき、どはでに転んでしまった。喫茶店の階段を一番下までおりてホッとした瞬間、体がよろめいて、態勢を立て直そうしたが、逆に一気にバランスが崩れて、ほんの少し段差がある道路まで投げ出されてしまった。何とかお腹は打たなかったものの、両方の手の平、両膝は擦り傷だらけ。めちゃくちゃ痛い。手のひらもよく見ると血がにじんでいるし。あまりにこけ方が派手だったのか、妊婦と気付いてくれたのかよくわからないけど、すぐそばにいて自転車で帰ろうとしていたカップルのお兄さんが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。でも、すごく恥ずかしくて、お兄さんの顔をまともに見ることもできず、「大丈夫です。すみません」とだけ答えて、足早に立ち去ろうとしたら、「お大事に!」って言ってくれた。気を使ってくれたのはすごくうれしかたけど、痛いのと恥ずかしさで一杯だった。特に膝がひどく、擦り傷だけでなくどことなく腫れている。明日は完全に青あざができるわ… おまけにじんじんとして痛いし、すごくショックだった。そのショックと痛みで、朝方まで寝ることができなかった。ぐすん。

2000年9月10日 (妊娠28w4d)
やはり昨日の打った膝は青あざになってしまった。右膝はほとんど全部だし、左膝は膝の下の方に膝くらいの大きさのあざができていた。あざは知らないうちによく作るけど、こんな大きいのはここ久しくでは見たことがないくらい… いつも気をつけていたけど、これからはもっと気をつけないといけないわ… 自分では大丈夫と思っていても、もうバランスが保ちにくい体になっているのね。

2000年9月11日 (妊娠28w5d)
先週の検診の時に鉄製剤と一緒に緩下剤をもらった。妊娠して便秘気味だったのが、鉄製剤を飲み始めてからひどくなったからだ。やはり、この緩下剤の効果はあるらしく、飲んだ次の日は少ないながらもお通じがちゃんとあった。でも、安心して次の日に飲み忘れたら、元に戻ってしまった。その次の日にきちんと飲んでも、便意を催すお腹の不快感はあるけど、結局だめで、2日連続して飲んでようやくという感じだった。緩下剤に頼らなければいけないというのはなんか悲しい気もするな… いつまで続けるのかよくわからないけど、癖にならなければいいな。薬剤師のくせしてそんなこといってたら、あかんな。でも、免許だけのペーパー薬剤師だからね。仕方がないっかと自分を慰める…。

2000年9月16日 (妊娠29w3d)
今日は医院の母親学級第3回目。内容はお産の進み方と栄養指導。本とか見ると入院準備品は結構あるけど、今通っているところでは、洗面用具と下着のみでいいらしい。パジャマやバスタオル類は病院のが用意されているし、パッドや清浄綿なども入院セットとして支給されるので、すごく楽である。お産が始まるとき、破水の時はすぐに行かないとだめだけど、陣痛からの時、初産婦はやはり10分間隔になって2−3時間後に医院に行くようだ。なにせ、体力勝負なので、その合間にご飯やシャワーをすませたりしておくとよいそうだ。お産は基本的に座位でやるらしい(普通はあおむけ)。座位だと赤ちゃんが下がりやすいからだろうと思う。旦那様も基本的に立ち会う方がいいらしい(強制ではないが)。二人で産んだという感動がうまれるらしい。特に、旦那さんの方が感動の涙・涙になるようだが… 妊婦は一仕事終わったという感じらしい。でも、痛みだけはすごいからといつも驚かされる。「痛いですよー」なんて、しゃべっているときは、まだまだ余裕があるときらしいのだ。ショックで気を失った人はいないと言うけど、本当に自分は耐えられるのだろうか?

2000年9月17日 (妊娠29w4d)
昨日母親学級に行ったとき、TBS金曜ドラマ「フレンズ」(ダウンタウンの浜ちゃん、和久井映見主演)にこの医院が出たと話題になっていた。助産婦さんもロケにきたみたいよと言っていた。ビデオにとってあったが、まだ見ていなかったので見てみると、確かに最終回から一つ手前の分に実名で出ていた。鈴木砂羽がつわりでかがみ込んでいるのを見て、たまたまいた村田雄浩が夜に産婦人科に連れていくというシーン。建物への入り口(看板があるところ)と待合室が映し出された。夜なので患者さんこそいなかった。舞台となっている場所とはずいぶん離れているんじゃないかなと邪推をしたけど、うちの近所は夜静かで人通りや車の通りが少なくなるので選ばれたのかな?(知ってたら、見に行ったのにな…残念!)

