はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

カレーライス
<原材料>
米または雑穀(単独もしくは混合)、玉ねぎ、ジャガイモ、人参、キノコ類
アレルギー対応カレールーもしくは手作り(雑穀粉などとカレー粉から)
肉類(兎・馬・カンガルーなど)またはアレルギー対応ウインナー
(ラビソーセージ(ウサギ)・メルスティック(メルフィッシュ)など)
もしくは魚介類

<変更材料>
肉類(兎・馬・カンガルーなど)・アレルギー対応ウインナー(ラビソーセージなど) 
 →鶏肉や豚肉赤身、ツナノンオイル缶、ポークウインナーなど

(写真) ウサギ肉、玉ねぎ、ジャガイモ、エリンギ、人参、A1カレールー(製造販売中止)、白米

<作り方>
1.雑穀を使用する場合、あらかじめ水につけて灰汁抜きをして下さい。
2.作り方は普通のカレーと同じで、具材を切り、煮込んでから、ルーを入れるだけの
  簡単メニューです!

<ポイント>
◇ルーを小分け冷凍保存をしておけば、忙しいときや昼食に便利です。約2週間は保存可能です。
◇カレー粉は香辛料なので、アトピー性皮膚炎の場合、痒みを増強させることがあります。
  その場合には、このレシピを作らないで下さい。もしくは、カボチャ粉末と塩、醤油などを利用して、
  コピー食(カボチャなどから)のルーを作って下さい。
◇授乳中の方は、カレー粉の辛味成分により、授乳拒否をされる場合がありますので、ご注意
  下さい。
◇アレルギー対応レトルトもたくさん出ています。症状やアレルゲンに応じて、それらも利用すると
  便利だと思います。ただし、カビ(カンジダなど)にアレルゲンがある場合、それらに含まれる酵母
  エキスに反応する場合がありますので、ご注意下さい。数は少ないですが、酵母エキス不使用の
  製品もありますので、そちらをご利用下さい。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳完了期後半頃〜幼児食(1歳半頃)からOKです。
◇痒みが強い場合は、作らないで下さい。
チャーハン
<原材料>
白米または雑穀(単独もしくは混合)、玉ねぎ、ネギ、キノコ類(しめじ・シイタケなど)
緑黄色野菜(ほうれん草・チンゲン菜・ピーマンなど)、油もしくはアレルギー用マーガリン
アレルギー対応ソーセージ類(ラビソーセージ・馬ウインナーなど)または挽肉(兎・馬など)
塩もしくは醤油、トマトケチャップもしくはノンコ−ポソース(お好みで)
<変更材料>
アレルギー対応ソーセージ類(ラビソーセージ・馬ウインナーなど)→ポークウインナーなど
挽肉(兎・鹿・馬)→挽肉(鶏胸、豚赤身など)

<作り方>
1. 雑穀を使用する場合、あらかじめ水につけて灰汁抜きをして下さい。
2.具材を細かく切って炒めて、最後に、ご飯と混ぜて炒め、味付けをします。塩味、しょうゆ味、
  ケチャップ味などお好みでつけて下さい。

<ポイント>

◇油脂類を極力控えめに調理をして下さい。油を使わなくてもOKなフライパンがおすすめです。
◇肉類は脂身の少ない部分を使用し、二度ゆでして下さい。ブロック肉を用いる場合は、
  二度ゆで後、小さく切った野菜と一緒にフードプロセッサーに入れると楽です。
◇野菜嫌いの子供さんにおすすめです。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳後期〜完了期頃(1歳頃)からOKです。後期頃は、炊飯終了後、少量の水もしくは出汁に
  入れて雑炊風にしても良いと思います。ご飯の硬さは離乳の進み具合に応じて、出汁もしくは水
  加減を 調整して下さい。
お好み焼きまたはたこ焼き風
<原材料>
雑穀粉もしくは米粉、タピオカ粉、キャベツ、ネギ、お好みの野菜
肉類(兎・馬などの挽肉)や魚介類(イカ・タコなど)、水または出汁
油もしくはアレルギー用マーガリン、醤油もしくはソース
アレルギー用マヨネーズ(お好み)
<変更材料>
雑穀粉もしくは米粉→国産小麦粉など
タピオカ粉→片栗粉、山芋をおろしたものなど
肉類(兎・馬など)→豚肉赤身など

(写真上) 【離乳食・幼児食・除去食用】
 うるち粟粉、タピオカ粉、キャベツ、ピーマン、タコ、ちりめん、稗醤油
(写真中) 【制限がゆるい方用】
 写真上+豚、鰹節、紅しょうが
(写真下) 【家族用】
 写真中+アレルギー用マヨネーズ

<作り方>
1.雑穀粉のあく抜きをして下さい(乾煎り)。
2.粉類を水もしくは出汁で溶きます。普通のお好み焼きより、硬めの生地にします。
3.上記に具材を入れて混ぜます。
4.弱火でじっくりと両面を焼きます。

<ポイント>
◇米粉を用いると、もちっとした感じになります。雑穀粉よりはまとまりやすいと思います。
◇弱火でゆっくりと焼くことがポイントです。そうでない場合、型崩れを起こします。
◇生地を少し弛めに作って、たこ焼き器を用いて、たこ焼き風にしてもおいしいと思います。
  具材はタコがなくても、OKです。
◇肉類・魚介類は二度ゆでして下さい。
◇キャベツの代わりにご飯を入れたり、雑穀麺・米麺を加えて、モダン焼きにすることもできます。
  モダン焼きにすれば、お腹を満たすと思います。
◇油脂類を控えめにしてください。油不使用で調理できるフライパンを使用して下さい。特に、
  授乳中の方は、脂身の少ない肉類を使用し、マヨネーズは論外です。乳腺炎の原因となります。
◇野菜がたっぷり食べられるので、野菜嫌いの子供さんにもおすすめです。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳後期〜完了期頃(1歳頃)からOKです。手づかみで食べる練習にもなります。味付けは、
  生地に醤油を少量混ぜるのみで充分です。油はなるべく使わずに焼いて下さい。
◇肉類・魚介類は二度ゆでして下さい。または、これらがなくてもおいしいと思います。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved