はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

魚のスープ
<原材料>
骨抜き魚(メルルーサ・赤魚・カレイなど)、玉ねぎ、キノコ類(シメジなど)
緑黄色野菜(小松菜・ほうれん草・チンゲン菜など)、塩

(写真) カレイ、水菜、ピーマン、シイタケ、タマネギ、人参

<作り方>
1.具材を煮ます。途中、あくとりをします。
2.煮えたら、味付けをします。

<ポイント>
◇骨抜き魚を利用しましたが、別に骨があるものでも構いません。ただし、骨抜きには結着材
  (山芋など)を使用していることがありますので、それらに反応する場合は、面倒でも骨ありを
  使用して下さい。
◇魚は脂身の少ないものを選び、二度ゆでして下さい。
◇辻安全食品・手作りほんスープなどアレルギー対応の洋風スープの素を利用すると、おいしさが
  アップします。ただし、これらは香辛料を含むので、痒みが強い場合は使用しないで下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇魚は脂身の少ないものを選び、二度ゆでして下さい。
◇月齢が低いお子さんには、鮮度の良い刺身を使うと良いと思います。
◇離乳中期〜後期頃から利用できますが、味付け前に取分けをして、細かく具材を刻みます。
  味なしでも充分おいしいと思いますが、食が落ちてきたら、薄い塩味をつけて下さい。
◇ご飯を入れると、雑炊風になります。
野菜のポトフ
<原材料>
ジャガイモ、人参、玉ねぎ、キャベツや白菜など、キノコ類(シメジなど)
ウインナー(メルスティック・馬ウインナーなど)、塩
<変更材料>
ソーセージ(メルスティック・馬ウインナーなど)→ポークウインナーなど

(写真) 玉ねぎ、ジャガイモ、シイタケ、人参、水菜、手作りほんスープ オニオン

<作り方>

1.具材を煮ます。途中、あくとりをします。
2.煮えたら、味付けします。

<ポイント>
◇辻安全食品・手作りほんスープなどアレルギー対応の洋風スープの素を利用すると、おいしさが
  アップします。ただし、これらは香辛料を含むので、痒みが強い場合は使用しないで下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期頃から利用できますが、ウインナーは使用しないで下さい。味付け前に取分けをして、
  細かく具材を刻みます。 味なしでも充分おいしいと思いますが、食が落ちてきたら、薄い塩味を
  つけて下さい。
◇ジャガイモは症状が出やすいので、できれば、1歳頃からの利用をおすすめします。前夜から
  水につけるなどのあく抜きも忘れないで下さい。
◇ご飯を入れると、雑炊風になります。
アサリ汁またはシジミ汁
<原材料>
アサリまたはシジミ、ネギ(大根葉など緑黄色野菜のみじん切りでもOK)、
味噌

(写真) アサリ、ネギ

<作り方>
1.アサリをあらかじめ塩水につけます。
2.アサリもしくはシジミを沸騰したお湯に入れて煮ます。あくもこまめにとります。
3.貝が開いたら、味噌で味付けをし、ネギを入れて再度沸騰させます。

<ポイント>
◇貝類に症状が出る場合は、このレシピを作らないで下さい。
◇二度ゆでをすると、なおGOODです(貝が開いた時点で)。
◇鉄分補給に役立ちます

<離乳食・幼児食への利用>

◇幼児食くらいからOKです。貝を充分噛めない場合は、味噌汁だけでも、栄養分の補給に
  役立ちます。

具たくさんの味噌汁
<原材料>
緑黄色野菜(小松菜・ほうれん草・チンゲン菜など)、玉ねぎ、白菜、
海藻類(ワカメなど)、根菜類(カボチャ・人参・大根・カブなど)、味噌
キノコ類(シメジなど)、イモ類(ジャガイモ・サツマイモ)、出汁もしくは水