2000年9月20日 (妊娠30w0d)
2週間ごとになった産婦人科検診。私的には特に異常なし(外診・内診)。みゅーちゃんの体重は推定約1700gとなり、この2週間で約500g増える。前回は1ヶ月で500gの成長だったのが、今回は2週間で500gとだんだん成長の速度が速くなっている。私の体重増加も0.5kgのみ。妊娠前から4kg増と割と優秀な体重増加である。今回も性別はたぶんくらいで、確定はもらえず… 超音波写真も前回と同じで、全体が写らないため、頭部と胸部の写真のみをもらうが、妊娠中期までのように刻々と変わる面白みがなくなった。そのため、まだ後期になってから、スキャナーをしていない。早くしないといけないな… 腹囲の大きさもほんの少ししか増えていないが、鏡を見る度にますますでかくなったと実感する日々… これから臨月にかけてまだまだ大きくなるんだろうな。次回はいよいよ乳房マッサージの指導があるらしい。

2000年9月21日 (妊娠30w1d)
なんか、おとつい寝るとき、すごく息苦しかった。理由はわからない。産婦人科に行ったとき聞けばよかったんだけど、すっかり忘れていた。昨日も少し息苦しくなった気配があったので、なんか不安でなかなか寝付けなかった。みゅーちゃんは割と胎動はおとなしい方だと思うが、そういう不安なときはすごく活発になって、手足をもぞもぞさせる。私の気持ちが分かるのだろうか? 今日は掃除を少ししただけでも少し動悸が激しくなるような感じ… 妊娠が進むと、血中の水分が増えて動悸が激しくなると本に書いてあったが、そのためなのだろうか?

そういえば、昨日午後は押入の片づけを少し頑張ったら、夕食を準備するとき、少しお腹が気持ち悪かった。主に衣類で軽かったのに、やはり無理できんな… 妊娠末期に片づけを少し頑張ったら、破水してそのまま入院したという体験談も見たことあるから、本とか重い物は一人でやらない方がいいのかな? やりたいことはいっぱいあるのだけど。

今日、この文章を打っていたら、みゅーちゃんが元気に動き出した。服の上からでももこっと盛り上がったりするのがよくわかるようになった。みているとおもしろい。自分のお腹であって、自分のお腹でないみたいだから…

2000年9月24日 (妊娠30w4d)
今日はみゅーちゃんの衣装入れのための3段ボックスを買った。少し幅の広めの分。あとはこれにみゅーちゃんの肌着やウエアー、バスタオルなどを洗濯してつめれば、OK! そのうちの一部は退院時に必要なので別に袋に詰めてと。あと主なものは今度の日曜日にほとんど買うつもりの予定… 今までマタニティーの下着やみゅーちゃん用品でなんやかんやと約4万円ほどいっている。まだ布団などの大物も残っているし、結構初めての出産って準備するのにお金がかかるなとしみじみ思った。それよりもほんとうに早く片づけないと、一方の部屋がここにきた当時のように荷物置き場へと変わりつつある。でも、なかなか主に週末だけだと思ったほど進まないんだよね。準備のための買い物に出かけたりするから。

2000年9月27日 (妊娠31w0d)
あと1週間で9ヶ月。ここんとこ毎日みゅーちゃんはよく動く。でも、旦那が話しかけたり、動きを見ようと思って触ったりすると、なぜか逆に静かになって、たまに反応するだけになる(ちょっと旦那はすねぎみ?)。特に、手足の発達がここんとこ進んでいるのか、むぎゅーと動いて、お腹を波打たせたり、もこーとつきあげたり… 以前は横になってでないとあまりわからなかったのに、最近は座っていても立っていてもよくわかるようになった。予定日まであと2ヶ月。でも、早めに産まれるとすれば、もう2ヶ月ないんやと思うと、なんか毎日どきどきする。今のようにのんびり構えていいんだろうかとか、早く準備や片づけをしないとと思うと、気持ちだけが焦って、時折眠れなくなったりする。実際はなんとかなるんだろうけどね。

2000年9月29日 (妊娠31w2d)
今日は結構大がかりに片づけをやった。ちょっと体の方が心配だったけど、割と重い物を中心に。自分の荷物をもう少し減らそうと、書籍類や書類をだいぶん捨てた(ちょっと名残惜しいが…)。そのおかげで2箱は減り、押入にも少し余裕ができた。あとは余裕をもって段ボールに詰めてある旦那の荷物も少しまとめたり、分野ごとに分けたりした。やろうと思えば限りなかったが、体の方がついて行かなくなったので、途中で断念。仕方がないっか…・ まだまとめようと部屋に放り出してあるのもあるけど、ぼちぼちやることにしよう。でも、こんな重労働は毎日は無理なので、週に2−3日、短時間が限度かな。また来週だ!

2000年10月1日 (妊娠31w4d)  
赤ちゃん本舗に買い出し。やはり、フェアーの最後の日で、日曜日ということもあって、店内に人が多いし、レジも長蛇の列。とりあえず、大型のものは持って帰れないので、送ることにした。そのため、送付用と持ち帰り用に分けて、レジに2回並ぶ作戦をとる。まずは、大型のもの。布団一式、おむつ、使用済みおむつをためておくボックス、ベビーバス、ベビーラックの送付を依頼。でも、このレジに並んだ間に、自分たちが買った布団やベビーラックは売り切れていた。先にとりおきしてよかった。このあと、ゆっくりと産後のための下着や洗い替え用のシーツ、ほ乳瓶洗浄後のストックボックスなどを購入。旦那は荷物持ちをしていて、人が多くてあまり移動できないので、私が目的の品物をとりに歩き回っていたので、結構疲れた。でも、今日でほとんどそろったのですごく安心した。

しかし、家に帰ってみると下着に茶褐色の血液が混じったおりものが付着していた。金曜日から割と動いているために体に変調がきたのだろうか?と少し心配になった。このまま何もなければいいんだけど…

2000年10月2日 (妊娠31w5d)
やはり、深夜と朝方にも同様のおりものが付着。さすがに深夜にあったときは、心配で朝方までほとんど眠れず。ちょうど出産の兆候のおしるしに似た状態なので、まさか切迫早産?なんて言葉が頭によぎった。でも、お腹の張りが強いとか、痛みがくるわけではないのだが… 張りとか痛みがなくても起こりうると心配で読んだ本に書いてあり、この3日間のいつもより少しハードな活動を反省… 朝までうとうとした状態で寝て、旦那を送り出した。先週の寝不足もあり、その上今日の寝不足で、これ以上ひどくなるのが怖かったので、午前中安静に寝ていようと思ったが、心配で眠れず。9ヶ月の検診まではあと3日ほどあったけど、心配なので8ヶ月の終わりだけど、産婦人科に行くことにした。産婦人科ではとりあえずエコー、胎児の心音に異常が認められなかった。そのため、胎盤異常による出血の可能性は否定された。お医者さんも切迫早産の可能性を考え、ノンストレステスト(NST検査:分娩管理装置をつけ、子宮の収縮に伴う陣痛を調べたり、胎児が出産に耐えられるかを調べる検査、臨月によくする)の準備を看護婦に依頼しているのが聞こえ、ちょっと不安に… その前に内診があった。たえず、出血しているわけではないが、内診をすると血がついてくるらしい。子宮は完全に閉じていて、赤ちゃんが下に降りてきている気配もないことから、切迫早産の可能性は否定され、NST検査も受けなくてすむことになり、一安心。しかし、最初はどこから出血しているのかわかりにくかったらしいが、子宮の外の膣の部分にびらん(ただれ)があり、そこが原因ということになり、お薬を塗ってもらった。このまま出血が止まれば、2週間後の通常通りの検査、もし続けばまた1週間後に診察に行くことになった。このまま止まってくれればいいな…

ところで、みゅーちゃんの方は頭の直径(児頭大横径)が約8cm、身長約38cm、推定体重が約2000gになっていた。どんどん大きくなるね、君は…と心の中で思った。性別もこの前までは推測の域を出なかったが、今回はほぼ確実といわれた。一応写真ももらう。





超音波写真はこちら

2000年10月3日 (妊娠31w6d)
昨日の診察後は出血がなかったが、今日朝起きてみると、また出血があった。それ以降は微妙に続いているようだが、今までほどではない。なんか鏡を見ると、またさらにお腹が大きくなっているのがよくわかる。怖いくらいに。そのためか、急におなかが重く感じられるようになってきた。今日は雑巾掛けをしようと思ったが、さすがにお腹が重くて辛いし、かがめば足に当たって動きづらいので、床クイックルを買いに行った。ウエットをまずかけて、次にドライで床を拭く。少し汗ばんだけど、やはりお腹に負担がかからない分、楽になった。今まではそんなに負担とは思わなかったのに、明日からの9ヶ月を目の前に一気にきたという感じ… あとパソコンしていると、結構腰にも負担がかかるようになった。いすが辛いのかな? 腰痛にならないように気をつけねば…

  

Copyright - © おでびびはうす 2006 All Rights Reserved