<作り方>
1.具材を出汁もしくは水で煮ます。
2.煮えたら、味噌で味付けをします。

<ポイント>
◇野菜がたっぷりなので、栄養補給、水分補給、食物繊維の摂取に役立ちます。
◇手抜きで、栄養たっぷりの料理としては最適です。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、味付け前に取り分けをします。最初は味なしで、
  食が落ちたら、薄い塩味をつけます。1歳頃から味噌を入れてもOKです。
◇ご飯を入れると雑炊風になります。
そうめん汁風
<原材料>
サクサク麺(米麺・雑穀麺)、玉ねぎ、海藻類(ワカメなど)、ジャガイモ
ネギ、出汁もしくは水、味噌
<変更材料>
サクサク麺(米麺・雑穀麺)→そうめん

(写真) 玉ねぎ、ジャガイモ、ワカメ、サクサクタピオカ麺(製造中止:現さくさくヌードル)、稗味噌

<作り方>
1.麺をゆでます。
2.具材を切り、出汁もしくは水で煮た後、味付けをします。
3.麺を入れて、軽く煮立てます。 前日の味噌汁の残りに、麺を入れてもOKです。

<ポイント>
◇手抜きのできる、栄養・水分たっぷり料理には最適です。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、味付け前に取り分けをします。最初は味なしで、
  食が落ちたら、薄い塩味をつけます。1歳頃から味噌を入れてもOKです。
◇麺は小さく刻んであげます。
◇ジャガイモは症状が出やすいので、できれば、1歳頃からの利用をおすすめします。前夜から
  水につけるなどのあく抜きも忘れないで下さい。
肉団子スープ・ミネストローネ風
<原材料>
手作り肉団子もしくはベジラビボール(ニッコー:兎ミートボール)
野菜(レタス・キャベツ・玉ねぎなど)、キノコ類(エリンギなど)、
トマトケチャップもしくはトマト、塩
(手造り肉団子) 挽肉(兎・馬など)、玉ネギ、塩、タピオカ粉
<変更材料>
挽肉(兎・馬など)→挽肉(鶏・豚赤身など)、
タピオカ粉→片栗粉
ベジラビミートボール→ポークなどのミートボール

(写真) レタス、ベジラビボール、ネギ、トマトケチャップ、塩

<作り方>
1.具材を煮ます。途中、あくとりをします。
2.煮えたら、塩・トマトケチャップで味付けをします。トマトを使用する場合は、最初から一緒に
  煮込みます。

◇手作りミートボール
1.具材をみじん切りにします。
2.塩や粉を加えて混ぜた後、小さなボール状に成型します。

<ポイント>
◇ ベジラビボールは油脂類が多めです。油脂類で症状が出る場合、乳腺の詰まりやすい方は、
  手作りをするか、二度ゆでをすると良いと思います。
◇手作りミートボールの場合は、肉類を二度ゆでして、野菜・粉類などと一緒に、
  フードプロセッサーに入れて生地を作ると楽です。

<離乳食・幼児食への利用>

◇味付け前に取り分けをすると、完了期頃からOKですが、この場合、手作りミートボールにして
  下さい。ベジラビボールは油分が多いので…

酢の物
<原材料>
キュウリ、ゆでたタコもしくはちりめん(食べる煮干)、海藻類(ワカメなど)
塩、酢、砂糖

(写真) キュウリ、ワカメ、食べる煮干

<作り方>
1.キュウリをスライスし、塩もみして、水分を絞ります。海藻類は乾物を利用する場合は、
  あらかじめ水で戻してください。
2.3倍酢を作り、砂糖を加えます。
3.上記2に1で準備したものや、タコもしくはちりめんを入れます。

<ポイント>
◇キュウリや海藻類のかわりに、ゆでたキャベツやもやし(大豆アレルギーがない場合)を入れても
  おいしいです。
◇海藻類は抗原性が低いこと、カルシウムなどのミネラル分が多く、低カロリー&食物繊維豊富で、
  便通改善に最適です。ちりめんなど小魚類はカルシウム補給に最適なので、牛乳などで
  カルシウムが取れないと不安になる方は、ぜひ作ってみて下さい。
◇酢には疲労回復効果があるため、積極的にメニューに取り入れることをおすすめします

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳完了期頃〜幼児食からOKですが、酸味を嫌がる場合があるので、酢を薄めに作り、
  オリゴ糖などで甘みをつけます。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved